軍事的雑学

空母「遼寧」の二番煎じ?韓国、空母「サン・パウロ」購入を訴える国民請願が登場

韓国では空母の建造ノウハウを得るため、ブラジル海軍がスクラップとして売りに出している空母「サン・パウロ」の購入を訴える青瓦台国民請願まで登場した。

参考:브라질 퇴역항공모함 15억짜리 구매해주세요

中国の空母「遼寧」を再現か?売りに出された空母「サン・パウロ」購入を訴える韓国

ブラジル海軍は1950年代、第2次大戦中に英国で建造されたコロッサス級軽空母「ヴェンジャンス(15,800トン)」を購入し、空母「ミナス・ジェライス」として運用を開始した。

しかし1990年代に入り、空母「ミナス・ジェライス」の老朽化問題が浮上、その後継艦としてフランス海軍の空母「フォッシュ(24,200トン)」を購入し、修理や改造を施して2001年に空母「サン・パウロ」としてブラジル海軍に編入された。

出典:Public Domain ブラジル海軍の空母「サン・パウロ」に搭載されたA-4スカイホーク

ただ空母「サン・パウロ」がまともに稼働したのは2004年までの3年間に過ぎず、その後は機関の点検修理、搭載機器のアップグレードなど近代改修を受けたが、機関トラブルや蒸気式カタパルト(英国製のミッチェル・ブラウンBS5型)の能力不足など問題が解決されることはなく港で過ごす時間が多くなり、2012年に火災事故を起こしたことで空母「サン・パウロ」の運用を放棄(復旧費用が高額過ぎた)することになった。

ブラジルの国防省は2019年9月、空母「サン・パウロ」をスクラップとして売り出すため入札を行うと発表、最低入札価格は127万5,000ドル(約1億4,000万円)に設定されているため、複数の入札者が現れればこの金額はもっと高額になるかもしれない。

韓国は、たった127万ドルで売りに出された空母「サン・パウロ」に目をつけ、これを購入し韓国型軽空母(実質的には強襲揚陸艦)の設計に活かそうと言う主張が出てきた。特に空母「サン・パウロ」購入には、搭載されている蒸気式カタパルトの設計やデーターの取得目的や、漢江(ソウルに流れる川)に固定配置して活用すれば土地価格が高騰しているソウルに、経済的な効果を生み出すことが出来ると言う。

この主張は現在、韓国の青瓦台(日本で言えば首相官邸に相当)国民請願にも登場しているため、仮に20万人の賛同者を集めれば韓国政府は公式に見解を示さなければならなくなるが、恐らく20万人もの賛同者を期限(11月3日)までに集めるのは到底不可能だと思われるが、これを韓国メディアが取り上げ、煽り始めれば分からなくなる。

出典:青瓦台国民請願のスクリーンショット

しかし、韓国が空母「サン・パウロ」を購入しても得られる情報やノウハウはそう多くはないだろう。

空母「サン・パウロ」の前身である空母「フォッシュ」は、1950年代に建造されたクレマンソー級空母の2番艦であまりにも設計が古く、搭載されている蒸気式カタパルトも英国製のミッチェル・ブラウンBS5型で、現在のジェット戦闘機を射出するには完全に能力不足だ。

ソウルに漢江に固定配置して活用する方法については、もはや後付感が半端ないのでそっとしておく。

出典:Baycrest / CC BY-SA 2.5 中国海軍の空母「遼寧」

どちらにしても韓国の本音は、中国がロシアから購入した旧ソ連時代の空母「ヴァリャーグ」をスクラップとして購入し、これを空母として使用できるよう大規模な改修を加えて国産空母のテストヘッドにしたことを、そのままブラジル海軍の空母「サン・パウロ」を購入して、再現することにあると言えるので上記のような問題は些細なものかもしれない。

韓国ではネットをつかった世論誘導が日常茶飯なので、あくまでも一般人を装い、このような提案をネットでばら撒いて国民の反応や、メディアがどのような態度を見せるのかを見極めている可能性すらある。

ブラジルの国防省は2019年中に最終落札者を決定し、空母「サン・パウロ」の売却プロセスを完了させると言っているので、もしこの落札業者に韓国系の造船会社が絡んでいた場合は、中国のやり口を韓国が真似る可能性が高いと言えるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:CC BY-SA 3.0 空母「サン・パウロ」

世界中へ即展開、コンテナ1つでステルス無人戦闘機「XQ-58」の打ち上げ&回収可能前のページ

あるモノを「ロシア潜水艦」と誤認? スウェーデンが隠し続けた「ロシア語による会話」の真実次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    欧州独占なるか? ドイツとフランスが進める「次期主力戦車開発プログラム」正式始動

    ドイツ議会はフランスと共同開発する次期主力戦車「Main Ground…

  2. 軍事的雑学

    遂に量産機が完成か? 中国空軍指定色に塗装されたステルス戦闘機「J-31」が姿を現す

    米国メディアは、中国がJ-20に続いて開発したステルス戦闘機「J-31…

  3. 軍事的雑学

    F-35Bは60機あれば十分? 英国、空母を建造したのにF-35B調達数削減の可能性

    英国は2019年時点で48機のF-35Bを発注する予定だったが、現実に…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本が導入する「イージス・アショア」って何だ?

    米国が地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の日本への売…

  5. 軍事的雑学

    AIM-120Dではなく、射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意は?

    今回、売却の承認が下りたのは、F-35のウェポンベイにも搭載可能な「A…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本初!ステルス戦闘機F-35Aを擁する実戦部隊「第302飛行隊」が正式発足!

    3月26日、青森県の航空自衛隊、三沢基地でF-35Aを日本で初めて運用…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    思い出すのはくず鉄として買いつつ無理な改造をして貨客船として使ってたセウォル号だよね

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    期末テスト学年で10位まで入ったら空母でもなんでも買ってやるぞ。

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    請願が指定数を集めても見解を出すだけだから、まさか購入には動かないだろう。韓国国内でも「粗大ゴミにしかならず必要ない」って見識ある意見もあるし。
    それともまさか衆愚に押しつぶされてしまうのか?

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    スクラップとして売りに出すんだから、航空機を運用するための装備は全部取っ払った本当にドンガラとしてじゃないのかな?
    戦略兵器の技術を、そうそう流出させるわけにもいかないだろうし

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    購入したとして100%あたり崩すね。
    自国兵器のメンテナンスもできないゴミが他国製品のスクラップを修理できるわけがないw
    面白いから買ってみるといいw

    • しゅしゅ
    • 2019年 10月 18日

    韓国海軍は色々あるが…

    参考にすべきは中国では無くスペイン海軍あたりだと思うんだよな

    ファン・カルロス・一世の様なスキージャンプ付きの強襲揚陸艦、正しい意味でのミニイージスたるアルバロ・デ・バサン級とか。

    オーストラリアの様にタイシップとして建造させて貰えば?と思ってしまう。

    • (=゚ω゚=)
    • 2019年 10月 19日

    欲しい時が買い時です。
    研究用なら…
    実戦配備…ワンオーオーならまだしも…

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    日本側興味有りって嘘情報流せば、食いつくかも(笑)

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    日本からも青瓦台へ請願してあげよう。

    • つよし
    • 2019年 10月 19日

    単細胞だなほんとに。

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    こうやって手間と時間を惜しむ民族性が失敗の繰り返し

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    スクラップとしての価値はいくらくらいかな?設計の参考に買ってもいいと思ったけど、設計するのはイギリスの会社かな?

      • 匿名
      • 2019年 10月 20日

      ざっとだけど、日本の鉄くず買取相場で1トン当たり1.6万円で、サン・パウロの基準排水量が3万トンで、16000×30000=4.8億円。

      • 匿名
      • 2019年 10月 20日

      ざっとだけど、日本の鉄くず買取相場で1トン当たり1.6万円で、サン・パウロの基準排水量が3万トンで、16000×30000=4.8億円。
      まぁ、アメリカはフォレスタル級とキティホーク級空母を1円で解体業者に売ったりしてるけど。

      • 匿名
      • 2019年 10月 20日

      ざっとだけど、日本の鉄買取相場で1トン当たり1.6万円で、サン・パウロの基準排水量が3万トンで、4.8億円。
      アメリカはフォレスタル級とキティホーク級空母を1円で解体業者に売ったりしてるけど。

    • 2019年 10月 19日

    スクラップ買う金は日本が当然出すニダ!

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    落札したは良いが使い物にならなくてブラジルに責任転嫁する絵が目に浮かぶ

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    マジェマジェ

    • 匿名
    • 2019年 10月 19日

    いくらで買っても自国に曳航する費用のほうが莫大でしょ
    くず鉄の価値しかないものをわざわざ運ぶもの好きは中韓だけだわ

    • oominoomi
    • 2019年 10月 19日

    韓国が計画しているのは,スキージャンプ勾配を備えてSTOVL機を搭載する軽空母のはずです。
    CTOL機を運用するサンパウロは、あまり参考にはならないと思いますが。
    それとも本当にCATOBAR空母を建造するつもり?
    それなら素直にアメリカからC13を購入すればいいのに…

    • 匿名
    • 2019年 10月 20日

    テスト

    • oominoomi
    • 2019年 10月 20日

    CATOBAR運用の正規空母であるサンパウロは、スキージャンプ勾配つきSTOVL軽空母の参考にはならないでしょうし。
    CTOL空母が欲しいんだとしても、ミッチェル・ブラウンBS5みたいな古典的カタパルトを模倣しなくても、アメリカからC13を買えばよいだけ。
    一体何の為にスクラップを買うのか理解できません。

      • oominoomi
      • 2019年 10月 20日

      重複投稿、失礼しました🙇

    • 匿名
    • 2019年 10月 20日

    買うわけでも買うのを検討してるわけでもなく、アホが変な請願立ち上げただけで本来ニュースになるような話じゃないから

    • 匿名
    • 2020年 1月 02日

    ブラジルが捨てるとも売るとも言ってないのに買う
    って言いだすあたりが韓国よね。

    売買ってのは相手があってできること

    • 匿名
    • 2020年 9月 27日

    全く関係ないけどこの記事の筆者は延々と「、」で文を繋げる癖があるな。夏目漱石の小説を読んでいる気分になる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP