ロシア関連

戦死者を認めたロシア国防省、敵の装甲車輌223輌と航空機28機を破壊

ロシア国防省は27日、ウクライナ軍の戦車・装甲車輌223輌、航空機28機、多連装ロケット砲39基、野砲・迫撃砲86門、特殊車輌装備143基を破壊したと発表した。

参考:Брифинг официального представителя Минобороны России
参考:Russian defense ministry reports losses among Russian troops during special operation

ロシア人兵士の戦死者は0だ→残念ながら我々の仲間にも死者と負傷者がいるもののウクライナ軍より少ない

ロシア国防省が27日に発表したウクライナ侵攻に関する戦況を要約するとウクライナ南部のヘルソンとベルジャンシクを完全に封鎖、ハリコフ州に展開していた防空部隊(ブーク)が投降して471人のウクライナ兵士を拘束、26日までの攻撃でウクライナ軍の軍事施設975ヶ所、通信装置23基、レーダー51基、防空システム(S-300、Buk 、Osa)31基を無力化、戦車・装甲車輌223輌、戦闘機8機、ヘリコプター7機、UAV11機、多連装ロケット砲39基、野砲・迫撃砲86門、特殊車輌装備143基を破壊したらしい。

さらにロシアが解放したマリウポリ周辺の村や街にウクライナの民族主義者が多連装ロケット砲で攻撃を行い、住宅や民間人に被害が犠牲者が出ていると非難して「ロシア軍は町や村への攻撃を行わず、民間人の生命を守るためあらゆる手段を講じている」と主張しており、本作戦はウクライナ軍の非軍事化が目的だと強調した。

ウクライナ側もベルジャンシクの市庁舎がロシア軍の支配下に置かれたことを認めており、ヘルソン市内にも多くのロシア軍兵士がいることが確認されているが完全に陥落したのかは不明で、ロシア軍はヘルソンから北西にあるムィコラーイウへの攻撃を開始、ここの防衛当局者は「撤退計画はなくここでロシア軍を迎え撃つ」と声明を発表している。

出典:РФ200 ищи своих

因みにロシア政府も国防省も26日まで「ロシア人兵士の戦死者は0だ」と主張していたが、27日に「残念ながら我々の仲間にも死者と負傷者がいる」と国防省の報道官が初めて人的被害を公式に認めたものの「我々の損害(人的被害のこと)はウクライナ軍よりも遥かに少ない」と主張、さらにウクライナがロシアの嘘を暴くため開設したサイト「200rf.com/戦死したロシア兵の身元や捕虜の動画を公開」も国内からのアクセス制限を実施しており、飽くまで「人的被害は軽微」という方向で国民の目を欺くつもりなのだろう。

追記:ヘルソンの銀行に押しったロシア軍兵士は現金を強奪、ハリコフのスーパーマーケットに押し入ったロシア軍兵士も店内で略奪、ベルジャンシクに侵攻したロシア軍部隊は食料と燃料が枯渇しているため市内の食料品やガソリンスタンドで略奪行為を働いていると広告されている。

追記:ウクライナ軍はロシア軍に占拠されたドンバス地域の拠点を奪い返すため動いており、ドネツィク州ヴォルノヴァーハの奪還に成功したと報じられている。

関連記事:EU、ウクライナ支援を強化するため「戦闘機」を提供すると発表
関連記事:ロシア軍に破壊されたAn-225の復元を誓うウクライナ、勿論費用はロシアに請求
関連記事:ウクライナ軍、バイラクタルTB2でロシア軍の防空システムを破壊
関連記事:ハリコフ侵入のロシア軍は返り討ちにあい、補給部隊はTB2で叩かれる

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

EU、ウクライナ支援を強化するため「戦闘機」を提供すると発表前のページ

英国もデンマークも外国人部隊への自国民参加を支持、国際的な義勇空軍の誕生?次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    急遽招集されたロシア軍兵士5,000人、ウクライナ派遣を拒否して暴動?

    ウクライナメディアのObozrevatelは27日、招集された約5,0…

  2. ロシア関連

    ロシア陸軍、ウクライナ国境近くに核砲弾対応のアトミック砲を配備

    核砲弾も発射可能なロシア陸軍の203mm自走砲「Pion-M(Malk…

  3. ロシア関連

    消耗分の装備補充に悩むロシア、イランとイラクから武器を密輸か

    英国のGuardian紙は12日、ロシアはウクライナでの戦いのため「不…

  4. ロシア関連

    露のステルス戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落、原因は尾翼の不具合

    12月24日に墜落したロシアの第5世代戦闘機「SU-57」は、技術的な…

  5. ロシア関連

    今度はベルゴロドで保安庁や内務省の建物が爆発、ドローン攻撃の可能性

    ロシア領ベルゴロド州に侵入した「ロシア義勇軍」や「自由ロシア軍」との交…

  6. ロシア関連

    ウクライナ人を味方につける方法、ロシアと一緒にいる方が良いと思わせる

    露国営メディアの番組では司会者とゲストが戦況を覆すため「ウクライナ人を…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 2月 28日

    >>「ロシア軍は町や村への攻撃を行わず、民間人の生命を守るためあらゆる手段を講じている」と主張しており、本作戦はウクライナ軍の非軍事化が目的だと強調した。

    せやけどゼレさんの指示に従って火炎瓶攻撃したらそいつはただの市民じゃなくなるのよね
    警察官相手なら火炎瓶投げつけてもピストルしか撃たれないでしょうが軍が相手なら小銃撃たれますから助からないよね

    11
      •  
      • 2022年 2月 28日

      そりゃ攻撃した瞬間から非武装市民じゃなくてウクライナ人民兵扱いになるから

      3
        • M
        • 2022年 2月 28日

        難しいのが、攻撃開始前でも武装して集結した段階で戦闘員に入るんだよね
        文民と戦闘員の境がどんどん薄れていく

        3
    • や、やめろー
    • 2022年 2月 28日

    略奪してるなら民間人に被害は出てないは嘘に近い

    33
    • G
    • 2022年 2月 28日

    >「ロシア軍は町や村への攻撃を行わず、民間人の生命を守るためあらゆる手段を講じている」

    開戦当初からクラスター爆弾にさらされた一般車からの動画やマンションに巡行ミサイル(?)が直撃する瞬間の動画、今回の銀行や商店での強奪動画などがさんざん世界中に出回った状況下で、その言葉を信じる人はどれだけいるのでしょうか

    32
      • 匿名
      • 2022年 2月 28日

      ぶっちゃけ貧乏国家のくせに枯渇するまで精密誘導火力を使い切ってるの作戦円滑化のためだけじゃないですよ
      明らかに本来の火力発揮を抑制してるから対等な殴り合いになる場面が増えて西側供給の個人ミサイルに晒され犠牲が増加したこれは間違いない
      アントノフ空港強襲に際しても周辺の防衛戦力を事前に航空攻撃で叩けなかったのは周辺副次被害が許容されなかったからだろう

      11
        • くらうん
        • 2022年 2月 28日

        どんな戦闘にせよ、民間人を巻き込む攻撃は戦時国際法で禁止されているのだから、避難する間も与えずに侵攻を開始した以上、これがロシア軍の「本来の火力」というものだろう。
        民間人が多数いる状況での攻撃を選択したのはロシアなんだから。

        16
          • hoge
          • 2022年 2月 28日

          そういう話はしていないし、要するに本来の火力を最大限発揮してよいと独裁者が判断したらとんでもない死傷者になるということかと。
          例えば、戦術核兵器の使用すら専門家は危惧し始めているようだし。

          2
        • G
        • 2022年 2月 28日

        軍事に詳しい人でしたら。本気のロシア軍なら遠距離からのロケット砲などによる面制圧で更地にし、防空網をも怪しいところごと全部吹き飛ばした後で地上部隊を侵攻させる、ということはわかっていると思いますが、そうでない人が多数を占める国際的な世論での情報戦という意味では上記の点は大きな意味を持つかと

        11
      • トーリスガーリン
      • 2022年 2月 28日

      巡航ミサイル(?)の件はたぶんブースター燃焼中の防空ミサイルっぽいんですよね
      仮に巡航ミサイルならあんな白煙を曳かない筈ですし、実際開戦初期に見られた巡航ミサイルの動画では無煙で飛行しているのが撮影されてますし
      そんな事どうでもよくなるほど酷いことをロシアがやり捲ってるのは事実なんですが、巡航ミサイル(?)の件は事実関係が判明するまではあまり取り上げない方が良い気がします
      「ほら見ろウクライナが嘘をついていたじゃないか」っていうウィークポイントになりかねないので…

      12
    • おわふ
    • 2022年 2月 28日

    泥沼化してますね
    近いうちに空爆中心のインフラ破壊に切り替えるのでは?
    そうなったらウクライナ市民への被害は尋常じゃない
    ジェノサイドになってくるかも

    8
    • K(大文字)
    • 2022年 2月 28日

    人的被害について口を濁しているのがロシアの苦しい立場を象徴しているように思う。
    自軍の損害については誤魔化し切れるレベルではないが、さりとて士気も落としたくないから「ウクライナ側の主張ほどでは無い」。
    自軍の戦果については強調すればするほどウクライナ人の敵意を焚き付けるだけなので「拘束者数のみの発表」。
    状況の説明にもいちいち苦労してるのが滲み出ているね。
    まぁそもそも大義すら用意できない戦争なんかを仕掛けたロシアの自業自得だが。

    23
    • ぱおーん
    • 2022年 2月 28日

    盛ってる可能性があるのに装備数の1割程度って予想外に数なくない?

    9
    • 無題
    • 2022年 2月 28日

    ロシアにしては随分控えめな戦果だな

    6
    • 無無
    • 2022年 2月 28日

    最新兵器あれど飯は無し

    情けない国

    1
    • 慕華館
    • 2022年 2月 28日

    アフガン撤退で醜態晒したバイデンを散々バカにしたくせに、自分も同じ轍を踏むプーチンでしたとさ(-_-;)

    2
    • A
    • 2022年 2月 28日

    ロシアをかばうわけではないけれどこの動画では思ったほどすごい略奪ではないね。
    略奪っていうと根こそぎ持って行って火を放つってイメージだけれど。
    なんかちょっと拝借って感じ。
    それだけお腹すいてるんだろうね。
    プーチン早く戦争やめなさい。

    3
      • no war in UA
      • 2022年 3月 01日

      ちょっと拝借…?自分で言ってて苦しくありませんか?
      窃盗を万引きと言い換えても罪の重さは変わりませんよ

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP