中東アフリカ関連

イスラエル、イランの極超音速ミサイルを迎撃可能なSkySonicを発表

イスラエルのラファエルは14日、イランが発表した極超音速ミサイル「Fattah」を迎撃可能な迎撃弾「SkySonic」を発表、間もなく試射が行われる予定で来週のパリ航空ショーで披露されるらしい。

参考:Israel’s Rafael reveals SkySonic, the first-ever hypersonic missile interceptor

今回発表したSkySonicは間もなく試射が行われる予定で、来週のパリ航空ショーで披露されるらしい

イランは「Fattah」と呼ばれる極超音速ミサイルを発表して「優れた機動性と速度(終端速度はM13からM15)で既存のミサイル防衛システムを貫通する」と主張したが、イスラエルのラファエルは極超音速ミサイルの迎撃弾「SkySonic」を発表した。

ラファエルは極超音速ミサイルの脅威に対抗するため数年前から専用の迎撃弾開発を開始、今回発表したSkySonicは間もなく試射が行われる予定で、来週のパリ航空ショーで披露されるらしい。

SkySonicの実用化スケジュールについてラファエルは明かしておらず、イスラエル国防省もSkySonicの導入や配備についてノーコメントを貫いているものの、極超音速ミサイルに対応した迎撃弾開発は欧米でも始まったばかりなので、今回の発表には海外から大きな注目が集まっている。

因みにイランはFattahの打ち上げシーンも公開しているものの、本当に終端速度がM15のに到達するブースト・グライド・ビークルを備えているのかは不明で、同じタイミングでイランは「画期的な量子プロセッサ」を開発したと発表したが、589ドルで販売されているザイリンクス製のZynq7000であることがバレており、過去にもイランの情報通信技術大臣が「宇宙へ人間を送るための宇宙服」をSNS上で公開し、NASAのロゴが付けられた子供用コスチュームを改造したものだとバレたことがある。

そのためFattahの能力を怪しむ声が多く、本当にSkySonicが必要なのかは謎だ。

関連記事:米メディアも失笑、イランが公開したのは宇宙服?幻のステルス戦闘機用フライトスーツ?

 

※アイキャッチ画像の出典:RAFAEL

ザポリージャと南ドネツクの戦い、ロシア側が予備部隊を投入して反撃か前のページ

衰える気配がないロシア軍のミサイル攻撃、6月の発射数は200発以上次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍が二夜連続で限定的な地上侵攻、ハマスは病院の地下に拠点を保持

    イスラエル国防軍は27日もガザ地区への限定的な地上侵攻を実施、さらにハ…

  2. 中東アフリカ関連

    赤道ギニア軍の保管していたダイナマイトが爆発、一瞬で街が瓦礫になり600人以上が負傷

    赤道ギニア共和国で軍の基地に保管していた大量のダイナマイトが爆発、少な…

  3. 中東アフリカ関連

    THAADが実戦で実力を証明、フーシが使用した弾道ミサイルの迎撃に成功

    米国製の弾道ミサイル防衛システム「THAAD」が初めて実戦で使用され、…

  4. 中東アフリカ関連

    ニジェールは3年以内の民政移行を提示、ECOWAS側は受け入れない

    ECOWASとニジェールは軍事介入を回避するための協議を20日に行った…

  5. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

コメント

    • ふむ
    • 2023年 6月 15日

    まあ安全管理というものは、危険側に想定して対策するものですからね
    想定より安全なら対策コストは無駄になりますが、被害はそれだけで済むので
    逆だと目も当てられない

    15
      •  
      • 2023年 6月 15日

      それもあるけど
      一番重要なのは
      そういう技術を維持し続ける事

      いざという時に作れる体制が大事

      開発しないと
      こういう技術は維持出来ない

      17
      • 2023年 6月 15日

      仕掛ける側からすれば、攻撃兵器を見せびらかすことで、相手の開発リソースをそれに割かせれば、
      経済的打撃を与えることができるわけで。
       最も度が過ぎると、相手は「こんなのが完成する前にやっちまえ」になりかねないから、お互いバランス
      が難しい。

      9
    • nachteule
    • 2023年 6月 15日

      Fattahは弾道弾とは言いつつも大気圏内外での機動性があるとか言われているのに迎撃弾の軌道修正がフィンだけだと対応しきれるのか。軌道予測が余程優秀でフィンが効果を発揮する低い高度での使用を想定している感じか、弾道弾みたいな単純な軌道を描く標的に特化した迎撃弾か。

    1
    • YJ93
    • 2023年 6月 15日

    SkySonicは操舵翼だけではなくて、TVCも併用しているんじゃないかという話が出ていますね。

    1
    • にぼし
    • 2023年 6月 15日

    SM-3もPAC-3も過剰投資だと言われたりもしましたが
    今あって良かったという状況なので、こういうのは必要なのかもと

    17
    • 鼻毛
    • 2023年 6月 15日

    子供の頃、家に市販されてるゲームソフト全部あるとか嘘ついてるクラスメイトいたなぁ

    3
      • Natto
      • 2023年 6月 15日

      イラン事を見栄で言う癖は子供も国家も同じか。

      9
    • ブルーピーコック
    • 2023年 6月 15日

    イランのFattahの実態はともかく、敵軍の兵器の実力が分かった時に「作っておけばよかった」とか「今から技術開発を始めないと」となるよりは備えておくに越したことはないかな。

    10
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP