ウクライナ戦況

衰える気配がないロシア軍のミサイル攻撃、6月の発射数は200発以上

ロシア軍は5月にShahed-136や各種ミサイルを計593発もウクライナに撃ち込んだが、6月も5月に劣らないペースで攻撃が続いており、首都以外への攻撃が頻繁に迎撃シールドを貫通して被害が増加している。

参考:Силы ПВО уничтожили ночью 20 “Шахедов” и крылатую ракету

ウクライナにパトリオットシステムを追加供給するタイミングを間違えれば「西側諸国の防空能力」に影響が出る

ロシア軍は5月にShahed-136を408機、極超音速ミサイル、弾道ミサイル、巡航ミサイルを185発も発射し、ウクライナ軍は飛来した593発の内523発(迎撃率88%)を撃ち落としたが、迎撃に失敗した70発が軍事施設や民間施設に着弾、ロケットの推進剤を生産していたドニプロペトロウシク州のパブログラード化学工場、フメリニツキー州にあった軍の弾薬庫、ストーム・シャドウを運用するSu-24が駐留(推定)するスタロコスティアンティニフ空軍基地なども被害を被っている。

ロシア軍によるウクライナへのミサイル攻撃(無人機を含む)
2022.09Shahed-136×26機(24機)
各種ミサイル×5発(4発)
09月の総発射数×31
09月の総撃墜数×28
2022.10Shahed-136×244機(236機)
各種ミサイル×230発(149発)
10月の総発射数×474
10月の総撃墜数×385
2022.11Shahed-136×63機(62機)
各種ミサイル×184発(134発)
11月の総発射数×247
11月の総撃墜数×196
2022.12Shahed-136×99機(94機)
各種ミサイル×261発(186発)
12月の総発射数×360
12月の総撃墜数×280
2023.01Shahed-136×108機(108機)
各種ミサイル×96発(75発)
01月の総発射数×204
01月の総撃墜数×183
2023.02Shahed-136×45機(40機)
各種ミサイル×142発(79発)
02月の総発射数×187
02月の総撃墜数×119
2023.03Shahed-136×89機(71機)
各種ミサイル×79発(38発)
03月の総発射数×168
03月の総撃墜数×109
2023.04Shahed-136×71機(60機)
各種ミサイル×23発(21発)
04月の総発射数×94
04月の総撃墜数×81
2023.05Shahed-136×408機(369機)
各種ミサイル×185発(154発)
05月の総発射数×593
05月の総撃墜数×523
2023.06
01イスカンデルM×7(7)、イスカンデルK×3(3)
発射数×10
撃墜数×10
02Shahed-136×21(21)、Kh-101/Kh-555×15(15)
発射数×36
撃墜数×36
03地元当局も現地メディアも「ドニプロ郊外に弾道ミサイルが着弾して20人が負傷とした」と発表しているが、ウクライナ空軍は攻撃の詳細を発表していない。発射数×不明
撃墜数×0
04Shahed-136×8(6)、Kh-101/Kh-555×6(4)、クロピヴニツキー近くの飛行場に巡航ミサイルが2発着弾
発射数×14
撃墜数×10
06Kh-101/Kh-555×35(35)
発射数×35
撃墜数×35
08Kalibr×2(0)、現地メディアはチェルカッスイ州に2発の巡航ミサイルが着弾して工場に被害が出たと報じている。
発射数×2
撃墜数×0
09Shahed-136×16(10)、Kh-101/Kh-555×6(4) 発射数×22
撃墜数×14
10Shahed-136×35(20)、地上発射型ミサイル×8(2)、イスカンデルM、イスカンデルK、Shahed-136がポルタヴァ州のミルゴロド空軍基地に着弾した。発射数×43
撃墜数×22
11Shahed-136×?(6)
発射数×ー
撃墜数×6
131回目:Shahed-136×4(1)、Kh-101/Kh-555×14(10)、2回目:Kh-101/Kh-555×1(1)、ドニプロペトロウシク州クリヴィー・リフに6発のミサイルが、ハルキウ州にShahed-136が着弾。発射数×19
撃墜数×12
 14 Shahed-136×10(9)、Kalibr×4(3)、Kh-22×6(0)、Shahed-136がオデーサに、Kh-22がドネツク州のクラマトルスクとコンスタンチノフカに着弾。 発射数×20
撃墜数×12
 15 Shahed-136×20(20)、Kh-101/Kh-555×4(1)、クリヴィー・リフの産業施設に3発のミサイルが着弾
発射数×24
撃墜数×21
ロシア軍の総発射数:2,589発、ウクライナ軍の総迎撃数:2,077発

この傾向は6月も同じで、ロシア軍は15日にカスピ海上空のTu-95MSから4発のKh-101/555を、北と南から20機のShahed-136を発射し、ドニプロペトロウシク州のクリヴィー・リフに3発の巡航ミサイルが着弾、現地当局は「我々の防空システムが飛来したミサイルを1発破壊したが、ミサイルが工業団地に命中して産業施設に大きな被害が出ている」と述べており、空軍も「撃ち漏らしたKh-101/555がドニプロペトロウシク州の産業施設に命中した」と発表。

つまりクリヴィー・リフをカバーするウクライナ南部の防空システムは、巡航ミサイル4発の内1発しか撃ち落とせなかったという意味で、パトリオットシステムが配備されている首都と地方都市の防空能力には大きな格差が生じており、これまでウクライナのA2ADを担ってきたS-300やBukの迎撃弾が枯渇し始めているのかもしれない。

出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ

因みにロシア軍は6月にShahed-136を120機、各種ミサイル(Kh-101/Kh-555、Kalibr、Kh-22、イスカンデルM、イスカンデルK)を105発もウクライナに撃ち込んでおり、これはウクライナ諜報機関が発表していたミサイル生産量の2ヶ月分に相当し、ウクライナ軍のイグナト報道官も「効果のない制裁のせいでロシアは必要な部品を入手し続けているためミサイル生産量が増えている」と述べている。

この問題について明るいニュースがあるとすればレイセオンの最高経営責任者が言及した「パトリオットシステムの増産」だろう。

出典:U.S. Army photo by Sgt. Alexandra Shea

ヘイズ最高経営責任者はWSJ紙に「パトリオットシステムの年間生産量を12基まで引き上げ、2024年末までに5基のパトリオットシステムをウクライナに引き渡す予定だ」と明かしており、レイセオンとロッキード・マーティンは同システムで使用される迎撃弾を増産するため工場の拡張を進めているらしい。

約4億ドルのパトリオットシステムはレーダー、管制システム、アンテナ、発電機、ランチャー(6輌~8輌)で構成され、ヘイズ最高経営責任者は「これに迎撃弾の取得費用を加えるとシステムの総額は10億ドル以上になる。これを欲しがる新規顧客は発注から納品まで2年以上待つ必要がある」とも付け加えており、ゼレンスキー大統領は「あらゆるロシアのミサイルを阻止できるのはパトリオットシステムだけで、これが50基あればロシアのミサイル攻撃で傷つく人はいなくなる」と述べて追加供給を訴えている。

出典:Photo by Sgt. 1st Class Jason Epperson

これまでに生産されたパトリオットシステムは240基程度なので、恐らくウクライナが追加のパトリオットシステムを入手するには「西側諸国の在庫」ではなく「生産ラインからの調達」しかなく、仮に今直ぐパトリオットシステムを大量に提供してもPAC-3弾の年間生産量は500発(2023年末までに550発に増加する予定)なので、ウクライナにパトリオットシステムを追加供給するタイミングを間違えれば「西側諸国の防空能力」に影響を及ぼすだろう。

関連記事:ロシア軍のミサイル攻撃、首都は守られたが地方都市の被害が増加傾向
関連記事:連日続くロシア軍のミサイル攻撃、ウクライナのミルゴロド空軍基地に着弾
関連記事:世界初の空中消耗戦に挑むウクライナ、戦闘機提供は勝利の助けにはならない
関連記事:止まらないロシア軍のミサイル攻撃、既に6月の発射数は100発以上
関連記事:キーウは無事、クロピヴニツキーの飛行場にロシア軍の巡航ミサイルが命中
関連記事:今日もウクライナ全土で空襲警報、3日夜には弾道ミサイルがドニプロに着弾
関連記事:止まらないロシア軍のミサイル攻撃、Kh-101とShahed-136がキーウを襲う
関連記事:世界初の空中消耗戦に挑むウクライナ、戦闘機提供は勝利の助けにはならない
関連記事:ウクライナ軍のA2ADが機能しなくなる?BukとS300の迎撃弾がまもなく枯渇か

 

※アイキャッチ画像の出典:Dmitry Terekhov/CC BY-SA 2.0

イスラエル、イランの極超音速ミサイルを迎撃可能なSkySonicを発表前のページ

ウクライナへの間接支援、日本が米国への155mm砲弾供給を検討か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍の反攻、ヘルソン国際空港まで約5kmの地点に到達

    ウクライナ軍はヘルソン州とムィコラーイウ州で8つの拠点をロシア軍から奪…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍とロシア軍の戦い、激戦区はバフムートとマリンカを巡る戦い

    ウクライナ軍とロシア軍の戦いは泥濘んだ土地の影響で全体に低調だが、バフ…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、外国人部隊と共にセベロドネツク市内のロシア軍に反撃

    どうやらウクライナ軍は外国人部隊(ウクライナ領土防衛国際部隊)をリシチ…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ国防相、最終的に西側は射程300kmのATACMS提供に応じる

    英メディアの取材に応じたウクライナのレズニコフ国防相は「西側のパートナ…

  5. ウクライナ戦況

    撤退するロシア軍を追いかけるウクライナ軍、クレミンナ郊外に到達か

    ウクライナ軍はリマン解放の余韻に浸ることなく前進して「クレミンナ郊外で…

  6. ウクライナ戦況

    第3独立強襲旅団、アウディーイウカで対峙するロシア軍は正規軍の精鋭

    アウディーイウカに派遣された第3独立強襲旅団の報道官は15日「敵は機械…

コメント

    • aaaa
    • 2023年 6月 15日

    どっから引っ張ってきた数字か知らんけど、ウクライナに不利な情報操作をやめろよ。そこまでアクセスが稼ぎたいの?いい加減な情報ばかり書くな!

    3
      • 2023年 6月 15日

      管理人さん、この人たぶん、おそらく愉快犯ですよ。

      81
      • ひろゆき
      • 2023年 6月 15日

      何で管理人を叩くんだ?おかしいだろ

      事実を伝えているだけで不利な情報操作認定とかおかしいぞ
      あとウクライナに不利な情報操作ってなんだよ

      ウクライナに有利な情報操作をしたって戦場が有利になるわけでもないし、ウクライナ側のプロパガンダと現実の乖離した状況のズレが一般市民に浸透して逆に支援離れが広がるだけだろ

      ウクライナさん強すぎ〜!って幼稚な欲求を見たいなら政府から要請を受けて絶賛プロパガンダをやっているTVでも見なさいよ

      33
      • アジア
      • 2023年 6月 15日

      はい出たね〜、こういう意味不明の批判をぶちまける方が。 
      よろしければアクセス数稼ぎ目的で情報操作を行っているという明確な根拠のご説明願いますでしょうか?

      16
        • 魚虎
        • 2023年 6月 15日

        触らないほうが良いよ
        荒らしに反応するのも荒らし

        39
        • one
        • 2023年 6月 15日

        ウクライナ不利な情報がアクセス数稼ぎになるなら、
        日本のメディアはこぞってその手の記事を書きそうですよね。
        実際は皆さんご存知の通り正反対ですが。

        15
      • クローム
      • 2023年 6月 15日

      逆にどこの情報源からのどんな情報なら信じるんでしょう。
      情報が正確であるに越したことはないのでaaaaさんが信用しているニュースサイトを教えてくれるとありがたい。

      14
      • 牛丼チーズ
      • 2023年 6月 15日

      ウクライナに有利な情報しか見たくないならここを見に来るな。ここはただ事実を伝えているだけ。事実が見たくない奴は見なくていい。そうやって一生目を塞いでろ。管理人氏に頓珍漢ないちゃもん付けんな。情報操作なんかしてない。お前が情報偏食に陥っているだけ。

      9
        • そうですね
        • 2023年 6月 15日

        おそらくですが、上のスレにもある通り非常に見え透いた愉快犯って言うやつですよ。こういった人々は親露派には、ウクライナを賛美する書き込みをし、親ウクライナ派にはロシア優位な書き込みをするんです。
        こちらにおいては、純軍事的な書き込み以外は嫌われることを見越してウクライナ万歳的な発言をされるんですよ。
        あなたの書き込みは養分になってるだけだと思います。きっと、大漁じゃん!ぐらいにほくそ笑んでると思いますよ。

        18
      • Whiskey Dick
      • 2023年 6月 15日

      朝鮮戦争は引き分けだったし、ベトナム戦争ではアメリカ側が負けた。アメリカは「最強」だが「完全無欠」ではない、敵が強大であれば必ず被害は出るし、状況次第では敗北もあり得る。
      第二次世界大戦の頃のアメリカの工業力は世界の半分を占めていたが、それでもソビエトの助力なしに枢軸国に止めを刺すことはできなかった。現在のアメリカの工業力は世界の20%までに低下し、陸上兵器の投資を怠っていたので自分だけではウクライナへの砲弾供給が間に合わず、韓国どころか(武器提供が厳しく制限されている)日本にまで砲弾の供給を求めている。ここ30年間はアメリカが航空戦力で圧倒的な勝利を収めたため、本記事の内容である地対空ミサイルの生産も十分ではなかったのだ。

      10
        • 匿名
        • 2023年 6月 15日

        米軍に限らず西側の軍には厄介な議会や民意が紐づけされてるので、首領の思いのままに使える露軍や中国軍の前では結局ハリボテにしかならないんですよね

        5
          • Whiskey Dick
          • 2023年 6月 15日

          私は自由と民主主義が好きであり、出来れば世界中の人々が圧政や因習から逃れられるべきだと思っている。しかし人類は「普遍」ではなく、欧米諸国が信じる「普遍的価値」が全世界で通用することはない。
          アメリカが敗北する「状況」とは、
          1.アメリカが掲げる価値が現地人の価値観と合わない。
          2.支援する陣営が腐敗している。
          であり、ベトナム戦争とアフガニスタン占領はこの2つが原因で失敗した。
          今回の戦争ではウクライナは腐敗しているものの価値観は欧米と一致しており、予想以上の善戦となっている。但しウクライナを支援するアメリカの工業力が衰退傾向であり、社会問題も多く完璧な支援は難しい。更にトランプみたいな無知蒙昧・反道徳の輩が蔓延り、アメリカが普遍的価値を体現できる国なのか怪しくなっている。

          6
    • 2023年 6月 15日

    お触り厳禁

    35
    • xyz
    • 2023年 6月 15日

    やっぱ迎撃だけじゃジリ貧なのは目に見えてるんだよな。
    素から絶たないと駄目なのは分かってるんだし、早く十分な数のF-16等の西側戦闘機の供与を進めるべきでしょ。

    4
      • 名無し
      • 2023年 6月 15日

      ザポリージャ州の西側兵器の末路を見るとF16の供与と速成訓練がゲームチェンジャーになるとは思えんがな

      29
      • 123
      • 2023年 6月 15日

      f16はともかくスホイにボロ負けしてるユーロファイターなんか送っても意味なくない?

      7
        • 牛丼チーズ
        • 2023年 6月 15日

        スホイってどの機種?Su-27には負けてないと思うけど。

        3
          • 123
          • 2023年 6月 15日

          30にボロ負けしてなかったっけ?

          4
            • ブルーピーコック
            • 2023年 6月 17日

            Flyteamの記事より抜粋

            《2015年7月17日から、イギリス空軍(RAF)コニングスビーを訪問して共同演習を実施したインド空軍のスホーイSu-30MKIフランカー戦闘機が、タイフーンを相手に空中戦で「12対0」で圧勝したと伝えられています。Su-30の開発国であるロシアのSputnikが、イギリスのIndependentをソースに日本語で、8月8日に報じています。

            これらの報道は、インドのテレビ局の取材に対してインド空軍のグループ・キャプテンが近距離のドッグファイト訓練での結果として話したものです。また、このグループ・キャプテンは1対1だけではなく、Su-30 1機対タイフーン2機の不利な条件でも勝利したと話しています。

            イギリス空軍関係者によると「これはインド国内向けのコメントで、演習のどの部分の戦術的シナリオであったかも、記事では明らかにされていない」と疑問を呈し、「タイフーン側は高度な兵器システムを使わず、片手を背中に回した状態で戦った」とも話しています。》

            文中にもありますが、どういったレギュレーションでやったのか不明なので、これだけで強弱はつかないかなと。

            4
    • 2023年 6月 15日

    もし、日本が北朝鮮とかからミサイル攻撃を毎日一発ずつでも日本の各都市に順繰りに受けたら、反撃の手段もないし、その場合は大パニックになるかな・・・。

    6
      • 名無し
      • 2023年 6月 15日

      北朝鮮もバカじゃないから日本を越えるミサイル実験をする際は失敗して途中で落ちても領土内に落ちないルートにしている。
      衛星の実験みたいに領土内に落ちる可能性がある場合は事前に連絡入れてる。事故だと事前に解っていれば流石に反撃出来ないからね。
      日本が北朝鮮に反撃する際、おそらく米軍も便乗するから更地になりそうではある・・・

      12
    •     
    • 2023年 6月 15日

    冷酷な事を言えば、市街地への攻撃は迎撃をする必要性は薄い
    戦局に供与しない攻撃は無視して、戦術的に重要な箇所を守った方が勝利に繋がる
    バトルオブブリテンでは、ロンドン市街への空襲は戦力温存の為に敢えてスルーする戦術をとったりしている

    市街地に多少攻撃された程度で戦局は変わらないし、防空システムが前線に回された結果であるなら市街地での損害が増えるのも当たり前であろうと思う

    つまり、都市攻撃への迎撃率がどうのこうので戦局がどうこうって事はないだろう、と

    20
      • タチコマァ
      • 2023年 6月 15日

      独裁国家ならそれでも良いのですが民主国家かつ西側から支援を得ている身の上ですからねぇ……国民を守るポーズだけでも取らないとロシアの同族になってしまう

      マジでこの戦争って道徳の戦いになってる気がしますね……

      18
      •  
      • 2023年 6月 15日

      ロシアのミサイル攻撃は市街地ではなく生産設備や通信設備、当局施設などを狙ったものだから市街地狙いのものを迎撃しなければいいって話はあまり効果的ではない

      11
    • ひろゆき
    • 2023年 6月 15日

    やっぱり核って究極の抑止力だよな
    ウクライナは援助された兵器で反撃はほぼ封じられているし行動も縛られている
    一方ロシアはやりたい放題
    こんなんじゃ勝てっこないよ

    17
    • マサキ
    • 2023年 6月 15日

    調べてみると、日本には18個高射隊分のパトリオットがあるようだ(1高射隊で、PAC-3ミサイル発射機2基、PAC-2ミサイル発射機3基)。
    もし、ゼレンスキー大統領の言う50基が、50セット(発射機の数でなく一式の数)なら、日本の配備数の約3倍。
    発射機の数でも、日本の半分。
    どちらも、調達時間が大変だ。

    しかし、高額だけどアメリカ兵器の性能はさすがだ。
    周辺国が日本の軍事力を警戒するのも、このような「実戦で証明されたアメリカの兵器」を多数持っているという面も大いにあると思う。

    こう考えると、アメリカの兵器を買いまくるのも仕方ないのかもしれない。個人的には、国産を頑張ってほしいが。

    17
      • Easy
      • 2023年 6月 15日

      問題はこの高額なパトリオット代を誰が払うのか、というただ一点ですよ。
      世界最貧国のウクライナに払えるわけもなく。
      となるとロシアを滅ぼしてロシアの資源で賄うしか無いが、それはすなわちパトリオット代をせしめるためにロシアを積極的に滅ぼすという戦略を選択することを意味する。
      これをロシア側から見れば「ウクライナに武器を渡してその代金を我が母なるロシアからせしめようとけしかける西側諸国」という構図になり。
      これはあまりに立派な核戦争開始の理由になってしまうために、この方向には核戦争しか無いな、と理詰めで考えると全く出口がないことに気付く。

      16
        • 匿名戦士
        • 2023年 6月 15日

        ウクライナは欧州水準では確かに貧しいけど、世界最貧国というのは誇張しすぎ。
        あと「戦費をロシア占領してせしめる」論は、西側の現役高官が言ってるところを見た事なく、ロシア側プロバガンダかゴシップ紙レベルの意見なのに、それのみを根拠にして西側がロシアを滅ぼす道に向かう、と言うのはちょっと乱暴な主張に思います。

        23
    • 58式素人
    • 2023年 6月 15日

    カスピ海上空のTu95は、レーダーに見えているのでしょうね。
    おそらく、エンゲルス基地の所属と思いますが。
    そうなると、そこまで届く対空ミサイルが欲しくなりますね。
    黒海上空から撃てば、AIM-120でも届くかな。
    一度、手段を講じて、Tu-95 を墜とせれば良いのですが。
    相手のレーダーの妨害や黒海艦隊のSAMの無効化など、
    色々と条件はあるのですが。

    5
      •  
      • 2023年 6月 15日

      カタログスペックだけを見ればそれで当てられそうだけど、現実的にそんなに遠方の敵目標に有効な攻撃を行おうとするなら高空からの発射でエネルギーを確保しなければならない(それでも厳しいけど)
      高空を飛べばもちろんレーダー地平線から頭を出すことで探知されやすくなるわけで、ロシアは迎撃を出して有利な位置から仕掛けてくるわけで、まあ結局Tu-95の撃墜は不可能に近いって結論になる

      5
      • nachteule
      • 2023年 6月 15日

       運用するミサイルはロングレンジのKh -101とKh-555だろうしウクライナ側がまともな対抗手段を手に入れるなら後方に引っ込むだけでしょう。今年量産されるかもしれないAIM-260ですら巡航ミサイル射程の1/10位だろうし無理に近付いて撃つ必要なんてどこにも無いと思う。

      3
      • 58式素人
      • 2023年 6月 16日

      一度、なんらかの形で撃墜しておけば。
      今度はウラルの東に引っ込んでくれるかもですね。
      そうできれば、とりあえず、大成功と思えます。

      1
    • タクシー
    • 2023年 6月 15日

    やはりこうなるとミサイルの生産元を叩く以外に方法は無い訳だけど、そうなれば核の報復を招くリスクがあるし・・・となるとウクライナにも核を配備してこちらもやる時はやってやるという姿勢を見せて抑止するべきなのか・・・
    でも21世紀のご時世に督戦隊で投降や逃亡した味方のロシア兵を平気で撃ち殺す様な国にどこまで通用するか・・・

    6
    • もり
    • 2023年 6月 15日

    一番の問題はアメリカのウクライナ疲れ
    予算も有限で台湾有事向けに予算使いたい論も強くなってきたからなぁ

    19
    • YJ93
    • 2023年 6月 15日

    まあ、現状、ロシアも西側の生産拠点を直接攻撃できないのですけれどね。。。

    6
    • AAA
    • 2023年 6月 15日

    ロシアの強みは縦深だよな
    軍需産業の工場や爆撃機の発進基地をウクライナの兵器の射程外に置ける

    3
    • paxai
    • 2023年 6月 15日

    ロシアが準備中のドローン工場はまだ本格稼働してないんだよね。
    これから年6000機ペースで生産が開始する。

    10
    • 聖シャヘド
    • 2023年 6月 16日

    ランセットドローンの炸薬量も当初の1kgから5kgに増量したみたいだし生産体制が整って更に低コスト化が進めば前線近くまで出っ張ってくるかも。現代の神風特攻隊よろしく無人観測機とレーダーによる自立飛行でターゲットを選定出来ればよりフレキシブルな目標に対しても有効かもしれない。

    3
    • kitty
    • 2023年 6月 16日

    衰えを知らないロシア軍でふと調べてみました。

    リンク2022年度(令和4年度)緊急発進実施状況について

    ロシア機は2018年度の半分しか飛んできていません。
    お金か兵員が戦線に吸われているのでしょうね。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP