米国関連

J-20に劣るF-22A Block20、今後も維持するなら次世代戦闘機の開発費が吹っ飛ぶ

米空軍と議会はF-22A Block20の退役問題で対立しており、空軍の開発計画全般を管轄するムーア中将は「Block20をBlock35にアップグレードし、次世代戦闘機の完成まで維持すると70億ドル以上の費用がかかる」と主張した。

参考:Moore: ‘It’s Time to Move On’ from Block 20 F-22s, JATM Still on Schedule

Block20は中国のJ-20に対して競争力がない=性能的に劣っている

ミッチェル研究所主催のパネルディスカッションに登場したムーア中将は「32機のF-22A Block20を飛行させると空軍は1年で4.85億ドルの費用を負担する必要があり、(NGADが完成する)2020年末までBlock20を飛ばせば約35億ドルの運用コストがかかる。さらに議会が要求するBlock35へのアップグレードを行うには35億ドルの費用がかかる上、この作業を開始するまでに10年はかかる」と明かした。

出典:ロッキード・マーティン NGAD

ムーア中将の説明を要約するとロッキード・マーティンはF-22AとF-35の主契約者で、次世代戦闘機(NGAD)のプロトタイプ開発にも関与しているため「航空部門の技術者」は慢性的に不足しており、恐らく10年以上前の技術で構成されたBlock30/35のコンポーネントを現代の技術で再現し、Block30/35のみに追加された機能増加分(Increment 3.2B及びアップグレード・バージョン6)も適用しなければならず、ムーア中将曰く「Block20のアップグレードを行うならF-35Block4の開発作業に携わる技術者を引き抜く必要があると考えるが妥当で、これは我々にとって価値のある取引には思えない」と述べている。

空軍は今後5年間でNGADの開発に220億ドル以上を投資する計画だが、Block20の退役が拒否されるとNGADに投資する資金の約1/3が吹っ飛ぶことになるため「議会の決定次第で予算を練り直す必要がある=NGADの実用化を遅らせるか、F-35Aの調達を削るか、他の航空戦力を削る必要があるという意味」と主張しているのだ。

出典:U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Samuel Eckholm

さらにBlock20とBlock30/35では機能や操作方法が異なるため、ムーア中将は「Block20で訓練したパイロットはBlock30/35で飛ぶ前に『Block20で学習したこと』を忘れる必要がある。最新の通信システムや電子戦装置がなく、最新の武器も扱えないBlock20は絶対に戦闘部隊の一員になることはない。だからBlock20を捨てる時期が来たという昨年度の立場を維持することにしたのだ」と指摘し、Block20は中国のJ-20に対して「競争力がない=性能的に劣っている」と付け加えているのが興味深い。

因みに開発中のAIM-260JATMについてムーア中将は「開発作業に大きな遅れはなく可能な限り早く実用化したい。JATMの調達が可能になれば出来るだけ早く数量の確保に動く」と述べている。

関連記事:米空軍はF-22Aに約1.1兆円を投じてアップグレード、但しBlock20は処分
関連記事:米空軍司令官、アップグレードされたF-22と思われるイメージを公開
関連記事:米軍事委員会がA-10やE-3の退役を承認、F-22AとF-15C/Dの退役は禁止
関連記事:拡張性に乏しいF-22の設計、空軍の要望が一向に実現しない理由

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Airman Seleena Muhammad-Ali

韓国、ウクライナ支援として155mm砲弾33万発をポーランドに輸出か前のページ

ルーマニアの最高国防会議がF-35A導入を発表、M1エイブラムス調達も検討中次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米当局、ロシアが北朝鮮から数百万個の砲弾やロケット弾を購入している

    NYT紙は5日、新たに機密が解除された米当局の情報に基づき「ロシアが北…

  2. 米国関連

    米陸軍は155mm砲弾の生産量を朝鮮戦争の水準に戻す、2年以内に月産9万発

    米陸軍は「2025年までに155mm砲弾の生産量を月4万発に引き上げる…

  3. 米国関連

    米国、韓国空軍のF-16C/D Block32に対する「IFF Mode 5」アップグレードを承認

    米国務省は30日、韓国空軍が運用しているF-16C/D Block32…

  4. 米国関連

    深刻な兵士不足、ウクライナ軍の大隊指揮官は戦線が何れ崩壊すると警告

    ワシントン・ポスト紙は8日「前線で戦うウクライナ人指揮官や兵士らは深刻…

  5. 米国関連

    オーバーホールが完了した米強襲揚陸艦、相次ぐ故障で海に戻れず

    ワスプ級強襲揚陸艦「ボクサー」は1年以上前にオーバーホールが完了したも…

  6. 米国関連

    米空軍、超音速で飛行するF-35Aが戦術核兵器B61の投下に初成功

    米軍の核兵器開発を行っているサンディア国立研究所は23日、F-35Aの…

コメント

    • チェンバレン
    • 2023年 4月 11日

    Block20とはいえ、あの最強戦闘機と名高いF-22がこんな扱いになるとは

    あとJ-20の性能も気になる
    議会対策もあるんだろうけど、実際どのくらいの強さなんぁろう?

    29
      • cxe3s
      • 2023年 4月 11日

      J-20のレーダー性能はF-22のAN/APG-77より高性能で、J-20のセンサーとアビオニクス性能はF-35に近い性能みたいですね。
      裏を返せばF-22がJ-20より高性能な分野はステルス性と機動性でしょうか。
      F-22 Block20がJ-20に対して性能的に劣っているのなら、Block30/35もJ-20に対してそこまで競争力があるとは思えません。

      13
    • れんちゃ
    • 2023年 4月 11日

    これ米空軍がプッシュしてるF-35と爆撃機、最新鋭ヘリが当初想定よりもお金掛かりすぎていて、他から予算を引っ張ってこようとしてるって話でもあるよね…超音速ミサイルも金喰い虫に終わってたし、何が起こってるんだろう。

    12
    • DEEPBLUE
    • 2023年 4月 11日

    どうせNGADあるならF-35Aの調達数も減らして良いのでは?F-35Aもそのままの数入れるとNGADがF-22みたく鬼子扱いされる未来が予想できるので

    5
      • 全てF-35B
      • 2023年 4月 11日

      NGADも盛大に転けそう。

      4
    • STIH
    • 2023年 4月 11日

    この件、最近だと2件目の記事ですが、気になるのは議会側の考えですね。これから態度を表明していくのでしょうけど、空軍がこう言うことはBlock20のアップデートを要望しているのでしょう。
    やはり海軍のようにやる事する事全部高騰•遅延したことを憂慮し、NGADの開発計画を全く信用しておらず、今飛んでいる機体の改修を要望している、といったところでしょうか。

    8
    • kojima
    • 2023年 4月 11日

    ステルスを維持しなければ、特に改修なしで高性能イーグルとして本土防空くらいには使えそうに思えるんですがね
    メンテナンス代がもったいないか

    12
      • kitty
      • 2023年 4月 12日

      塗装代が馬鹿にならないという話を聞いたときに、迎撃任務しかしないなら、塗装しないネイキッドF-22とか作ればいいんじゃねとか思ったことがあります。

      9
        • 名無し
        • 2023年 4月 12日

        訓練用途の塗装手抜きF-22は、塗装が所々剥がれてボロボロだったね。
        正直、第一印象は「汚い」だった >塗装ボロボロな個体のF-22

        3
    • ネトウヨ
    • 2023年 4月 11日

    ネットで世界最強の戦闘機と調べると今でもF-22ですがそろそろ限界みたいですね。現代では機体の基本性能よりもアビオニクスやセンサーの方が大事ですし、第六世代が出来るまではF-35で十分ということですかね。

    4
    • YF-23A
    • 2023年 4月 11日

    かつて購入したがっていた同盟国の豪州か日本に改造費込みで売却しよう、米空軍の限られた予算や中国の開発速度に対抗するための開発予算への資金を優先して、開戦時には共同作戦してくれる同盟国への譲渡も有な気がしますね。
    議会側は米空軍が所有している事に意味を持っているという事なのでしょうし、議会が輸出禁止の法案改正やら豪日にそんな予算なんてないよねとかで現実的ではありませんけど・・・

    5
    • 通りすがり
    • 2023年 4月 11日

    A-10の方はやっとケリが付いたらしいけど、こっちはどうなることやら
    利権の代弁は政治家の仕事とはいえ、日本的な感覚からすると少々行き過ぎに思えるがなぁ

    15
      • DEEPBLUE
      • 2023年 4月 12日

      F-35にしても族議員が調達数で足を引っ張った部分が無くもありませんからね。民主主義のコストとはいえ、中国は議会のお遊びが許されるほど数的優位な相手ではないのに困った事です。

      4
    • 2023年 4月 11日

    スマホで例えれば、10年位前の最新機種(適当にiPhone4)を改良してiPhoneXやGALAXY8に匹敵させようという話で、“新機種の予定があるなら“改修より新機種にベクトルを向ける方がより良い結果をもたらすと言う話でしょう。
    ハード性能優位な時代は過ぎてソフト優位な現代だからこそ、ハード破棄の閾値はずっと下がっている。
    それに適応出来ないレガシー人が抵抗しているのでしょう。

    15
      • 戦略眼
      • 2023年 4月 12日

      スマホと戦闘機では、部材の構成比が違う。
      パソコンだって改修次第で、6年くらいは最新型に対抗できる。
      F-22にF-35の電子装備を組み込んだら最強って言っていたのだから、実施すべきだな。

      6
        • トムホーネット
        • 2023年 4月 12日

        そりゃ金が無尽蔵に湧いてくるならやるべきだろうけどさ

        9
      • 名無し
      • 2023年 4月 12日

      >ハード性能優位な時代は過ぎてソフト優位な現代だからこそ、ハード破棄の閾値はずっと下がっている。

      SRAAMの性能向上などの影響で、機動性能の優先順位は相対的に下がったのだろうけど、
      アクティブステルスが実用化されてない以上、ステルスについてはハードで対応するしか無く、この分野は依然としてハード性能優位かと。
      レーダーの受信感度限界も、熱雑音で縛られるので、ソフトで補完するのには限界がありますし。

      1
    • れんちゃ
    • 2023年 4月 11日

    別に無理にアップデート入れなくても一部を超高高度用にとっておけばいいんじゃないかって気もしないでもない。
    ステルス機能の維持だとか、無理な最新ブロック要らないだろうし、大推進力は魅力だよね速度や航続力もあるし。
    超音速ミサイル母機としても使えるんじゃないの?

    9
    • 58式素人
    • 2023年 4月 11日

    半ば以上、冗談で言いますが。
    かつてロッキードは、日本に対し、F22の機体にF35の
    アビオニクスを載せる提案を出してきたことがありますが。
    ブロック20の古い機体で実現できないのでしょうか。

    1
      • KNOB CREEK
      • 2023年 4月 11日

      米空軍「悪い事は言わん、アップグレード費用見てみ?」

      ぶっちゃけ議会に対しては多少吹っかけたコストは提示してるでしょうけど、運用・改修コストが莫大なのは嘘ではないではないでしょうし中国並みに軍備に金を使えるか、アラブ諸国のようにオイル・ガスマネーが潤沢でなければ無理でしょうね…。
      まぁ、F-35並のアビオを備えだF-22というのはロマンありますけどね。

      15
        • 58式素人
        • 2023年 4月 12日

        諦めが悪い(笑)ので。
        F35の新規調達を同数減らしても、価値があるのでは。
        新車を買うつもりで(笑)、中古車(笑)を買っても良さそうな。

        1
          • 戦略眼
          • 2023年 4月 12日

          NGADを止めればOK。
          どうせ、また失敗するから。

          1
          • 名無し
          • 2023年 4月 13日

          F-35Aの調達コストが1機あたり1.06億ドル。

          F-22のBlock20→Block35のアップデートが33機で18億ドルなので、1機あたり約0.55億ドル、
          あとBlock30/35に対するアップデート費用90.6億ドルの内、研究・開発分(17.4億ドル)を除いた費用を153機で割がけすると、1機あたり約0.48億ドル、
          両者を単純に合計すると約1.02億ドル。
          F-35の調達コストと概ね同程度の金額ですか。

          F-22とF-35の得意分野は異なるだろうし、
          コストだけが制約だった場合、ご指摘の手法もアリな気がします。
          F-22とF-35が共にLMだった(リソースが被る)事が足を引っ張っているのですかね?

          2
            • 58式素人
            • 2023年 4月 13日

            他所の国のことですが。
            ボーイングに下請けさせるべきでは。

            1
              • 名無し
              • 2023年 4月 14日

              ボーイングに対しては、
              一度余所の仕事で下積みして、他人の仕事ぶりを学んでこい!
              と思う事はあります。

              2
    • 無印
    • 2023年 4月 11日

    アメリカ空軍はJ-20を、F-22とほぼ同等の機体と見なしてるわけですか…
    そんなもんが今も続々と量産中とか、なんと恐ろしい

    13
      • ネコ歩き
      • 2023年 4月 11日

      逆説的にムーア中将はF-22Block30/35はJ-20に対し「競争力がある」と述べているとも解釈できます。
      「競争力がある」とは、安定的に競争に打ち勝つ能力があるという意味で、「最新の通信システムや電子戦装置持ち、最新の武器を扱えるBlock30/35」はJ-20に対し優越性を持つ、とも取れます。
      同様の最新装備を持つ(今後更なる最新装備を持つことになる)F-35もまた(現状の)J-20に対し競争力があると言って良いのかと。

      14
    • 干物
    • 2023年 4月 11日

    やはりNGADプロトタイプはLM社が主契約でしたか。
    あの時点でまともな開発能力あるのはLMだけなのでそうなるでしょうけども…

    1
      • KNOB CREEK
      • 2023年 4月 11日

      ボーイング∶言わずもがな
      ノースロップ・グラマン∶絶賛B-21開発中です。NGADにもリソース割けって?正気か?

      まぁ、そうなりますよね。

      7
    • ななし
    • 2023年 4月 12日

    古いパソコンのHDDをSSDに交換したりメモリ増設したりして延命処置するよりも新しいパソコン買ってきた方が手っ取り早く安くつくようなものか

    4
    • kitty
    • 2023年 4月 12日

    そもそも最近の戦闘機の近代化改修で費用対効果的に成功している例はあるのでしょうか?
    F-16やF-18は新造分はまだそれなり満足いく性能を追加できているかもしれませんが中古の機体に改修化キットを当てても期待寿命とか考えると新造機を買い足したほうが良いような。
    デジタルセンチュリーとか胡散臭いお題目を唱えて眉に唾されるより、率直に

    “女房と畳と戦闘機は新しい方が良いですよ”

    ってセールスしたほうが良さそう。

    2
      • 名無し
      • 2023年 4月 13日

      機体・エンジン・センサー類。
      三者の内で陳腐化が激しい(製品寿命が短い)のはセンサー類。
      寿命来ていない機体・エンジンは概ねそのままにして、センサー類を取り換えるのは、
      機体・エンジン・センサー類を全て新規で調達するよりは安上がりだろうし、
      その点ではコスパはアップデートの方が基本的に上な気がします。

      酷使され老朽化し、残りの寿命が幾ら在るか疑問符付きの機体だと、新規調達の方がコスパ良いのでしょうが。

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP