中国関連

中国が発表した無人戦闘機FH-97A、艦艇運用や空中給油にも対応

中国航天科技集団(CASC)は再設計された無人戦闘機「FH-97A」について「大幅な改良で認識力と機動性が大幅に向上し、滑走路に依存しないロケットブースターによる打ち上げ、艦艇からの運用、空中給油にも対応する」と明かした。

参考:Exclusive: China’s new loyal wingman drone to greatly change air combat: designer

FH-97Aの空母運用=無人艦載機への発展も視野に入っている可能性が高い

中国航天科技集団(CASC)は昨年の珠海航空ショー(中国国際航空宇宙博覧会)で初めて「FH-97」と呼ばれるチーミングが可能な無人戦闘機を公開したが、今年の珠海航空ショーで公開したFH-97Aは再設計され完全に別の機体へと進化を遂げており、CASCの関係者は「大幅な改良で認識力と機動性が大幅に向上し、滑走路に依存しないロケットブースターによる打ち上げ、艦艇からの運用、空中給油にも対応する」と明かして注目を集めている。

出典:中国航天科技集団有限公司 2021年に発表されたFH-97

FH-97とFH-97Aの大きな違いはエアインテークとセンサーの実装方法で、FH-97Aはエアインテークを機体の側面に移動してJ-20と同じDSIに改めたため機動性と速度が向上、電子・光学センサーのハウジングを機体下部から機体上部に移動、レーダーアンテナの搭載方法もスマートスキン方式を採用しており、機体下部に設けた引き出し式のランチャーには小型の空対空ミサイルを8発搭載(他にも電子妨害システム、燃料タンク、より大型な精密誘導兵器やミサイルも搭載可能)できるらしい。

FH-97Aの低観測性能と生存性はFH-97よりも強化されており、有人機よりも先行して戦場認識力を拡張、搭載された電子妨害システムで敵防空システムを麻痺させ有人機の侵入を補助したり、有人機が搭載する兵器に必要な射撃データを供給する=つまり長射程のPL-15(推定射程200km+)や超長射程のPL-17(推定射程400km)の運用をアシストすると言いたいのだろう。

因みにFH-97の戦闘半径は1,000kmで滞空性能は6時間以上とCASCは明かしていたが「再設計されたFH-97Aは間違いなく空中給油に対応する」と述べており、パイロットの生理的な問題に左右されてないFH-97Aの滞空性能は空中給油を受けることで飛躍的に拡張される可能性が高く、XQ-58Aを意識して「滑走路に依存しないロケットブースターによる打ち上げ能力=コンテナ1つで世界中の何処へでも展開できる柔軟性」に対応している。

さらに船舶での運用を考慮して降着装置などを強化するスペースを予め確保していると述べているので、FH-97Aの空母運用=無人艦載機への発展も視野に入っている可能性が高い。

追記:正体不明のステルス無人機はCS-5000T (Cloud Shadow-5000T)で米空軍のRQ-180に相当するのではないかと予想されているが、まだ詳細な情報は入ってきていない。

関連記事:中国、珠海航空ショーで有人機とチーミングが可能なステルス無人機「FH-97」を発表
関連記事:中国空軍の対空ミサイルPL-17が登場、400km先のAWACSや空中給油機を攻撃可能
関連記事:世界中へ即展開、コンテナ1つでステルス無人戦闘機「XQ-58」の打ち上げ&回収可能

 

※アイキャッチ画像の出典:艺伟影像

中国空軍はJ-20を200機以上保有が確定、大量生産への移行が濃厚前のページ

中国が改良したCH-7を公開、対称戦で求められるハイエンドUAV次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国、主翼の折りたたみ機構を備えた海軍向けステルス戦闘機「J-35」が登場

    中国の瀋陽飛機工業集団は開発を進めている第5世代戦闘機「J-31」のプ…

  2. 中国関連

    中国がサウジアラビアとFC-31輸出交渉、技術移転と現地生産を提案

    MENA地域における防衛市場の分析を行うTactical Report…

  3. 中国関連

    中国軍がインドとの国境に兵士1万人以上を動員、一部は既にインド領へ侵入

    中国はインドとの国境沿いに位置するギャルワン渓谷に軍を集結させていると…

  4. 中国関連

    第6世代戦闘機開発が進行中の中国、Su-57用新型エンジンを入手か

    中国では第6世代戦闘機などの開発に使用する巨大風洞施設が完成したと報じ…

  5. 中国関連

    ステルス爆撃機「H-20」の運用拠点? 中国江蘇省の空軍基地に登場した機密性の高い施設

    東シナ海や黄海に面した中国東部の江蘇省にある人民解放軍空軍基地が大きく…

  6. 中国関連

    中国、空母打撃群に不可欠な早期警戒機KJ-600開発が最終段階に到達か

    中国メディアは電磁式カタパルトを採用した空母「003型」に搭載するため…

コメント

    • 名無しさん
    • 2022年 11月 09日

    米国のXQ-58と比べると、機体コストをかけてでもセンサー能力と武装を強化している設計っぽいな。

    ここらへんは
    ・中国本土・島嶼にある無数の固定基地群・長距離SAM群を撃破するために、数とコストを重視する一方、
     個々のユニットの性能にはそこまで拘らない米軍
    ・動き回る日米海軍の艦艇や航空機を撃破するためには、遠距離に進出して捜索・攻撃が必要なため、
     個々のユニットをある程度高性能化させないと話にならない中国軍

    とそれぞれの軍の作戦環境が反映されているように見えて面白い。

    25
    • 2022年 11月 09日

    マジで「自衛隊=人員も弾薬も少ないロシア軍」と化してて草
    こっからどうやって巻き返すんだか

    30
      • なまる
      • 2022年 11月 09日

      平時で既に充足出来てない自衛隊の人員不足ですが、人的消耗著しい戦時にはどこから補充する計画なのか
      そこらへんって政府の計画では何か決まってるんでしょうか?

      2
        • 兵長
        • 2022年 11月 09日

        決まって無いに決まってますよ。
        本当に有事に備えて隊員を確保するなら、
        まず、らぐひ銃剣道や、オリンピック、サッカーの練習やってる連中を本来の業務に戻すべきです

        8
        • 兵長
        • 2022年 11月 09日

        決まって無いに決まってますよ。
        本当に有事に備えて隊員を確保するなら、
        まず、ラクビー、銃剣道、オリンピック、サッカーの練習やってる連中を本来の業務に戻すべきです。
        それをやらないって事は、本気で有事に備える気がいのです。
        国民はまずそこに気づいてしてしないと。

        1
      • 兵長
      • 2022年 11月 09日

      防衛省、自衛官、政治家にやる気が無いから駄目だよ、諦めな。
      まー駄目だね

      3
        • xyz
        • 2022年 11月 09日

        そいつらをやる気にさせてないのは国民だけどね。
        充足するにしてもただ金かけるだけでなく戦略的ロードマップを作れる人材が
        いるのかというとかなり疑問。

        23
        • 名無し
        • 2022年 11月 09日

        そうなったのはそもそも
        あなたのようにやる気のない国民が多いからなのでは?

        13
        • NAFO
        • 2022年 11月 12日

        自衛官にはやる気があるけど?
        キミみたいに安全圏から呑気に書き込みする人に何か言う資格は無いと思うよ。

    • 航空太郎
    • 2022年 11月 09日

    人口の七割(農業戸籍の人)を貧しいままとして、彼らから富を集めて軍備に注げる体制の強みが出てますね。潤沢な資金、人材、試作機をどんどん作れる環境、民主主義国家が対抗するのはほんと大変と思います。
    まるで潤沢な予算を持つNASAに対する、赤貧のJAXAを見ているかのようですね。
    幸い、中国は全方位に喧嘩をふっかけているので、日本や台湾に向けられる戦力も絞らざるを得ません。そこに対して、多少劣勢でも、手を出せば痛い目に遭うぞ、と躊躇させる程度には対抗していくのを応援しましょう。(多少の増税は支える、という意味で)

    10
      • 7kgj
      • 2022年 11月 09日

      >中国は全方位に喧嘩をふっかけているので、日本や台湾に向けられる戦力も絞らざるを得ません。

      ロシアによるウクライナ侵攻でロシアとヨーロッパは弱体化していますので、中国はロシアとヨーロッパに注意する必要性が少なくなりました。
      インドは上海協力機構のメンバー国で昔から中立的立場を取っており隣国にパキスタンもいます。
      ASEANは日本よりも中国を重要パートナーに選んでいます。
      逆に中国は以前より台湾へ指向できる戦力が増えたと思います(ロシアによるウクライナ侵攻が原因)。

      14
    • 無無
    • 2022年 11月 09日

    無人戦闘機の運用概念がどこまで定まっているのか、それそこ海とも山とも知れないから
    共産党の偉大さを見せつけるために見てくれ最優先の中華思考に惑わされるよりも、こちらはちゃんと着実な研究を優先ね
    いそいでガラクタ実用化というのが上海リニアモーターカーの末路なわけですから

    5
      • 通りすがり
      • 2022年 11月 09日

      他国に比べて開発が遅れるとは口が裂けても認めたくないんだろうけど、何でそこまで頑なになの?

      MQ-28はもう実機が完成してテスト中だし、米空軍もこれ使ってテストすると言ってのに、それを海とも山とも知れないって強がっても可哀想な奴にしか見えん。

      30
        • 無無
        • 2022年 11月 09日

        それこそ群衆心理でないの、奴等の思うつぼ
        あなんどるのと疑うのは別よ

        5
    • HEAT信奉者
    • 2022年 11月 09日

    コンテナからUAVといえばエスコン7のMQ-99を思い浮かべる

    10
    • 58式素人
    • 2022年 11月 09日

    相変わらずと言うべきか、数で押すつもりのようですね。
    素人は疑問に思っているのですが。
    ステルス機は、上方からの探知について対処してるのでしょうか。
    あちこちの記事を読むと、大体、AEW機が目の敵にされていますね。
    これは、上方からの探知に対処できていないと言うことでしょうか。
    もしそうなら、AEW機を簡素化してかつ無人化したらと思います。
    漫画みたいなことを言いますが。
    E-2Dの背中のレドームと衛星通信機のみを大型のファンジェット
    エンジンのクアッドコプターに載せて”空飛ぶ円盤” みたいにして、
    多数を高空に配置したら人員被害なく早期警戒ができそうな気がします。
    地上の管制システムは衛星通信で”空飛ぶ円盤” を管理することで。
    あと、以前にRATOで運用するドローン迎撃用無人戦闘機のことを
    書いたことがありますが、やはりこれは中共の後を追うべきではと思います。

      • 通りすがり
      • 2022年 11月 09日

      E-2DやE-3のコンセプトをただ無人機化しても問題の解決にならんのよ。

      従来型のAWACSは高価で高性能なレーダーを搭載して広範囲の航空支援を一手に引き受けるから、このコンセプトを無人化しても撃墜されれば一気に作戦効率が下がる。

      これを安価で限定された能力のレーダーを搭載する無数の無人機で置き換えて、幾らか撃墜されても能力を維持できる分散型に変更しないと戦場から価値の高い航空戦力が消えない。

      20
    • 暇人28万号
    • 2022年 11月 09日

    最近は質も量も発展性も素直にすげえな中国って思う。感心している場合じゃないが、見習うべきところは素直に見習わないとならないよなぁ。日本も無人機なんとかならんのかなぁ

    29
    • 兵長
    • 2022年 11月 09日

    日本はまず、ブルーインパルス(練習用に回す)、自衛隊広報施設
    銃剣道、持続走、サッカー廃止、自衛官のオリンピック出場廃止。
    音楽隊削減
    戦車200両、火砲300に減す。
    装甲車両のファミリー化
    銃、ミサイルのファミリー化
    イージスシステム搭載艦、グローバルホーク、廃止、哨戒艦廃止。これ位やって他に予算回さないと。

      • kitty
      • 2022年 11月 09日

      >日本はまず、ブルーインパルス(練習用に回す)、自衛隊広報施設
      >銃剣道、持続走、サッカー廃止、自衛官のオリンピック出場廃止。
      >音楽隊削減

      なんか廊下の照明の蛍光灯を一本に減らすみたいな対策でんがな…。

      24
      • ブルーピーコック
      • 2022年 11月 09日

      イージス艦廃止は正気で言っているのか疑うなあ。

      4
      • FF-X7
      • 2022年 11月 09日

      さすがは「兵長」殿!発想が斬新ですな!
      一般家庭の家計と国家予算を同列で論じるとは!

      …冗談はこれくらいにしましょう。

      ブルーインパルス(練習用に回す)
      自衛隊広報施設
      銃剣道、持続走、サッカー廃止、自衛官のオリンピック出場廃止。
      音楽隊削減

      こんなのタカが知れてますよ。それこそ無意味。
      目先の端金に気をとられて隊員の士気と(ただでさえ少ない)国民の理解を削るのは下の下ですな。
      あの財務省だってもうちょいマシな事を言うでしょう。

      11
      • 名無し
      • 2022年 11月 09日

      家計的な節約思考じゃ、いつまでも発展しませんよ
      広報部隊が遊んでるだけだと思っているのでしょうか

      7
      • 名無
      • 2022年 11月 09日

      まぁ、アショア代替艦はアショアに戻すか、普通の大型イージス艦にしたほうがいいとは思いますけどね

      • NAFO
      • 2022年 11月 12日

      イージス艦廃止とか正気か?日本防衛の最重要要素のひとつなんだが。これがなければ有事に何もできず全滅するしかない。それこそ自衛隊解体して他に予算回せと言っているに等しい暴論だ。

    • 名無し2
    • 2022年 11月 09日

    記事の趣旨にはあまり関係のない話だが、今年もF-119クラスのエンジンの出展は無かった。もう40年前のエンジンなので今時さして珍しくもないが、油断させるために隠しているとしたらまったく恐ろしい国だ

    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 09日

    FH-97Aが『まだ』飛んでないのが救いか。試験飛行をデモされてたら仰天するところだったが。
    MQ-28Aとかの開発に悪影響を与えなければ良いんだが。具体的に言うと軍事知識皆無な政治家やマスコミが過大要求という名の横槍を入れて、再設計させられた挙げ句に納期遅延するとか。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP