中東アフリカ関連

イスラエル、多層防空システムBarak MXを売却することでモロッコと合意

イスラエルはアルジェリアと極度に関係が悪化しているモロッコに多層防空システム「Barak MX」を5億ドルで売却するに同意したと報じられている。

参考:IAI agrees $500m missile defense systems deal with Morocco

Barak MXはロシア製防空システムと同じように複数の防空レイヤーを1つのシステムで提供できる多層防空システム

フランス支配から独立した北アフリカのモロッコとアルジェリアは政治体制の相違(立憲君主制と共和国制)、モロッコが領有権を主張する西サハラの独立を掲げたポリサリオ戦線へのアルジェリア支援、モロッコの西サハラ領有承認と引き換えにパレスチナと対立関係にあるイスラエルと国交樹立した問題など両国関係には幾つもの火種が転がっており、遂にアルジェリアはモロッコが敵対的な行動を続けていることを理由に国交断絶を昨年8月に発表した。

出典:sukhoi

つまり両国関係は極度に悪化しているという意味でF-16Vの調達を進めているモロッコに対抗してアルジェリアはSu-57を14機導入(時期未定)すると発表、これに対抗するためモロッコ国王のムハンマド6世は2ヶ国間の安全保障分野に関する軍事協定(アンチドローンシステム/Skylock Domeや徘徊型UAV/ハロップの売却、両国が共同で徘徊型UAVを開発してモロッコ国内で製造する協定など)を結んだイスラエルに「モロッコへのF-35A輸出を実現させるため米国を説得してほしい」と依頼したと噂されており、防空システム「Barak-8/バラク-8」調達に関する協議も進展を見せていたがイスラエルはBarak MXの売却に同意したらしい。

イスラエル航空宇宙産業が開発した防空システム「Barak MX」はロシア製防空システムと同じように複数の防空レイヤーを1つのシステムで提供できるよう設計(多層防空システム)されており、カバーするエリア毎にBARAK MRAD(高度20km/範囲35km)、BARAK LRAD(高度20km/範囲70km)、BARAK ER(高度30km/範囲150km)を使い分けるため、有人航空機、無人航空機、ヘリコプター、巡航ミサイル、超低空を飛行してくるミサイルやドローン、滑空爆弾、弾道ミサイル(LRADとERの対応)を迎撃することが可能だ。

当初協議で導入候補に挙がっていたBarak-8は単一の防空レイヤーを提供するシステムなので、Barak MXの方が迎撃密度の高い防空システムと言える。

関連記事:パトリオットやFD-2000を保有するモロッコ、Barak-8調達をイスラエルと協議中

 

※アイキャッチ画像の出典:Israel Aerospace Industries

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

改善を見せた米空軍機の稼働率が再び後退、爆撃機の稼働率悪化は顕著前のページ

露国防省、ウクライナ国境近くで演習に参加中のロシア軍撤収を発表次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    中国製の装備品輸出に好影響、UAEと中国が共同で航空機のスペアパーツ供給拠点を設立

    米国からファーウェイを排除せよと要求されているUAEは14日、中国国営…

  2. 中東アフリカ関連

    エジプトと韓国がT-50/FA-50の現地製造契約を締結、調達規模は約100機

    英国のジェーンズは18日「エジプトが韓国航空宇宙産業(KAI)とT-5…

  3. 中東アフリカ関連

    スーダンの内戦は6日目に突入、正規軍とRSFの間で一時的な停戦が発効

    スーダン暫定政権の主導権を巡る戦いは19日午後に発効した停戦が守られ、…

  4. 中東アフリカ関連

    ECOWASによるニジェールへの軍事介入、作戦開始日=D-day設定を発表

    西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)はニジェールに対する軍事介入に…

  5. 中東アフリカ関連

    ネタニヤフ首相が宣戦布告、イスラエル側の死傷者数は2,700人を突破

    イスラエル国防軍によるハマス掃討作戦が進行中だが、この過程で「多くの犠…

  6. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍は物資不足、兵士らは装備や物資の供給をボランティアに依存

    イスラエル軍は予備役30万人分の基本装備や消耗品を賄えておらず、開戦か…

コメント

    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 2月 15日

    中SAMの後継か高高度迎撃飛翔体の開発完了するまでの繋ぎにコレ買った方がいいかな?

    • 原点にして頂点
    • 2022年 2月 15日

    日本の防空システムなどには、日本が研究中のエレメントレベルDBFを導入したレーダーを搭載してほしいですね。

    革新的なエレメントレベルDBFを導入したレーダーを搭載すれば、極超音速兵器などへの対処能力も大幅に向上するでしょうし。

    レーダーは日本の得意な分野の中の一つですから、頑張ってほしいものです。

    • ななし
    • 2022年 2月 15日

    売却というよりは販売な気がするが…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP