北米/南米関連

F-16V導入計画が挫折したコロンビア空軍、イスラエル製のクフィルC10/C12運用を当面継続か

コロンビア政府や空軍はイスラエルから導入した戦闘機「クフィルC10/C12」の後継機選定に取り組んでいたのだが、新しく財務相に就任したマヌエル氏が「政府は新型戦闘機導入計画に資金を絶対に供給しない」と発表して注目を集めている。

参考:Replacement of Colombian IAI Kfirs: cancellation rumors amid social unrest
参考:Colombia pospone –indefinidamente- el reemplazo de sus aviones Kfir

F-16V導入が宙に浮いてしまったコロンビア空軍はクフィルを当分維持する必要がある

コロンビア政府は緊張感が高まる隣国ベネズエラとの関係を懸念して空軍の近代化=イスラエルから導入した戦闘機「クフィルC10/C12」の後継機選定に取り組んでおり、この戦闘機需要に名乗りを挙げたのはロッキード・マーティン、エアバス、サーブ、イスラエル航空宇宙産業の4社だ。

ロッキード・マーティンはF-16シリーズの最新バージョンF-16Vを提案、エアバス(窓口はスペイン)はタイフーン・トランシェ3を提案したが後にトランシェ1のリースに提案内容を変更、サーブはグリペンの発展型でブラジルへの輸出に成功したグリペンEを提案、イスラエル航空宇宙産業はコロンビア空軍が運用中のクフィルが搭載するエンジンJ-79をF-414に換装してアップグレードする案を売り込んだと言われており、この中でもっと費用が安価だったのはクフィルのアップグレード案だっと報じられている。

出典:Public domain 米空軍と共同で訓練を行うコロンビア空軍のクフィル

ただコロンビア政府や空軍は対米関係を重視してロッキード・マーティン側と水面下でF-16V導入に関する交渉が行なわれ14機導入の線で話が進んでいたのだが、新しく財務相に就任したマヌエル氏が「コロンビア政府は新型戦闘機導入計画に資金を絶対に供給しない」と発表して突然F-16V導入計画が宙に浮いてしまった。

なぜこんなことになってしまったのかと言うと慢性的な財政赤字に苦しむコロンビア政府は新型コロナウイルスの影響で低迷する経済状況のなか実質的な増税と映る税制改革を推進、これに多数の国民が反対して大規模な抗議活動や一部の参加者が暴徒化して警察と衝突するなどドゥケ政権は極めて苦しい立場に立たされたため税制改革案を撤回、この責任を取る形でカラスキジャ財務相は辞任してしまう。

しかし国民の怒りは収まらずドゥケ大統領の辞任を要求する事態に発展してしまい、マヌエル財務相は以前から不要な出費だと批判を集めていた「クフィル後継機調達計画」を凍結することで国民を宥めようとしているのだ。

出典:Public domain コロンビア空軍のクフィル

ドゥケ政権はクフィル後継機調達計画を生贄に今回の窮地から脱することが出来るのかは不明だが、どちらにしてもコロンビア空軍はクフィルを当面維持する必要がありスペア入手が絶望的なJ-79の維持に苦労することになるだろう。

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public domain コロンビア空軍のクフィル

ロッキード・マーティンに対する最後通告? 米空軍は今後5年間でF-35Aの調達数を10%削減予定前のページ

奇妙な事故、カタール空軍に引渡し前のF-15QAから米空軍のパイロットが機外に放り出される次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    カナダはファイブアイズ拡張や日本加入に消極的、協定への署名だけでは不十分

    カナダのサージャン国防相は日本のファイブアイズ加入について発言、ファイ…

  2. 北米/南米関連

    カナダ、武器禁輸措置を破ってトルコに無人航空機コア装置を輸出

    カナダは昨年10月、シリアへの軍事介入を理由にトルコへの武器販売を禁止…

  3. 北米/南米関連

    ブラジル空軍がグリペンE/Fの追加調達に言及、最終的に60~70機程度を調達か

    ブラジル空軍は調達中のグリペンE/F(国内向けの名称はF-39E/F)…

  4. 北米/南米関連

    カナダ、ナゴルノ・カラバフ紛争関与を理由にトルコ向けの武器輸出を停止

    カナダ政府は無人航空機に使用されるEO/IRセンサーやレーザー目標指示…

  5. 北米/南米関連

    ブラジルが空母「サン・パウロ」を約2億円で売りに出す、勿論スクラップとして

    ブラジル国防省は11日、空母「サン・パウロ」を最低入札価格127万ドル…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    余ってそうなF-16C/Dとかどこかから買えばいいじゃん(適当

    10
      • 2021年 5月 18日

      確かに。中古のF-16ならアリゾナ州の砂漠に山積みだし、あり得る話でしょうね。

      2
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      F-16C/Dの中古機導入は意外と聞かないですね…あっ、そうだ
      イスラエル軍では初期のF-16C/Dが保管状態にあって、2018年にはクロアチアへF-16D“ブラキート”(ドーザルスパインが付いている奴)の中古機を12機輸出しようとして米国に止められた前科が有るから、どうしても欲しいならイスラエルから買えば良いんですよ
      でも、クフィルも使い続けて欲しいなあ…今日ではここ以外ではエクアドルしか使っていないし、個人的に新谷かおる先生の『エリア88』を読んでファンになった機体なので

      3
        • 匿名
        • 2021年 5月 18日

        >でも、クフィルも使い続けて欲しいなあ…今日ではここ以外ではエクアドルしか使っていないし、個人的に新谷かおる先生の『エリア88』を読んでファンになった機体なので

        同意です、理由も含めて。
        そして、「クフィル後継機調達計画を凍結」だから、イスラエルの「クフィール改修案」は対象外ということで何とか通して欲しい。

        • 匿名
        • 2021年 5月 19日

        米軍が導入した初期のblock25-30辺りは酷使されていて輸出に向かない状態で
        ドローン改造で潰したA型の方が機体の程度は良好だったんですよね

        1
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      F16はアルミ合金多用してて軽くて安いのはいいんだが、一方で耐久値が低いから機体寿命も短いんよ。
      チタンとかは頑丈で長持ちなんだが、基本的にアルミとか炭素繊維とかをフレームに多用した中古ってのはリスク高くて避けられる。

      10
    • A
    • 2021年 5月 18日

    どこもお金ないんだね。

    8
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      軍事費なんてかけないですむなら他に回したほうがいいしな。外国の買うならなおのこと

      25
        • 匿名
        • 2021年 5月 18日

        クフィルってカッコいいよね。元のミラージュ5よりもずっとカッコいい。なんでだろう〜

        3
          • 匿名
          • 2021年 5月 18日

          カナードが良いアクセントななってるのかな。
          自分も含めある程度の年代だと、エリア88の影響も大きいでしょうが。

          2
            • 匿名
            • 2021年 5月 18日

            市販のコンパクトカーとWRCのマシンくらいの差がある、と勝手な評価ですが。垂直尾翼前のエアインテイクも素敵。

            1
    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    こっそりクフィルの近代化。

    6
    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    J79の予備パーツね。
    そう言えば今年になってJ79を積んだF-4の運用を終えた国がありましたな。
    もちろんモデルが違うから色々と違うパーツも多いでしょうが、スクラップ扱いであれば欲しがるんじゃないかな。

    7
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      米国経由でF-4E運用国に部品とりされてパーツ単位にされる方がありそう

      3
    • 2021年 5月 18日

    確かに。中古のF-16ならアリゾナ州の砂漠に山積みだし、あり得る話でしょうね。

    3
    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    砂漠にはF-16だけでなくF-4も転がっているはずなので
    そこからエンジンだけ抜いてくるのがもっと安いんじゃね

    1
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      F-4は殆ど解体されてて標的機になってたのぐらいしかもうないよ

      1
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      その砂漠に転がってるやつってエンジン抜かれてたような……?

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    この前のアルゼンチンのA-4といいすごく懐かしい名前を目にするな…

      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      南米はエリパチ状態ってか?

      2
        • 匿名
        • 2021年 5月 19日

        レシプロ機同士の最後の空戦も南米だっけ?

        1
    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    ベネズエラごときに何をそんなに、と思ったら意外と充実した装備だった

    1
      • 匿名
      • 2021年 5月 18日

      ベネズエラは石油埋蔵量が世界一らしい・・
      ソース:不明

    • 匿名
    • 2021年 5月 18日

    個人的にはコロンビアってゲリラ戦重視な印象で攻撃機や攻撃ヘリこそ活躍してそうな印象
    スクランブル専用機として更新ならダマシダマシ継続利用ってのもそうだろうなと思う

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 19日

    クフィルC10って機首が太いのか。
    某漫画の影響で、クフィールの機首は細いイメージしかなかった。
    これはこれでカッコいい。

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 19日

    F-414に換装してアップグレードというからには、現在運用しているクフィールの機体寿命がまだあるという事なのでしょうが
    換装するエンジンがF-404ではなくF-414とは夢のある話ですね。

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 19日

    これ新品導入はやめておくとしても、維持費が手頃な中古機を見繕って置き換えないと結局高騰する維持費で首が回らなくなるんじゃ…

    しかし一番ありそうな米国のF-16C/D中古はすでに書かれてる通り状態がよろしくなさそうだしなぁ…
    JF-17を新品で買うにもblock3はそんな安くないみたいだし
    ロシアに2000万ドル以下で適当な中古が転がってたりしないもんかね

    • 匿名
    • 2021年 5月 19日

    クフィルNGが飛行する姿は見てみたいな。

    • 匿名
    • 2021年 5月 20日

    アメリカにレンタルされた時に、F21の番号で飛んでたという話は本当なんでしょうかね?

      • 匿名
      • 2021年 5月 20日

      と言うか、米海軍と海兵隊へリースされた時のクフィル(C1を小改修した物)の制式記号が「F-21A」ですよ

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP