中東アフリカ関連

イラン、1,800km離れた海上の目標に弾道ミサイルを命中させたと発表

イランは16日、敵水上艦艇に見立てた目標にイスラム革命防衛隊の弾道ミサイルが命中したと発表して注目を集めている。

参考:IRGC Ballistic Missiles Hit Remote Naval Targets in Drill
参考:IRGC Ballistic Missiles Destroy Naval Targets at 1,800km Distance

弾道ミサイルが1,800km離れた海上の仮想敵艦に命中したとアピールするイラン

イランは現在「Payambar-e Azam15」と名付けられた軍事演習を内陸部の砂漠地帯で行なっており、この演習の主役はイランが誇る弾道ミサイルと無人航空機(UAV)で高度な防空網に守られた敵基地を破壊するというシナリオで印象的な結果を残したと報じられている。

イスラム革命防衛隊(IRGC)航空宇宙軍司令官のアミールアリ・ハジザデ准将に「敵の防空システムに対して大量のUAVが攻撃を仕掛けて対処能力を飽和されている瞬間を狙い、複数の弾頭(MIRV)を搭載した新型弾道ミサイルで攻撃を仕掛けることによって防空網をすり抜け敵の基地を破壊することに成功した」と説明しており、特にレーダー反射断面積(RCS)を低く抑えることに成功した弾頭を複数搭載する新型弾道ミサイルは実戦配備されており「命令が下れば5分以内に発射することが出来る」と付け加えた。

補足:ロシアはイランの無人航空機に関する技術や運用ノウハウは自国よりも進んでいると評価している

さらにイスラム革命防衛隊は航空宇宙軍がインド洋北部で捕捉した仮想敵艦に対して弾道ミサイルを発射、イラン内陸部の砂漠地帯から発射された弾道ミサイルは約1,800km離れた仮想的敵艦に命中したと明らかにして大きな注目を集めている。

インド洋北部の仮想敵艦は固定目標だったのか航行中の艦艇だったのかイランは明かしていないが、命中の瞬間を捉えた不鮮明な動画(恐らくUAVで撮影したもの)を見る限り「海上に固定された目標に対する命中」だった可能性が高く、イランが今回試射した弾道ミサイルは航行中の艦艇を攻撃可能な対艦弾道ミサイル(ASBM)の類ではないはずだ。

それでも1,800km離れた目標にピンポイントで着弾させられる誘導技術は決して軽視できるものではなく、さらにイランが初めて言及した「多弾頭化された弾道ミサイル」が本当に配備されているのならサウジアラビアやイスラエルのミサイル防衛にとって無視できない存在になると言いたいところが、イラン発表の情報には質の低いプロパガンダが含まれていることが多いので話半分といったところかもしれない。

ただイランが実施した海上目標への弾道ミサイル試射は米宇宙軍の早期警戒衛星によって追跡されており米空母打撃群(空母ニミッツ)から約100マイル、インド洋北部海域を航行していた商用船から約20マイルの地点に着弾したと米軍関係者が明かしているので、恐らく米軍は今回のイラン発表が真実なのか嘘なのか知っているのだろう。

関連記事:米メディアも失笑、イランが公開したのは宇宙服?幻のステルス戦闘機用フライトスーツ?

 

※アイキャッチ画像の出典:YouTube上にアップされた動画のスクリーンショット

コンステレーション級に期待する米海軍、開発中の技術を土台にした艦艇開発から脱却前のページ

2機目の製造も開始、初飛行に向けて順調な開発が続く米空軍のB-21次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    SF映画の中に登場する未来の戦闘マシーン、イスラエルの次期装甲戦闘車が実用化に向けて前進

    イスラエル航空宇宙産業は今月10日、イスラエル国防軍が開発を進めていた…

  2. 中東アフリカ関連

    二転三転するUAEへのF-35A輸出条件、イスラエルが容認していた問題を蒸し返すバイデン政権

    アラブ首長国連邦は技術的要件や運用制限を理由にあげてF-35A導入協議…

  3. 中東アフリカ関連

    実用レベルのレーザー兵器が遂に実用化! イスラエル、レーザーベースの迎撃システム発表

    イスラエルの国防省は8日、同国が開発した防空システム「アイアンドーム」…

  4. 中東アフリカ関連

    アイアンドームによる迎撃も限界、3日間でイスラエルに打ち込まれたロケット弾は1,500発以上

    イスラエル国防軍は過去72時間にハマスが発射したロケット弾の総数が1,…

  5. 中東アフリカ関連

    快進撃が続くトルコの無人航空機、今度はモロッコがバイラクタルTB2導入を決定

    モロッコはトルコから無人航空機「バイラクタルTB2」を13機購入する契…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    「革命」を冠する連中は科学を乗り越える不思議な奇跡を起こす話が多いのは、世界共通
    ソ連の五ヵ年計画、中国の大躍進、今イランw

    7
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    イランは、米国と渉り合うために、中国・北朝鮮との軍事交流が深い。
    それなりに軍事技術に研きをかけていると考えていいのでは。
    当てたかどうかは重要だが、イランはトライアルまでこぎ着けてきたのだろう。

    6
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    アメリカが政権交代で混乱している隙に発言力を高めておこうというのが思惑でしょうね。

    • A
    • 2021年 1月 17日

    動画冒頭のミサイルの連続発射。
    イランや北朝鮮ってああゆうの好きだね。
    でも命中動画は一二発。
    なんだかなぁ。

    1
      • 匿名
      • 2021年 1月 17日

      確かにその通りなんですけど、多弾頭ミサイルなので今回の映像についてはそうとも言い切れないところがあります。

        • 匿名
        • 2021年 1月 17日

        対艦多弾頭ミサイルは中国ですら実用化してないんだが、どうやって誘導してるのやら
        イラン恐るべしw

        2
      • 匿名
      • 2021年 1月 17日

      20発撃ってその内1発でも命中させられるのなら空母には驚異になってイラン沿岸への接近を躊躇わせる

        • 匿名
        • 2021年 1月 17日

        その数撃てば当たる方針は恐ろしい
        ベトナム戦争中にB52のECM防御を打ち破るためにわざと無誘導で多数の対空ミサイルを集中砲火して戦果をあげてるもんな
        それにはソ連軍事顧問団の指導があってたはずだが、イランもその記録は知ってるはず

        • 匿名
        • 2021年 1月 17日

        一発必中なんてナメプができるのは武装組織相手くらいのものだしたくさん撃ったほうがそりゃいいよな

        1
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    その想定した国は、首都の反乱の原因を落選候補の陰謀にし弾劾と言ってたが。反乱参加者が明らかになるにつれて、国王候補が王戦で疫病を理由に顔を見せなかったから起きる古典的な集団ヒステリーと気付き始め。
    レームダック化するが心神喪失が治るまで3年暴れさせる。3年投獄する。戦争を起こし、前線に送る。の3択を迫られててイラン危険。

      • 匿名
      • 2021年 1月 17日

      Google翻訳かな?

      14
    • にわかミリオタにわか
    • 2021年 1月 17日

    この国前は確か小型人工衛星も打ち上げてたし、着実にレベルアップしてきてるな

    4
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    地球を半周させて隣国を攻撃したら褒めてやるぞ、核弾頭ならさらに良し。

    1
      • 匿名
      • 2021年 1月 17日

      ちょうど射程以内に砲艦外交しようと近づいてる敵駆逐艦がいるから標的にしてみたら。
      ちゃんと当たるかな。

      3
      • 匿名
      • 2021年 1月 17日

      地球を半周したとこに隣国がある国ってロシアしかなくね?

      1
      • イスラム革命ガード
      • 2021年 1月 17日

      詐欺師にはジハードだ!

    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 1月 17日

    やはり大量のUAVに一気に攻められたら、対応は厳しくなるね。
    イランのステルス戦闘機は笑ってしまったけど、こっちは笑えないな。

    4
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    正直、冒頭のミサイル釣瓶撃ちはカッコいい!(小並

    2
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    やっぱり、戦いは数なんですか、兄貴?

    1
    • 匿名
    • 2021年 1月 17日

    有効射程は450〜600キロ程度かな。米艦隊相手だと、巡航速度がよほど早くないと厳しそう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP