欧州関連

英国が124機のハリアーを購入、視覚的な状況認識力はF-35Bよりも上

英ディフェンスメディアは1日「F-35Bとハリアーの能力を比較した結果、英国は124機のハリアーを購入する」と報じ、英空軍も「英国はF-35Bの代わりにハリアーをもっと購入すべきだと考えている人ならハリアーの操縦資格がある」と述べた。

参考:Britain trialling Harrier jets on carriers

ハリアーの操縦資格はF-35Bの代わりにハリアーをもっと購入すべきだと考えている人

英ディフェンスメディアのUK Defense Journal(UKDJ)は1日「F-35Bとハリアーの能力を比較した結果、英国は124機のハリアーを購入する」と報じており、ハリアー復活を支持する関係者は「これは歓迎するべき決定だ。確かにハリアーは速度が遅くペイロードも少ないが状況認識力だけはF-35Bよりも優れている。飛行速度の遅いハリアーはコックピットから周囲を眺める時間を増加させるため、高度なセンサーに頼らない感覚での飛行を味わえる」と主張している。

出典:Lockheed Martin

今回の決定について英国防省も「F-35Bはハリアーよりも遥かに高性能で、これを戦闘に使用すれば信じられないほどの不公平さを生み出し、公平に基づくグローバル・ブリテン構想を推進する英国にとって良くないイメージを与えるだろう。そのため我々は一時的にハリアーを復活させることにした」と説明。

これを運用しなければならない英空軍も「パイロットの確保について革新的な解決策をテストする」「英国はF-35Bの代わりにハリアーをもっと購入すべきだと考えている人ならハリアーの操縦資格がある」と述べた。

出典:POA(Phot) Jonathan Hamlet/MOD OGL v1.0

勿論、これはハリアー愛が異常なUKDJのジョーク=エープリルフールなので本気で信じてはいけないが、同時に「4月1日以降にこの記事をSNSなどで共有している人々には注意が必要だ。彼らは記事のタイトルだけしか見えておらず記事を読んでいないからだ」とも警告している。

関連記事:英メディアのジョーク、F-35Bは不公平なので英国防省はハリアーGR.9を再導入
関連記事:フランスがAUKUS級原潜プログラムに参加? AUKUSはFUKUSに改名?

 

※アイキャッチ画像の出典:LA (Phot) Luis Holden/OGL v1.0

フランスは強制力を伴う戦時経済へ移行、最初の行政命令をMBDAに命じる予定前のページ

米海軍のバージニア級原潜がキャタピラードライブを搭載、誰にも探知不可能次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ、2023年初飛行予定の無人戦闘機「バイラクタルKızılelma」を公開

    トルコのBaykar社は12日、2023年に初飛行が予定されているジェ…

  2. 欧州関連

    エアバスが期待するタイフーンTranche5、次世代戦闘機の能力を先行実装

    スペイン空軍はEF-18A+の後継機にタイフーンを選択、EF-18Mと…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍、BM-30で使用する射程100km以上のVilkha-Mを実戦投入

    ウクライナ防衛産業協会のイワン・ヴィンニク会長は「2022年5月にVi…

  4. 欧州関連

    エアバス、A330からA330neoに空中給油機のベース移行を検討中

    米空軍の空中給油機(KC-135後継機)調達でロッキード・マーティンと…

  5. 欧州関連

    フランス外相、嘘ばかりつくロシア人との協議は我々の利益にならない

    フランスのステファーヌ・セジュルネ外相は8日「もはやロシア政府高官との…

  6. 欧州関連

    残念過ぎる英海軍の45型駆逐艦、停電問題と人員不足で4年も港で係留中

    英メディアは20日、10億ポンド(約1,310億円)もの費用をかけて建…

コメント

    • イカれる名無し
    • 2024年 4月 01日

    そうだった…忘れてたよ…

    今日がエイプリルフールの日だということを。

    71
    • ななし
    • 2024年 4月 01日

    エイプリルフールネタだったのか。タイトル見てびっくりした

    40
    • のー
    • 2024年 4月 01日

    騙されましたよ。。。
    2024年も既に1/4が経過しましたか。月日の経つのは早いものです。

    20
    • 灰色の猫
    • 2024年 4月 01日

    騙された!
    > 高度なセンサーに頼らない感覚での飛行を味わえる
    ここで笑った

    53
    • aaaa
    • 2024年 4月 01日

    ハリアーなんて、もう作りたくても作れないでしょうね。

    4
    • 幽霊
    • 2024年 4月 01日

    ハリアーは好きだけど流石に今の戦場では活躍しづらいでしょうね(笑)

    10
    • 例のアレ
    • 2024年 4月 01日

    日本もファントム復活させてもええんやで

    15
    • キム・アバ
    • 2024年 4月 01日

    わーくにももはやGCAPに変わりハリアーⅢの日英共同開発に乗り出すべき

    11
      • nachteule
      • 2024年 4月 01日

       マジレスするならF-35Bのステルス無し、搭載システムのダウングレード仕様を作らせてくれの方がいいと思うわ。

      2
    • 765
    • 2024年 4月 01日

    前回より調達数増えてて草

    20
      • まめ
      • 2024年 4月 01日

      日本も、ミツビシVF-1を採用しかがに載せるべき。後、中型空母のそうりゅうとひりゅうの建造も!

      2
        • 774
        • 2024年 4月 01日

        元ネタ的に空母名は「あすか」一択

        4
    • 58式素人
    • 2024年 4月 01日

    ちょっとびっくりしました。
    でも、考えてみると、海軍で、F35Bとハイローミックスする機体は必要に思えます。
    無人戦闘機ではカバーできない場面がありそうにも思えますし。

    8
      • 58式素人
      • 2024年 4月 02日

      PS。英海軍はF35Bの調達数量を見直している様子。
      大型の軽空母が二隻あるのに、搭載機が不足するのでは。
      欧州に戦争が迫っている(?)のなら、軽空母の戦力化
      を急ぐ必要があるのでは?。フランスの一隻だけでは不足でしょう。
      イタリアの軽空母は小さいですし。
      であれば、時間稼ぎ兼空母戦力の急速な充足として、
      USMCが廃用にしようとしているAV-8Bを取得しても良いのでは。
      当該機体は、後、10年くらいは使えそうですし。
      パイロットが問題でしょうが、資格はF35Bと同じと思えます。
      増員の計画を立てて即座に実行しても良いように思えます。

      1
    • ホテルラウンジ
    • 2024年 4月 01日

    >F-35Bはハリアーよりも遥かに高性能で、これを戦闘に使用すれば信じられないほどの不公平さを生み出し、公平に基づくグローバル・ブリテン構想を推進する英国にとって良くないイメージを与えるだろう。

    ここで笑いましたw

    43
    • k.ziro
    • 2024年 4月 01日

    年中無休でエイプリールフールの国々が多いんで別にやらんでもいいですよん

    11
    • 2024年 4月 01日

    Mk.1 Eyeball

    7
    • 海軍スキー
    • 2024年 4月 01日

    騙されましたね
    記事の途中まではほんとにハリアーを調達する気なのかと思ってましたよ(笑)
    英国こういうおふざけの混じったジョークは大好きです

    19
    • Whiskey Dick
    • 2024年 4月 01日

    ロシアが超音速VTOL戦闘機Yak141を生産しないかな。
    Yak141のリフトエンジン2基の重量がF35Bのリフトファンより軽量ならかなりの性能が期待できるが、甲板にジェットエンジンの排気が直撃するので耐熱に課題がありそうです。若しくは中国にこの技術が売却され、J35のVTOLバージョンが作られるかもしれません。

    • ジョー
    • 2024年 4月 01日

    日本の自衛隊が韓国のFA-50購入決定したというジョークのほうが面白い

    4
      • Whiskey Dick
      • 2024年 4月 01日

      このジョークはまだ現実味がある。中国ロシアの安物ドローンを相手にF15やF35などの高性能機でスクランブルをやるのは費用対効果で馬鹿々々しい。だからといって無人機でスクランブル任務を実施した話は聞かない(現状の無人機は低速で空中戦に向かない)。スクランブル任務で使う機体は超音速が出せてAAMが2発積める有人機なら何でも良い。

      7
    • 大福
    • 2024年 4月 01日

    今年もきましたね。( ̄ー ̄)ニヤリ
    「視覚的な状況認識力はF-35Bよりも上」
    タイトルのインパクトよ。

    13
    • 天井殿下
    • 2024年 4月 01日

    製造ラインがもうなくなっていますし…

    1
    • daishi
    • 2024年 4月 01日

    ハリアーのコックピットが意外と近代的で少し驚きました。
    ハリアーIIの運用開始は1989年末、GR.9にアップグレードされているようなのでその分新しいのかもしれませんが

    2
    • gobu
    • 2024年 4月 01日

    なんて言っても
    デューク東郷がコックピットから
    自機(ハリアー)に向かってくるサイドワインダーを狙撃出来るぐらいですから
    ハリアーの戦場認識能力は本当に高いと思われ

    5
    • 匿名希望係
    • 2024年 4月 01日

    四月バカは頭につけないと騙されるよね。

    4
    • モック
    • 2024年 4月 01日

    さすがにタイトルで気づけたよw

    4
    • Easy
    • 2024年 4月 01日

    巧妙な二重トリックとは・・・

    1
      • 774号
      • 2024年 4月 02日

      一瞬騙されました。
      さすがは英国。

      1
    • ブルーピーコック
    • 2024年 4月 02日

    普通の人「騙されちゃったよ。アッハッハッ」

    異常な人「ホラ見ろやっぱりF-35は欠陥戦闘機papけbgaなp@/tdtdtはちNqbqd!!!」

    9
    • 名無し
    • 2024年 4月 02日

    一瞬数を揃えるためにマジでハリアー再調達すんのかと思ってしまった笑

    3
    • せい
    • 2024年 4月 03日

    >これを戦闘に使用すれば信じられないほどの不公平さを生み出し、公平に基づくグローバル・ブリテン構想を推進する英国

    エイプリルフールとは言えコレを言えるのはイギリスだけだろうな
    やっぱブリカス最高だわww

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP