中東アフリカ関連

スーダンの首都で正規軍と準軍事組織が衝突、国際空港は黒煙に包まれる

スーダン共和国の首都ハルツームで15日、正規軍と準軍事組織(RSF)が衝突、首都中心部、大統領官邸、空港などで銃撃戦が発生していると報じられており、RSFはメロウェ空港やハルツーム国際空港を制圧したと主張している。

参考:Fighting erupts in Sudan’s capital as army, paramilitary trade accusations
参考:Indians urged to stay indoors as Sudan army clashes with paramilitary troops

限定的な衝突で収束するのか、エスカレートして内戦に発展するのかは不明

スーダン共和国の準軍事組織(RSF)は今月12日に首都ハルツームやメロウェなどに部隊を展開、これに対して正規軍は「軍上層部の承認を得ない勝手な行動で法に反する行為だ」と非難、展開させた部隊を撤退するよう要求して緊張が高まっていたが、首都ハルツームの中心部や近郊の住宅地域バーリーなどで銃声が鳴り響き、大統領官邸や空港でも銃撃戦が発生しているらしい。

正規軍の報道官はAFPに対し「RSFが首都や軍の基地を攻撃した。現在も衝突が続いているものの軍は国を守る義務を果たしている」と述べているが、RSFも15日「軍が首都の南にある基地を攻撃してきた」と声明を発表、メロウェ空港やハルツーム国際空港を制圧したとも主張しているが今のところ正確な状況は不明だが、ハルツーム国際空港に向かう民間機は出発した空港に進路を変更しているため「安全ではない状況」が生じているのは確かだ。

因みに正規軍とRSFは2021年にクーデターを実行して民政復帰を覆したが、ここ数ヶ月間で両者の関係は悪化(対立の原因は不明)したとAP通信は報じている。


追記:ハルツーム国際空港は大規模な攻撃を受けている。


追記:スーダン空軍機がRSF部隊を空から攻撃中

追記:スーダンの暫定政権=軍事評議会の議長は陸軍出身のブルハン氏が、副議長はRSF出身のダガロ氏が務め、どうやら「正規軍の陸軍にRSFを統合する方法」で両者の対立が表面化したらしく、古典的な主導権争いから発展した内戦といった感じだ。

関連記事:ロシア、紅海に面したスーダンに原潜も寄港可能な海軍基地を建設
関連記事:ロシア海軍初のアフリカ拠点建設、スーダンが荷物をまとめて出て行くよう通告
関連記事:ロシア海軍初のアフリカ拠点建設はバイデン政権が阻止、スーダンが協定修正を正式に要求
関連記事:無人航空機分野に挑戦するスーダン、IDEXで徘徊型弾薬Kamin-25を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Twitter経由のスクリーンショット

クリミアで発生する謎の爆発、ウクライナは新型兵器のテスト結果であると示唆前のページ

スーダンで激しい武力衝突、準軍事組織が大統領官邸や国際空港の占拠を主張次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエル、イランの極超音速ミサイルを迎撃可能なSkySonicを発表

    イスラエルのラファエルは14日、イランが発表した極超音速ミサイル「Fa…

  2. 中東アフリカ関連

    対話を主張するナイジェリア上院、ニジェールへの軍事介入承認を拒否

    ナイジェリアのティヌブ大統領は「ニジェールへの軍事介入」を承認するよう…

  3. 中東アフリカ関連

    イスラエルがウクライナへの防空システム提供を拒否、非殺傷装備なら幾らでも

    イスラエルのヘルツォーク大統領は防空システムをウクライナに提供できない…

  4. 中東アフリカ関連

    イスラエル、潜水艦の不正輸出でネタニヤフ首相の調査を開始

    イスラエル政府は22日、イスラエル軍の防衛装備品を独断でエジプトに輸出…

  5. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、防衛産業発展のためロッキード・マーティンとの合弁企業設立を発表

    サウジアラビアは国内の防衛産業に今後10年間で200億ドル(約2兆円)…

コメント

    • 無名のミリオタク
    • 2023年 4月 15日

    あんたらついこの前南北に別れたばっかだろ

    16
    • 田中
    • 2023年 4月 15日

    スーダンはワグネルが政府のけつ持ちしてたはずでは
    プリゴジンが最近弱気なのはこれが理由か?

    29
    • チェンバレン
    • 2023年 4月 15日

    実働する空軍あるんだ

    4
      • vcwfrr
      • 2023年 4月 15日

      J-7を20機、Q-5を20機、MiG-29を10機、Su-25を14機保有していますね。
      他にはMiG-23やJ-6等も少し保有しています。

      10
      • フメニリツキー
      • 2023年 4月 16日

      中国から新しい練習・軽攻撃機買ってませんでしたっけね?
      あと、スーダン空軍といえば、アントノフ輸送機を爆撃機として運用してて、カーゴベイから爆弾を落とす。
      ダルフール地方の村を焼き討ちした戦争犯罪で有名になった。しかも白く塗装して国連機に偽装していたことでも。

    • 七面鳥
    • 2023年 4月 15日

    RSFはアゾフ連隊みたいなもの?

      • しまぶー
      • 2023年 4月 15日

      ダルフール虐殺はこいつら主犯やで

      13
        • 七面鳥
        • 2023年 4月 16日

        やべえですね
        Wikipedia 見たら国軍10万人なのに
        この虐殺部隊も10万人、、、

        3
    • 2023年 4月 15日

    国民がワグネル(プーチン)を熱狂的に受け入れてる親露派の国の末路

    17
    • ホテルラウンジ
    • 2023年 4月 15日

    スーダンは2021年に軍部がクーデターを起こして民主化プロセスが壊滅してるが
    それで国を乗っ取った軍部とRSFをサポートしてるのがワグネルみたいですね。
    軍部・RSFが民主化勢力を制圧できるようにワグネルがサポートする代わりに、ワグネルはスーダンから貴金属を略奪してる関係みたいです。
    今回は軍部とRSFが仲間割れしていますが、その割れた経緯が純粋に身内同士のけんかなのか、
    ロシアが更にスーダンや、中東・アフリカ政治(RSFはスーダン人というよりアラブ民兵で中東と繋がりがある組織で、サウジとかと繋がっていってるみたいですね)をコントロールする為の筋書きの中で割れさせたのかですね。

    32
      • 匿名
      • 2023年 4月 15日

      どこまで迷惑な国なんだロシア…

      27
    • 月虹
    • 2023年 4月 15日

    スーダンは2019年にクーデターによりバシール大統領を失脚させ、暫定政府の首相として国際連合アフリカ経済委員会(UNECA)の事務局長であったアブダッラー・ハムドゥークを首相に任命し、彼は後に正式な国家元首となった。しかし2021年10月に軍部によるクーデターが発生するとハムドゥーク首相は軍部により拉致・監禁され、その後は軍と協定を結んで首相に復帰するも国民からの軍に対する批判は収まらず、その渦中にハムドゥークは首相を辞職した。

    ハムドゥークはスーダンの財務・経済企画省の官僚を経てアフリカ開発銀行や国連機関での要職を務めるなど国際派の人物として西側諸国からも支持されていましたが、軍が「政治への非介入」という立場に立つと合意しながら軍がそれに背いたことが辞職の背景にあったとされています。文民であったハムドゥークが辞職したことで軍が全権掌握に乗りだすものの準軍事組織(RSF)との主権の扱いを巡って対立することになったことが今回の衝突の要因でしょう。

    21
    • geek
    • 2023年 4月 15日

    チェックポイントのエジプト兵を捕虜にした写真でてますねぇ
    国際空港攻撃したし国際問題になっちゃいましたね

    7
    • MAT
    • 2023年 4月 16日

    今回の空港とハルツームでの市街戦で思ってたより中国製兵器を見なくて意外だった
    96式戦車やロケット砲システムなんか使ってるが、映像だとMi-24,MiG-29,T-55が映るに留まっていた
    にしても、RSFに勝算はあるのか…?

    3
    • 無名のミリオタ
    • 2023年 4月 16日

    Qアノン的にはどっちが光側なんだろうか

    5
    • KKB
    • 2023年 4月 16日

    そりゃ禿げてる方でしょ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP