中東アフリカ関連

スーダン軍と準軍事組織の軍事衝突、大統領官邸や国際空港周辺で激しい戦闘が続く

15日に始まったスーダン軍と準軍事組織(RSF)の軍事衝突は収まる気配はなく、アルジャジーラは「大統領官邸や国際空港周辺で激しい戦闘が続いている。首都の北にある石油精製所や西部のカブカビアでも戦闘が行われている」と報じている。

参考:السودان لحظة بلحظة.. عشرات القتلى والجرحى في “معركة الحسم” بين الجيش والدعم السريع

夜が明ければクーデターが成功したのかどうかハッキリするだろう

15日に始まったスーダン共和国の正規軍と準軍事組織(RSF)の軍事衝突は首都ハルツームの中心部、紅海州のポート・スーダン、北部州のメロウェ空港、北コルドファン州のエル・オベイド空港、北ダルフール州のエル・ファーシル空港とカブカビア、西ダルフール州のジュナイナ空港、南ダルフール州のニャラなどで発生、カッサラ州とガダーレフ州のRSFは正規軍に降伏したらしい。

出典:GoogleMap スーダンの状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

北部州のメロウェ空港では駐留していたエジプト空軍の兵士がRSFに降伏、エジプト空軍のMiG-29も接収されたことが確認(スーダン空軍との演習に参加するためメロウェ空港に駐留していたのではないかと言われている)されており、RSFはエル・オベイド空港、エル・ファーシル空港、ジュナイナ空港も占領したと主張している。

RSFは首都ハルツームにある大統領官邸、陸軍長官の住居、国際空港を占領したと主張しているが、アルジャジーラは「大統領官邸や国際空港周辺で激しい戦闘が続いている。首都から約100km離れた石油精製所や北ダルフール州のカブカビアでも戦闘が行われている」と報じており、まだ正規軍とRSFの武力衝突は収まる気配がない。

出典:GoogleMap ハルツーム市内の状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

RSFは「大統領官邸や国際空港を保持している視覚的な証拠」を提示できていないため、開戦と同時に首都の主要拠点を抑えることに失敗した可能性があるが、夜が明ければクーデターが成功したのかどうかハッキリするだろう。

追記:首都の南にある空軍基地をRSFが占領したらしい。

追記:首都で続く両者の戦闘

追記:スーダン空軍が首都にあるRSFの拠点を空爆で破壊した様子

関連記事:スーダンで激しい武力衝突、準軍事組織が大統領官邸や国際空港の占拠を主張
関連記事:スーダンの首都で正規軍と準軍事組織が衝突、国際空港は黒煙に包まれる

 

※アイキャッチ画像の出典:Twitter経由

スーダンで激しい武力衝突、準軍事組織が大統領官邸や国際空港の占拠を主張前のページ

バフムート市内のウクライナ軍後退は鮮明、ロシア軍が駅方面から西部に侵入次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエル、GNSS拒否環境下でも作動する新型ミサイル「SEA BREAKER」を発表

    イスラエルのラフェエルは30日、海上や陸上を移動する目標と交戦可能な新…

  2. 中東アフリカ関連

    対話を主張するナイジェリア上院、ニジェールへの軍事介入承認を拒否

    ナイジェリアのティヌブ大統領は「ニジェールへの軍事介入」を承認するよう…

  3. 中東アフリカ関連

    アイアンドームを艦艇に統合、拠点防衛に特化したイスラエル製の防空艦

    イスラエル国防省は5日、アイアンドームが統合されたサール6型コルベット…

  4. 中東アフリカ関連

    ドバイ航空ショー、躍進するUAEの防衛産業企業「EDGE」が発表したUAVに注目が集まる

    アラブ首長国連邦を代表する防衛産業企業「EDGE」はドバイ航空ショーの…

  5. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  6. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦の選択は韓国ではなく中国、L-15を最大48機調達か

    アラブ首長国連邦は中国から高等訓練機L-15を12機調達するための契約…

コメント

    • 月虹
    • 2023年 4月 16日

    スーダン暫定主権評議会議長のブルハン将軍は北部のスンニ派イスラム教徒の家に生まれスーダン軍事大学を卒業したエリート。一方、副議長のダガロ司令官は南部ダルフールのリゼイガット族の出身で正式な教育を受けていないという偏見(小学校3年まで学校に通い以後は正式な教育を受けていない)が両者の確執に繋がったのかも知れません(首都ハルツームの政治エリートは満場一致で「教育を受けていないダルフール人として、間違った階級と間違った場所の出身であり、教員や大学の正式な資格を欠いているため、スーダンの支配者になることはできない」とダガロ氏を評価)

    準軍事組織のRSFも元はスーダン政府によって運営されていた民兵組織で構成員もジャンジャウィード民兵から構成され、ダルーフル戦争での虐殺行為に関与したと国際社会からは見られています。リビア内戦では1,000人を派兵し、リビア国軍(LNA)を支援。イエメン内戦には4万人を派兵しているなど正規軍の代わりに汚れ仕事を請け負う民間軍事会社(PMC)の様な側面もある様です。

    20
      • ミリオタの猫
      • 2023年 4月 16日

      じゃあ、ある意味この戦いは正規の教育を受けたエリート軍人VS地方出身の下層階級から成り上がった叩き上げの民兵組織指揮官の間で起きた諍いって側面が有りますね
      多分、それにスーダン軍とRSF間での確執(RSF側の方が汚れ仕事を請け負っている分だけ自尊心も高そう)が重なり、そこへRSFの今後の処遇問題が絡んだ結果、RSFが暴発したって感じでしょうか

      5
        • 匿名さん
        • 2023年 4月 16日

        そういう解釈もできるということでしょうね。

        とかく内戦は往々にして、外の人間からはよく分からないことがあるから、
        あまり単純化するのはよろしくないと思いますね。

        13
      • フメニリツキー
      • 2023年 4月 16日

      ジャンジャウィードの名前を久し振りに見ました。
      そうか、RSFって、何かの記事で戦犯に加担した民兵を統合して新しい部隊を編成すると読んだけどそれだったんだ。

      1
    • TKT
    • 2023年 4月 16日

    スーダンには、ロシア人のミハイル・ポテプキンという人が社長のメロイー・ゴールド社という鉱山会社、さらにその子会社であるアルソラジ社という鉱山会社が経営する金鉱山が複数あり、そこから発掘した金塊を、シリアのロシア軍基地に運んでいて、ワグネル社の元・社員であるアレクサンドル・セルゲビチ・クズネツォフという人がそれを監督し、スーダン人のモハメド・ハムダン・ダガロ将軍がそれに協力しているようです。

    もともとスーダン政府は、首都の警備をワグネル社に民間委託していたときもあり、ダガロ将軍がワグネル社の社員と仲良しなのもそのためでしょうか。

    もしワグネル社が反乱軍に協力しているのであれば、捕獲したMiG-29も、ワグネル社のロシア人社員がすぐに操縦してしまうかもしれません。そうなるとMiG-29同士の空中戦などもありえるのでしょうか。

    最近の実戦ではやたらとMiG-29ばかりが目立っています。

    7
      •  
      • 2023年 4月 16日

      さすがお詳しいですね
      スーダン事情はまるで知りませんでした

      1
    • 七面鳥
    • 2023年 4月 16日

    RSFが軍に匹敵する規模まで拡大したリソースは何かなと思ったら金鉱ですか、、、これは政府軍は勝てないかもしれない、ロシアから援軍がない限り、と思わされてしまった

    6
    • 幽霊
    • 2023年 4月 16日

    戦闘機を接収されたエジプトはどうするんだろう? 
    情勢が落ち着くのを待って返還を要求するのか
    軍事介入するのか
    まあスーダン政府からの要請が無ければ軍事介入はしないかな?

    3
    • shkk
    • 2023年 4月 16日

    だれの思惑で始めたのかは知らないけど、始まりはともかく終わりはどうするんだろうな

    RSFもかなり戦力あるから簡単には決着つかないだろうし
    となると政権側もRSFも両者疲弊し国も荒廃というオチになってしまうんかな?

    3
    • 狒々
    • 2023年 4月 16日

    これでエジプトも軍事介入とかし始めたら、クソめんどくさいことになるな。
    本邦は現職総理が爆弾テロにあいかけるし、マジで世界が変わってしまう。

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP