米国関連

性能がF-35に近い「AN/APG-83」へ換装! 米空軍、F-16C/D 372機のアップグレードを発表

米国防総省は19日、空軍の戦闘機F-16C/D Block40(~52)72機の搭載レーダーを「AN/APG-83 SABR」に換装する契約を更新し、2027年までに372機のレーダーを換装する契約をノースロップ・グラマンに与えた。

参考:Contracts For Dec. 19, 2019

F-35のレーダーと性能的に近い「AN/APG-83 SABR」へ換装したF-16を増やす

米空軍は2017年にノースロップ・グラマンと、戦闘機F-16C/D Block40(~52)72機の搭載レーダーを「AN/APG-83 SABR」に換装するため約2億4,380万ドルの契約を結んでいたが、今回、この契約内容を更新し、新たに300機分のレーダー換装作業を発注、以前の契約と合わせて372機のレーダー換装作業を約10億ドルで行う契約をノースロップ・グラマンに与えた。

このレーダー換装作業は2027年までに完了する予定だ。

出典:U.S. Air Force photo/Bobbi Zapka AN/APG-83 SABR

米空軍は現在でもF-16C/D Block40(~52)を約790機保有しており、本当なら2010年代中に、このF-16C/Dを第5世代戦闘機「F-35A」で更  新する予定だったが、ご存知の通りF-35の開発が遅延し、機体価格も高騰したため、米空軍はF-16の運用を2048年まで延長することを決定、現在F-16の機体構造を強化するためのキットを調達中で、元々の8,000飛行時間に設定されていた耐用年数を13,856飛行時間まで延長する予定だ。

そして今回、ノースロップ・グラマンがF-16のアップグレード用に開発したアクティブ・フェーズド・アレイレーダー「AN/APG-83 SABR」に換装することで、将来の戦闘で必要となる探知能力や高度な電子戦に対応できるようになる。

出典:public domain F-35A

この「AN/APG-83 SABR」は、F-35に搭載されているレーダー「AN/APG-81」の技術を流用して開発されたため、ソフトウェアは90%以上、ハードウェアは70%以上の共通性を確保しており、このレーダーは能力的にF-35のレーダーに近い能力を持っているらしい。

因みに、F-16の最新型「V」仕様も「AN/APG-83 SABR」を搭載しており、世界中で使用されているF-16のアップグレード用のレーダーとしての需要があり、今後20年で一番売れるレーダーになるかもしれない。

補足:AN/APG-83 SABRは、KF-16アップグレード用のレーダーとして韓国にも採用されている。

このように米空軍のF-16C/Dは、機体は古くとも中身は最新のV仕様に近く、今後、増えていくF-35Aと共通性を持っているため保守面も優れており、米空軍をあと20年以上支え続けることになる。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Nicholas Rau

韓国、トランプと約束した米国製「早期警戒管制機」購入は嘘? サーブ社が技術移転を提案前のページ

第4.5世代戦闘機「グリペン Type E」の実力は? 米メディア「平均以下」と辛口評価次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国、日本に続きインドネシアに対して「V-22 オスプレイ」販売承認

    米国と日本しか採用してこなかった輸送機「V-22 オスプレイ」だが、3…

  2. 米国関連

    欠陥修正を断念した米国、F-35BとF-35Cの超音速飛行制限で対応

    マッハ1.3以上の超音速飛行状態を維持した場合にF-35BとF-35C…

  3. 米国関連

    センサーとシューターの分離が進む米陸軍、自走砲で巡航ミサイル迎撃に成功

    米陸軍は自走砲「M109A6」から発射した砲弾で巡航ミサイルを撃ち落と…

  4. 米国関連

    米メディア、30万人以上に拡張されるNATO即応部隊の80%は欧州が負担すべき

    米ディフェンスメディアは28日、マドリードで開催されるNATO首脳会議…

  5. 米国関連

    ボーイングがF-15Eに対するアップグレードを開始、EPAWSS統合へ

    ボーイングはF-15E搭載の「AN/ALQ-135D」をF-15EX搭…

  6. 米国関連

    次期戦闘機プログラムを水面下でこっそり進める米海軍、今年も研究・開発予算は非公開

    米海軍は今年も次期戦闘機「F/A-XX」プログラムに関連した予算を隠し…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 23日

    >AN/APG-83 SABRは、KF-16アップグレード用のレーダーとして韓国にも採用されている。
    えっ、そのなの? 違うのでは?
    あの、頓挫したBAE(のちにFMSでのLM、っていうか、アメリカはFMSでの改修しか認めてなかった)の改修のPhase-2での
    AESAレーダーはレイセオン社の”Raytheon’s Advanced Combat Radar”(RACR) 
    輸出承認に2年を消費したブツ

    +、現在、韓国でのKF-16のアップグレードなんて、計画すらない。
    つまりは予算化されていない

    • 匿名
    • 2019年 12月 23日

    契約し直した韓国のKF-16改修費には、安くなったと見せかけるために、AN/APG-83の調達費が抜かれてるというので、実際にレーダーが換装されるのか分かりませんね。

    • 匿名
    • 2019年 12月 23日

    使える物は、活用した方がいい。
    数は力だよ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    台湾のF-16も、中身はF-35並になるということかな?

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    見た目は量産、中身はエース級

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP