中国関連

ステルス爆撃機H-20? 中国が戦略的・歴史的意義のある航空機のテストを予告

中国の航空機開発を主導する中国航空工業集団(AVIC)が「戦略的・歴史的意義のある重要な航空機の飛行テストを行う」と述べたと報じられており、開発が進められているステルス爆撃機「H-20」の飛行テストを示唆しているのかもしれない。

参考:China to conduct flight test for aircraft of key ‘strategic, historic significance’

もし中国の第6世代戦闘機が飛行テスト段階に達していれば米空軍はショックを受けるだろう

軍用機、民間機、航空エンジン、機内設備などの国家審査やテスト飛行を請け負う中国飛行試験研究院(AVIC傘下企業)のトップは今月5日、従業員向けに「戦略的、歴史的に極めて重要な意味をもつ航空機の飛行テストを実施する予定だ。この業務に携わる全ての人間は飛行テストの完遂が極めて重要であることを十分認識してほしい」と述べたらしい。

出典:中国人民解放軍空軍が公開した動画のスクリーンショット

ただ「重要な意味をもつ航空機」が何なのかについては触れおらず、中国メディアは開発が進められているステルス爆撃機H-20、電磁式カタパルトの射出に対応したJ-15T、艦載機タイプのステルス戦闘機J-35といった航空機の「実用化に向けた飛行テスト」が開始されるのではないかと予想している。

J-15TやJ-35のプロトタイプは中国国内で飛行している様子が目撃されているが、H-20は「プロトタイプが完成しているのか」「プロトタイプによる初飛行が行われたのか」など不明な点が多い。

出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jordan Castelan

ただB-52やB-1に匹敵する200トン以上の最大離陸重量、通常兵器と核兵器を最大45トン搭載して6,000km以上(米国防総省は8,500km以上と見積もっている)の作戦半径を備えていると噂されており、これが事実なら中国空軍は日本やグアムを含む第二列島線を飛び越え米太平洋艦隊の司令部が置かれているハワイ、米空軍がグアムの代わりとして利用を計画している豪北部のティンダル空軍基地を攻撃することが可能になるため「H-20が完成すれば米中間のパワーバランスに変化をもたらす」と中国は主張している。

そのため「戦略的・歴史的意義のある重要な航空機」と呼ぶのに相応しいのはH-20ではないかと管理人は予想しているが、西側諸国のアナリストの中にはJ-20の後継機=つまり第6世代戦闘機のプロトタイプではないかと予想する声もあり、もし中国の第6世代戦闘機が飛行テスト段階に達していれば米空軍はショックを受けるだろう。

関連記事:手堅くB-2を模倣? 中国空軍がステルス爆撃機「H-20」の公式CGを初公開
関連記事:中国よりも先に第6世代戦闘機を手にれたい米空軍、議会に資金供給を訴える

 

※アイキャッチ画像の出典:中国人民解放軍空軍が公開した動画のスクリーンショット

インドの国産練習機LCA-LIFT、豪空軍のHawk127後継機争いに敗れる前のページ

韓国航空宇宙産業、初飛行を今月末に控えたKF-21の地上滑走を公開次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    対艦弾道ミサイルの脅威、中国軍のDF-21とDF-26が航行中の艦艇に命中

    中国は11日、米海軍への警告として今年8月に南シナ海へ発射した弾道ミサ…

  2. 中国関連

    新型コロナ感染防止よりも軍備優先? 中国、防衛産業の研究開発や生産再開を指示

    中国は未だ新型コロナウイルス「COVID-19」の猛威が収まらない中で…

  3. 中国関連

    中国メディアが人民解放軍を批判、司令官達は新しい兵器システムに理解が追いついていない

    複数の中国人軍事アナリストは、兵器システムの自動化に一部の軍司令官の理…

  4. 中国関連

    中国、極超音速兵器の開発スピードを加速させる新型風洞設備「FL-64」が完成

    中国航空工業集団(AVIC)は極超音速に対応した1メートルクラスの新型…

  5. 中国関連

    中国が極超音速滑空体のテストで米国を驚かせた理由、HGVが別のペイロードを発射したため

    中国が実施した極超音速滑空体(HGV)のテストに米諜報機関や統合参謀本…

  6. 中国関連

    もう2隻目が完成? 中国、ワスプ級並な「075型強襲揚陸艦」を驚異的な速度で建造中

    中国は昨年9月、中国海軍初となる全通飛行甲板を備えた「075型強襲揚陸…

コメント

    • そら
    • 2022年 7月 08日

    H-20だとしても6世代戦闘機だとしても心底おびえる話ですな。
    B-2並みのステルス性を保有してるんなら脅威なんてもんじゃない。
    政治家さんにもこの危機感が伝わってることを願う。

    25
    • 連邦議員は
    • 2022年 7月 08日

    っぱ中国よ。とか思ってそう。

    1
    • バクー油田
    • 2022年 7月 08日

    仮にB2レベルのステルス性と航続距離があるものが出来てたとしたら
    アメリカは対日、対台湾防衛政策をどうするかが気になるな
    最近のアメリカ大統領は振れ幅が大きくなってきてるから
    もう台湾・日本列島に幾ら米軍基地を維持しても破壊されるから兵を最小限にして
    在日米軍はハワイ・本土に引き上げるという判断をする大統領が出て来てもおかしくない。
    ただ、B2レベルのステルス性であれば日米のレーダーでは捕捉出来る性能のものは出来てそうやけど

    8
    • 名無し
    • 2022年 7月 08日

    想定内でしょ

    2
    • NATTO
    • 2022年 7月 08日

    バカには見えない爆撃機でございます。

    3
    • 無印
    • 2022年 7月 08日

    「いつか」出てくる、から「もう」出てくる、に変わった感じ
    来年の今頃にはどっちも飛んでそう

    9
    • LSgt
    • 2022年 7月 08日

    第6世代戦闘機かステルス爆撃機か、ではなくて両方出してきそう。

    4
    • 名無し2
    • 2022年 7月 08日

    中国が第六世代ですとか、B-2以上ですと言うなら信じるしかない。ステルス機は特に外見から性能を推測しづらいし、すべてが秘密だから否定する材料もない

    1
    • 張作霖
    • 2022年 7月 08日

    来るところまで来てしまいましたね、もう遅いですが・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP