ロシア関連

セバストポリでは4日間連続で防空システムが作動、市内にはサイレンが鳴り響く

今夜もクリミアのセバストポリではロシア軍の防空システムが作動、街には空襲警報のサイレンが鳴り響いており、現地住民は4日間連続で不安な夜を強いられている。

参考:Губернатор Севастополя сообщил о работе ПВО на подходах к Бельбеку
参考:В разных городах Крыма слышали взрывы, оккупанты заявили о ПВО возле “Бельбека”

防空システムが作動した地域はセバストポリ、バフチサライ、エフパトリア、ノボフェドロフカだとウクライナメディアは報じている

露国営メディアのRIAノーボスチは21日、セバストポリ近郊のベルベク空軍基地に接近してきた物体をロシア軍の防空システムが破壊したと報じており、Telegramには現地住民が撮影したと思われる動画が複数アップされている。


セバストポリ市内では空襲警報のサイレンが鳴り響き、S-400と推定される防空システムが正体不明のターゲットと交戦、クリミアのラズヴォジャエフ知事は「敵がベルベク空軍基地を攻撃しようとしたが、防空システムがケルソネソス岬とカザチカで作動した」と主張しているが、正体不明のターゲットが何だったのかは今のところ分かってない。

恐らくターゲットの正体はウクライナ軍の無人機だと思われるが、セバストポリ上空に無人機を侵入させる目的は「クリミアに配備された防空システムの反応を調べるため」と考えられているので、本当にベルベク空軍基地を攻撃する意図があったのかは謎だ。

ただ現地住民や一時的滞在している観光客にとって防空システムや対空火器の作動音は不安を増幅させるため、物理的な被害が無くてもロシア軍にとっては不愉快な事態で、謎の爆発や夜間に作動する防空システムの影響でクリミアに流入する人々(主に観光客)の数は半減しているらしい。

因みに21日夕方から現在までに防空システムが作動した地域はセバストポリ、バフチサライ、エフパトリア、ノボフェドロフカだとウクライナメディアは報じている。

追記:プーチンの頭脳と呼ばれる地政学者ドゥーギン氏(ウクライナ侵攻を支持)の娘がモスクワ郊外の自動車爆発テロで死亡した事件について「ウクライナの仕業だ」という声が多かったが、反プーチンを掲げる国民共和軍(NRA)と名乗る組織が犯行声明を発表。

NRAの目的はオリガルヒと共謀して富を独占するクレムリンや政府の権力者=プーチン政権の打倒で「世界はロシアの敵ではなくロシアも人類の敵ではないことを行動で証明する。誰もが働きに応じて報われ戦争や暴力のない社会を、権力は民衆のものであり、民衆は自分たちの指導者を自ら選ぶ社会を、権力者が自らの野望のため人々の生命を犠牲にできない社会を、ロシアに生まれたことを誇りに思い祖国で生きていきたいと思えるような社会を実現する。自由ロシア万歳!祖国から連中を一掃しよう!勝利は我々のものだ」と述べている。

関連記事:20日夜もセバストポリで防空システムが作動、3日間連続で無人機が侵入か
関連記事:セバストポリの黒海艦隊司令部に無人機が命中、ロシア軍は白昼の攻撃阻止に失敗
関連記事:再びセバストポリ上空に無人航空機が侵入、クリミアの安全神話は崩壊
関連記事:ウクライナ軍、ロシア軍がS-300を使用した大規模攻撃を準備中と警告

 

※アイキャッチ画像の出典:vitaly kuzmin / CC BY-SA 4.0

ウクライナ軍、敵の巡航ミサイル4発をS-300の迎撃弾4発で全て撃墜前のページ

ショルツ独首相、プーチンはベラルーシとウクライナの生存を許さなかった次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア軍がウクライナの森林伐採をプーチンに要請、売却益を軍の資金に?

    ウクライナ国防省の諜報機関はショイグ国防相がプーチン大統領に宛てた3月…

  2. ロシア関連

    露国営メディア、トランスニストリアでの爆破テロはウクライナ人の犯行

    露国営メディアは26日、モルドバからの分離・独立やロシア編入を主張する…

  3. ロシア関連

    勃発したウクライナ戦争、ロシア軍の戦車部隊がハリコフに向けて侵攻中か

    ロシア軍はウクライナの主要都市や軍の施設を弾道ミサイルや巡航ミサイルで…

  4. ロシア関連

    ロシア軍が予備戦力を増強、ヘルソン州での組織的な攻撃を強化

    ウクライナ軍南部司令部は9日、ヘルソン州のロシア軍がウクライナ軍の反撃…

  5. ロシア関連

    キューバ危機の再現? 交渉が不調ならキューバやベネズエラにロシア軍配備か

    新しい安全保障協定の交渉で妥協点が見つけられないロシアは「キューバとベ…

  6. ロシア関連

    ロシア、年内引渡し予定の第5世代戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落か?

    ロシアの第5世代戦闘機SU-57がテスト飛行中に墜落したが、パイロット…

コメント

    • 無無
    • 2022年 8月 22日

    共和国民軍の正体は言葉通りでは無いだろうが、今は置いておいて
    クリミア半島への観光客が半減って、この危ない情勢下でまだ半分も来ているのかよ、図太いねロシア人

    28
      • 7743
      • 2022年 8月 22日

      夏のバカンスシーズンに他に行くところがないのでしょう。
      海外に行ってもクレジットカードが使えませんからね。

      20
        • 名無しパン
        • 2022年 8月 22日

        普通に国内のソチに行きゃいいのに物見遊山で戦争地帯まで観光に来るバカなんだから被害が出ても別にいいのでは。いろいろ足りないと言われてるクリミアにわざわざ物資を浪費しに来るってどういうつもりなのかわからんが、ロシア人は愛国行動と思ってるんだろう。なんか笑える。

        11
          • G
          • 2022年 8月 22日

          クリミアの民間人に被害出ていないことと、ロシア本国はSNSを含め情報統制されていることが合わさり、クリミア半島が半ば戦場になっているという状況をよく理解できていない人が少なくないのではないでしょうか

          3
      • ネコ歩き
      • 2022年 8月 22日

      滞在地が攻撃対象に遠く、自身の生命の危機が差し迫っていないと感じれば、大方の人類はロシア人に限らずそんなものでは。

      5
      • かくさん
      • 2022年 8月 22日

      ウクライナ進行前のロシア記事(文化、生活とか政治的な話じゃないもの)みると良く分かる
      ロシア人って夏のバカンスの為に働いてるようなもんで、
      『仕事の休暇にバカンスに来る』ではなく
      『バカンスを楽しむために仕事してる』人達

      実はそれほど不思議なことでもなかったりする
      (流石に少し先で人が大勢死んでる所でバカンスやる精神は理解しかねるけど)

      1
    • すえすえ
    • 2022年 8月 22日

    正体不明ゆえS400とかも撃ってるんだろうがやっすい無人機だったらコスパわりーなw

    防空体制を調べるのもあるだろうけど多分にハラスメントの面もあるのだろう。

    34
    • Ard
    • 2022年 8月 22日

    ありゃま
    ロシア国内の元気な反プー組織なんてまだ存続出来てたんだね
    少しでも引っ掻き回してくれる事に期待

    24
    • 折口
    • 2022年 8月 22日

    UAVはたいした攻撃能力はないので割り切って片道切符で防空網割り出しをやるという事なんですかね。これでロシア側の防空機材の配置や量が概ね分かってしまえば、脆弱部分次第ではHARMやKh-31を導入して本格的なSEAD任務を「然るべきときに」やっていくんでしょうね。ATACMSや他の長射程兵器が入手できるようになるまでに外堀を埋めておくという事なのかな。

    それにしても、低空侵入する目標に弱いというのはS-400だけの問題ではないでしょうし、既存の防空システム全体の課題として今後対策が練られていくんでしょうね。今回はレシプロエンジンの中型UAVでしたが、これが海面高度を飛翔する巡航ミサイルでもやはり発覚はギリギリになっていくんでしょうし…

    8
    • makumaku
    • 2022年 8月 22日

    ロシア軍は、ウクライナ独立記念日(8/24)に反撃を準備しており、南部ではカリブル巡航ミサイルを主体に戦力を集めている、と8/21ウクライナ南部戦線司令部が発表しました。
    またウクライナ大統領顧問ポドリャコフ氏は、ロシア軍の攻撃は複数の主要都市を標的にしており、その中に首都キーウも含まれるとの見解を示しました。ウクライナ政府によると、8/23から数日間は、キーウへの空襲を警戒して、大統領はじめ議員たちは自宅勤務になるそうです。

    4
    • 段々涼しくなってきました
    • 2022年 8月 22日

    露国内での要人テロは経済的困窮や動員拡大で国民の不満が高まった頃に遅かれ早かれ生じるだろうという予感はありましたが、開戦半年程度での発生で案外早かったなぁという印象です。折しもナワリヌイ氏が毒殺未遂から2年で声明を出したタイミング、政権が体制維持のために抑圧してきたものはそれだけ根深く大きかったということでしょうか。

    3
    • 名無し
    • 2022年 8月 22日

    >クリミアに流入する人々(主に観光客)の数は半減
    ていうかこんな状況なのにまだそんなに呑気なロシア人いるのか……。

    9
    • とうりすがり
    • 2022年 8月 22日

    ロシア革命前夜

    1
      • 無無
      • 2022年 8月 23日

      各国情報通がそういいながら早や半年、まだ兆しも見えず
      プーチンは元気で大規模デモも起きない
      今でも迷信深いロシア人の革命のきっかけには、プーチンならぬラスプーチン的なオカルト作用が必要な気がする

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP