米国関連

伝説の戦闘機が70年ぶりにカムバック、XP-82「ツインマスタング」航空ショーに登場!

初飛行から70年が経過した米空軍(運用当時は米国陸軍航空軍)のXP-82「ツインマスタング」の実物が、再び空に帰ってきた。

参考:Soar Over Oshkosh In The World’s Only Flying Twin Mustang In This Cockpit Video

ツインマスタングの試作機、XP-82が再び空に戻ってきた!

米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airventure」で、珍しい飛行機が会場の空に舞い上がった。

米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airventure」で、珍しい飛行機が会場の空に舞い上がった。その正体は、米国陸軍航空軍のP-82「ツインマスタング」の試作機として、たった2機しか作られなかったXP-82だ。

これはCGなどではなく完全に本物のXP-82で、現在、飛行可能なXP-82(P-82を含めて)は、世界中を探しても、この1機だけしかない。

こんなロマン溢れるプロジェクトを実行したのはトム・レイリー氏が率いるレストアチームで、彼らは、2008年7月からXP-82のレストア作業を始め、飛行可能なコンデションを取り戻すために207,000時間もの作業を行い、2019年1月28日、初飛行に成功した。

その後、今回の航空ショーでXP-82の飛行を披露するため、調整を続けてきたと言う。

出典:public domain P-51D

このP-82と呼ばれる戦闘機は、第二次世界大戦機の中で最優秀戦闘機と評されるP-51「マスタング」を2機連結した双胴式戦闘機で、パイロットが2人搭乗し、相互に操縦を行うことで長時間の任務でもパイロットの負担が少なくて済んだ。

P-51を横に2機連結するという奇抜な形態のため機体は大型化したが、P-51譲りの優れた機動性はそのままに、700km/h以上の速度に加え、航続距離は3,500km以上という高性能を発揮したが、第二次世界大戦に間に合ったのは初飛行のみで、運用開始は戦後の1946年から始まり、戦闘機のジェット化に押される形で7年後の1953年、静かに現役から退いた。

原型機のP-51は、16,000機以上も生産され、今でも航空ショーやエアレース等で良く見かけるが、P-82は試作機のXP-82を含めても、たったの272機しか生産されなかった為、非常にレアな軍用機と言えるだろう。

11年にも及ぶレストア作業の末、XP-82を空に飛ばしたトム・レイリー氏には、敬意を評して拍手を贈りたい。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 1945年、試験飛行時のXP-82ツインマスタング44-83887

日韓で核兵器の共有?米国、NATOを参考に日米韓で「核兵器共有協定」締結を主張前のページ

F-35B導入継続か?イタリア、F-35B搭載のため空母「カヴール」改修に着手次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米ミサイル防衛局、現時点で極超音速兵器迎撃の可能性があるのはSM-6だけ

    米ミサイル防衛局長官を務めるジョン・ヒル海軍中将は3日、現時点で米軍が…

  2. 米国関連

    米空軍大将、NATO加盟国の兵器備蓄量は危険なほど少なくなっている

    在欧米空軍のヘッカー大将は「もはやNATOに冷戦時代のような航空戦力は…

  3. 米国関連

    米海軍、30万ドル以下で年500発調達可能な低コスト巡航ミサイルを要求

    米空軍は「将来の低コスト巡航ミサイル(射程926km/取得コスト15万…

  4. 米国関連

    ボーイング、ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに購入要請書類を発行する

    ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに関する購入要請書…

  5. 米国関連

    厳しい未来を予想する米陸軍、来年度の国防予算配分で陸軍は冷遇される?

    米陸軍はバイデン政権が打ち出した国防予算7,150億ドルの下では空軍や…

  6. 米国関連

    中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴

    米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」2番艦が12月7日、洗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP