北米/南米関連

ブラジルの自走砲調達、フランス、イスラエル、スウェーデン、トルコ、スロバキアが競合か

ブラジル陸軍が装輪式自走砲を調達するため提案依頼書(RFP)を発行、フランスのCaesar、イスラエルのATMOS、スウェーデンのArcher、トルコのYavuz、スロバキアのEVAなどが入札に参加する可能性があり、中国のSH15やセルビアのNora B-52の名前も上がっている。

参考:Brazil issues request for proposals for self-propelled artillery system
参考:VBCOAP 155mm SR – A disputa tem inicio

第三国の採用・運用実績から言えばCaesarとATMOSの一騎打ちになる可能性が高い

ブラジル陸軍は旧式のM114を更新するため2016年頃から後継装備の調達を検討、2022年に入手可能な装輪式自走砲の調達コストを調査するためフランスのCaesar、イスラエルのATMOS、スウェーデンのArcher、中国のSH15、トルコのYavuz、セルビアのNora B-52、スロバキアのEVAなど19社に費用見積依頼書(RFQ)を発行。

出典:public domain Caesar6×6

この内8社がRFQに回答、1社がRFP発行後に価格を提示すると回答、これを受けてブラジル陸軍は提案依頼書(RFP)と入札依頼書(RFT)を今月3日に発行した。

ブラジル陸軍は6×6もしくは8×8の高機動車輌に52口径155mm榴弾砲を搭載した装輪式自走砲(最大定員6名/走行距離500km以上/76mm発煙弾発射機/12.7mmもしくは7.7mm機関銃を取り付けるための台座)を要求しており、NATO規格の通常砲弾と長距離精密砲弾を使用でき、ブラジル陸軍の通信システムと指揮統制システムを統合しなければならず、中国とセルビアの装輪式自走砲はブラジル陸軍が採用するL3Harris製通信システムの統合で問題が生じる可能性がある。

出典:Karel Šubrt/CC BY-SA 4.0 EVA

そのためフランスのCaesar、イスラエルのATMOS、スウェーデンのArcher、トルコのYavuz、スロバキアのEVAなどがブラジル陸軍の需要を巡って争う可能性が高く、第三国の採用・運用実績から言えばCaesarとATMOSの一騎打ちになる可能性が高いが、スウェーデンもグリペン導入でブラジルとの関係性が良好なため侮れず、条件次第ではトルコやスロバキアにもチャンスがあるかもしれない。

関連記事:ウクライナにCaesar提供したデンマーク、納期が早いATMOS調達を決定
関連記事:最終金額で躓いたフランス、コロンビアから自走砲を受注したのはイスラエル
関連記事:ブラジル陸軍が調達予定の装輪式自走砲、カエサルとATMOSが競合

 

※アイキャッチ画像の出典:Rowielip/CC BY-SA 3.0 Elbit SystemsのATMOS

ウクライナ保安庁、クリミア大橋を攻撃する様子を収めた映像を初公開前のページ

南ドネツクの戦い、ウクライナ軍がウロジャイネ解放を正式に発表次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    F-35A導入で決まり?カナダ次期戦闘機候補から「タイフーン」撤退

    7月30日、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース(エアバスの防衛・…

  2. 北米/南米関連

    アルゼンチンがデンマークから中古F-16AMを24機取得、契約額は3億ドル

    アルゼンチン国防省は16日「デンマークからF-16を24機購入する契約…

  3. 北米/南米関連

    カナダ、ウクライナに榴弾砲M777×4門とエクスカリバー砲弾を提供

    カナダのCBCは「ウクライナにM777×4門に加え、高い命中精度を誇る…

  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍が潜水艦の輸入を示唆、今月中に韓国と日本に視察団を派遣予定

    カナダ海軍のトップシー司令官はヴィクトリア級潜水艦の後継問題について「…

  5. 北米/南米関連

    フランスによる横槍? ブラジル、空母「サン・パウロ」の売却プロセスを突然停止

    ブラジル国防省は退役した空母「サン・パウロ」をスクラップとして正式に売…

  6. 北米/南米関連

    解体先のトルコに向け出港した空母サン・パウロがブラジルに帰郷

    今年8月に空母サン・パウロは解体処分先のトルコに向けてリオデジャネイロ…

コメント

    • 戦略眼
    • 2023年 8月 16日

    ブラジルなら自力で開発するかと思っていた。

    6
    • 58式素人
    • 2023年 8月 16日

    誰を相手に撃つのだろう。
    先日チェンタウロ120を購入したようだし。
    ぐるっと周りを見回すと、ベネズエラしかいませんね。
    とすると、アマゾンの熱帯雨林の中で使うということでしょう。
    足元を考えると、軽い方が良いでしょう。
    となると、カエサル6×6の一択では。
    足元が良ければ、重くても、自動装填装置が欲しいと思いますが。

      • あああ
      • 2023年 8月 16日

      HX2車体にアーチャー火力システムを統合したニューモデルがありますんでそれかタイやフィリピンに同じくアトムスの現地生産になるのでは?
      カエサル6輪は車体剛性が不足という評価で8輪型に順次切り替えでしょうから軽くもなければ安くもないです。お値段でしたらアトムスだろうかと。

        • 58式素人
        • 2023年 8月 17日

        なるほどです。
        きっと、ウクライナで評価を下げたのですね。
        カエサルの立ち位置をATMOSが代替したのですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP