欧州関連

ポーランド軍からの受注を伸ばす英国、今度はブリムストーンを輸出か

英国はポーランドから短距離防空システムやフリゲート艦の受注に続き、駆逐戦車プログラムの対戦車ミサイルとして「ブリムストーン」採用が噂されており、英国産業界とポーランド産業界の協力関係は順調に成果を上げ始めている。

参考:Polish MoD: Tank Destroyer Contract Imminent

ポーランド側に前例のない規模での技術移転を容認した英国、目論見通り受注を伸ばす

ポーランドは昨年10月に軍のサイズを14万人→30万人(40万人規模に達する可能性も浮上)に拡張することを決定、これに合わせて大規模な装備調達を進めている最中で、調達契約を締結したものから交渉中までのものを含めると以下の通りになる。

調達先種類数量ステータス
米国戦闘機F-35A32機契約済
 UCAVMQ-9不明交渉中
主力戦車M1A2/SEPv3250輌契約済
装甲車輌クーガー300輌契約済
防空システムパトリオット8セット契約済
MLRSHIMARS20輌契約済
500輌交渉中
防空レーダーLTAMDS不明交渉中
英国短距離防空システムCAMM不明契約済
 空対地ミサイルブリムストーン(駆逐戦車向け)不明交渉中
フリゲートアローヘッド1403隻契約済
フランスISR偵察衛星2基交渉中
イタリア多用途ヘリAW14936機契約済
M-29の後継機M-346(FA-50と競合)不明交渉中
韓国主力戦車K2計500輌?交渉中
K2PL交渉中
歩兵戦闘車K21もしくはレッドバック不明交渉中
自走砲K9不明交渉中
防空システム天弓2不明交渉中
M-29の後継機FA-50(M-346と競合)不明交渉中
 
トルコUCAVTB224機契約済
 
国内調達掃海艇コルモラン型3隻契約済
 駆逐戦車プログラム不明不明開発中
 砲兵システムグラディウス 契約済

ポーランド軍の調達需要で存在感を発揮しているのは米国と韓国で、これに食い込むため英国もSA-8の後継システム=ナレフ・プログラムにCAMMを提案、ポーランド側に「前例のない規模での技術移転」「CAMM製造へのポーランド産業界の参加」「独自にCAMMの海外輸出も容認」すると約束することで競合相手のIRIS-T/SLMやNASAMSを抑えて受注を獲得したが、この破格の条件提示はドイツやスペインと競合していたフリゲート艦受注への布石でもあり、英国は狙い通りアローヘッド140の受注獲得に成功した。

出典:ポーランド国防省

さらにポーランドが進めている駆逐戦車プログラムにも英国製の空対地ミサイル(対戦車ミサイル)「ブリムストーン」が採用されると噂されており、CAMMで勢いがついた英国産業界とポーランド産業界の協力関係は順調に成果を上げ始めている。

因みに駆逐戦車プログラムとは対戦車兵器を搭載したBRDM-2/9P124を更新するためのもので、チェコのTatra社とポーランドのHSW社が共同で開発した戦術多用途車輌に英国製のブリムストーンを統合したものになる可能性が高いと噂されており、ブラスザック国防相は「まもなく駆逐戦車プログラムの調達に関する正式な契約を締結する」と言及。

出典:SuperTank17/CC BY 3.0 BRDM-2

フランスやイタリアも順当にポーランド軍の調達需要に食い込んでいる一方でドイツが姿を消しており、韓国がドイツの代わりに浮上してきた格好だ。

追記:地対空→空対地に修正

関連記事:英国、ポーランドに前例のない規模での技術移転を認めシーセプター売り込みを後押し
関連記事:ポーランドは英国と関係強化、次期フリゲートにアローヘッド140を採用
関連記事:ポーランドが韓国とK2PLの開発製造で合意、K2も数百輌導入するため交渉中

 

※アイキャッチ画像の出典:CrownCopyright/2008

バイデン政権、ドイツに続き西側製防空システムをウクライナに提供か前のページ

フィリピン国防省、韓国に海軍向け哨戒艦6隻を5.7億ドルで正式発注次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ人パイロットの訓練、デンマーク、スウェーデン、英国に別れて実施か

    ウクライナ人パイロットの訓練に言及したゼレンスキー大統領とイグナト報道…

  2. 欧州関連

    英国が124機のハリアーを購入、視覚的な状況認識力はF-35Bよりも上

    英ディフェンスメディアは1日「F-35Bとハリアーの能力を比較した結果…

  3. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ロシアは年末までにウクライナの政権交代を狙っている

    ゼレンスキー大統領は20日「ロシアは我々の政権を排除するためならどんな…

  4. 欧州関連

    侵攻500日目、ウクライナ軍の主要人物達が「前進しよう」と呼びかける

    侵攻500日目の節目を迎えたウクライナではゼレンスキー大統領の蛇島訪問…

  5. 欧州関連

    無人航空機対策を優先するドイツ、次世代防空システムを止めて近接防空システムに投資

    ドイツ国防省は弾道ミサイル迎撃に対応した次世代防空システム「TLVS」…

  6. 欧州関連

    英海軍を去る第二海軍卿の置き手紙、変化を拒み海軍の革新を邪魔する人間は必要ない

    37年間の海軍生活に別れ告げた第二海軍卿のハイン副提督は「偉大な海軍は…

コメント

    • NA
    • 2022年 6月 27日

    >英国製の地対空ミサイル(対戦車ミサイル)「ブリムストーン」が採用されると噂されており
    地対空ではなく地対地ですね(typoでしょうが)

    1
    • ウツボ
    • 2022年 6月 27日

    もう、主要国の軍需産業は笑いがとまらんだろうな。不謹慎なことをいうけれど、ロシアに感謝している人間もいるかもしれん・・・・

    10
    • makumaku
    • 2022年 6月 27日

    調達実数はさておいても、これは破竹の軍拡というべき内容ですね。
    ポーランドが、近い将来必ずロシアはやってくると結論したようです。

    10
      • えっくす
      • 2022年 6月 27日

      プーチンのもろもろの発言からロシア帝国の最大版図を目指してるようですからね。後継者はその意向を継続するかは分かりませんが、フィンランド、バルト三国、ポーランドなど帝国の旧領は侵略に備えないといけないでしょう。

      19
    • ido
    • 2022年 6月 27日

    ドイツはポーランドに色々やりすぎた結果がこれかぁ。まあ、大体予想してたけど。

    8
    • 戦略眼
    • 2022年 6月 27日

    支払いは大丈夫なのかな?
    後で、EUの補助金とか求めそうだが。

    1
    • もり
    • 2022年 6月 27日

    こう言うフリゲート需要にもがみ型準同型艦を食い込めさせられるようになりてぇよなぁ

    4
    • 黒丸
    • 2022年 6月 27日

    ベトナムがポーランドみたいな存在になるかどうかだが
    現状だと困難だろうな。
    ラオスやカンボジアで中国に先手とられているし。

    1
      • 無無
      • 2022年 6月 28日

      ベトナムのスポンサーかパートナーというべきロシアがどうなるのか、ここはベトナムを揺さぶるチャンス
      台湾の次に中国がフィリピンかベトナムを標的とする予想を立てれば、ベトナムは先の見えないロシアから離れてアメリカと日本に接近してくるでしょう

    • 月虹
    • 2022年 6月 27日

    >韓国がドイツの代わりに浮上してきた格好だ

    韓国が契約した兵器を見ると主力戦車、歩兵戦闘車、自走砲と確かにドイツが得意げに売り出していた機甲車輌をそっくり受注できる可能性に持ってきているのは凄いですね。防空システムの天弓2はロシアのS-400の技術を基に開発されたと言われ、既にアラブ首長国連邦(UAE)が導入。エジプトなど対ロシア制裁によりS-400導入を検討していた国が関心を示している様です。

    2
    • 南極1号
    • 2022年 6月 28日

    最初の写真の航空機は何でしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP