欧州関連

27日目に突入したラチン回廊の封鎖、誰にも問題の出口が見つからない

ナゴルノ・カラバフ地域(アルツァフ共和国)とアルメニアを陸路で結ぶラチン回廊の封鎖は27日目に突入、海外メディアは「ステパナケルトの商店や病院から食料品や医薬品が消えた」と報じているが、この問題の出口は誰にも見えてない。

参考:Nagorno-Karabakh: Empty shops and blockade pile pressure on Armenians
参考:Ադրբեջանցիները փորձել են մտնել Մարտակերտի Կաշենի հանքավայր, անվտանգությունը չի թույլատրել. Տիգրան Պետրոսյան
参考:Azerbaijan demands Karabakh mine access as condition to end protests blocking road
参考:Karabakh’s Askeran region stores have run out of essential goods, administrative head says

アルメニア人にナゴルノ・カラバフ地域を諦めさせるためには「究極の手段」しかないのかもしれない

2020年に勃発したナゴルノ・カラバフ紛争の結果、アゼルバイジャンはアルメニアに奪われた土地の大部分を回復、ロシアは両国が署名した停戦協定に基づき平和維持部隊を派遣、ナゴルノ・カラバフ地域とアルメニアを陸路で繋ぐ「ラチン回廊」の通行権の確保に努めていたが、アゼルバイジャンが停戦協定に基づきラチン、サス、ザブフを迂回する新ルートのラチン回廊を提供、これを受けてロシアの平和維持部隊は「ラチンの管理権」を昨年8月にアゼルバイジャンへ移譲した。

出典:Google Map 管理人作成(クリックで拡大可能)

しかしアゼルバイジャン側の環境保護主義者は「カシェニ鉱山での違法採掘を停止しろ」と新ラチン回廊で抗議活動を始め、道路上にテントを張って車輌の通行を事実上封鎖してしまい、この封鎖は27日目に突入したため海外メディアは「ステパナケルトの商店や病院から食料品や医薬品が消えた」と報じている。

この問題は「自国領ナゴルノ・カラバフで天然資源の調査を行おうとしたアゼルバイジャン側の立ち入りをアルツァフ共和国が阻止した」のが発端で、独立を主張するアルツァフ共和国側はアゼルバイジャン側が再三要求した立ち入り調査を拒否、そのためアゼルバイジャン側は環境保護主義者を自称する人間を使って合法的=限りなくグレーなやり方で新ラチン回廊を封鎖、アルツァフ共和国側が天然資源の立ち入り調査を受け入れれば「抗議活動を停止する=封鎖の解除」と主張しているらしい。

出典:The Prime Minister of the Republic of Armenia

もうナゴルノ・カラバフ地域の問題は複雑過ぎて「誰が悪いのか」を認定するのは不可能に近く、ここ最近の出来事だけで言えば「パシニャン首相がナゴルノ・カラバフ地域をアゼルバイジャン領の一部だと認める協定に署名する意向を表明」「アルツァフ共和国が反発して独立を主張」「イランも国境変更を伴うような協定締結に反対」「和平交渉に進展がないため痺れを切らしたアゼルバイジャン側がアルメニア側の一部領土を占領(和平協定を締結していない両国は互いの領土を相互承認していないため侵攻と定義できるのか微妙)」など盛りだくさんで、EU・フランス主導やロシア主導の和平交渉も行き詰まっている。

つまりアゼルバイジャンは「ナゴルノ・カラバフが主権を及ぶ自国領である」という点で絶対に譲ることが出来ないため、限りなくグレーなやり方で「天然資源の立ち入り調査」を認めさせようとしており、アルツァフ共和国も「立ち入りを認めればアゼルバイジャン主権を受け入れた」と解釈されるため絶対に容認出来ず、アルメニアも状況を利用して国際社会に「ステパナケルト空港の再開=アゼルバイジャン主権の制限」を訴えるなど、この状況を打開する出口は誰にも見えていない。

出典:NEWS AM パシニャン首相が表明した和平協定への署名に反対するアルメニア人

因みに現地メディアは「新年を祝う余裕はなく商店にはキャンディ、飲料品やジュース、一部の家庭用品しか残っていないが大きな混乱はない。人々は缶詰などの食料備蓄を持っており、農園や家畜を飼育している農村が都市部に食料を供給している。備蓄された小麦のお陰でパン工場も稼働中で医療品も今のところは不足していない」と報じているため、アルツァフ共和国で人道的災害が直ぐに発生する可能性は低く、この点も同問題を長期化させる要因の一つだと言えるだろう。

結局のところアルメニアが和平協定に署名しない限り「第二次ナゴルノ・カラバフ紛争」が勃発するのは時間の問題で、和平協定に署名しても高い確立でパシニャン首相は政権の座から引きずり下ろされ、強行路線を主張するグループが政権を握ると「武力での打開」を試みる可能性が高く、アルメニア人にナゴルノ・カラバフ地域を諦めさせるためには「究極の手段」しかないのかもしれない。

関連記事:アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフがアゼル領だと認める協定に署名か
関連記事:アルメニア、ナゴルノ・カラバフをアゼル領と認め和平条約に署名する方針
関連記事:アゼルバイジャン軍がラチンを掌握、ナゴルノ・カラバフ地域への通行権を管理
関連記事:アルメニアの肩をもつロシアに怒ったアゼルバイジャン、ウクライナ侵攻を正面から批判

 

※アイキャッチ画像の出典:Aykhan Zayedzadeh/CC BY-SA 4.0

ロシア軍が攻勢をかけるバフムート周辺の戦い、状況的には非常に際どい前のページ

ポーランドがM1A1FEP導入契約に署名、エイブラムスの調達数は計366輌次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナへのパトリオット追加提供、ドイツが単独3セット目の提供を検討中

    ウクライナが要請するパトリオットシステム(もしくはSAMP/T)の追加…

  2. 欧州関連

    ドイツが陸軍保有のPzH2000提供を検討、但し半分以上が動かない

    ドイツ政府は軍の反対を無視してウクライナにPzH2000を送ることを検…

  3. 欧州関連

    ウクライナ空軍の報道官、全域の空をカバーするには180機の戦闘機が必要

    スペインのEL PAÍS紙は「24機のF-16を入手したいとウクライナ…

  4. 欧州関連

    気まずいウクライナ軍、大統領の目の前で対戦車ミサイル「ジャベリン」試射に失敗

    ロシアの軍事演習に対抗して開催されたウクライナと米国の軍事演習で披露さ…

  5. 欧州関連

    ウクライナ南部を舞台にした反攻作戦、両軍が繰り広げる消耗戦の中身

    英国王立防衛安全保障研究所のジャック・ワトリング氏は「徐々にウクライナ…

  6. 欧州関連

    印ミラージュ2000改修契約の疑惑がフランスで浮上、汚職防止法をバイパスするスキーム

    インド空軍との契約を確保するため仏タレスに雇われたインド人防衛コンサル…

コメント

    • 無無
    • 2023年 1月 08日

    この際、アルメニアから戦争起こさせて敗けさせれば丸く収まるんじゃないの
    痛い目に遭わないと判んない奴に説得する意味ないから

    15
      • カディロフ上級大将
      • 2023年 1月 08日

      すごい無茶苦茶なこと言ってる
      ナゴルノ・カラバフをアゼルバイジャンが支配したら、高確率で弾圧や民族浄化が起こるけど
      それでもアゼルバイジャンを擁護するのかな

      24
        • 無無
        • 2023年 1月 08日

        なぜ滅茶苦茶を語るかと言うと、世界はいまそれどころじゃないんだから火事場泥棒的に騒動起こすなよという話
        アゼルとアルメニアのどちらが正しいだのどうでもいいこと、戦争で解決を図るのはアホウだ

        6
          • 名前
          • 2023年 1月 08日

          火事泥やるなといいながら、火事泥やってるアゼルバイジャンにだけ利益を与えるんですか?
          アルメニアに戦争起こさせて、アゼルバイジャンに勝たせるとはそういうことです。
          アルメニア、アゼルバイジャンの是非以前の問題です。

          18
            • STIH
            • 2023年 1月 08日

            逆に聞きたいですが、なんでそんなにアルメニアの肩を持てるんです?
            ソ連崩壊直土のドサクサに紛れてナゴルノ・カラバフ地域をアルメニアが占領したのは良いことで、コロナで世界が混乱している中でアゼルが取り返しにかかったのは悪いことなんですかね。
            それとも40年たったからアゼルは諦めるべき?それこそ”アルメニアにだけ利益を与える”ことだと思いますが。

            17
              • 名前
              • 2023年 1月 08日

              世界がコロナの中で混乱中に軍事的に奪回することが良いのかと問われたので端的にお答えいたしますとは悪いに決まっています。
              もちろん、アルメニアが侵略により不当に占領したのは同様に悪いことです。
              しかし、2020年に一応の停戦がなっている中、さらに軍事的に解決を図るのはどっちもどっちとは言えません。
              国際関係は合意がある場合、現状維持を良しとするのが原則です。
              ナゴルノカラバフがアゼルバイジャン領であっても、合意を違反して軍事的に解決など肯定しようがありません。

              7
                • STIH
                • 2023年 1月 08日

                正直肯定する・しない、良い・悪いの問題じゃないと思いますよ。「もうナゴルノ・カラバフ地域の問題は複雑過ぎて「誰が悪いのか」を認定するのは不可能に近く、」という管理人様のコメントの通りだと思います。
                そりゃ平和的に解決するのが良いに決まってますよ。しかし、1994年も2020年も所詮は無期限の停戦合意だけ。戦争状態を解消したわけじゃないので、重大な違反があったとアゼルバイジャンが主張した場合、合意破棄自体を法的な問題とするのは難しいと。
                そしたら、単にアルメニアがアゼルバイジャンにやり返されている、としか言いようが無いと思うのですがどうでしょう。
                そういう意味ではアルメニアはアゼルバイジャンに和平合意を飲ませられなかったのが痛かったとしか言いようが無い。和平合意があってもアゼルは”侵攻”したでしょうけど、あったら西側諸国も応援しやすかったでしょうね。

                9
              • 伊怜
              • 2023年 1月 08日

              まあ普通にソ連編入以降の動きを見てると、アゼルバイジャンか滅茶苦茶やってる印象しかないですけどね。
              アゼルバイジャン側の残虐行為が多発してたのは事実ですし、基本的にユダヤとトルコ以外はアルメニアの肩を持ってますよ。

              8
        •  
        • 2023年 1月 08日

        どっちが支配してももう片方が殺される土地で先に軍隊突っ込んだのアルメニアですからねえ。
        アゼルバイジャン人にお前らが支配したら虐殺起こるから駄目だよと言っても聞きませんよ。
        逆も然りなんですから。

        14
        • STIH
        • 2023年 1月 08日

        えっ、アルメニアは虐殺しなかったの?

        18
      • 名前
      • 2023年 1月 08日

      (アルメニア側が)戦争を起こせば、(アゼルバイジャン側にとって)丸く収まるという話ですが、アルメニアがアゼルバイジャンの為に行動する動機がありません。
      パシニャンが敗北しても、アゼルバイジャンに妥協的でもまだ首相でいられる理由は、アルメニア人がそこのところを理解できてるということでしょう。

      2
      • HY
      • 2023年 1月 08日

       戦争すれば「丸く収まる」だの「痛い目に合わせないとわからない奴ら」だの言ってしまう発想のヤバさを自分で客観的に振り返ったほうがいい。

      12
    • 2023年 1月 08日

    小学生の国定教科書にアルメニア人の頭を斧でぶっ叩く話が載ってる国だからなぁ 
    一歩間違えればアルツァフのアルメニア人の浄化が起きかねない

    ロシアが頼りなき現在唯一頼れるのがイスラム教国のあのイランというのも皮肉で悲しい話 

    そういえばイランは先週zulfiqur1401演習やってたけどかなり武装の貧弱な部隊が映ってましたね
    G3A4小銃にM1ヘルメット、防弾ベスト無しとは…

    話変わるけど今夜のポーランド国防省の発表気になるぅ~
    レオパルド2の噂で持ちきりすね

    13
      • 2023年 1月 08日

      イランも人口の20~25%がアゼルバイジャン人だから下手に介入すると国内に民族問題が起きかねない
      なので声明くらいなら出すけど、本当に戦争が始まったら結局何も出来なさそう

      10
    •  
    • 2023年 1月 08日

    文末の【アルメニアが和平協定に署名しない限り】に続くのは第二次ナゴルノ・カラバフ紛争ではなく第三次ナゴルノ・カラバフ戦争じゃない?
    アルメニアがナゴルノ・カラバフを分捕ってアルツァフ共和国を立てたのが第一次
    アゼルバイジャンがアルメニア・アルツァフ共和国連合に勝利してナゴルノ・カラバフの大部分を取り戻したのが第二次

    だから次に発生した場合は第三次ナゴルノ・カラバフ戦争だと思う

    14
      • STIH
      • 2023年 1月 08日

      そうそう、みんな何を今更懸念してるんだか。第二だか第三だか第四だかしらないですが、ここは昔から民族が入り組んだ地域。そこに近代国民国家を置こうとしたら揉め続けるのは自明でしょう。
      当事者二国とその国民が”理解”するまで殺し合いするしかないんじゃないでしょうか。

      14
    • 無能
    • 2023年 1月 08日

    富野が脚本書いてるのか?って位ごちゃごちゃしだしたな

    11
    • かくさん
    • 2023年 1月 08日

    欧米のアルメニアロビー団体すら手に負えなくなりだしてる
    ウクライナ侵攻の時にアルツァフ共和国側の一部がロシア側を支持したもんだから、下手に活動できなくなった

    ぶっちゃけアルメニアがアルツァフを見捨てて難民を国内に受け入れ、残った独立派がアゼルバイジャン軍に鎮圧されるという結末しかなさげ

    18
      • きっど
      • 2023年 1月 09日

      結局のところ、落ち目の側をケツモチに選んでしまったアルメニア側の戦略的敗北としか言いようが有りませんね
      ロシアが駄目でもイランなら、としたところで、イランもロシア側に付いたのでハブられるのは確定的ですし

      2
    • 小SAM
    • 2023年 1月 08日

    イランと対立しているというアセルバイジャンですが宗派はイランと同じシーア派なんですね
    世俗的でイランの主教指導部とは思想が真逆で一安心
    アルメニアの西側諸国への影響力が減って関心がウクライナ紛争にシフトしている現状からすれば、ロシアの支援がない以上国内の過激派の面子の為に再戦して上手く負けるしかないかなとは素人考えでした。

    3
    • A
    • 2023年 1月 08日

    ウクライナの領土として国際的に認められてるけど住んでるのはロシア系住民
    アゼルバイジャンの領土として国際的に認められてるけど住んでるのはアルメニア系住民
    こういうのは争いが終わらない地域になる

    ・国際的に認められた国境線を維持して民族浄化の正当化
    ウクライナの土地かつ住んでるのはウクライナ人
    アゼルバイジャンの土地かつ住んでるのはアゼルバイジャン人

    ・住んでる住人を重視した上で領土侵略の正当化
    ロシアの土地かつ住んでるのはロシア人
    アルメニアの土地かつ住んでるのはアルメニア人

    どちらも大問題だけど
    残念ながらそのどちらかに収まるまで争いは終わらない

    6
    • 折口
    • 2023年 1月 08日

    アルメニア本国と旧アルツァフがバングラディシュとパキスタンみたいに違う道を歩んで独立してくれればまだ解決の余地があるのかもしれませんが、ナゴルノ・カラバフはどうみてもチェチェンの道に通じる流れですよね。現在の先進国も多くは過去にエートスクレンジングを経て単一民族社会に転身した元コスモポリタンですし、現代でも国境と民族の問題に答えがあると信じたいですね。

    1
      • STIH
      • 2023年 1月 08日

      まあその壮大な実験でもあったオーストリア-ハンガリー帝国が上手くいかず、ある意味共産主義のイデオロギーのもとで民族性を否定したソビエト連邦・ユーゴスラビア連邦が、壮絶な最後を迎えた結果が現在進行形の紛争の原因ですからねえ。
      ただ単一民族社会って言っても、日本にしろ西欧諸国にしろ一定の地域性は存在しているわけで、特に日本やドイツみたいに近世の実質的な連邦制の構造の影響を残している国だってあるわけですから、結局は殺し合いはもうコリゴリ、と思うまで戦争するしかないんじゃないかと。

      6
    • HY
    • 2023年 1月 08日

     これからの時代、このような紛争が世界中のあちらこちらで繰り広げられるだろう。まるで他人事のコメントが後を絶たないが日本も例外ではないことを肝に銘じていただきたい。

    3
      • nojigoo
      • 2023年 1月 09日

      何様?

      17
      • NATTOかけご飯
      • 2023年 1月 10日

      日本はこういった民族紛争とは無縁ですが?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP