軍事的雑学

戦闘機を撃ち落とす爆撃機?ステルス爆撃機「B-21」は空対空戦闘が可能

米空軍が開発中のステルス爆撃機B-21「レイダー」は、空対空戦闘が行える能力を備えているらしい。

参考:U.S. Air Force’s new B-21 bomber will likely have air-to-air defense capabilities

将来、B-21にキルマークが描かれる日が来るのかもしれない

米空軍が爆撃機B-1B、B-2Aの後継機として現在、開発中のステルス爆撃機B-21「レイダー」は、現代の戦闘機が備えているのと同等の空対空戦闘能力を備えていると空軍のプレウス少将が明かした。

B-21は、接近阻止・領域拒否(A2/AD)の空域を貫通し、重要な施設を攻撃できるだけの高い生存性を持った航空機で、このような性能を成立させるためB-21は優れたステルス性能を持つよう設計されているが、これに加えB-21が装備するレーダーは、戦闘機が装備するような高度な空対空モードを備えているらしく、恐らくこれは、空対空ミサイル「AIM-120(または開発中のAIM-260)」の運用能力を持っているという意味だ。

出典:FFA P-16 / CC BY-SA 4.0 AIM-120 AMRAAM

これは敵戦闘機とB-21が積極的に交戦するということではなく、任務遂行中に最悪、敵機に発見され捕捉された際、反撃手段を持っているということになる。

そもそもB-21は、凹凸のない完璧な曲線で構成された全翼機だと言われており、中国やロシアがステルス機の探知のため開発を進めている長波を利用したレーダーに対し、非常に有効なステルス性能を発揮すると見られており、高度に防衛体制が構築された接近阻止・領域拒否(A2/AD)空域内でも、敵に気づかれず、ターゲットを破壊することが可能だ。

B-2と同じようにエンジン全体を胴体へ埋め込むことで、ジェットエンジンの排熱を制御することができ、赤外線探知に対するステルス性も確保しやすく、レーダー吸収材料や人工メタマテリアルを使った、新しいステルスコーティングの開発が行われており、これがB-21に使用されると言われている。

出典:pixabay B-2 Spirit

敵にしてみれば、B-21をレーダーで捕捉するだけでも難しいはずだが、仮にレーダーによって捕捉できたとしても照射した電波を探知したB-21が、逆に対レーダーミサイル「AGM-88」で応戦してくれば、敵は電波を止めざるを得ないし、掴んだ位置情報を元に、戦闘機を迎撃に向かわせれば、今度は空対空ミサイル「AIM-120」が飛んでくるという、非常に厄介な相手になる。

ただし、空対空戦闘能力を備えるということに欠点が無い訳ではない。

敵機を捕捉するには搭載されたレーダーを使用しなければならなず、自ら電波を出すということはステルスを損なうことに繋がるため、あまり褒められた話ではない。

早期警戒機やF-35から受信した情報を元にAIM-120で敵機を迎撃するなら、B-21の秘匿性は守られるだろうが、やはりAIM-120を使用する事態に追い込まれるというのは、B-21のパイロット(無人運用可)にとっては避けたいはずだ。

将来、B-21にキルマークが描かれる日が来るのかもしれないが、出来るなら敵に見つかる前に任務を終えて脱出したいと言うのが本音だろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain Northrop Grumman B-21 Raider

視界外戦闘も可能、F-35のステルス性能を損なわない新型「AIM-9X」は万能か?前のページ

10月にはモックアップ公開も?韓国型戦闘機「KFX」が登場するCG動画を公開次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    次世代小銃は発砲音も閃光もなし?米陸軍、ステルス小銃を開発

    米陸軍は最先端技術を用いて、小銃発砲時の騒音と閃光を無くし、敵に気づか…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、米国の次世代空対空ミサイルはペレグリン? AIM-260?

    新しい年を迎えてしまったが、今回も航空万能論的に2019年最も印象に残…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|F-35B以外の選択肢? 防衛省 空母化「いずも」に搭載するSTOVL機の機種選定開始!…

    防衛省のホームページで興味深い告知を見つけました。中期防衛力整備計画で…

  4. 軍事的雑学

    欧州に追いつく?F-35はアップグレード実行で「第6世代機戦闘機」に到達

    ロッキード・マーティンは「第5世代機から第6世代機へは、第4世代機から…

  5. 軍事的雑学

    中東の気候に耐えられるか? 英海軍、ホルムズ海峡へ機関の欠陥で停電する「45型駆逐艦」派遣

    英国は4日、イラン革命防衛隊精鋭「ゴッズ」部隊の司令官を米軍が殺害した…

  6. 軍事的雑学

    米国のF-35制裁に抜け道?トルコのF-35部品製造は国外移転で継続可能か

    トルコの防衛産業界は、目前に迫った米国の制裁を回避するための手段として…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 06日

    ルーデル「爆撃機で戦闘機を撃墜かあ。懐かしいなあ。俺もやったもんだ」

    • 匿名
    • 2019年 9月 06日

    つまり…ステレス戦闘爆撃機が作りたいんだね?
    F-117戦闘機(笑)の二の舞になりそうで草

    • 匿名
    • 2019年 9月 07日

    単独で運用できるにしてもB-21はミサイルキャリアとしての位置づけで索敵とロックオンは先行する無人機に任せる方式でしょ
    ウェポンベイを開いてもステルス性能が維持されるよう設計されてるのかもしれないな

      • 匿名
      • 2019年 9月 08日

      米空軍の展望は、そういう事でしょうな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 07日

    これあれだ
    必ず二機で行動して
    一機目がF-35やAWACSがとらえた目標めがけてばら蒔いて逃げて
    後々本命の爆装が相手を対爆施設ごと吹っ飛ばす
    これなら色々安く収まる

    • 案山子
    • 2019年 9月 08日

    それでもB-52を延命して使い続ける米空軍でした。

      • 匿名
      • 2019年 9月 08日

      たくさん積めて長く飛べるはアレで完成形だから

    • 匿名
    • 2021年 6月 08日

    いっそのこと、無人機のレーダー・センサー情報をもとに、敵側のAWACSや給油機に長射程ミサイルを打ち込む役とかもあり…?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP