米国関連

開発が順調なステルス爆撃機B-21、米空軍が新しいイメージイラストを公開

米空軍は6日、開発を進めているステルス爆撃機B-21の新しいイメージイラストを公開した。

参考:Air Force releases new B-21 Raider artist rendering

機首まわりが鮮明に描かれているので前回よりもB-21のデザインがハッキリと認識できる

米空軍が開発を進めているステルス爆撃機B-21はB-1BやB-2Aの後継機として2020年代後半に運用が開始される予定なのだが、機密性の高いプロジェクトなので機体や性能に関する情報は完全にブロックされている。

出典:U.S. Air Force Courtesy graphic by Northrop Grumman

しかし調達・兵站部門を管轄するダーリーン・コステロ次官補は先月開催された下院軍事委員会の公聴会で「組み立て中だった2機のB-21が完成した」と証言しているため同機の開発工程は地上試験に入っている可能性が高く、この順調すぎるB-21の開発状況について辛口な評価で有名な下院軍事委員会のアダム・スミス委員長も「F-35プログラムで学んだ教訓を生かしたB-21プログラムは開発予算の超過もなく予定通りにインテリジェントな方法で開発が進んでいる」と称賛しているのだが、今度はB-21の新しいイメージイラストが公開され注目を集めている。

米空軍は6日、開発を進めているステルス爆撃機B-21がエドワーズ空軍基地をバックに飛行しているイメージイラストを公開、これは昨年2月に公開したイメージイラストに続くものだが機首まわりが鮮明に描かれているので前回よりもB-21のデザインがハッキリと認識できる。

出典:U.S. Air Force graphic

まぁB-2に瓜二つだと言えばそれまでだが、今回のものを含む全てのイラストは実際のB-21を充実に描いたものではないので実機とは異なる可能性があるということを留意しておかなければならない。

関連記事:米空軍がB-21のプロトタイプ完成を議会に報告、2022年初頭にロールアウト予定
関連記事:開発予算の超過もなく予定通りに進捗、F-35を批判する軍事委員長も称賛するB-21の開発状況

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force graphic

無人機による攻撃を受けて目が覚めたインド、アンチドローンシステム導入に動き出す前のページ

UAV技術の拡散阻止は不可能、日本企業が不正輸出した部品は中東で無人機に化ける次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海兵隊、岩国基地のF/A-18DをF-35Bに更新すれば対艦攻撃能力を喪失

    米国の経済誌「フォーブス」は28日、米海兵隊は日本の岩国基地に配備して…

  2. 米国関連

    平均建造費用7,700億円、米海軍がコロンビア級原潜の調達を開始

    米海軍は5日、コロンビア級弾道ミサイル原子力潜水艦建造のため94.7億…

  3. 米国関連

    米ミサイル防衛局、SPY-7とベースラインJ7.Bが弾道ミサイル防衛に対応できることを実証

    米ミサイル防衛局は日本向けに開発を進めているAN/SPY-7対応のイー…

  4. 米国関連

    売れ続ける第4.5世代戦闘機、LMはF-16Vの需要増を受けて同機の製造ラインを増設

    米空軍とロッキード・マーティンはF-16V(Block70/72)の新…

  5. 米国関連

    米軍、複数の空対空ミサイルを運搬可能な空中発射型UAV「LongShot」開発を発表

    米国防総省内部の部局で軍事利用可能な最先端技術の開発を行っている国防高…

  6. 米国関連

    四面楚歌のボーイング、米海軍がF/A-18E/F BlockⅡ調達プログラム終了を発表

    米海軍は24日、ボーイングに発注した最後のF/A-18E/F Bloc…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    予算超過が無く順調に進んでも、戦略爆撃機一機の値段で日本なら潜水艦とか汎用護衛艦作れちゃうってやばいね

    11
      • 匿名
      • 2021年 7月 07日

      世の中それ買いたがってる国があるという

        • HY
        • 2021年 7月 07日

        オーストラリアだね。でもこれまでの米国の戦略爆撃機を見る限り、国内向け一択で望み薄だよ。一機当たりの値段が高い(スピリットよりは安い)のもその理由だろうね。
        同じ頃かそれより早くロシアや中国でステルス爆撃機がデビューするから、間違いなくB-21の影は薄くなるよ。あちらさんらは輸出をためらわない可能性があるし。

        3
          • 匿名
          • 2021年 7月 07日

          同盟国に輸出が出来る機体であれば、B-2ほどには機密の塊ではないって事なので
          それも低コスト化に繋がってるのかもしれません

          2
        • 匿名
        • 2021年 7月 07日

        アタック級に比べたらめっちゃ安いから(小声

        4
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    よく見るとB-2よりさらに描きやすい

    2
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    風防が変わってるがどんな意図だろうか

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 07日

      ステルス性の向上か、そう思わせることによる他国への撹乱かな

      3
        • 匿名
        • 2021年 7月 08日

        モックアップや試作機の画像がしょっちゅうリークされる中国と違って、公式CG以外の情報が一切出てこないアメリカの管理体制凄いな

        3
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    というか、実物がこれより大きく外れた姿では無いのは容易に知れる
    国章が無ければ米中ロシアみんな見分けつかないだろう

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    あれやこれやと「先進」「多用途」を盛り込まず、実績あるB-2の延長線上で、亜音速機で高度なステルス形状で
    長射程誘導兵器を投射するプラットフォームな目的だけに絞れば米国面には陥らないって事か。

    14
    • A
    • 2021年 7月 07日

    いろいろとやらかしている最近のアメリカですが、とりあえず順調な進捗に安堵ですね。

    6
      • 匿名
      • 2021年 7月 07日

      全翼機はノースロップ社の創業者、ジャック・ノースロップの悲願だから、気合の入れようが違うのでしょう
      冗談はさておいて、他国との共同開発や、過剰な仕様要求、情報の秘匿が結果的に議会や大統領に撃墜されることなく進捗を進める事ができた要因に思えます

      13
      • A
      • 2021年 7月 07日

      >情報の秘匿が…
      さすがはステルス爆撃機。
      初飛行前から高性能の予感。

      • 匿名
      • 2021年 7月 07日

      枯れた技術というのとは違うんだろうが、わけのわかんないチャレンジを止めて手堅くまとめると成功する、やはり腐っても鯛のアメリカだもんな

      5
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    平面形はよりエリアルールに適したX47Bに寄せてくるんじゃないかと思ってる

    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    B-2B?

    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    B-2っぽいけどこれを100機作るってことはあそこまでバカ高い機体にはならないんだろうな、

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 07日

      以前出た話だと3億ドル前後のイニシャルコストを目指すと聞いた覚えがあります。

        • 匿名
        • 2021年 7月 07日

        違う、そんなに安くない5億ドルだ

    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    将来の対空、対艦、対地ミサイルキャリアー
    エア・チーミングを駆使すれば、B-21ベースのAWACSや対潜哨戒機も出てくる可能性もありそう
    爆撃機以外にも大きな可能性を秘める機体なので、爆撃機を欲する同盟国がいなかった今までとは違い、
    攻撃機etc目的で、B-21の導入を希望する同盟国は多そう
    日本も例外じゃなく、今はP-1にミサイルキャリアーの用途を構想してますが、ステルスのキャリアーとしてはB-21はとても魅力的に見えている筈

    4
    • 匿名
    • 2021年 7月 07日

    B-21スペシャル

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP