中国関連

中国軍、昨年実証に成功したセンサーとシューターの分離を実戦部隊に導入開始か

中国の環球時報(Global Times)は12日、人民解放軍陸軍第71集団軍所属の攻撃ヘリ「WZ-10」が偵察タイプの無人航空機とチーミングを行い視界外の目標に精密誘導ミサイルを命中させたと発表した。

参考:PLA practices drone-guided beyond-visual-range helicopter attack

人民解放軍の無人化技術導入ペースは想像以上に駆け足で行なわれており、昨年実証されたセンサーとシューターの分離を実戦部隊に即導入

今回の話を要約すると人民解放軍陸軍は攻撃ヘリ「WZ-10」は搭載されたミサイルの射程を最大限活かして海上の目標(つまり水上艦艇)に攻撃を仕掛けるため、UAVを利用してパイロットが目標を視認することなく視界外からミサイルを目標に命中させたという話だ。

恐らくWZ-10とUAVのチーミングは昨年に実施されたセンサーとシューターの分離内容と同一のものである可能性が高く、戦術無人航空機「ASN-209」を使用して海上の目標を検出、受信した位置情報に基づき偵察/軽攻撃ヘリ「Z-19」が低高度から目標に接近して対戦車ミサイル「AKD-9」を最大射程の7,000m付近で発射後に離脱、AKD-9はレーザー目標指示装置を使用してAKD-9を目標まで誘導するという一連のチーミングを実際に実証済みで、中国側は実証されたセンサーとシューターの分離を実戦部隊の第71集団軍が取り入れ始めたとアピールしたいのだろう。

出典:YU Ming / CC BY-SA 3.0 Z-19

人民解放軍陸軍の説明によるとWZ-10とUAVのチーミングは攻撃にかかる時間の短縮に繋がり、WZ-10は最大射程でミサイルを発射後直ぐに交戦空域から離脱できるため「作戦効率と生存率を高めることが出来る」と主張おり、今回の実弾演習でWZ-10とUAVのチーミングは海上で静止している目標と移動している目標の両方にミサイルを命中させることに成功したらしい。

中国人軍事アナリストも「戦闘機によって制空権が確保されていても近接航空支援は敵兵士が携帯する地対空ミサイルなどの脅威に晒されるため、この様なリスクの高い交戦区域外から攻撃を仕掛けられる能力は確実にWZ-10の生存率を高める」と述べているが、日本が警戒すべきは昨年技術的に実証されたセンサーとシューターの分離を直ぐに実戦部隊に導入して軽量なZ-19ではなくAH-64に匹敵する重量級の攻撃ヘリ「WZ-10」とUAVのチーミングを始めている点だ。

出典:3GO*CHN-405/mjordan_6 CC BY-SA 3.0 WZ-10

WZ-10はZ-19に統合されていない最新の対戦車ミサイル「AKD-10(最大射程10km)」が統合されており、AKD-9よりも射程が長いためUAVとチーミングを行えばZ-19とUAVの組合せよりも作戦効率と生存率を高めることができるはずで、この様な動きは人民解放軍の無人化技術導入ペースが想像以上に駆け足で行なわれていることをよく示している。

関連記事:中国メディア、無人機対策が不十分であれば罰を受けると人民解放軍に警告
関連記事:センサーとシューターの分離が進む中国、UAVによるミサイル誘導に成功

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Peng Chen / CC BY-SA 2.0

アイアンドームによる迎撃も限界、3日間でイスラエルに打ち込まれたロケット弾は1,500発以上前のページ

アゼルバイジャン軍がアルメニア領を占領、ロシア率いる集団安全保障条約機構が必要な措置を約束次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    カタパルト射出に対応した中国の艦上戦闘機「J-15T」が意味するもの

    電磁式カタパルトを備えた中国の国産空母「003型」は2021年初頭にも…

  2. 中国関連

    量産されるのかは未知数、中国が推力偏向ノズルを備えた「J-20B」を発表

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は13日、第5世代戦闘機J-…

  3. 中国関連

    中国、英国が準備不足の空母を極東に派遣しても軍事的意義は皆無

    英海軍の空母「クイーン・エリザベス」を中心とした空母打撃群が来年、西太…

  4. 中国関連

    中国、建造を再開した4隻目の空母に原子力推進を採用する可能性大

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は13日、技術的な問題で建造…

  5. 中国関連

    アフリカに「万里の長城」が登場? 中国が空母も停泊可能な巨大基地をジブチに建設中

    中国はアフリカのジブチに空母が受け入れ可能な巨大基地を建設中で、この基…

  6. 中国関連

    桁違いの製造能力、中国が大型UAV「年間100機製造」に向けて1,500億円以上を投資

    中国での戦闘機開発や製造で最大手の中国航空工業集団有限公司(AVIC)…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    強襲揚陸艦に乗せるヘリの装備かな

    6
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      71集団軍は東部戦区部隊で、東シナ海沿いの江蘇省に駐屯している様ですね。嫌だなあ……

      8
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    長槍が来るわけか…カウンタードローン技術はよう

    7
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    ヘリなんて特にやられやすい部類の兵器なんだから一方的に殴れるってのは大事よね

    15
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    そういやヘリといえば陸自のヘリ後継機ってどうなったんですか

    2
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      UH-2なら今年から導入が始まる予定らしい(2021年度に導入予定とあるので、来年の三月くらいまで含める)
      攻撃ヘリに関しては話しすら聞いたことがない
      そういえばOH-6の後継機はどうするのだろうか

      14
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    「現代戦」って感じ。冷戦思考のオジサンには、あの中国軍が生存率を考えるほどまともで、ソ連軍より凄い、ってのにびっくり

    10
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      中国はベトナム戦争までは人海戦術だったけどその後のベトナム侵攻ですごい痛い目に遭ってその時からすでに方針転換してるんよ
      ここ数年の話じゃない

      10
    •    
    • 2021年 5月 13日

    日本は何もしとらんな
    民生ドローンを災害に備えて試験運用してるだけという
    防衛省や自衛隊に限らず官僚主義の硬直化がヤバい

    15
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      日本は平和()だからな。軍事運用なんて以ての外なんやで…。

      3
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      そりゃ世界中にコロナばら撒いて軍拡しているだけの中国なんて
      日本にとっては脅威に程遠いからな(頭お花畑)

      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      国力の差があるためすべての分野を同等に張り合うことははなから不可能なので、何を捨てて何を選ぶのかを考えるべきなんだろうなと思った

      13
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      FFRSやスキャンイーグルを知らんのか
      デマをまき散らすあんたのほうがよっぽどヤバいよ

      3
        • 匿名
        • 2021年 5月 13日

        FFRSは調達も運用も破綻してるだろ

        9
          • 匿名
          • 2021年 5月 14日

          >日本は何もしとらんな
          民生ドローンを災害に備えて試験運用してるだけ

          を否定する材料としては十分だよ。
          現時点で有効な成果が得られてるかどうかはまた別の問題。

          7
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    OH-1とかいうクズを作り出した日本とは大違いだな

    7
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    凄い技術だが、どう使うんだ?
    ヘリにそんな長射程のミサイル搭載出来るの?
    知ってる人、教えて!

      •   
      • 2021年 5月 13日

      ヘリって低空で2、3kmも離れれば捕捉探知困難になるから、ミサイルの射程が従来の10km弱もあれば十分でしょ
      センサーシューターの分離は、スカウトヘリと攻撃ヘリで既にある技術だからそれほど凄いって訳でもないと思う

      4
      •   
      • 2021年 5月 13日

      簡単な例で言えば、無人機やスカウトヘリがレーザー照射してそこへ攻撃ヘリがミサイルぶち込む

      5
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    魂と肉体が分離して久しい俺は、実質センサーとシューターの分離しているようなもん
    最先端だね

    2
      • 匿名
      • 2021年 5月 13日

      成仏してクレメンス

      19
      • 匿名
      • 2021年 5月 14日

      離人症かい?

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 13日

    中国の攻撃ヘリってかっこよくない?
    軍事とかまったく知らんかったときwz-10壁紙にしてた

    6
      •   
      • 2021年 5月 14日

      ユーロコプターの技術支援だよ
      マスタングとかティーガーと似てるだろ

      2
    • 匿名
    • 2021年 5月 14日

    ヘリでも二輪でも戦闘車両でも歩兵でもいいが
    前線でポータブル端末のマップで地点を選択
    迫撃砲(近接・着発)かミサイルか沿岸なら艦砲を選択しポチる → アボン
    国民レベルまでこんなアプリ入れてれば 今度こそ本土決戦

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP