米国関連

米空軍がU-2とRQ-4 Block40の退役を要求、高高度偵察機が姿を消す?

米空軍は2024年度予算の中でRQ-4 Block40とU-2の退役を要求しており、議会が両機の退役を認めると米空軍から高高度偵察機が姿を消すことになる。因みにRQ-4とU-2が担ってきた高高度偵察能力は宇宙ベースのセンサーで代替する予定らしい。

参考:Air Force prepares to retire U-2 spy planes in 2026

維持コストが年々高騰するレガシー機の処分を急ピッチで進める米空軍

米空軍は運用コストが高価なRQ-4 Block30(20機)の退役を2023年までに完了する予定で、在庫に残っているBlock40(9機)についても「2027年9月までに退役させてRQ-4の運用を完全に終了する」と昨年7月に発表していたが、今度は「2026年にU-2を退役させたい」と2024年度予算の中で提案しており、議会がRQ-4 Block40とU-2の退役を認めれば米空軍から高高度偵察機が姿を消すことになる。

出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Juan Torres

米空軍は2024年度予算の中で「RQ-4とU-2が担ってきた高高度偵察能力は宇宙ベースのセンサーで代替する」と説明しているが、E-8Cが提供していたGMTI(地上を移動する目標の監視能力)のギャップをBlock40がカバーしているので、GMTI能力を組み込んだレーダー搭載衛星の開発に目処がついたのかもしれない。

まだBlock40やU-2の退役を議会が認めるかは分からないが、RQ-180の運用も始まっている可能性が高いため「非ステルスのISR資産」は処分される運命にあるのだろう。

出典:Photo by Staff Sgt. Taylor Drzazgowski

因みに米空軍は2024年度予算の中でF-22A(Block20)×32機、A-10×42機、F-15C/D×57機、B-1B×1機、E-3×2機、E-8C×3機、KC-10A×24機、HH-60G×37機、MQ-9×48機、RQ-4×1機、EC-130J×4機、A-29×3機、T-1A×52機の退役を提案、2025年からF-15Eの旧型119機(F100-PW-220E搭載機)を退役させることも検討中で、維持コストが年々高騰するレガシー機の処分を急ピッチで進めるつもりだ。

関連記事:米空軍が2024年度予算でF-15EX調達を再要求、レガシー機は310機処分
関連記事:J-20に劣るF-22A Block20、今後も維持するなら次世代戦闘機の開発費が吹っ飛ぶ
関連記事:米空軍がRQ-4の運用終了を発表、Block30に続きBlock40も2027年に退役
関連記事:米空軍がE-8C/Joint STARSの早期退役を開始、来年9月まで議会が認めた4機を処分
関連記事:米空軍、F-15Eの旧型119機を2028年までに削減することを検討中

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Luis A. Ruiz-Vazquez

LIG Nex1、Phantom Strikeと同じ空冷式のAESAレーダーを披露前のページ

ウクライナ軍がロシアのクレムリン宮殿をドローン攻撃か、宮殿上空で爆発次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍、F-35AではなくF-15EXの追加調達をウィッシュリストで議会に要請

    米空軍は毎年の恒例となっているウィッシュリストによるF-35A追加調達…

  2. 米国関連

    現代戦に大きな影響をもたらしたウクライナ侵攻、米軍も1万ドルの自爆型無人機を要望

    ウクライナとロシアの戦争は「米国や同盟国にとって自国兵器の貴重な実戦テ…

  3. 米国関連

    今年こそ実現するか? 米海軍が再びF/A-18E/Fの新規調達中止を提案

    米海軍は議会に阻止されたF/A-18E/Fの調達中止を今年も提案してお…

  4. 米国関連

    ロシア国内で多発する爆発の正体、親ウクライナ派工作員による無人機攻撃

    どうやらウクライナはロシア国内で親ウクライナ派工作員を養成することに成…

  5. 米国関連

    米空軍、2021年に予定していたステルス爆撃機「B-21」の初飛行を延期

    米空軍は2021年12月に予定されていたステルス爆撃機「B-21」の初…

  6. 米国関連

    無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

    空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦と…

コメント

    • そら
    • 2023年 5月 03日

    U-2とSR-71はロマンが具現化したような存在だったが、いよいよいなくなる日が見えてきたか。
    少しさみしいが、新しいロマンもいずれ生まれるだろうな。

    23
      • チェンバレン
      • 2023年 5月 03日

      キューバ危機の時から今までよく生きながらえたものだと思いますよU2
      なんだかんだ使い勝手が良かったのでしょうねぇ

      8
    • ミリオタの猫
    • 2023年 5月 03日

    RQ-4については「日韓が導入したばかりなのに退役させるとは」と、この掲示板でも論争になっていましたが、U-2まで退役させると言う事は、もう偵察・監視機と言うのは宇宙衛星かステルス機能とスタンドオフ的な偵察機能を併せ持った機体で無いと成り立たないと言う事なのでしょう
    日本としては東日本大震災の福島第一原発事故の際にRQ-4の能力を政治家が目の当たりにしたのが不幸だったと言うしか有りません(その当時に「あと10年程で退役するから導入するな」等と言ったら馬鹿扱いされたと思いますし)

    それにしても2024年度予算以降に退役させる米空軍機の数はちょっとした国の空軍並みで凄いですね
    何だったら退役予定の機体の一部をウクライナヘ供与すれば良いと思います…それこそA-10やF-15C/DにHH-60G・MQ-9とか色々有るし…でもF-16が退役リストに無いと言う事は、バイデン大統領は「ウクライナは供与する米軍機は無い!」と思っているつもりなのかしら?

    13
      • ミリオタの猫
      • 2023年 5月 03日

      済みません、誤植が有りました
      誤:「ウクライナは供与する米軍機は無い!」
      正:「ウクライナに供与する米軍機は無い!」
      以上、訂正させて頂きます

      2
        • 戦略眼
        • 2023年 5月 04日

        F-16は普通に計画通り退役しているでしょう。

      • nachteule
      • 2023年 5月 04日

       U-2の最終号機でさえ納入から30年経っているから、いくら高性能な機材を積めると言ってもね。高空からの監視に関して装備を無くすのは別の手段を取る米軍だからの面がある、それを馬鹿正直に日本に当てはめて良い物なのだろうか。2000年代以降導入のRQ-4まで退役が考えられるのはあまりにも両者の機体コンセプトが被っていたからで滞空に全振りしないような構成だとまだ使い勝手が違っていたと思う。

       RQ-4とU-2が担ってきた偵察に関しては米国だと将来的な可能性も含めて衛星やRQ-180とかB-21、SR-72があるから単純な話ではないのでは?

      >F-16が退役リストに無い
       過去数年のリストのどこかにはあったし、そんな邪推いらないでしょ。どんな理由で退役させるのも、退役するのをどこかに売るのも自国の軍の中で融通し合うのも、標的に転用するのも潰すのも全部米国の自由。ウクライナに航空機提供する義務なんてどこの国であっても課せられる物ではないし、やばい物は外してやり直す必要もあるし提供した責任だって発生するでしょう。

    • にわか社畜
    • 2023年 5月 03日

    米議会「ダメです」

    13
      • けい2020
      • 2023年 5月 05日

      理由:利権のある地元産業界が反対するから
      軍産複合体どころか、足を引っ張られてるという

      1
    •    
    • 2023年 5月 03日

    現在のU2Sは、偵察と言うよりジョイントスターズと同じ任務
    側方監視レーダーを用いた戦域監視ですよぬ

    4
    • 58式素人
    • 2023年 5月 03日

    他所の記事によると。
    中共は、D-21(SR-71と同時期の高高度無人偵察機)のコピーを揃えつつあるとか。
    本当に高高度偵察機は不要なのかな。
    最近米軍に多い(笑)先走りすぎ(笑)でなければ良いのですが。
    お金勘定は置いておいて、新技術(?)の可能性を信じすぎているのでは。

    7
      • ミリオタの猫
      • 2023年 5月 03日

      先走りと言うよりも中国軍の能力向上に対する過剰反応なのかも知れません
      米軍って太平洋戦争で零戦に直面した時も結構パニクっていましたから

      3
      • LSgt
      • 2023年 5月 06日

      中国のあれは高高度偵察機ではなくて、防空網貫通型の索敵•照準機とでも言うべき代物なので用途が違う。

      要するに敵情を探るのではなくて、攻撃直前に大体位置の判明している敵艦隊のエリアまで飛ばし、搭載するセンサー類で後続する極超音速ミサイルや対艦弾道弾に終末誘導を提供するのが役目らしい。

    • MAT
    • 2023年 5月 04日

    U-2については長い間お疲れ様という感じですね。
    F-104ベースながらF-104よりも長い運用がされるとはなかなか不思議なものです
    高高度偵察機についてはSR-72についてはどうなったのでしょうか?あれがまだ開発されてるなら高高度偵察機の需要が完全に消えた訳でもないのかなぁ?と

    6
    • 匿名ちゃん
    • 2023年 5月 04日

    衛星に依存したら、衛星落とされたら終わりじゃないですか

      • チェンバレン
      • 2023年 5月 04日

      それやるとスペースデブリだらけになって自分たちも大ダメージ受けるから、最後の手段じゃないですかね
      アメリカもその辺分かってて衛星使うのでしょう

      まあそういうの無視する国がいくつかありますけれども…

      5
      • けい2020
      • 2023年 5月 05日

      そこでスターリングみたいな、低軌道小型衛星を大量配備で対策とかだったかと

    • RAAF
    • 2023年 5月 04日

    「2025年からF-15Eの旧型119機(F100-PW-220E搭載機)を退役させることも検討中」
    海外サイトを見ると、旧型F-15Eの抜けた穴をF-35Aでカバーし将来的には無人機でという事ですが、現状6個あるF-15E飛行隊の任務が機体の運用余裕さから重要視されていて英国展開中の機体は、コンフォーマルタンクを外してF-15C/Dの任務を補っているとか。
    退役分をF-15EXに入れ替えるのも考えられるが州空軍機更新用で、嘉手納の飛行隊にも振り分けられる可能性が高く機体の発注も2024年どの発注で生産終了かもとの事。
    残る予定のF100-PW-229 を搭載した機体が99機の事で、いずれ維持費がーという事からF-15EX一本化の可能性もあるという事で飛行機マニア的には残念な展開になるかもですが、まずはアメリカ議会次第ですね。
    リンク

    3
    • 戦略眼
    • 2023年 5月 04日

    F-15Eを買いながら、F-15Eを捨てるとは、贅沢だな。

    2
    • 2023年 5月 04日

    SR-71を退役させた時、偵察衛星では偵察機の即応性の機能を代替できないと学んだのではなかったのか…

    1
    • 御影渦音
    • 2023年 5月 05日

    B-52「またワシより若いヤツが去っていくのか…」

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP