中国関連

中国国営メディア、電磁式カタパルトを搭載した空母「003型」の進水を予告

中国メディアは17日、2021年は電磁式カタパルトを搭載した空母「003型」や国産のステルス爆撃機「H-20」が登場すると期待されているため「中国にとって希望に満ちた年であり私たちの技術開発が実を結ぶ時だ」と報じている。

参考:China’s 3rd aircraft carrier expected to launch in 2021

日本は中国海軍の空母打撃群が真価を発揮してくる前に非対称戦力を徹底的に強化する必要がある

中国のグローバルタイムズ紙(環球時報の英字版)は17日、上海で建造中の電磁式カタパルトを搭載した空母「003型」は米海軍のキティホーク級空母(満載約8万トン)に匹敵するサイズだが、事前に建造した超大型ブロックを繋ぎ合わせる方式で構築されているためドック内での組み立てと艤装工事は初の国産空母「山東(満載約7万トン)」よりも短期間で済むという国内防衛産業誌「Ordnance Industry Science Technology」が発表したレポートの見解を紹介して注目を集めている。

さらに軍事評論家の宋忠平氏も「超大型ブロックの建造は全て終わっており、あとはドック内で組み立てるだけだ」と語っており、国営メディアの中国中央電視台(CCTV)も12日に放送した番組「軍事科技」の中で赤い布に覆われた空母「003型」とステルス爆撃機「H-20」と推定されるコンピュータグラフィックスに「私達は2021年に期待している」というキャプションをつけて放送するなど、複数の情報源が一斉に空母「003型」の進水が間近に迫っていることを示し始めた。

特に宋忠平氏は「2021年は空母003型の進水やステルス爆撃機H-20の登場が予想されるため、中国にとって希望に満ちた年であり私たちの技術開発が実を結ぶ時だ」と言っており、中国にとっても日本を含む周辺国にとっても今年は軍事的に大きな節目となるかもしれない。

出典:中国中央電視台

勿論、中国にとってはある種のマイルストーンと記憶され、日本を含む周辺国にとっては中国の軍事力が一層危険になったことを視覚的に認知させられる瞬間なのだが、空母003型が年内に進水しても艤装工事や海上試験が残っているため同艦が中国海軍に引き渡され就役するのは2024年以降だと推定されている。

管理人は空母003型の艤装工事が進むにつれて、これまで中国が開発してきたカタパルト対応の艦載機群が姿を見せてくると予想している。中国はカタパルト対応に対応した艦上戦闘機J-15B、ステルス艦上戦闘機J-35、EA-18Gに相当する電子戦機J-15D、E-2Dに相当する早期警戒機KJ-600を開発中でステルスドローン「Sharp Sword」をベースに艦載機バージョンも用意していると噂されており、米メディアは米海軍やフランス海軍と遜色のない空母航空団を備えるはずだと言っている。

出典:Weibo 開発が進むステルス艦上戦闘機J-35のベース機J-31

唯一の救いはカタパルトに対応した艦載機の運用体制を確立したり対応戦術の開発や検証に時間がかかるため、日本は中国海軍の空母打撃群が真価を発揮してくる前に非対称戦力(潜水艦や長射程のミサイル等)を徹底的に強化しなければ、本当に中国海軍の跳梁跋扈を許すことになるだろう。

関連記事:国産空母「003型」で運用予定、中国海軍の新しい空母航空団の構成は米海軍レベル
関連記事:中国が開発を進める第5世代戦闘機J-31、艦載機型J-35は年内に初飛行を予定
関連記事:手堅くB-2を模倣? 中国空軍がステルス爆撃機「H-20」の公式CGを初公開
関連記事:中国が驚異的な建造能力を更に強化、年内に3隻目となる国産空母建造も開始

 

※アイキャッチ画像の出典:中国中央電視台

開発中の技術を信用しない豪州、ティーガーを見切り「AH-64E」導入を決定前のページ

ICBMとUAVの交換、北朝鮮は短期間でステルス無人航空機を実用化可能か次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国海軍、対艦・対地用巡航ミサイル「YJ-18A」の命中のシーンを初めて公開

    中国人民解放軍海軍の艦艇に配備されている対艦・対地用の巡航ミサイル「Y…

  2. 中国関連

    軍事的圧力を強化する中国、インド方面に第5世代戦闘機「J-20」を配備

    インドと国境未確定地域で軍事的対立が続く中国は、遂に第5世代戦闘機J-…

  3. 中国関連

    着実に実力をつける中国の空母戦力、艦載機が夜間空中給油能力を獲得

    中国海軍はバディポッドを使用した夜間空中給油能力を確立することに成功、…

  4. 中国関連

    クアッド同盟を警戒? 中国とインドが軍を後方に下げることで合意

    インドと中国は国境地域に配備された軍を後方に下げることで合意したと報じ…

  5. 中国関連

    中国、建造を再開した4隻目の空母に原子力推進を採用する可能性大

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は13日、技術的な問題で建造…

  6. 中国関連

    中国、大型対艦ミサイルを7発搭載する爆撃機「H-6J」の存在を明かす

    中国国防部は30日、爆撃機を使用した南シナ海での攻撃訓練を実施したと明…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    >空母003型の進水やステルス爆撃機H-20の登場が予想される

    景気が良いですな、中国は。
    中国のミリオタ連中は毎日はしゃいでいるだろうな。

    20
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    結局J-20の艦載機バージョンはお蔵入りか

    7
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    中共100年を祝って7月迄は勇ましい宣伝が為されるでしょう。しかし中国としては経済も人口もこれから下り坂になるので、過剰反応は不要であり、インド太平洋地域で連携し暴発を抑える施策を粛々と講ずればよい。時は味方しています。

    10
      • にわかミリオタ
      • 2021年 1月 18日

      経済が下り坂になるという根拠はなんですか?人口が減ったくらいで下り坂になるとは思えませんけど。人口ってそんなに大きいのですかね?

      2
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        人口というか出生率の動向は経済に影響する最大の要素ではある

        8
          • 匿名
          • 2021年 1月 18日

          その通りだが、共産国家は最大の支出である福祉・医療費用を抑制しやすいからなぁ

          3
            • 匿名
            • 2021年 1月 19日

            おっしゃるとおり。
            日本のように高齢者福祉を優遇しない。
            中国が高齢化しても、田舎に10人相部屋の老人ホームなど作って
            延命なんてしないので金がかからない。

            4
          • にわかミリオタ
          • 2021年 1月 19日

          なるほど、日本経済の停滞もこれが要因でしょうね。ありがとうございます

          1
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        2100年の人口予測だと中国は現在の14億から半減して7億人です。
        2050年に一度米国をGDPで抜き去りますが2100年にはまた米国に抜かれるという。
        ネタ元は英医学誌ランセットに乗った2100年の各国の人口とそれに伴うGDP予想。
        まあ先進20ヵ国は殆ど少子化で日本も含め人口半減するので、人類は既に衰退期に入っているのかもしれませんね。

        3
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    予言
    ブロック工法の呪いがあるだろう
    お漏らし

    11
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      外洋に出なければ漏水しても問題ないんじゃないかな?
      一対一路で各地に退避する港も押さえてあるんだし。

      2
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        ふつうの艦艇って漏水したまま航行してるの?
        それとも中国空母は潜水艦兼用なのか

      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      詳しくないから教えてほしいのだけど、
      ブロック工法で戦闘用の艦艇を建造するのって一般的ではないってこと?

        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        現代の艦艇は一般的にブロック工法で建造されていますよ。
        中国の空母「遼寧(ヴァリャーグ)」や「山東」もブロック工法で建造されています。
        003型は超大型ブロックを繋ぎ合わせるらしいので、使用するブロック数は遼寧や山東より少ないと思います(だから建造スピードが速い。)

        4
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        ブロック建造には設計道理の寸法に作る技術が必要で、その技術がないとどうなるか……。

        イギリスの空母のようになる

        6
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      寧ろカタパルトの呪いのほうが大きそう。

      5
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      誰か中共の造船所に潜入して、出航したらすぐ浸水する様に破壊工作して欲しいなあ…

    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    いやー揃えてくるねぇ。
    素直に言える、大したもんだ。

    後はこの機動打撃艦隊が当時最新最強だった定遠、鎮遠になるのか、それとも米機動艦隊になるのか、さて中共海軍の手腕を拝見ってとこだな。
    一番興味深いのは着艦装備だな。どのレベルで運用できるんだろうか?

    まあ、ここまでくると海自単独ではどうしようもないわ。3自衛隊総力で国土防衛が精一杯かなぁ。

    8
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      定遠、鎮遠は日本を仮想敵とする、世界最強の触れ込みの輸入艦だが、肝心な整備ドック建築のほうが遅れて、戦うはずの日本まで整備に通っていたというお間抜け話
      ぜひ新空母でも歴史を繰り返して笑わせて欲しい

      6
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        また長崎事件はお断りです

        6
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        そう言えば、定遠、鎮遠が建造された頃の清朝は西太后の時代で、頤和園の再建と拡張や自身の大寿(60歳)を祝う祭典に使う為に日清戦争の戦費の数倍に及ぶ莫大な浪費をやらかした結果、海軍予算を枯渇させた事が日清戦争の敗因だったとされているね
        流石に、現在の中国共産党がそんな大ボケをかます事は無いと思うよ

        7
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    中国が、軍事技術的に米国の背後まで迫っているとわかれば、いかなバイデン政権も、
    おいそれとは軍事費の削減を行い得ないのではないだろうか?

    10
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      いまさら周政権は対外強硬路線を変えないだろう、中国の目標が米国を上回る世界一の大国であること、それは米国の存在意義を根本から否定する結果を招くとバイデンが認識しているか
      どうかだね。
      二位じゃダメなんですよw

      15
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      軍事費の削減については仕方ない一面もある。
      ウイルスには逆らえんよ。

      4
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      バイデンなのにウイルスのせいで合法移民までお断りしてるし。20日の式典が荒れに荒れたら、国威発揚で徹底抗戦方向か。
      ウイルスと内乱で何が起こるやら分からん。

      1
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    2021年に進水とかやばいな、2021年って何年後だよ

    えっ今年!?
    2021年が今年って感覚があんまねえわ

    18
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      2020年はコロナのせいで体感が早かったのかも。その間も中国海軍は抜かりなく増強を続けてたわけだ。
      しかし気がつくと10式戦車の採用から10年、こんごうの就役から28年。
      近代の戦争だと湾岸戦争はなんだかんだ30年前だし、911も20年前の出来事、加えて俺が死んでから10年経つわけだ。
      時の流れは早すぎ。

      15
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        成仏してクレメンス

        31
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        なんで死んでしまったん?

        11
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        ハラッタマ!キヨッタマ!ハラッタマ!キヨッタマ!

        3
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      今日からでも日本は「戦争をしない国」から「戦争に負けない国」にならないといけませんね〜

      11
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    電磁カタパルトがどうなるか、正直楽しみ。日本人からすると失敗してほしいんだけど、ミリオタ的にはすごく見たい。

    7
      • 匿名
      • 2021年 1月 19日

      興味と望む結末には同意するけど
      電磁カタパルト作動してるとこすごい地味だよ?
      バチバチっとスパーク飛ばしながら発艦したりしたらめちゃくちゃかっこいいけど
      現実はシャトルがスイーっと移動するだけだからね…
      スチームカタパルトの方がよほどカッコいい

      4
        • 匿名
        • 2021年 1月 19日

        起動させるために、瞬間的な大電力をどうやって供給するかだね。

        3
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    中国共産党万歳

    6
    • 匿名
    • 2021年 1月 18日

    なんでこんなにお金があるんだろう

      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      社会保障が無いから

      4
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        社会保障は日本のガンだな

        4
          • 匿名
          • 2021年 1月 18日

          いやいやなかなかのディストピアですよ、社会保障がないと韓国みたいな社会(低負担・低福祉)になります。
          とはいえ侵攻されるかどうかなんて瀬戸際になるとそうは言ってられないんだろうな・・・。

          5
        • 匿名
        • 2021年 1月 18日

        軍事には関係ないが、中国にも一応あるよ社会保障。
        中国には年金、医療保険、労災保険、失業保険、出産保険の5種類あるけど、
        高齢者が急増しているせいで、社会保障財政は悪化している。
        昨年の社会保障費の支出額は、軍事費の約6.5倍(約124兆円)で、
        22年振りに赤字になった(赤字額 約7兆5千億円)。
        日本ほど社会保障財政は悪化していないけど、20年後はどうなるか不明だね。

        8
          • 匿名
          • 2021年 1月 19日

          中国が高齢者福祉で財政悪化したら
          高齢者の社会保障費を削って
          田舎に相部屋の老人ホームつくるだけです。

          日本のように高齢者を神様のように優遇し
          延命するようなことはしない。
          しかも日本で優遇されてるのが団塊サヨク高齢者だという皮肉・・・・

          横浜のクルーズ船から「くすりたりない」「はやく」われわれをころすきか」と
          団塊サヨクが横断幕に書いていたの覚えてます?中国であんなことしたら逮捕でしょう。

          5
    • にわかミリオタ
    • 2021年 1月 18日

    幾多の空母を運用してきたアメリカでさえめちゃめちゃ手こずってる電磁式カタパルトを中国がまともに実用化できるとは思えないけど。フォードみたいになりそう。

    2
      • 匿名
      • 2021年 1月 18日

      電磁カタパルトに関していえば、中国は内陸部に試験設備を作って実験を繰り返してるって、ここのコメント欄で見ましたぜ。

      なんだかんだ言って、予算と人がジャブジャブの研究体制と、「世界の工場」になった中国の製造業を舐めてはイカンでしょう。

      アメリカもイギリスも製造業を軽視して痛い目を見ている感じですし。

      12
      • ゆう
      • 2021年 1月 19日

      電磁式カタパルト、どこが難しいのかわからない。
      大江戸線はリニアモーターそのもの。
      電車は乗車人数で重量変化があるが、問題なく運行している。
      電気自動車も流行っており、そのデータも使える。
      何処の制御が難しいの?

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 19日

        まず加速力が違います。
        限られたカタパルトの距離で艦載機の離陸スピードに達しなければならない。
        シートに押さえつけられるレベルで、電車でそれをやったらえらいことになります。
        比較的滑走距離のある国内線のジェット機の離陸もバイクやGT-Rに近いレベルで加速します。

        また列車は加速したらしばらくは巡行するのでエネルギーはそれほど要らなくなりますが
        艦載機は次々と発艦させなければならないので、負荷も消費エネルギーも大きいです。

        また、陸上に設置された軌条と洋上の艦の甲板では環境も違いますなあ。

        4
      • 匿名
      • 2021年 1月 19日

      てこずってるったって「100回に1回ちょっと問題が出る」程度ですからね。
      アメリカ的には「致命的な欠陥」かもしれませんが、
      中国的にとっては「些細なトラブル」でしかなく、中国が同じ水準に達してれば
      平気で作戦能力獲得を宣言するでしょう。

      3
        • 匿名
        • 2021年 1月 19日

        100回に一度の頻度で100億円の艦載機が損傷したり数千億の空母の運用に支障が出まくるなら
        いくら支那でも容認できんやろ

        5
    • 名無しの権兵衛
    • 2021年 1月 19日

    中国海軍は最大3個の空母機動部隊を南シナ海、東シナ海や日本海に投入出来るのか…
    対する日本は多用途運用護衛艦いずも型1隻イージス艦2隻汎用護衛艦2隻潜水艦1隻の軽空母機動部隊×2
    (いずも型にF-35Bは積めて15機)
    +
    米第7艦隊

    中国海軍の艦載機がステルス化したら本当にキツイ…

    海上自衛隊潜水艦部隊最強神話は今現在そして今後10年間でどう変わって行くのだろうか
    F-3がまとまった戦力になるのは2035年位だからそれまでは潜水艦で立ち向かうしか無いのか

    2
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 1月 19日

    中国はいつ戦争を仕掛けてくるんでしょうね。
    戦力のピークはいつだったけか?

    3
      • 匿名
      • 2021年 1月 19日

      台湾統一から先の軍事的目標は、ない
      あとはその時次第ですよ、日本が弱ければ尖閣を盗る、ロシアが弱くなればまずモンゴルを併合する、そんなのは予定された未来でなく、その時の成り行き
      彼らにはあえて戦争しなくても超大国として繁栄を極める目算はある
      それは今のアメリカのやり方を乗っ取ること、すなわち世界ルールを中国が決める立場になれればあえての侵略すら必要ないと

      6
    • 匿名
    • 2021年 1月 19日

    電磁カタパルトが仮に実用化できるレベルだったとしても 飛ばす飛行機がないんじゃねーのか大丈夫なのか?

    • 匿名
    • 2021年 1月 19日

    電磁カタパルトなんて、アメリカですら問題点が多くて、手こずって問題視しているのに、中国でモノにできるのかね?
    まぁ中国だから失敗してもかまわない話だが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP