欧州関連

英陸軍の次期自走砲、英Archer、仏Caesar、独RCH155、韓K9A2が競合か

米ディフェンスメディアは1日、英陸軍が予定している次期自走砲の入札に英BAEのArcher、仏NexterのCaesar、独KMWのRCH155、韓HanwhaのK9A2が応じるだろうと報じている。

参考:British government sounds out arms makers on new howitzer risks

走行方式に拘りがないのなら性能、調達コスト、英国経済への貢献度合いを加味した総合評価の勝負になるだろう

英陸軍のAS90は39口径155mm榴弾砲を採用しているため、52口径を採用する西側諸国の自走砲(PzH.2000、K9、Archer、Caesar)やロシアの自走砲(Musta、Koalitsiya-SV、А-222)と比べて通常弾の射程距離が短く、52口径155mm榴弾砲への換装計画「AS90 Braveheart」も被弾した際の誘爆を防ぐ要求要件が満たせず、防衛計画の見直しで「AS90退役」と「次期自走砲の調達計画」が発表された。

出典:Richard Watt / OGL v1.0

まだ次期自走砲の調達計画は正式に動き出していないが、米ディフェンスメディアは情報筋から得た情報を基づき「英国の次期自走砲の入札に関心を示す企業は最低でも4回の情報提供要請に応じた」と報じており、英BAEのArcher、仏NexterのCaesar、独KMWのRCH155、韓HanwhaのK9A2が入札に応じる可能性が高いと予想、勝者に選ばれた企業との契約は2025年~2026年、引き渡し開始は2028年頃を想定しているらしいが、ウクライナ侵攻を受けて計画が前倒しされる可能性があるらしい。

今年6月にウォレス国防相は国防委員会で「AS90の射程は23km~24km(BB弾使用でも45km)に過ぎず、遠距離攻撃能力の欠如は陸軍にとって深刻な問題だ」と発言しており、英国王立防衛安全保障研究所のアナリストも「次期自走砲の調達を加速させるのが最もベストなアプローチだ」と述べているが、陸軍の遠距離攻撃能力の強化は自走砲の調達だけではない。

出典:Corporal Max Bryan RLC/OGL v1.0

英国防省はMLRSのアップグレードをLockheed Martinに発注済みで、米国とオーストラリアがATACMSの後継として開発を進めている「Precision Strike Missile」への協力も表明しており、アップグレードを受けた英陸軍のMLRSはER GMLRS弾(推定射程150km)による地上静止目標への遠距離攻撃と、PrSM(推定射程499km/将来的に700km~800kmまで延長予定)による地上もしくは海上を移動する目標への遠距離攻撃が可能になる見込みだ。

新規調達する自走砲とアップグレードしたMLRSの能力を最大限引き出すためには無人機による「戦場認識の拡張」で不可欠で、無人機と砲兵戦力に搭載された火器管制システムとの統合が最も重要なポイントになるだろう。

出典:Ministerstwo Obrony Narodowej

英国よりも先に砲兵戦力の大胆な増強に乗り出したポーランドでは今年5月、砲兵戦力向けの無人機システム「グラディウス」に20億PLN=約580億円を投資すると発表、着々と砲兵戦力の射程を活かす戦い方の導入を進めており、英陸軍も何らかの形で同様のシステムを導入してくると管理人は思っている。

少々話が脱線したが、果たして英陸軍の次期自走砲(現時点で正式に次期自走砲に挑戦すると名乗り出ているのはHanwhaのみ)に何を選択するだろうか?

もし装輪タイプの自走砲を選択すればArcher、Caesar、RCH155の戦いになるが、軌道式を選択すればK9A2しか選択肢がなく、走行方式に拘りがないのなら性能、調達コスト、英国経済への貢献度合いを加味した総合評価の勝負になるだろう。

因みにHanwhaは今月21日に英国で開幕する防衛装備品の見本市「DVD2022」に実機のK9A2を出展する予定で、Hanwhaと英国企業で結成されたコンソーシアム「Team Thunder」は英国にK9A2が到着したことや、K9A2が採用されれば国内に数千もの新たな雇用が生まれるとアピールしている。

関連記事:ポーランド、砲兵部隊を強化するためグラディウスUAVに580億円を投資
関連記事:ロッキード・マーティン、英陸軍にK9A2提案するTeam Thunder参加を決定
関連記事:スウェーデン外相、自走砲アーチャーのウクライナ提供を検討中だと明かす

 

※アイキャッチ画像の出典:Ibaril/CC BY-SA 3.0、KMW、©Marie-LanNguyen/CC-BY 2.5、Republic of Korea Armed Forces/CC BY-SA 2.0

ウクライナ軍の反撃を支える米国、21番目の支援パッケージを間もなく発表前のページ

故障した英空母プリンス・オブ・ウェールズはドック入り濃厚、F-35B試験も延期の可能性大次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    韓国にライバルが登場、ポーランドの次期主力戦車に食い込んできたM1エイブラムス

    ポーランドが陸軍近代化の一貫として進めている次期主力戦車調達計画「Wo…

  2. 欧州関連

    自由のための戦いに期限なし、ドイツは2032年までの予算計画にウクライナ支援を盛り込む

    ドイツ軍のクリスチャン・フロイディング少将は「もっと長く持ちこたえるこ…

  3. 欧州関連

    英空軍高官、現時点でウクライナへの戦闘機提供は優先順位が低い

    米空軍のブレマー大佐は「戦闘機提供にリソースを割くのではなく防空システ…

  4. 欧州関連

    人間対AIの戦い、トルコ製ドローンが初めて自律的に敵兵士を攻撃したと国連が報告

    多くの海外メディアは国連が発表した報告書に注目しており、自律的に攻撃可…

  5. 欧州関連

    ポーランド、国産の歩兵戦闘車と並行して韓国製Redbackのテストも開始

    ポーランドのブラスザック国防相は機械化部隊に配備する歩兵戦闘車について…

コメント

    • Minerva
    • 2022年 9月 01日

    もう英国は自走砲の国内開発をしないのか

    3
      • トーリスガーリン
      • 2022年 9月 01日

      海空でリソース使い果たしてる感じなんですかね?

      3
      • tarota
      • 2022年 9月 01日

      どちらかと言えば少量しか生産しないのに自国で賄おうとする方がおかしいと思う

      7
        • 戦略眼
        • 2022年 9月 01日

        AMX30の様に単一車体のバリエーション展開にすれば良いのだが、それすら不可能になっているのか。
        BAEはなにやっているんだ?

        2
          • エニグマ軍曹
          • 2022年 9月 02日

          問題はBAeじゃなくて防衛省ですよ。FRES(後のScout SV、さらに後のAjax)やらでBAe裏切ってるんで。

          5
        •  
        • 2022年 9月 02日

        自衛隊「・・・」

        4
    • Archer
    • 2022年 9月 01日

    BAEが絡んでるからArcherじゃないの?
    自動装填で車出ないって、冬は寒くなくて良いよ♪

    13
      • はてな
      • 2022年 9月 01日

      でも補給艦は韓国製を採用しているから必ずしもそうなるとは限らないと思う。

      4
    • nanasi
    • 2022年 9月 01日

    ずいぶん前にイギリスがAS90の後継に99式自走榴弾砲の自動装填システムを使えないか興味を持っているというニュースを見た記憶があるのですが、立ち消えになっていたんですね

    7
    • ブルーピーコック
    • 2022年 9月 01日

    まずは装輪式か装軌式か決まってからだな

    7
    • TO
    • 2022年 9月 01日

    英国でもK9が採用されれば、国産マンセーの軍オタウヨ共の自尊心がズタボロに破壊されるだろうな

    4
      • 戦略眼
      • 2022年 9月 01日

      その前に要求仕様がおかし過ぎる。
      トラック自走砲と装軌式重自走砲が候補に並んでいるのが、仕様がふらつき過ぎる。
      BAEがしっかりしないと、英国面だけが発揮されそう。

      21
      • ブルーピーコック
      • 2022年 9月 01日

      K9が採用される根拠ってどんなのがありますかね。本土防衛やNATOの前線部隊としてなら分かりますが、昨年からのイギリス陸軍の再編成では縦深防御に主眼を置いているようですが。

      6
    • 名無し2
    • 2022年 9月 01日

    野外で155mm砲を人力装填するより楽しいことはない。カエサルを操る楽しさに比べればK-9は味気なく、アーチャーや99式に至っては砲兵の楽しみは完全に消えている。嘆かわしいことだ。

    25
      • show the flag
      • 2022年 9月 01日

      電車で腹抱えさせられたので、悔し紛れにコメント。
      できるならハートを連打したかった。

      9
      • 半分の防衛費の国から
      • 2022年 9月 02日

      最新の自走砲は無人砲塔が出始めているので、搭乗員の少ない車両がえらばれそう、英BAEのArcher(4人)、仏NexterのCaesar(5人)、独KMWのRCH155(2人)、韓HanwhaのK9A2(3人)との事、無人化対応可能なRCH155かキャタピラのK9A2が選ばれそう、時代が変わりつつあるようですね。

      1
    • nimo
    • 2022年 9月 01日

    装輪式と装軌式の実戦評価はどうなんでしょうね
    自動装填の程度も関係してくるな

    2
      • nimo
      • 2022年 9月 01日

      イギリスの場合、展開能力を重視して装輪式かな
      迎え撃つ国の場合は自動装填と装甲重視で装軌式かな

      8
      • 無無
      • 2022年 9月 02日

      欧州みんなウクライナを見てますからね、現実問題、英本土への上陸作戦なんて想定しにくいので、自走砲も海外展開が主とすれば、やはり輸送が容易で生存性の高い装輪式に傾くと思う

      6
    • エニグマ軍曹
    • 2022年 9月 02日

    国産にするならArcher、Boxerと合わせるならRCH155,装軌車にこだわるならK9だな。選ばれなさそうなのはフランスのCaesarだけど、英軍は伝統的に遠征軍だから、同じ戦略思考の仏軍の装備を調達するのもありかと。

    2
    • ギャルは無理
    • 2022年 9月 02日

    一種類だけ装軌式が混ざっているな。
    仕様要求どうなっているんだか。
    というか、コレ、当て馬じゃね?

    5
    • kyain
    • 2022年 9月 02日

    日本の遺憾砲は?

    2
      • すえすえ
      • 2022年 9月 02日

      遺憾砲は武器輸出三原則に引っかかるため輸出できません

      なんせいくらでも弾がうてるすごいテクノロジー使っているからね

      5
      • いかん
      • 2022年 9月 02日

      遺憾砲は、敵軍に効果がないからなぁ。

      6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP