米国関連

米上院、ウクライナ支援のためレンドリース法の復活を全会一致で可決

ウクライナを支援するため米上院は6日、第二次世界大戦で連合軍の勝利に貢献したレンドリース法(武器貸与法)の復活を全会一致で可決した。

参考:In the fight against Putin, Senate unanimously approves measure that once helped beat Hitler

レンドリース法の復活はウクライナがロシアの侵略に対して勝利できると米国が考えている証拠

レンドリース法(武器貸与法)とは「当該国の防衛が米国の安全保障にとって重要であると大統領が判断すれば、あらゆる軍需物資を当該国に売却、譲渡、交換、貸与、賃貸、処分することを認める」という内容で、通常の手続きよりも圧倒的に早く当該国へ軍需物資の供給を可能にするため「第二次世界大戦でも連合軍の勝利に貢献した」と評価されており、米上院はロシアと戦うウクライナを助けるためレンドリース法の復活を全会一致で可決した。

出典:Public Domain レンドリース法に署名するルーズベルト大統領

まだ下院の審議や採決が終わっていないのでレンドリース法が復活したと断言は出来ないが、米メディアのPOLITICOは「レンドリース法の復活はウクライナがロシアの侵略に対して勝利できると米国が考えている証拠だ」と指摘している。

民主党のジーン・シャヒーン上院議員も「軍事援助を出来るだけ早く提供することはプーチンの謂れなき攻撃からウクライナを守るのに極めて重要だ」と述べており、レンドリース法が復活すればバイデン大統領は「自身が必要と考えるだけの武器や物資をウクライナに援助できるようになる」ため、長期戦になればロシアは物量で圧倒されることになるかもしれない。

関連記事:今後3週間の戦いがウクライナの運命を左右、英国が装甲車輌の供給を検討

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Marine Corps photo by Cpl. Jennessa Davey

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

今後3週間の戦いがウクライナの運命を左右、英国が装甲車輌の供給を検討前のページ

ロシア正教会、ウクライナ民族を抹殺するのがロシア軍兵士の任務次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国防総省とLMが3年375機のF-35購入で合意、発注減で調達コストは増加

    国防総省とロッキード・マーティンは2023年~2025年の間に計375…

  2. 米国関連

    米国、ウクライナが年内に反攻に必要な戦力を準備できる可能性は低い

    米CNNは28日、ホワイトハウスの関係者は「ウクライナが2月24日以降…

  3. 米国関連

    米空軍、2021年に予定していたステルス爆撃機「B-21」の初飛行を延期

    米空軍は2021年12月に予定されていたステルス爆撃機「B-21」の初…

  4. 米国関連

    トルコとギリシャの攻防、米議会はF-16V売却を認める可能性が高い

    トルコにF-16Vを売らないでほしいとギリシャのミツォタキス首相は訴え…

  5. 米国関連

    ウクライナ侵攻で露呈したロシア軍の欠点、専門性の高い下士官不足

    米陸軍のデヴィッド・ペトレイアス元大将は16日、ロシア軍の構造的な欠点…

  6. 米国関連

    無人機が無人機を搭載、低コストでMQ-9に搭載可能な小型UAV

    米空軍のMQ-9後継機需要を狙うジェネラル・アトミックスとロッキード・…

コメント

    • 名無し
    • 2022年 4月 07日

    アメリカ以外もいわゆる「攻撃的な」兵器の供与にためらいがなくなってきたし、長期戦を覚悟すれば慣れた旧東側兵器以外も使えるように(付け焼き刃にせよ)なるだろうし。
    ロシアが狙ってる南東部確保もまずいことになるかもしれないですね。

    51
      • hoge
      • 2022年 4月 07日

      訓練が必要なので今すぐは難しくとも、そうのち型落ちのM1やF-16か供与されるかもですね。

      16
      • けい2020
      • 2022年 4月 07日

      前回のレンドリース法の時は(人的)軍事物資も貸し出してた気がするので、
      事実上の参戦に近いのかもしれませせん

      6
      • zerotester
      • 2022年 4月 07日

      東部戦線で押しあっていると1年くらいはかかるんじゃないかと言われ始めているので、レンドリースは助かるでしょうね。長期戦になるほど装備が増強されるウクライナと、長期戦になるほど辛くなるロシア。心配なのは人的資源ですが。

      20
    • 通りすがり
    • 2022年 4月 07日

    かつてソ連を支えたレンドリースがウクライナ側で復活か
    そういえば、ソ連ってレンドリースしたの借りパクしたんだよな
    リース飛行機を借りパクするあたり、流石よく似ている

    67
      • 戦略眼
      • 2022年 4月 07日

      ソ連は、冷戦にも関わらず、返金させられたらしい。
      ウクライナも戦後どうなるか?

      13
      • 匿名
      • 2022年 4月 07日

      レンドリースされた物資を返還していないのはどの国も同じですから、ソ連だけが借りパク呼ばわりされるのは不当では。
      「英仏は代金を支払ったがソ連は踏み倒した」なる言説も誤りで、2006年に代金を完済しています。
      正しくは「英仏はアメリカの言い値を飲んだがソ連はゴネた」ということになるでしょう。
      レンドリース代を踏み倒したのは中華民国だけです。

      62
    • 2022年 4月 07日

    レンドリース法復活が2022年に聞くことになるとはね…
    本格的に前世紀の再演じゃん…
    となると願わくば業火による終焉だけは訪れんことを…

    53
      • あばばばば
      • 2022年 4月 07日

      今次の戦争が第二次大戦の様相を呈してきたのであれば、参戦する気のなかったアメリカに直接的な攻撃を仕掛けて、参戦の切っ掛けを作る国が現れそう。

      9
        • 匿名
        • 2022年 4月 07日

        >参戦する気のなかったアメリカ

        え?

        33
    •  
    • 2022年 4月 07日

    今回の様に善悪がハッキリしてる時の全会一致は重要なんだ
    恥を知れ、れいわ新選組

    76
      • 2022年 4月 07日

      うーん…できればそういう話はよそのサイトでやってほしいんだ
      完全に記事と関係ない話な上に政治批判の話になってるし
      最近は政治政策関連の記事が多いとは言えここは元々軍事がメインよ

      100
      • zerotester
      • 2022年 4月 07日

      もし日本でこのような武器供与の法案を出したら野党の多くは反対に回るでしょうから、これが全会一致で可決されるアメリカはむしろ凄いなと思いました。歴史や文化の違いなので一概にどちらが良い悪いというものでもないですが。

      48
      • 無無
      • 2022年 4月 07日

      スレ違いと思うけどいちおうな、
      民主制社会で全会一致はとくに必要でないから、むしろそれだけ今の状況が良くないということ。
      何でも全会一致な北朝鮮や中国の議会が良く見えますか?

      22
    • 無題
    • 2022年 4月 07日

    今度はロシアがレンドリースの洗礼を受ける番になるわけか

    30
      • zerotester
      • 2022年 4月 07日

      Wikipediaを見るとアメリカからソ連に送られたレンドリースはすさまじい量ですね。一例ですが、
      航空機 14,795
      戦車 7,056
      ジープ 51,503
      トラック 375,883

      特にトラックは1945年時点でロシアのトラックの3分の2がレンドリースのもので、事実上ソ連の兵站を支えていたと。今回もその勢いで送ってくれるのでしょうか。

      21
        • 無無
        • 2022年 4月 07日

        プーチンと親しかったソルジェニーツィンは、大戦中のレンドリース含むアメリカからの支援こそがソ連を支えていたと述懐してる、大戦に従軍した元軍人だから説得力ある。
        アメリカが本気を出せば凄まじい生産力があったんですよ、
        今その力はロシアと敵対しようとしている

        13
    • 戦略眼
    • 2022年 4月 07日

    さっさとMig-29くれてやれよ。
    それで、本気さが分かるよ。

    16
      • てつ
      • 2022年 4月 07日

      ウクライナ的にはMiGよりAMRAAMが撃てるF-15やF-16が欲しいらしい。
      レンドリース法が下院で可決されたら、アメリカ軍を早期退役する話が出ているF-15やF-16の引き渡しが可能になるかも。

      7
      • abc
      • 2022年 4月 07日

      Mig-29、というか航空機必要かな?
      まずはロシアの航空機やミサイルを迎撃するための高性能対空システム。
      その上で地上装備の攻撃するとしても、もうすでにやっているような大小さまざまなドローン攻撃の方が効率良さそう。

      5
        • てつ
        • 2022年 4月 07日

        戦闘機が必要というのは、他ならぬウクライナ空軍パイロットや大統領の発言ですから。
        中長距離SAMもUAVも有用だけど、それは戦闘機の支援があってのもので、戦闘機による航空優勢がなければその威力は大きく減じると。
        実際、ウクライナ空軍は真正面からの空戦では苦戦必至なので、戦闘機がSAM陣地に敵機を誘導して撃墜していますし、ウクライナ戦闘機がいなくなれば、ロシア戦闘機はSAMとUAV狩りに精を出すでしょう。
        勿論、戦闘機だけでなく、ロシア軍に対抗可能できる中長距離SAMとUAVも欲しいそうですが。

        38
    • AAA
    • 2022年 4月 07日

    日本も当然全会一致であるべきなのに
    ブチャ虐殺を受けてもなおロシア側なゴミクズが国会にのさばってるんだ
    どんな国だよ一体・・・

    58
      • hhh
      • 2022年 4月 07日

      彼らは国民の選んだ政治家だから、国民の責任でもある。
      次の選挙で正していけばいい。

      60
      • 匿名
      • 2022年 4月 08日

      まあ、「遠い火事の巻き添えは喰らいたくない!」という声もあって当然でしょうね
      幸いにして本邦には言論の自由がまだ生きていますので、国民意識の変化は議決の結果や代議士の数となって何れ現れてくるでしょう…

      5
    • ab
    • 2022年 4月 07日

    西側戦闘機を動かすためのフライングタイガースもついてきそうだな
    ともあれ、これでまた一歩世界大戦に近づいてしまった。。ロシアは中国大陸に足を取られた旧皇軍そのもの、頭がさらにおかしくなって対米核奇襲による一撃講和論とか考え出しても不思議ではない

    21
      • 名無し
      • 2022年 4月 07日

      核を使用するかはともかく一撃講和論的なのはロシア内であっても不思議ではないでしょうね。
      プーチンの面子をたてなければいけない以上なにかしらの成果が必要なので。

      29
    • 折口
    • 2022年 4月 07日

    本来であれば個別に議会にかけるべき武器供与関係の権限を大統領個人に集約・移譲するのは良いですが、肝心の大統領が戦争関与に消極的かつ防衛産業とのパイプも小さいとなると、戦時中の例ほど広範囲の武器供与まではしないような気もしますね。もちろん米軍が抱える自動小銃や車両の国内在庫を送り込めるだけでも非常に良いことと思いますが、具体的に何をどれだけ送るのかは気になります。

    10
    • 名無し
    • 2022年 4月 07日

    国というよりまるで部活やサークルだね

    国という確固たる概念を持った人はオタク同様爪弾きにしてきた

    2
    • Vahagn
    • 2022年 4月 07日

    虐殺の一報以来、風向きが変わったのを感じる。

    ところで、かの虐殺の実行部隊は第64自動車化狙撃旅団と特定されたわけですが、日本のすぐ隣ハバロフスクに駐屯し、万が一にも日露に何かあったときは必然的に北海道・東北にやって来るであろう部隊ですから、大変おっかない。
    若い兵士はアムール、沿海地方、サハ共和国などからの出身者(モンゴロイド)が多いようですが、モンゴル帝国の末裔として考えれば、その残虐性も解る気もする。
    朝青龍みたいな奴が大挙して押し寄せてくると想像すると悍ましい。

    36
      • hiroさん
      • 2022年 4月 07日

      第二次世界大戦の時も大量動員されましたね。
      ロシア語が話せないどころか、スターリンの存在を知る兵士も少なかったとか。
      略奪·強姦お構いなしの条件だったとも言われていますが。
      映画「ブリキの太鼓」に出てくるロシア兵はモンゴル系ばっかりで、当時のドイツ市民はさぞ怖かったのでは。

      9
        • 無無
        • 2022年 4月 08日

        ところがソ連やロシア映画では、大祖国戦争を戦ったのはスラブ人ばかりという映像になっている
        まあ人口比を見ればアジア系兵士のほうが少いのは確実
        つまりスラブのロシア兵の残虐行為が多かったというのが事実だよ

        9
    • ダヴー
    • 2022年 4月 07日

    1次大戦も2次大戦も、アメリカは当初は物資の援助のみで乗り切ろうとした。
    しかしどちらも最終的には参戦となった。

    13
      • NHG
      • 2022年 4月 07日

      これ読んで思ったけど
      今回の大日本帝国ポジは北朝鮮な気がしてきた
      ICBMは飛ばすわ核は再開するわWW3の引き金をひいちゃいそう

      13
        • 2022年 4月 08日

        それマジであると思う。
        金妹が核攻撃の宣言してたし、韓国の大統領は保守派になっちゃったし、、、
        核実験もやるかもと言う観測も出てるしやだなぁ。

        4
    • 匿名
    • 2022年 4月 07日

    ウクライナ侵略が始まった時点でWW3始まったと思ってた

    西側はロシアに関わるもの全てに余りにも過大評価しすぎてたってオチだな
    プー珍が弱い者いじめ以外何も出来ない雑魚認定が下されたってことでもある

    12
    • ななし
    • 2022年 4月 07日

    あれ?
    これ、台湾にも適用できるんじゃね?

    19
      • 四凶
      • 2022年 4月 08日

      中国が今回の戦争から様々なことを学ぶ筈だし、下手に民間人を包囲したままとか虐殺しなければ、工場や市場としての中国を切ろうと西側が過剰に反応するかは微妙。

      何よりレンドリース法は対国家に適用されるべき物で、先月にポンペオさんが発言した通り国家として承認なんてしてないから修正はいらないと無理筋だろう。

      仮に国家に限定しないとなると自国を除いて州の独立レベルにすら適用出来、主権国家に対して露骨な内政干渉に使えるのでどうかと思うが。

      1
    • 名無志野
    • 2022年 4月 07日

    これは凄い事に…
    問題はバイデン大統領がどこまで支援に踏み切れるかですね

    10
    • POP
    • 2022年 4月 07日

    アメリカがウクライナ軍が扱えるソビエト製のAFVを調達して素早く遅れると良いのですが。
    第4次中東戦争で大損害を被ったイスラエルへ米軍のC-141やC-5が西ドイツの集積所からピストン輸送で補充を行いましたが、今回はどうなるのかに注視ですね。

    3
    • アクアス
    • 2022年 4月 07日

    イギリスに配置されてるB-52が今日デンマーク上空で旋回を繰り返してたようですが、これはいつものことですか?

    2
    • 匿名
    • 2022年 4月 07日

    ただ、残念ながら今のアメリカは「世界の工場」と呼ばれてた生産力を自ら捨ててしまって久しいんですよね…
    可決したとしても、レンドリース法がどれだけ効力を持つのか個人的には疑問です

    6
      • shkk
      • 2022年 4月 07日

      製造するほど長期間にはならない(はず…)
      なので在庫品でいいのでは…?

      そもそも今でも武器輸出金額世界一、武器製造金額世界一のアメリカなので
      ウクライナ支援するだけなら十分能力あると思う(数だけなら中国がすごいみたいですけど)

      たとえ海外から買い付けてる兵器だったとしても
      アメリカがやれと言えば海外から買い付けた兵器の送り先がアメリカじゃなくてウクライナに変わるだけだと思いますよ

      6
        • 匿名
        • 2022年 4月 08日

        恐らくは、先の大戦でも米国は同じ腹づもりだったと思うのですよ
        しかし結果的には対独・対日の二正面作戦を行う羽目になった訳で…

        米国的にキツイのは、80年前と違い兵器生産の部品調達がグローバル化した結果、かつての様に爆発的な勢いでの増産が行えない事、そして、かつてと違って兵器調達に使った国費がアメリカ一国に留まるのではなく、彼方此方の国へと四散してしまう事でしょうねぇ…

        5
      • STIH
      • 2022年 4月 08日

      あるいはこのレンドリースをてこにして、生産ラインの整備を始める気かもしれないぞ。間に合うかどうかは別として。
      コロナの初期にマスクすら自国で賄えないことには流石にショックを受けていたみたいだから、中国依存を減らすために予算をつけていたはずだしね。
      良くも悪くも金はあるから、世界中から高等技術者を連れてくれば多少は加速できるだろうし。

      10
    • 匿名
    • 2022年 4月 08日

    これ5月リミットで数週間以内の話だから貸与するのは現役装備でしか無理なので米軍が今運用中の編成表上の装備品をウ軍に引き渡すって事なんだが
    恐らく米本土州兵装備の対戦火器と携SAMと迫砲と軽榴まで想定され車両はFMTVとハンビーやMRAP程度が上限で全ては空輸されるだろうと思うよ
    また相当数の個人防護衣も含まれ余剰品のACU柄のやつ全投入になりそう

    7
      • 匿名
      • 2022年 4月 08日

      なるほど、いきなり米国が物量戦を仕掛けると思ったのは気が早すぎましたか😅
      あとはロシア側がどれだけ無茶を仕掛けてくるかですね…

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP