米国関連

本当にツイてない? 不幸続きの米海軍、今度は強襲揚陸艦「イオー・ジマ」が火災で損傷

米海軍は昨年、アーレイ・バーク級駆逐艦「オスカー・オースチン」がオーバーホール中に火災を起こし損傷したが、今度はワスプ級強襲揚陸艦「イオー・ジマ」で火災が発生し損傷したと報じられている。

参考:11 sailors hurt in fire on USS Iwo Jima in Mayport

不幸が続く米海軍、今度は強襲揚陸艦「イオー・ジマ」が火災で予定外の損傷か?

11月14日午前4時頃、フロリダ州にあるメイポート海軍基地でオーバーホールを受けていたワスプ級強襲揚陸艦の7番艦「イオー・ジマ(4万530トン)」で火災が発生、同艦の乗組員はもちろん、同基地に停泊していたアーレイ・バーク級駆逐艦「ザ・サリヴァンズ」の乗組員、地元のジャクソンビル消防署からの応援によって火災は消火されたという。

去年の11月には、ノーフォーク海軍基地でオーバーホールを受けていたアーレイ・バーク級駆逐艦「オスカー・オースチン」で火災が発生、船の電気系統が壊滅的なダメージを受け2022年初頭までドックから離れる事が出来なくなった。

強襲揚陸艦「イオー・ジマ」が火災で受けた損傷の程度は今の所不明だが、少なくとも追加の作業が発生したのは間違いなく、損傷具合が大きければ駆逐艦「オスカー・オースチン」のように予定が大幅に遅れる可能性があり、このような追加のメンテナンスは、現在の米海軍にとっては致命的な影響を及ぼす可能性がある。

米海軍は現在、艦艇のメンテナンスについて膨大な量のバックオーダーを抱えており、予定通りに艦艇を修理し再び海へ戻すことが困難になっていると言う。

出典:public domain アーレイ・バーク級駆逐艦「オスカー・オースチン」

これは海軍が持つ艦船修理廠や、民間の造船業界が提供できるメンテナンス能力が限られている(追いついていない)ためで、昨年、メンテナンスを受けた約7割の米海軍駆逐艦は、スケジュール通り港を離れる事が出来なかった。

米海軍の艦艇の平均年齢は上昇し、定期的なメンテナンスに要求される作業量が増え、老朽化した艦艇はトラブルを起こしやすく、想定以上のメンテナンス要求がドックを圧迫しているという意味だ。

今年の8月末には、深刻な艦内電力システムのトラブルで急遽、空母「ハリー・S・トルーマン(10万3,800トン)」に対するメンテナンス要求が発生し、3ヶ月後、ようやく問題を解決することができたが、米国で空母のメンテナンスが行えるのはニューポートニューズ造船所しかなく、この予定外のメンテナンスは他の空母のメンテナンスに影響を及ぼす可能性がある。

もし今回の火災で強襲揚陸艦「イオー・ジマ」のメンテナンス期間が大幅に伸びれば、米海軍や海兵隊にとっては非常に困ったことになるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain ワスプ級強襲揚陸艦「イオー・ジマ」

全滅に近い米海軍の空母戦力に光明、空母「ハリー・S・トルーマン」がトラブルから復帰前のページ

大型の早期警戒管制機は時代遅れ? NATO、2035年までに「E-3 セントリー」廃止次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    イラン介入に備える米下院、米軍の軍事力行使を承認する法案を準備中

    下院外交委員会のマイケル・マッコール委員長は16日「イスラエルとハマス…

  2. 米国関連

    激しい地上戦を予想する米国、ウクライナ軍が砲弾不足に陥ることを懸念

    米当局者はウクライナ東部の地上戦が本格化すれば13日に発表した4万発の…

  3. 米国関連

    米国、積極的に同盟国の次世代戦闘機開発に協力して相互運用性を確保すべき

    米国の安全保障問題を専門に取り扱うシンクタンク「新アメリカ安全保障セン…

  4. 米国関連

    LRDR完成が新型コロナの影響で再び遅延、日本も採用の可能性が高い「SPY-7」に影響も?

    日本のイージス・システム搭載艦に採用するかもしれないロッキード・マーテ…

  5. 米国関連

    米陸軍がSEPv4中止とM1E3開発を発表、初期作戦能力は2030年代初頭

    米陸軍は「エイブラムスのSEPv4開発を中止して“より積極的なアップグ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 17日

    要は、冷戦終結後の軍縮で艦艇のメンテナンス能力を削減したツケに加えてオバマ政権頃の政策で海軍艦艇の行動日数を延長した影響が加わり、それにトランプ政権下での軍拡が止めとなった結果、トラブルが顕在化した訳ね。
    こうしてみると「平和になったから軍縮」と言う政策は、長い目で見れば安全保障政策上、むしろ悪手であると証明する形になった気がするね。

    • Al
    • 2019年 11月 17日

    米海軍の滞ってるドック作業を日本の企業が受注したりできないんだろうか?
    クロスドックってのかな?

      • 匿名
      • 2019年 11月 18日

      海自の艦船のほぼ全てがガスタービン駆動になったので、蒸気ボイラー駆動のイオージマをメンテできるドックは限られるでしょうね。

      同じワスプ級でも、ガスタービン駆動のマキン・アイランドなら同サイズのいずも型を建造したジャパンマリンユナイテッドのドックは使えるかもしれませんが、設計・改装情報の共有ができないと無理でしょうし、人員派遣するにしてもアメリカ側の人が足りない、という状況になるでしょう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP