中東アフリカ関連

ロシア海軍初のアフリカ拠点建設が中断、スーダンが荷物をまとめて出て行くよう通告

ロシアはスーダンのポートスーダンに海軍基地を建設するため昨年末スーダン政府と2ヶ国間協定を結んだのだが、どうやら基地建設が上手く行っていないらしい。

参考:Sudan asks to withdraw equipment to build Russian naval base on Red Sea

アフリカ初のロシア海軍基地は建設に取り掛かる寸前で中断、一時的な措置なのかスーダンが方針を転換したのかは不明

ロシアは紅海に面したポートスーダンに海軍基地を建設して最大4隻までの艦艇(原子力推進の艦艇や原潜も駐留可能)を駐留させる見返りとしてスーダン海軍基地の防空に必要な装備品や物資を無償で提供する協定に署名、これによりロシアはスエズ運河にも近い紅海に面した場所に海軍の拠点を確保したことになるため西側諸国が警戒感を強めていた。

しかし現地メディアの報道によるとロシアの基地建設は中断されていると報じられている。

出典:Bertramz / CC BY 3.0 ポートスーダン

事の顛末を要約するとロシア海軍はスーダンに何の通知もなくポートスーダンのフラミンゴ海軍基地に装備や機材を搬入、協定ではロシア海軍基地はスーダン側のフラミンゴ海軍基地内ではなくポートスーダンの別の場所に建設されるはずだったのだがロシアはフラミンゴ海軍基地内にロシア海軍基地を設営し始めたためロシア側に荷物をまとめて出て行くようスーダン側がロシアに通告したらしい。

そもそも両国政府が合意した協定は批准手続きが完了していないため発効しておらずポートスーダンへのロシア海軍誘致自体も2019年4月のクーデターで政権を追われたバシル前大統領が主導したものなので、もしかするとロシア海軍基地の建設を阻止するため現在の暫定政権に接近した何処かの西側諸国が接近した可能性も十分ありえる。

中東のアルジャジーラは両国政府が合意した協定自体の履行が中断されたと報じているが、ロシア側は今のところ「正式な通知をスーダン側から受け取っておらず報道の内容は根拠がない」と否定している。しかし現地メディアは政府関係者の話としてスーダン海軍司令部がロシア海軍の将官を召喚してポートスーダンへのロシア海軍による機材持ち込みを停止する決定を直接伝えたと報じているので基地建設が停止しているのは確実だ。

果たして今回の措置は認識の食い違いによる一時的な措置なのだろうか?

それとも西側諸国の工作によってスーダン側がロシアへの接近方針を転換したのだろうか?

スーダンは伝統的にロシアや中国といった国との繋がりが深いが2020年末にトランプ前政権がスーダンをテロ支援国家の指定を解除したため国際機関から総額18億ドルもの支援を獲得しているので、まんざら後者の可能性も否定できない。

もし西側諸国の工作によってスーダン側が合意を破棄するならアフリカ初のロシア海軍基地は建設に取り掛かる寸前で阻止されたことになる。

関連記事:ロシア、紅海に面したスーダンに原潜も寄港可能な海軍基地を建設

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0

日本も導入を進めるF-35が抱えた5つの問題、性能は申し分ないが取り巻く環境がネック前のページ

米海軍、長距離対艦ミサイルLRASMの後継ミサイル開発に乗り出す次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    売上高でロールス・ロイスを抜いた中東の防衛産業企業、軍用無人航空機「QXシリーズ」を発表

    アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でひとき…

  2. 中東アフリカ関連

    赤道ギニア軍の保管していたダイナマイトが爆発、一瞬で街が瓦礫になり600人以上が負傷

    赤道ギニア共和国で軍の基地に保管していた大量のダイナマイトが爆発、少な…

  3. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

  4. 中東アフリカ関連

    アイアンドームによる迎撃も限界、3日間でイスラエルに打ち込まれたロケット弾は1,500発以上

    イスラエル国防軍は過去72時間にハマスが発射したロケット弾の総数が1,…

  5. 中東アフリカ関連

    弱みを握られたEU、リビア停戦合意の裏でトルコは戦略的要衝を確保

    リビア国民統一政府とトブルク政府はリビア全域で停戦することで合意したと…

  6. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、武装可能なトルコ製無人航空機「Karayel-SU」のライセンス生産を開始

    サウジアラビア企業がトルコ製の武装可能な無人航空機「Karayel-S…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    軍隊でも片付けする時に、ときめく物とそうでないものって有るのかな?

    6
      • 匿名
      • 2021年 5月 03日

      ここの住民はこの記事に心ときめいていると思うぞw

      24
    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    スーダン政府には失礼だけど、独自の決断とは思えないですね。どっかの国による圧力の結果でしょうね。

    4
      • 匿名
      • 2021年 5月 03日

      圧力というよりも、他からのより利益になりそうな条件に傾いたんだよ
      これが裏切りという話になるのかは知らん、

      10
    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    ロシアってクリミアを制裁食らってでも手に入れたり海軍基地のあるシリアを支援してるけど、黒海からインド洋に抜けるルートがほしいのかな

    4
      • 匿名
      • 2021年 5月 03日

      そりゃ出ていけるのが理想だろうね
      だろうけど今回の基地はスエズ運河を利用する西側諸国への抑え・圧力の側面のほうが大きいと思う

      10
      • 匿名
      • 2021年 5月 04日

      日露戦争時代だけど、バルチック艦隊が日本海海戦で負けた敗因に、イギリスの干渉による寄港地の制約とそれによる整備不足、兵士の疲弊があげられているから、あのあたりに安心して寄港できる拠点が欲しいんだろうね。
      スエズ運河の近くだし、インド洋にすぐ出られるし、ロシアや中国が拠点持つのは…

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    出てけ!で出てってくれる連中なんですかね
    ウクライナさんはどう思う?

    11
      • 匿名
      • 2021年 5月 03日

      近所で陸路でガンガン戦力投入できるところと
      遠く離れて自分の方が不利な場所じゃ条件違い過ぎるでしょ
      結局のとこ損得でしかないからね
      分が悪けりゃ引かざるを得んよ

      18
    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    荷物をまとめて出ていくっていう字面だけで面白い

    15
    •    
    • 2021年 5月 03日

    ロシアに接近して制裁の巻き添え食うより、西側と仲良くして支援受けた方が儲かる事に気付いたんじゃないの

    19
      • 匿名
      • 2021年 5月 04日

      資源はたんまりあるけど欧米から制裁中の軍事国家とインフラ支援してくれる民主化テロリスト諸国といったら後者を選ぶよね

      4
    • 匿名
    • 2021年 5月 03日

    米欧も反共ならなりふり構わず支援してた冷戦型外交にチェンジしたんやろうか?

    10
    • 匿名
    • 2021年 5月 04日

    荷物をまとめて出てけって
    ロシアはニートちゃん?

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 04日

    カネは正直者。ロシアの防空システムが18億ドルもするわけないからね。

    5
    • 匿名
    • 2021年 5月 04日

    そもそも、ロシアに財政的な余裕があるのか?

    3
    • A
    • 2021年 5月 04日

    寸止めは辛いなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP