米国関連

ウクライナ軍のトクマク攻略が本格化、温存していた予備戦力を投入

ニューヨーク・タイムズ紙は26日「温存していた予備戦力を投入する反攻作戦の主攻が始まった」と報じており、ウクライナ軍はザポリージャ州オレホボ方面に第10軍団を投入した可能性が高く「トクマクを目指す動き」が本格化した格好だ。

参考:U.S. Says Main Thrust of Ukraine’s Counteroffensive Has Begun

予備戦力を投入したウクライナ軍にとって7月下旬から8月は正念場

ニューヨーク・タイムズ紙は26日「温存していた予備戦力を投入する反攻作戦の主攻が始まった」と報じており、ウクライナ当局者から説明を受けた国防総省の関係者は「ザポリージャ州オレホボ方面に投入された予備戦力(数千人規模)はロボーティネの守りを突破してトクマクに到達することが目標で、これに成功すればウクライナ軍はメリトポリへの前進を試みるだろう」と明かし、反攻作戦の最終的な目標については「占領下のウクライナ領とクリミア半島を接続する陸橋の破壊」もしくは「戦略的に重要なクリミア半島を大砲の射程圏内に収めるのに十分な距離までの前進」だと述べている。

出典:管理人加工(クリックで拡大可能)

軍事アナリストのロブ・リー氏はオレホボ方面への予備戦力投入について「この地域の反攻作戦を第9軍団から第10軍団(第21機械化旅団、第33機械化旅団、第37海兵旅団、第47機械化旅団、第82空中強襲旅団)が引き継ぐことを意味し、既に第10軍団の一部は戦闘に参加している」と指摘、ウクライナ当局者は「一連の作戦には1週間~3週間ほどかかる」と予想、国防総省の関係者はニューヨーク・タイムズ紙に対して「(新たな攻勢を成功させるのは)大きな試練だ」と述べているらしい。

反攻作戦の狙いは「アゾフ海沿いの陸橋=マリウポリ~ベルジャンシク~メリトポリ~ジャンコイ~ケチルを結ぶ兵站ルートの遮断」で、これは「クリミア大橋(道路橋ではなく鉄道橋)の破壊=長距離攻撃による攻撃」と「マリウポリ~ベルジャンシク~メリトポリルートの遮断=ウクライナ軍が物理的にアゾフ海沿いに到達するか砲兵戦力の射程圏内に収めるかの2択」がセットでなければならず、これを達成した暁にはヘルソンの再現=メリトポリよりも西とクリミアに展開するロシア軍の孤立状態が完成する寸法だ。

出典:GoogleMap ザポリージャ州オレホボ周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ウクライナ軍の反攻軸はザポリージャ州のカムヤンスキー軸とオレホボ軸、南ドネツクのヴォリカ・ノボシルカ軸の3つがあり、その中でトクマク→メリトポリに進むのが最も効果的で陸橋に近く、反攻作戦が主軸がオレホボ軸であるのは誰の目にも明らかだった部分なので、ここに第10軍団を投入したということは「トクマクを目指す動きが本格化」という意味だろう。

これでロボーティネの守りを突破してトクマクにある程度近づけないと「反攻作戦の期待値」は大幅に下がるため、7月下旬から8月はウクライナ軍にとって正念場と言える。

関連記事:ウクライナメディア、クリミア大橋の道路橋損傷は戦場に影響を与えない

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ロシア軍、ストーム・シャドウを運用する基地に大規模なミサイル攻撃前のページ

リトアニア陸軍の選択はレオパルト2、エイブラムスとブラックパンサーは敗退次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ロシアや中国の妨害に耐性を備えたGPS軍用Mコード、2021年に提供開始か

    スプーフィング(なりすまし)攻撃や妨害電波に対する耐性が強化されたGP…

  2. 米国関連

    ボーイングの未来が掛かったF/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプ初公開

    ボーイングは5月8日、F/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプが…

  3. 米国関連

    米国がウクライナへの安全保障支援を発表、18輌のHIMARSを追加提供

    国防総省はHIMARS×18輌が含まれた「ウクライナへの安全保障支援(…

  4. 米国関連

    バイデン大統領が主張した30万人のアフガニスタン軍は一体どこへ消えたのか?

    30万人もの兵士がアフガニスタン防衛の準備を整え終わっているとバイデン…

  5. 米国関連

    また約束を破ったボーイング、KC-46Aの不具合解消は19ヶ月遅れる

    米空軍は7日、KC-46Aの空中給油能力を制限している不具合の解決が「…

  6. 米国関連

    米国がウクライナへの戦車提供を発表、オランダと共同で改修したT-72Bを90輌提供

    米国は4日に総額4億ドルのウクライナへの安全保障支援を発表、西側の技術…

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP