欧州関連

クレバ外相、ロシア領に対するウクライナ軍の砲撃疑惑に国際調査を要請

ウクライナのクレバ外相は20日、偽旗作戦を阻止するため「ロシア領に対するウクライナ軍の砲撃疑惑」について国際的な調査を行うことを要請した。

参考:Україна закликає провести міжнародне розслідування нібито обстрілів РФ

誰が攻撃しているのか不明な砲弾が飛び交う地域に「国際的な調査」が入るのか謎なので、実際には大きな声で主張した方が勝ちなのかも

19日に露メディアは「ウクライナと国境を接するロシア領ロストフ州の入植地近くに砲弾が着弾が着弾した」と報じ、さらにウクライナ陸軍保有の多連装ロケット砲(BM-21シリーズ)で使用される122mmロケット弾の残骸が確認されたため「ウクライナ軍がロシア人入植地に向けて攻撃を行ったのではないか?」と露メディアが主張、これに対してウクライナ側は「陸軍の砲兵部隊は接触線(ウクライナ支配地域と親ロシア人勢力の支配地域が接触するコンタクト・ライン)から21km以上離れた地域に配備されているため、残骸が見つかった地点に122mmロケット弾は到底届かない」と反論。

つまり露メディアが「ウクライナがロシアに攻撃を仕掛けてきた」と積極的に流布しているのは偽旗作戦の一環だという意味で、クレバ外相も「私達に隠さなければならないものは何もなく、私達自身が攻撃していないことを一番よく知っているので独立した国際的調査を行うことを支持する」と20日に発表したが、これは「欧州安全保障・協力機構(OSCE)と国連に民間人を狙ったウクライナ軍の攻撃を確認してほしい」と言い出したドネツクに対抗するため措置だ。

出典:Nickispeaki / CC BY-SA 4.0

2015年2月に成立した停戦合意(ミンスクII)によってウクライナと親ロシア勢力(ドネツクとルガンスク)は接触線から100mm口径以上の大砲を50km以上、多連装ロケット砲を70km以上、弾道ミサイルを140km以上後方に移動させ緩衝地帯を構築するはずだったのだが、ロシアと親ロシア勢力側は「停戦合意で禁じられた重火器を使用してウクライナ軍が親ロシア勢力下の集落を攻撃している」と主張、逆にウクライナは「親ロシア勢力こそ禁じられた武器を保管庫から勝手に持ち出し攻撃に使用している」と主張しており、この停戦違反の数がウクライナ侵攻危機に連動して急増している。

ロシアと親ロシア勢力は「ドネツクとルガンスクに住む(ロシア語を話す)住民を抹殺することで民族浄化をウクライナが企んでおり、まもなくゼレンスキー大統領は軍に当該地域の強制解放を命じる」という偽旗作戦を成立させるため民間人の住居に撃ち込まれたとされる「砲弾サイズ」を喧伝することでウクライナの停戦合意違反を糾弾、実際に住民避難も行って見せることで「民族浄化目的の侵攻」というレトリックを戦争の口実に利用しようと目論んでいるのだ。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

ロシア連邦捜査委員会もドネツクとルガンスクにおけるウクライナ軍の犯罪行為を調査するため専門家を派遣、すでに現地入りした専門家は戦争犯罪の証拠集めという名目で活動を開始しており、ドネツク側のデニス・プシーリン代表も「OSCEと国連はウクライナのテロ行為(民間人に対する攻撃)を確認してキエフがとった行動を評価してほしい」と要求したが、ウクライナも国際的な調査を支持することで「調べられ困るのはお前たちの方だ」と言いたいのだろう。

まぁ誰が攻撃しているのか不明な砲弾が飛び交う地域に「国際的な調査」が入るのか謎なので、実際には大きな声で主張した方が勝ちなのだろう。

関連記事:親ロシア勢力は一般人動員、ロシアはウクライナに近い自国領が攻撃を受けたと主張
関連記事:ウクライナ軍司令官が警告、ロシアは避難途中の市民を狙ったテロ攻撃を準備中
関連記事:拘束されたウクライナ人工作員、爆破テロ関与を認めドンバス侵攻計画も披露
関連記事:ドネツク軍の少将殺害を狙った爆破テロはフェイク? 指揮官の愛車は別の車
関連記事:米国の予想通り、ドネツク軍の指揮官殺害を狙った爆破テロ攻撃が発生

 

※アイキャッチ画像の出典:Армінс Янікс / Міноборони Латвії

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

軍事演習の延長をロシアとベラルーシが発表、理由はウクライナ情勢の悪化前のページ

多くの人が集まる場所に近づくな、米国大使館がロシア国内でのテロ攻撃を警告次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米国に続き英国までF-35B調達削減か、英空軍が138機調達実行を明言せず

    英国のF-35B調達は依然として流動的で、現状のままでは当初目標の13…

  2. 欧州関連

    ロシア軍がゾロテ周辺の入植地を制圧、米国もセベロドネツクからの撤退を確認

    ロシア国防省は「包囲したゾロテ周辺の入植地を制圧した」と24日に発表、…

  3. 欧州関連

    フィンランドとスウェーデンのNATO加盟、トルコはPKK取り締まりを要求

    トルコのカリン大統領報道官は「フィンランドやスウェーデンのNATO加盟…

  4. 欧州関連

    スロバキアがドイツの要請を拒否、レオパルド2A4の提供数が少なすぎる

    スロバキアはドイツから「レオパルド2A4を提供するので保有するT-72…

  5. 欧州関連

    ウクライナを訪問した独首相、パイプライン言及も武器供与も経済的支援で乗り切る

    ドイツのショルツ首相はゼレンスキー大統領と首脳会談を実施、ウクライナ侵…

  6. 欧州関連

    オデッサ沖にロシア海軍の揚陸艦が接近、ウクライナ軍が敵上陸に備える

    ロシア海軍の揚陸艦がオデッサ近郊のSanzhiika沖約14マイル(約…

コメント

    • tofu
    • 2022年 2月 21日

    双方が要求してるんだから、新たに期限付き停戦合意を交わして国連調査団を入れたらWIN-WINだな!(すっとぼけ

    13
    • 無無
    • 2022年 2月 21日

    満州事変?リットン調査団?
    人類はまた繰り返すしか脳が無いのか
    人類に歴史など無いという構造主義者じゃあるまいし

    5
    • 匿名
    • 2022年 2月 21日

    関東軍の残党は瀋陽軍区におるかと思ってたら実はロシアにおったのかみたいな手口
    世間のIT化(世界中どこでも写真添付でググると答え出る)を知らないおじいちゃんが工作責任者なのかなあと

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP