中東アフリカ関連

米国、エジプトのSu-35導入にもCAATSAに基づく制裁を匂わせ始める

米国のバイデン政権は23日、トランプ大統領が問題化するのを避けていたエジプトの人権問題やSu-35導入について懸念を表明して注目を集めている。

参考:U.S. “Concerned” Over Egypt’s Procurement of Su-35 Jets

ブリンケン国務長官「エジプトがロシアから調達中のSu-35導入についても注意深く見守っている」

エジプトのシシ大統領は自身の出身母体であるムスリム同胞団をテロ組織とみなして徹底的な弾圧を加えており、ジャーナリストも同組織を少しでも擁護=つまり政権に批判的な内容の記事を書けばテロ容疑関連で実刑(中東メディアのアルジャジーラで働いていたオーストラリア人記者は400日近く拘束された後に解放された)を課すなど「報道の自由を守る」という原則すら無視されており、欧米諸国や人権団体から強く批判されている。

勿論、当時のオバマ政権もエジプトの人権問題を非難していたがテロ組織「イスラム国」との戦い優先するため凍結していたエジプトへの武器販売や軍事援助を再開、その後を引き継いだトランプ政権もエジプトとの2ヶ国間関係を優先するため人権問題やSu-35導入問題に目を瞑っていたのだがバイデン政権のブリンケン国務長官は23日、エジプトのシュクリ外相との電話会談で人権問題は今後の2ヶ国間関係の中心議題になると語り「エジプトがロシアから調達中のSu-35導入についても注意深く見守っている」と伝えたらしい。

出典:public domain ロシア空軍のSU-35

エジプトの人権問題については本ブログの守備範囲外なので置いておくとしてもブリンケン国務長官が言及したエジプトの「Su-35導入問題」は2019年にロシアからSu-35を24機購入する契約を結んだことを指しておりトランプ政権は過去「敵対者に対する制裁措置法(CAATSA)」の発動対象になると警告をしたが具体的な制裁発動は行っておらず、エジプトも米国の警告を無視してエジプト人パイロットをロシアに派遣するなどSu-35導入に向けて着々準備を進めている。

すでにエジプト空軍向けのSu-35は何機か完成済み(推定5機)で、もう間もなく訓練を受けているエジプト人パイロットと共にエジプトへ持ち込まれる予定だ。

要するにブリンケン国務長官は「Su-35導入についても注意深く見守っている=エジプトがSu-35を持ち込めばCAATSAに基づく制裁を発動する」と脅しているという意味なのだが、エジプトは2012年にシナイ半島の過激派に対する軍事作戦実施に関連して米国から制裁(軍事援助の凍結及び発注済みのF-16やAH-64Dの引き渡しを拒否)を受けて武器調達先(欧州やロシアなどに分散)の多様化が進んでいるためエジプト軍の米国製兵器への依存率は下がっている。

そのためCAATSAに基づく制裁を受けてもエジプトの安全保障に与えるダメージは限られており、同国の人権問題とあわせると米国との2ヶ国間関係は極端に悪化する可能性が高い。

米国の同盟国でもなくNATO加盟国でもないエジプトのSu-35導入ぐらい目を瞑った方が良いのではないかという意見もあるかもしれないが、すでに米国はCAATSAに基づく制裁をチラつかせてインドネシアにSu-35導入を諦めさせているのでエジプトだけ特別扱いすればCAATSA適用の整合性が取れなくなるため強行するしかないのだろう。

果たしてエジプトはバイデン政権の方針転換にどのような反応を示すのか注目されるところだ。

関連記事:各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入
関連記事:新たに米国制裁を招く恐れがある案件、インドがMiG-35調達に向けて一歩前進
関連記事:米国製戦闘機は制限が多く航空ショー向き?Su-35こそインドネシアに最適か

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain Su-35

アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表前のページ

役に立たない? アルメニアとロシアの間で勃発した弾道ミサイル「イスカンデル」論争次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエル人による徘徊型ドローンの不正輸出先は中国、背後に北朝鮮やイランの影も

    イスラエル国防軍やイスラエル航空宇宙産業で働いていたイスラエル人グルー…

  2. 中東アフリカ関連

    イラン、アルメニア支援のため戦車200輌を含む部隊を国境沿いに派遣

    イランはナゴルノ・カラバフ地域を巡るアルメニアとアゼルバイジャンの戦い…

  3. 中東アフリカ関連

    イラン、中国やロシアと共同で「アジア版NATO」創設を主張

    中国環球電視網(CGTN)は27日、国際情勢の専門家でテヘラン大学で教…

  4. 中東アフリカ関連

    イラン、ナゴルノ・カラバフ紛争による誤射が続くなら強力な措置を予告

    イランはナゴルノ・カラバフ地域を巡る戦いで使用された迫撃弾がイラン領に…

  5. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、ロシアとの武器共同生産と防衛産業育成に200億ドル以上の投資を発表

    サウジアラビアは今月20日、国内の防衛産業に今後10年間で200億ドル…

  6. 中東アフリカ関連

    イスラエル、UAEへのF-35A販売に同意する見返りとしてF-22を要求か?

    イスラエルはアラブ首長国連邦へのF-35A販売を認める代わりにF-22…

コメント

    • ソソソナス
    • 2021年 2月 25日

    スエズ運河の無害通航やイスラエルと周辺諸国の対立回避という観点で考慮すればロシアの戦闘機の受け取りを黙認し米国製武器の引渡しを拒否して両国の顔を立てた状態で今までの関係を維持するのではないでしょうか。

    4
      • A
      • 2021年 2月 25日

      そういう大人の判断が出来ればいいのですが。

      5
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    トランプ政権が退いたことで、中東・アフリカの勢力バランスがまた変わり始めた?

    16
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      米国が一方的に影響力を失う方向にね

      29
        • 匿名
        • 2021年 2月 25日

        日本と中東の関係も悪化せざるを得ないので厳しいね。
        バイデン政権は日本の国益に反する。

        18
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      せっかく日本語で記事を書いてくれてるのだからちゃんと読みましょう。トランプ政権の頃から進んでる話です。

      7
        • 匿名
        • 2021年 2月 25日

        オバマ時代には「凍結」、トランプ時代は「目を瞑って」きた話を
        バイデン政権で「中心議題」に持ち上げた、と書いてありますが?

        19
          • 匿名
          • 2021年 2月 25日

          多分、トランプ政権時でもSu35がエジプトに持ち込まれていたら制裁発動に動いていたと思うよ。

          CAATSAの発動タイミングは契約や導入への動きではなく該当兵器が持ち込まれた後だから。

          • 匿名
          • 2021年 2月 25日

          だからなんですか?バイデン政権でアメリカ政府の牽制が強まったのであってバイデン政権のせいで各国がロシア製兵器の導入を始めたわけじゃないですよね?そもそもインドネシアに断念させたのはトランプ政権時代でSu-35導入を妨害する方針は元からです。あとオバマ政権が「凍結」(解除)というのは自国兵器の輸出ですよ?エジプトのSu-35導入の話なんて始まってもいません。さらに「中心議題」というのは人権問題です。

          1
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    内政における言論弾圧と、ロシア戦闘機を関連づけて制裁する無理話
    たしかクーデターのときには米国製の戦闘車両が出動してましたが、そっちは制裁の対象にならんのかねw

    2
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    トランプの一国主義から国際協調に転じると言っておいて、敵国を増やすようなことするなよな。
    西側の協調体制からしたら悪法でしかない・・・

    22
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      その辺りが根底にある。エジプトはアラブであって西側の自覚なんかないから、噛み合わない議論になってしまう
      そもそも西側って何だろう

      4
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    敵の陣営潰すつもりでトータルで見ると敵増やすスタイル。

    21
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    バイデン政権のほうがアメリカファーストゴリ押しじゃねーか
    スホーイ使ってる国なんていくらでもあるのに新しいスホーイ買ったら片っ端から制裁していくつもりかよ

    18
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      バイデン政権は協調路線よりになるかと思ってたので、正直意外です。
      見方が甘かったと評すべきかもしれませんが。

      7
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      「アメリカファースト」ではないんですよ、国益に反しているので。
      バイデン政権はイデオロギーに忠実ということです。

      12
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      >スホーイ買ったら片っ端から制裁していくつもりかよ

      制裁するつもりなんじゃない?
      「西側諸国の兵器を買うか、自国で開発しなさい」って踏み絵みたいな法律ですし。
      トランプ大統領の時に成立した法律ですけど、民主党はロシアに厳しいので、見直すつもりはないみたいですね。
      もっとも、アメリカの影響力が低下しているのか、各国は気にせずにロシア兵器を購入しようとしていますけど。

      7
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      スホイもそうだが、S-400みたいな迎撃システムもダメって考えが分からん。

      トルコ・アゼルバイジャンには効かなかったとは言われるが、何処も迎撃システムは欲しいはずなのに。

      ついでにロシアに情報抜き取られるのかね?

      6
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    マジでCAATSAに関しては中身を見直した方が良いと思う

    16
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    北風と太陽かな

    7
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    ISシナイ州もまだ元気なのにこれはあかんでしょ…
    というか人権問題ならまずアフリカを解決してくれバイデン。
    あそこのほうが人権蹂躙進んでるぞ。

    2
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      金にならない人権蹂躙は人権問題じゃないのです@米民主党

      11
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    その内新興国からドルも見放されるんやろうか?

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    制裁する制裁すると騒ぎ、最後は一番忠実な日本を叩く
    民主党は数十年コレでやってきた
    今度はどうかな

    17
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    文句があるならアメリカさんが代わりになるものを売ればいいんじゃないですかね

    4
      • 匿名
      • 2021年 2月 25日

      インドの情報ではF-15EXよりもSU-35の方が高性能で、S-400の代わりになる防空システムはアメリカには存在せずなので、難しくないですかね?大統領がどうのというよりもアメリカ議会の横暴が原因なのと、アメリカ自体が冷戦終結後に兵器更新を止めてしまった事による問題を他国に押し付けるのは止めてもらいたいです。アメリカは景気対策も兼ねて
      兵器一気に更新して仲間にも安価に販売する様にしてもらえないとこまりますよね。

      3
        • 匿名
        • 2021年 2月 25日

        F-15EXに関するインドへのマーケティングライセンスは先月末に認可されたばかり、ようやくボーイング関係者がインド空軍にF-15EXの性能について説明できるようになったばかりだけど、もうSu-35との比較が出てくるのって早すぎない?

        2
          • 匿名
          • 2021年 2月 26日

          特別条件出してもいいのよ?位に捉えておくと良いですよ。

    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    傲慢なアメリカ人って良く映画で言うけど…

    2
    • 匿名
    • 2021年 2月 25日

    AEW並みのレーダーに高い攻撃力 機動力
    こんなのが本土から200km程度の島にスタンバっている
    南ばかり目がいくが千歳や三沢も温くないわな

    4
    • 匿名
    • 2021年 2月 26日

    ぶっちゃけCAATSA匂わせるなら自国でSu-35並の性能で即デリバリー出来る機体ぐらい用意しろと思うわ。そう考えると新型4.5世代機作って余力のある国内メーカーに作らせるとかすべきじゃないかねぇ。

    出力的に無理をしない双発、AESAレーダー、IRST内蔵、RCSは4.5世代機中最低クラス、スーパークルーズ可能、最高速度マッハ2.3以上、搭載10t以上、推力偏向ノズル付きで短納期ならSu-35の2割高くらい高くても買ってくれるんじゃないかな。そう考えると電子戦装備は別にして、Su-35並の性能を持つ双発機体ですぐに輸出出来る機体がアメリカに無いってのは異常よね。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP