中東アフリカ関連

イスラエル、イランの極超音速ミサイルを迎撃可能なSkySonicを発表

イスラエルのラファエルは14日、イランが発表した極超音速ミサイル「Fattah」を迎撃可能な迎撃弾「SkySonic」を発表、間もなく試射が行われる予定で来週のパリ航空ショーで披露されるらしい。

参考:Israel’s Rafael reveals SkySonic, the first-ever hypersonic missile interceptor

今回発表したSkySonicは間もなく試射が行われる予定で、来週のパリ航空ショーで披露されるらしい

イランは「Fattah」と呼ばれる極超音速ミサイルを発表して「優れた機動性と速度(終端速度はM13からM15)で既存のミサイル防衛システムを貫通する」と主張したが、イスラエルのラファエルは極超音速ミサイルの迎撃弾「SkySonic」を発表した。

ラファエルは極超音速ミサイルの脅威に対抗するため数年前から専用の迎撃弾開発を開始、今回発表したSkySonicは間もなく試射が行われる予定で、来週のパリ航空ショーで披露されるらしい。

SkySonicの実用化スケジュールについてラファエルは明かしておらず、イスラエル国防省もSkySonicの導入や配備についてノーコメントを貫いているものの、極超音速ミサイルに対応した迎撃弾開発は欧米でも始まったばかりなので、今回の発表には海外から大きな注目が集まっている。

因みにイランはFattahの打ち上げシーンも公開しているものの、本当に終端速度がM15のに到達するブースト・グライド・ビークルを備えているのかは不明で、同じタイミングでイランは「画期的な量子プロセッサ」を開発したと発表したが、589ドルで販売されているザイリンクス製のZynq7000であることがバレており、過去にもイランの情報通信技術大臣が「宇宙へ人間を送るための宇宙服」をSNS上で公開し、NASAのロゴが付けられた子供用コスチュームを改造したものだとバレたことがある。

そのためFattahの能力を怪しむ声が多く、本当にSkySonicが必要なのかは謎だ。

関連記事:米メディアも失笑、イランが公開したのは宇宙服?幻のステルス戦闘機用フライトスーツ?

 

※アイキャッチ画像の出典:RAFAEL

ザポリージャと南ドネツクの戦い、ロシア側が予備部隊を投入して反撃か前のページ

衰える気配がないロシア軍のミサイル攻撃、6月の発射数は200発以上次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イランが報復攻撃を開始、100発以上の無人機や弾道ミサイルをイスラエルに発射

    バイデン大統領は「イランの報復攻撃は遅かれ早かれ攻撃が行われる」と述べ…

  2. 中東アフリカ関連

    南アフリカ空軍のグリペン、飛行停止から1年ぶりに空へ戻ってくる

    南アフリカ空軍のグリペンは資金不足の影響で昨年9月に飛行を停止したが、…

  3. 中東アフリカ関連

    イスラエル、ガザから日本時間午後10時までに避難するよう呼びかける

    イスラエル国防軍は14日「午後4時まで指定されたルート上の安全を約束す…

  4. 中東アフリカ関連

    ハマス戦闘員から押収されたGoPro、事前準備から集落襲撃の様子が映る

    イスラム原理主義組織のハマスは「民間人を標的していない」と主張している…

  5. 中東アフリカ関連

    米国がバーレーンへのM1A2/SEPv3売却を承認、M60A3更新用か

    米国務省は19日「バーレーンにM1A2/SEPv3を売却する可能性を承…

  6. 中東アフリカ関連

    ドバイ航空ショー、躍進するUAEの防衛産業企業「EDGE」が発表したUAVに注目が集まる

    アラブ首長国連邦を代表する防衛産業企業「EDGE」はドバイ航空ショーの…

コメント

    • ふむ
    • 2023年 6月 15日

    まあ安全管理というものは、危険側に想定して対策するものですからね
    想定より安全なら対策コストは無駄になりますが、被害はそれだけで済むので
    逆だと目も当てられない

    15
      •  
      • 2023年 6月 15日

      それもあるけど
      一番重要なのは
      そういう技術を維持し続ける事

      いざという時に作れる体制が大事

      開発しないと
      こういう技術は維持出来ない

      17
      • 2023年 6月 15日

      仕掛ける側からすれば、攻撃兵器を見せびらかすことで、相手の開発リソースをそれに割かせれば、
      経済的打撃を与えることができるわけで。
       最も度が過ぎると、相手は「こんなのが完成する前にやっちまえ」になりかねないから、お互いバランス
      が難しい。

      9
    • nachteule
    • 2023年 6月 15日

      Fattahは弾道弾とは言いつつも大気圏内外での機動性があるとか言われているのに迎撃弾の軌道修正がフィンだけだと対応しきれるのか。軌道予測が余程優秀でフィンが効果を発揮する低い高度での使用を想定している感じか、弾道弾みたいな単純な軌道を描く標的に特化した迎撃弾か。

    1
    • YJ93
    • 2023年 6月 15日

    SkySonicは操舵翼だけではなくて、TVCも併用しているんじゃないかという話が出ていますね。

    1
    • にぼし
    • 2023年 6月 15日

    SM-3もPAC-3も過剰投資だと言われたりもしましたが
    今あって良かったという状況なので、こういうのは必要なのかもと

    17
    • 鼻毛
    • 2023年 6月 15日

    子供の頃、家に市販されてるゲームソフト全部あるとか嘘ついてるクラスメイトいたなぁ

    3
      • Natto
      • 2023年 6月 15日

      イラン事を見栄で言う癖は子供も国家も同じか。

      9
    • ブルーピーコック
    • 2023年 6月 15日

    イランのFattahの実態はともかく、敵軍の兵器の実力が分かった時に「作っておけばよかった」とか「今から技術開発を始めないと」となるよりは備えておくに越したことはないかな。

    10
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP