米国関連

ノースロップ、大型魚雷Mk.48を1/16まで軽量小型化した新しい魚雷を発表

ノースロップ・グラマンは21日、現在使用されている魚雷よりも圧倒的に小型化された新型魚雷のプロトタイプを発表した。

参考:Northrop Grumman Builds Very Lightweight Torpedo for US Navy

ノースロップ・グラマンは大型魚雷Mk.48に比べて1/16に軽量化した小型魚雷VLWTを発表

ノースロップ・グラマンが発表した新型魚雷のプロトタイプは全長2.15m、重量99.8kgという小型魚雷で、米海軍の原潜が攻撃用に使用しているMk.48(全長5.8m/重量1.6t)や対潜用短魚雷Mk.54(全長2.72m/重量275kg)よりも圧倒的に小型軽量化されているのが特徴で、同社はこのプロトタイプを「Very Lightweight Torpedo(VLWT)」と呼んでいる。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Michael H. Lee ロサンゼルス級原子力潜水艦に搭載された大型魚雷Mk.48

このVLWTは米海軍が今年10月に開始する予定の小型速攻兵器プログラム(CRAW)に提案兵器として提出するとノースロップ・グラマンは言っているため、恐らくVLWTの正体は魚雷迎撃用魚雷である可能性が非常に高い。

米海軍は今後予想される小型の水上/水中ドローンの登場に対応するため小型で軽量化された魚雷が必要と考えており、それを実現するのが小型速攻兵器プログラムだ。

ただ小型で軽量化された新しい魚雷はドローン攻撃だけではなく潜水艦の対魚雷防御として使用できることも要求されているため魚雷迎撃用(※1)にも使用できなければならず、ノースロップ・グラマンは米海軍が小型速攻兵器プログラムを立ち上げる前に、その問題を解決するVLWTを開発して見せたというわけだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Kaleb J. Sarten 米海軍が過去に開発していた魚雷迎撃用魚雷

※1補足:米海軍は高価値の水上艦(特に空母)を魚雷攻撃から守るため魚雷迎撃用魚雷を開発して一時的に空母搭載していたが技術的な問題で2019年2月全て撤去=開発中止の過去があるため、今回CRAWが実用化すれば水上艦の対魚雷防御システムとして採用されるかもしれない。

しかもノースロップ・グラマンはVLWTを実戦投入する準備は整っていると言っているため、もしかするとVLWTのプロトタイプは完成度が非常に高いのかもしれない。

どちらにしても世界中の海軍では水上/水中ドローンに対応するため小型魚雷開発が進められており水上艦用の魚雷迎撃用魚雷もドイツで実用化されつつあるが、潜水艦が使用する魚雷迎撃用魚雷の開発は恐らく世界初だろう。

果たして、どのような仕組みで高速で向かってくる魚雷に魚雷をぶつけるのか気になるが、もし実用化すれば水中での潜水艦同士の戦いは全く新しいものに生まれ変わるかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:ノースロップ・グラマン

米国が離脱を表明したオープンスカイ条約とは? 違反したのはロシアだけ?前のページ

極超音速兵器が検出可能? ロシアが発表した輸出用レーダー「59N6-TE」の実力次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍の調達打ち切りを免れたMQ-9の余命は1年、後継機は低コスト?ステルス?

    議会の判断で調達打ち切りを免れた無人航空機「MQ-9」の将来は不明瞭で…

  2. 米国関連

    海上からスウォーム攻撃? 米海軍が艦艇搭載型のカミカゼドローン開発に着手

    米海軍はカミカゼドローンと呼ばれる徘徊型無人航空機(UAV)を無人水上…

  3. 米国関連

    空母への着艦に非対応な謎仕様? 米海軍の次期訓練機プログラムが始動

    アレスティングワイヤーによる着艦に対応しなくてよいという謎仕様の米海軍…

  4. 米国関連

    謎の命令? 米空軍が退役済みのF-117に対して空中給油を正式に許可

    米空軍は最近、公式に退役済みのF-117ナイトホークへの空中給油を許可…

  5. 米国関連

    怪しくなってきたF-35プログラム、米空軍が新しい非ステルス戦闘機の開発に言及

    米空軍は航空戦力の好ましい組み合わせについて研究を開始したと報じられて…

  6. 米国関連

    米海軍、アメリカ級強襲揚陸艦やフォード級空母ベースの軽空母案を検討中

    米海軍のジェイソン・ロイド少将は「海軍は軽空母にどのような能力を要求す…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    99.8kgって俺より軽い……

    1
    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    水上艦はともかく潜水艦で使う場合どうやるんだろう
    口径は分からないけど全長はMk.48の半分のサイズだから専用キャリアに前後2連装して発射管からキャリアごと打ち出す感じ?
    直上からの短魚雷や後方からの長魚雷にはリアクションタイム足りないかな?
    VLS内に多連装?開いてる内に着弾しそう

    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    写真を見る限り直径は12in前後のようなので
    長魚雷用の21in魚雷発射管からスイムアウトで射出するのかな?

    でもVLWTって水上艦艇用の対潜短魚雷よりも小さくて軽いから
    小改良で水上艦艇の短魚雷発射管からも運用できそう

    1
    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    不確実すぎる誘導方法のものに搭載量を割くくらいなら網でも張った方がマシなのでは…

      • 匿名
      • 2020年 5月 23日

      弾道ミサイル防衛でも思うんだけど、近接信管で接触信管付きの爆薬仕込んだ壁か網展開できんものかといつも思うんだよね。点防御より面防御の方が当然良い訳だけど技術的にはどうなのだろうか。

      1
        • 匿名
        • 2020年 5月 23日

        弾道ミサイル迎撃システム開発初期の頃にそういうアイデアあったよ
        採用されなかったから問題があったんだろうね

    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    この分野はドイツが先進的過ぎる
    流石U-ボートで世界を震撼させた国か

    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    潜水艦からってコレどこから発射するんだ?
    魚雷発射管に4~5発入のキャニスターでもインストールするのか?

      • 匿名
      • 2020年 5月 24日

      迎撃目的で散布するならそういう方式になりそうですね。
      迎撃用にこの魚雷を積んだ水中ドローンを同時展開してデコイにも運用するとか?

    • 匿名
    • 2020年 8月 15日

    匿名 :
    弾道ミサイル迎撃システム開発初期の頃にそういうアイデアあったよ
    採用されなかったから問題があったんだろうね

    そうだろうね。
    少なくともミリオタが思いつく程度のことは、専門家は全部検討したり試してるよ。
    その結果いま存在してないってことは、まあそういうことだね。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP