米国関連

米空軍が1,000機調達予定の無人戦闘機、ボーイングなど5社で競争試作を実施

ケンドール米空軍長官は「早ければ2024年にCCA(有人機に随伴可能な無人戦闘機)の競争試作を開始する」と述べていたが、CCAの競争試作はボーイング、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、アンドゥリル、ゼネラル・アトミックスで争われることになった。

参考:The 5 Firms Selected to Build the Air Force’s Fleet of Autonomous CCA

競争入札の5社にはアンドゥリルが含まれているので斬新なCCAを期待したいところだ

米空軍は有人戦闘機に随伴可能な無人戦闘機のことを「協調戦闘機(Collaborative Combat Aircraft=CCA)と呼んでおり、ケンドール空軍長官は「早ければ2024年にCCAの競争試作を開始する」と述べていたが、ジョーンズ空軍次官補は24日「CCAの競争試作に参加する5社と設計・製造契約を締結した」と発表。

CCAの競争試作に参加するのはボーイング、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、アンドゥリル、ゼネラル・アトミックスで、ボーイングは「効率的に生産され、大規模な納入に対応し、有能で汎用性が高い手頃な価格のCCAを米空軍に提供できると確信している」と、ノースロップ・グラマンは「米空軍と緊密に協力してCCAの能力を手頃な価格で提供する」と、アンドゥリルは「競争入札に選ばれた唯一の非伝統的な防衛産業企業であることを誇りに思う」と声明を発表した。

これまでに判明しているCCAの情報は以下の通りだ。

  • 1機の有人機が制御するCCAの数は当面2機
  • 米空軍が調達するCCAの戦力サイズは1,000機
  • この戦力サイズは2,000機まで膨らむ可能性がある
  • 調達性に優れていることが重要だが驚くほど安価ではない
  • CCAの調達コストはF-35の25%~50%=2,000万ドル~4,000万ドル
  • CCAの基本的なミッションセットは有人機の射撃手、電子戦、センサーの3つ
  • 米空軍は今後5年間でCCAに58億ドル(2024年は3.9億ドル)を投資予定

出典:EGLIN AIR FORCE BASE

米空軍研究所はLCAAT (低コスト航空用航空機技術)の下でXQ-58Aを開発、この無人戦闘機は大量生産によって「安価な調達性(200万ドル~300万ドル)を実現できる」と注目され、CCAに要求される技術要素の検証=スカイボーグ・プログラムにも参加していたが、CCAのコンセプトが「安価な調達コストによる消耗前提」から「手頃な価格で消耗も可能」に変更されていたため、競争試作に参加する5社にクラトスは含まれていない。

但し、CCAに選ばれなかったクラトスとXQ-58Aの将来性は完全に閉じられた訳では無い。

出典:EGLIN AIR FORCE BASE

クラトスはオクラホマ・シティに完成した生産拠点でXQ-58Aの低率初期生産を開始、現在はLOT2(XQ-58A Block2)12機の生産に入った段階で、同社のデマルコ最高経営責任者は「Block1と比較してBlock2はより高い高度を長時間飛行できるようになった」「LOT2で生産される半分以上はBlock2Bに変更され顧客や要求した追加機能が組み込まれる」と明かしており、米空軍はXQ-58Aを利用して空対空スキルと空対地スキルを実行可能なAI開発を進めている。

米海軍や米海兵隊もXQ-58Aを購入してテストを行っている最中で、特に米海兵隊は「滑走路運用に依存しないF-35BとXQ-58Aの組み合わせに関心があるのではないか」と噂され、XQ-58Aは海外の展示会にも出展されて潜在的な顧客からの関心も高く、CCAとは別の道で成功を収めるかもしれない。

クラトスがCCAへの参加を逃したのは本当に残念だが、競争入札の5社にはアンドゥリルが含まれているので斬新なCCAを期待したいところだ。

因みにアンドゥリルが発表した垂直離着陸が可能なRoadrunnerにも大きな期待が集まっている。

ジェットエンジンで駆動するRoadrunnerはモジュール式ペイロードを交換することで様々なミッションに対応できる多目的な無人機だが、この設計を流用したRoadrunner-Mは「空中目標を迎撃可能な徘徊型弾薬」と呼ぶべき存在で、目標と交戦しなかったRoadrunner-Mは自律的に帰還して再使用が可能だ。

Roadrunner-Mは飛行速度が速いため無人機以外との交戦も可能だと示唆(具体的には明言されてない)されており、戦闘機と防空システムの特性を併せ持った存在と言える。

追記:米国防高等研究計画局(DARPA)から「複数の空対空ミサイルを運搬可能な空中発射型UAV=LongShot-UAV」のプロトタイプ製造を受注していたジェネラル・アトミックスが新しいイメージを公開した。

自分で言うのもアレだが無人機の開発数が多すぎて追いきれなくなってきた。

関連記事:GA-ASIがLongShotを受注、第4世代機や空対空ミサイルの交戦範囲を拡張
関連記事:低率初期生産が始まったXQ-58A、米海兵隊はF-35Bとの組み合わせに関心
関連記事:米GA-ASI、共通コアを基づいた無人戦闘機ガンビットのプロトタイプ製造
関連記事:ノースロップ・グラマン、エア・チーミングが可能な無人戦闘機「Model437」を発表
関連記事:ロッキード・マーティン、独自に有人・無人チーミングの概念を発表
関連記事:米空軍、無人戦闘機の価格は2,000万ドル~4,000万ドルで2020年後半に登場
関連記事:ジェネラル・アトミックス、空対空ミサイルを運搬可能なLongShot UAVのイメージを公開
関連記事:これは無人戦闘機?ノースロップ・グラマンが空中発射型UAV「LongShot」案を公表
関連記事:米軍、複数の空対空ミサイルを運搬可能な空中発射型UAV「LongShot」開発を発表
関連記事:ランド研究所が沖縄配備を主張していたXQ-58、米空軍が打ち上げシーンを公開
関連記事:英BAE、消耗型と再利用型の無人戦闘機に関するコンセプトを発表
関連記事:エンブラエル、ブラジル空軍向けにエア・チーミング対応の「ステルス無人戦闘機」を開発
関連記事:韓国、有人戦闘機とチーミング可能な無人戦闘機を2025年に初飛行させる
関連記事:国産艦上戦闘機や戦闘機随伴型のステルス無人戦闘機が登場したエアロ・インディア2021
関連記事:米空軍、KC-46やE-7のオペレーターによる無人戦闘機の制御を検討中
関連記事:ロッキード・マーティン、独自に有人・無人チーミングの概念を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Northrop Grumman Model437

ウクライナ人、寄せ集め部隊の問題を改善しないと今後も敵の成功が続く前のページ

インド、ロシア製の武器から遠ざかっても両国間の強い結びつきは維持次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    低空から接近してくる極超音速巡航ミサイルの検出ギャップ、米議会が国防総省に対策を要求

    下院軍事委員会は国防総省に対して極超音速巡航ミサイルの検出ギャップを埋…

  2. 米国関連

    ウクライナ人パイロットの訓練問題、米国は必要な承認をまだ与えていない

    NATO首脳会談でウクライナ人パイロットに関する訓練連合が結成され「8…

  3. 米国関連

    米シンクタンク、国防総省はイノベーションを牽引する立場から転落した

    ランド研究所は昨年「既存技術だけで米軍は中国軍に優位性を確保できる」と…

  4. 米国関連

    カーブル空港に航空機73機を残したまま米軍が撤退、軍用犬もゲージに入れたまま放置

    米中央軍は米軍が撤退したカーブル空港から運び出せなかった航空機73機を…

  5. 米国関連

    米空軍長官、A-10退役が進まないのは選挙区の雇用を心配する議員が原因

    レーガン国防フォーラムが主催したカンファレンスに出席したケンドール米空…

  6. 米国関連

    米空軍とノースロップ・グラマンがステルス爆撃機「B-21」を公開

    米空軍とノースロップ・グラマンは2日、カリフォルニア州パームデールにあ…

コメント

    • 58式素人
    • 2024年 1月 29日

    ”1機の有人機が制御するCCAの数は当面2機”
    母機の搭乗員は何人なのでしょう。
    それで、難易度が随分と違うように思えるのですが。

    1
      • ku
      • 2024年 1月 29日

      F‐35か開発中の第6世代に随伴することになるんでしょう
      AIの活用でパイロットの負担は軽減されることになるでしょうし、すべて航空機(戦闘機)による制御ではないとおもいます。早期管制機は戦場の状況を把握していますので制御するのには向いているのかもしれません。
      米軍は現在すべての軍をネットワークで繫ぐことを目指しています。それが実現した時に無人機は本領を発揮するものと思われます。

      8
      • nachteule
      • 2024年 1月 29日

       単座が駄目ならかなりの主力であるF–35は駄目って話になりますが。今の空軍戦力で戦闘機だけに限るとステルス機は単座しか無く複座だとF−15と16が使える。
       純粋に戦闘機だけとペアを組む様な運用だけするとは思えないし、やろうと思えば生存率向上のために鈍重なタンカーや輸送機や爆撃機とセットでも良いでしょう。

       むしろ無人戦闘機を安価にするならハードウェア性能が劣る物を使うかもしれないので母機のミッションコンピュータの性能がかなり重要になる可能性すらある。そう考えると現状ではステルスは期待出来ないが複座で高性能なミッションコンピュータを積むF–15EXが特に運用に向いている?

      5
      • 58式素人
      • 2024年 1月 31日

      素人の古い(笑)頭で考えると。
      戦術戦闘機は、現在、2機1組のロッテで運用されていると想像します。
      これは、ルフトバッフェで始まったやり方と思いますが。
      1 機が戦闘行動をする時、僚機はやや後方で戦闘空域を警戒/監視して、
      戦闘行動をする機体を援護し、必要に応じ介入、というものだったと思います。
      ここで容易に考えつくのは、僚機の位置に有人機を配置することかと思います。
      AI用に戦闘プログラムを作るとしても、過去の実践経験を基にすると考えれば、
      おかしくはないのかな、と想像します。但し、視界内戦闘の場合ですが。
      視界外戦闘に限れば、母機が戦闘機である必要は必ずしも無いような。
      長射程のミサイルを撃つようなものでしょうから。

      1
    • kame
    • 2024年 1月 29日

     「無人機の開発数が多すぎて追いきれなくなってきた」
     情報収集とまとめ記事お疲れ様です。無人機はこれからもバリエーションが増えてくるでしょうし、各国間での性能競争も激しくなりそうです。軍事的にどのような形で使われる事になるかはまだ分かりませんが、単純にどのような進化を遂げていくのかは興味深いですね。

    13
    • tyu
    • 2024年 1月 29日

    品質とマネイジメント力に定評のあるボーイングにお任せください!

    10
    • きりる
    • 2024年 1月 29日

    戦闘中のパイロットにできるのはバイクや車のモード切り替え程度でしょ、最初はAIも微妙だろうし
    母機は中継機で細部はAWACSか基地のオペレーターにやらす感じで

    あと簡単に見つかる様だと近くに母機がいるのバレちゃうからそれなりのステルスいるよね
    最終的にはステルス重視のセンサー役とペイロード重視のシューター役に別れるんじゃないかな
    あと電子戦機は電力足りんのかな

    9
    • pil
    • 2024年 1月 29日

    CCAにクラトスが入っていないのがちょっと意外でした。1機あたりの予算的にも2000~4000万ドルとむしろXQ-58Aより高額化しているのを見ると、どちらかというと安さより性能重視なのでしょうか。
    ボーイング等既存のメーカーは生産ラインが硬直化していて高コストのイメージがあるため、新参メーカーの登場で生産段階においても革新が起こるのか注目しています。

    4
      • バーナーキング
      • 2024年 1月 30日

      F-35やF-22でも足りねぇNGADが必要だー、とか言ってる戦闘環境で航続距離3000km搭載兵装250kgってのは物足りないって事ですかね。
      であれば記事にある通り海兵隊とか、あるいは日本に分散配置してグァムから出た有人機を支援するみたいな運用なら小回りのきくXQ-58にも可能性は残りそうです。

      1
    • ブルーピーコック
    • 2024年 1月 29日

    ボーイング「効率的に生産され、大規模な納入に対応し、有能で汎用性が高い手頃な価格のCCAを米空軍に提供できると確信している」

    アメリカのブラックジョークは俺には難解過ぎるな

    33
      • kitty
      • 2024年 1月 29日

      有人機の1/3のコストの触れ込みがいつの間にか有人機と同じ価格帯になるのがいつもの米軍。

      14
    •  
    • 2024年 1月 29日

    頑張って管理人!航空万能論のタイトルに偽りはないとみせつけてくれ!!

    というだけなら簡単なんだけどまとめる方はとても大変だとおもうので、今後とも趣味のおこぼれを勝手に他楽しませてもらうので好き勝手に更新してください!

    18
    • 匿名
    • 2024年 1月 29日

    200~300万ドルかぁ
    米軍側はそんな皮算用してるけど、んな安く数が揃うんですかねぇ
    F-16あたりならまだしも、ステルス機随伴でしょう?

    4
    • 理想はこの翼では届かない
    • 2024年 1月 29日

    そのうち有人機は航空母艦としてCCAへの給油・兵装補給・指示出しをする存在になっていって、前線で戦闘するのは無人機だけって事になっていくのかもしれないですね
    SFの世界がどんどん近づいてきてて怖くなる

    2
    • 原点にして頂点
    • 2024年 1月 29日

    NGADのNGFは新規設計だからわかるけど、F-35などの既存機とCCAはどうやって連携させる気だろう?
    F-35を含む既存機では射撃指揮図(Fire Control Picture)の生成ができないから、センサーとシューターの分離などは不可能なはずだけど。

      • NHG
      • 2024年 1月 30日

      アップデートで入れるだけでは?
      そのための随時拡張なんだし

    • ku
    • 2024年 1月 30日

    あんまりあれもこれもと詰め込むと稼働率の低下を招いて元の木阿弥になりそう

    3
    • DEEPBLUE
    • 2024年 1月 30日

    コスト感覚皆無のLMとボーイング以外から選んで欲しいです

    • 名前を入力してください
    • 2024年 1月 30日

    よくわからないのですが、
    無人の随伴機はどのようなメリット・狙いがあるのでしょうか?

    有人機の負荷が増えてるだけのような気が・・・
    運用負荷が増えそうな気が・・・
    最初から無人機だけで飛ばせばいい気が・・・

    誰か有識者の方ご教示いただけますか?

      • kitty
      • 2024年 1月 31日

      ミサイルキャリア・デコイ・被害担当機とか簡単に思いつきますが。
      センサーとかECM装備みたいな高価なものはどうかと思いますが、信頼性があがるなら、武装は無人機に全部任せて、浮いた分の重量をそうした装備に振って、将来の有人戦闘機はミニ管制機みたいになるのかしれません。

      • ネコ歩き
      • 2024年 2月 02日

      随伴無人機を管制する有人戦闘機の役割は、戦術上の意思決定を行うだけになるはずです。
      恐らくですが、無人機管制は提示される選択肢から有人機パイロットが行動を決定するようになるでしょう。意思決定に要する時間は短縮され判断ミスも減少するのではないかと。パイロットの負荷は逆に減ることになると思われます。

      当該機に搭載されるAIはそれが可能な自律性/状況判断能力の獲得を目指して鋭意開発中です。
      有人機が何機の随伴無人機を管制できるかはAIの性能仕様次第になるでしょう。米空軍が予定する装備化時期では2機とするのが妥当な達成レベルなのだと思います。

    • 地球市民
    • 2024年 2月 01日

    YF-23びいきとしては出来の良さに関わらずまーたノースロープ・グラマンが苦汁飲まされるの分かり切ってるのによく参戦したな。B-21製造するのだから、アメリカ政治の結果ボーイングに製造割り振るに決まってる。バルカンすら搭載しないJ-20のみれば制空戦闘機はもはやステルス全振り、遠距離ミサイル攻撃頼りが正解。F-22こそがトレンドから外れた。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP