北米/南米関連

ほくそ笑む中国、競合が脱落していくアルゼンチン空軍の次期戦闘機導入

アルゼンチンが進めている次期戦闘機の導入候補にはJF-17、F-16、MiG-35、テジャスMK.1Aが挙げられ、空軍はF-16導入を希望しているものの諸事情でJF-17導入が最も有力視されており、中国は米国の裏庭に足場を確保する可能性が高い。

参考:Argentina eyes $664 million for fighter jets

競合が次々脱落していくためJF-17をねじ込むためのディスカウントすら不要なのかもしれない

アルゼンチン政府は下院議会の質問に答える形で「空軍保有の空中給油機と互換性があり、AESAレーダー、戦術データリンク、電子戦装置を搭載する多用途戦闘機の調達に約6億8,400万ドルを費やす予定だ」と明かし、検討中の候補には中国のJF-17、米国のF-16、ロシアのMiG-35、インドのテジャスMK.1Aが含まれているらしい。

出典:РСК «МиГ» MiG-35

米国のディフェンスメディアはアルゼンチン軍関係者の発言を引用して「政治的にも物理的にもロシアのMiG-35を選択する可能性は非常に低く、英国が拒否権をもつ部品や技術が使用されているテジャスMK.1Aも同様だ」と報じており、テジャスMK.1Aは費用対効果に優れているものの搭載レーダーの一部に英国の技術が使用され、空中給油装置や射出座席も英国製で、これを非英国製に変更することは可能だが「高くつく」と指摘している。

アルゼンチン空軍はF-16を好んでいるものの米国政府はイスラエル製兵器の統合を拒絶しているため、アルゼンチン軍関係者は「これは英国のせいで米国政府は非常に限定された条件下でしかF-16の売却を許可しない。このような態度はJF-17調達に有利に働く=アルゼンチンの中国に接近を加速させるという意味」と述べており、英国がアルゼンチンに対する禁輸措置を守れば守るほど中国は米国の裏庭=南米に足場を確保できるという意味だ。

出典:Aldo Bidini/GFDL 1.2

因みにアルゼンチンにJF-17を売却して得られる目先の利益は中国の優先事項ではなく、長期的に引き出せる政治的(主要な武器供給国としての影響力)+経済的(石油やリチウムなどの天然資源に関する利権や農作物など)利益が目的だと目されていたが、競合が次々脱落していくためJF-17をねじ込むためのディスカウントすら不要なのかもしれない。

関連記事:アルゼンチンがJF-17調達を決断、中国は米国の裏庭に主要な武器供給国として足場を確保か
関連記事:アルゼンチン空軍の次期戦闘機は三つ巴、インドが英国製部品を排除したテジャスMK.1Aを提案

 

※アイキャッチ画像の出典:Pakistan Air Force

GA-ASIが無人戦闘機「Gambit」シリーズを発表、共通コア採用が目玉前のページ

10月訪日予定のイタリア空軍参謀長、次世代戦闘機について空自側と協議次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    ベネズエラと軍事的緊張が高まるコロンビア、M1A2調達を米国に打診

    バイデン政権から非NATO主要同盟国に指定されたばかりのコロンビアがM…

  2. 北米/南米関連

    カナダ、ウクライナに榴弾砲M777×4門とエクスカリバー砲弾を提供

    カナダのCBCは「ウクライナにM777×4門に加え、高い命中精度を誇る…

  3. 北米/南米関連

    入札なれば争奪戦になるのは必至、カナダ国防省が次期潜水艦調達に向けて動く

    カナダ国防省は頭痛の種になっているヴィクトリア級潜水艦の後継艦プロジェ…

  4. 北米/南米関連

    韓国がラテンアメリカでKF-21を初披露、チェックメイトと市場で競合するためロシアが警戒

    ロシア国営のタス通信は31日、南米のペルーで開催された防衛装備品の展示…

  5. 北米/南米関連

    ブラジル陸軍の次期戦闘偵察車にイタリア、カナダ、中国が挑戦か

    ブラジル陸軍が105mm砲もしくは120mm砲を搭載する戦闘偵察車の海…

  6. 北米/南米関連

    ブラジルが空母「サン・パウロ」を約2億円で売りに出す、勿論スクラップとして

    ブラジル国防省は11日、空母「サン・パウロ」を最低入札価格127万ドル…

コメント

    • 戦略眼
    • 2022年 9月 23日

    情勢は分からんでもないが、自業自得なアルゼンチン。

    22
      • けい2020
      • 2022年 9月 23日

      そもそも、これの支払いも不可能な感じなんだよな

      6
    • 2022年 9月 23日

    アルゼンチンの経済規模や安全保障政策から見たら中国機が妥当だと思う

    18
    • ダヴ
    • 2022年 9月 23日

    まぁ実績としてはいいんでしょうが、アルゼンチンぐらい追い詰められないと簡単には売れないって証左ではありますね…

    4
    • 匿名希望
    • 2022年 9月 23日

    インドは意外と英国レスなパッケージ用意しそうだけどね。

    16
    • ブルーピーコック
    • 2022年 9月 23日

    近年の西側戦闘機からイギリスの影響力を取り除くのは難しいだろうに。しかも数年ごとにデフォルト騒ぎが起こるから、JF-17を購入できても支払えるのか。
    でもまあ、アルゼンチンは今年始めには一帯一路への参加に合意して原発建造を支援してもらったりと中国にすり寄ってるわけだし、いっそブエノスアイレスの港を99年租借させるとか言って、中国軍を引き入れようとすればアメリカや周辺国から支援してもらえるかもね。こじれたらどうなるか知らんけど。

    11
      • hogehoge
      • 2022年 9月 23日

      キューバぐらいの距離ならアメリカも焦るけど、アルゼンチンは南米(ぶっちゃけ辺境)だからなぁ。
      アルゼンチンが多少東側に偏っても「だから何」で相手にされない気がするし、
      アメリカをガチギレさせるだけの度胸も理由ないだろうしで、フォークランド諦めたら平和で良いと思うんだがとしか言えないな。

      5
        • ブルーピーコック
        • 2022年 9月 23日

        南大西洋にはアメリカ軍の寄港地であるアセンション島があり、NASAの施設や、4つあるGPSの地上支援施設のうち一つがあります。アルゼンチンやベネズエラなどの国を起点に邪魔されたりウロウロされるのも困るかと。ブエノスアイレスから5000キロも離れてはいますが。

        あと中国はアルゼンチン以外の中南米諸国に触手を伸ばして左傾化させているので「アルゼンチンが東側」と言うより「アルゼンチンも東側」って感じですかね。かつてのチリやグアテマラみたいな介入もしづらいでしょうけども、このまま何もしなければアメリカの裏庭が中国の裏庭になる日も近いのかなと。

        2
    • AAA
    • 2022年 9月 23日

    次のフォークランド紛争勝てそう?

    6
    • HY
    • 2022年 9月 23日

    アルゼンチンが中国の属国になるのは時間の問題だね。そしてロシアがウクライナに仕掛けたように、フォークランドでイギリスに戦争を仕掛けるんだ。台湾攻略・アジア征服を目指す中国にとってそれが一番都合がいい。

    2
    • 南極1号
    • 2022年 9月 23日

    アイキャッチ画像を見ろ!
    F-16だ!
    F-18だ!
    いや、JF-17だ!!

    8
    • 2022年 9月 23日

    中国製なんて、今ウクライナでバンバン落とされてるロシア製以下の性能でしょ・・?(しかも、縛りプレイみたいな武器供与の中からの撃墜)

    そんなもん買って、いざ戦争始める時に役に立つんか・・?

    すでに、私の中の東側製の最新兵器の性能が、西側の最新兵器の2世代くらい下ってイメージなんだが・・。
    (2世代は言い過ぎか?1世代か?)

    3
      • もり
      • 2022年 9月 23日

      その撃墜した兵器も東側のだぞ

      32
      • 幽霊
      • 2022年 9月 23日

      こう言う現実を見ない人が敵国にいっぱい居ると中国としては嬉しいでしょうね。
      例えば太平洋戦争時の日本の快進撃を支えたのはアメリカのこう言う考え方だったでしょうから。

      20
        • SU-100
        • 2022年 9月 23日

        でも結局アメリカは勝ってるじゃん

        1
          • 幽霊
          • 2022年 9月 23日

          だけどアメリカ本土に被害は殆ど無かったでしょう?
          仮に日中開戦になって中国の快進撃が起きたら日本はアメリカみたいに被害無しではすみませんよ。

          3
      • swmlj
      • 2022年 9月 23日

      アビオニクスの性能は中国の方が上だと思いますし、
      エンジンの性能もロシア製と遜色が無くなってきました。
      JF-17(Block3)はAESAレーダー等を搭載し、PL-10や射程200kmのPL-15が運用可能になっております。

      “The first serial production JF-17 Block III are showing up”
      リンク

      7
        • SU-100
        • 2022年 9月 23日

        電子機器はともかくエンジンは中国の完敗だよ。精密工作技術が足りず、国産戦闘機のエンジンもロシアの技術を使っている。

        3
          • swmlj
          • 2022年 9月 23日

          今の中国軍主力戦闘機(J-20、J-16、J-10C)は中国製エンジン(WS-10)を搭載しています。
          中国製エンジンの技術はロシア(AL-31)とアメリカ(CFM56-3)のハイブリッドですね。

          3
    • 58式素人
    • 2022年 9月 23日

    隣国のブラジルはグリペンだし。
    もう一つの隣国のチリはF16ですね。
    多分、F16は無理でしょう。双発戦闘機も無理では?
    米英から見て、アルゼンチンは札付きだし。
    ですから、テジャスに一票。

    4
      • Naoki
      • 2022年 9月 23日

      テジャス?アージュンの空軍版だろ?インド国軍以外要るのか?

      • 無無
      • 2022年 9月 23日

      アルゼンチンもグリペンでいいよ、ディスカウント価格で手に入るかも
      すぐにブラジルと小競り合い以上になる可能性もないし、それに地続きのロシアと中国とインドの3ヶ国みんなスホーイ系列の機体を使ってるけど、別に苦情は出てないよ
      そんなもんよ

      2
        • 匿名希望
        • 2022年 9月 23日

        英BAE製グリペンと揶揄されるような機体だって思い出そうよ>グリペン
        一番売れない機体じゃん

        1
    • general
    • 2022年 9月 23日

    アルゼンチンがイギリスの血が入った兵器を導入するのは国民感情的に難しいんじゃないの?

    2
      • 無無
      • 2022年 9月 23日

      アルゼンチンが初の実戦使用で名を鳴らしめたエグゾセからして英仏共同開発
      アルゼンチンを探せばいくらでも英国由来の兵器が出てくるんでないの?
      国民感情というよりは、またフォークランド諸島で揉める気配があるならば新規に英国との取引は避けるだろうね

      10
    • ばく
    • 2022年 9月 23日

    この手の話にFA-50が絡んでないの珍しいと思ったけど、あれ射出座席がイギリス製だからどっちにしてもアウトか…。

    5
      • FF-X7
      • 2022年 9月 23日

      実は以前そんな話がありまして。
      ご推察の通りになりました。
      ここのブログの記事を貼っておきます。
      (もう2年も経つんですね…。)

      リンク

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP