欧州関連

ドイツ海軍、艦艇搭載タイプの高出力レーザー兵器実用化に乗り出す

ドイツの大手防衛産業「ラインメタル」は28日、ドイツ連邦軍装備情報技術運用庁(BAAINBw)から海上で使用するレーザー兵器(指向性エネルギー兵器)のプロトタイプ製造と海上試験に関するサポートを契約を受注したと発表した。

参考:Rheinmetall and MBDA win contract for high-energy laser system

ドイツ海軍、艦艇搭載タイプの高出力レーザー兵器システムを2022年に海上でテスト

ラインメタルは2015年からドイツ軍と共同で海上で使用するレーザー兵器(指向性エネルギー兵器)に必要な技術要素の開発に取り組んできたが、 ドイツ連邦軍装備情報技術運用庁(BAAINBw)はラインメタルとMBDAで構成されたコンソーシアム「ARGE」に対してレーザー兵器(指向性エネルギー兵器)のプロトタイプ製造と海上試験に関するサポートを契約を与えた。

ラインメタルのプレスリリースによれば同社が高出力レーザー兵器システムの製造を、MBDAがレーザー兵器の制御システム開発を担当して2021年末までにドイツ海軍のフリゲート「ザクセン」にプロトタイプを統合、2022年に海上で評価テストを実施するらしい。

出典:Bundeswehr-Fotos / CC BY 2.0 ザクセン級フリゲート

MBDAの担当者は「今回の契約は高出力レーザー兵器システムの実用化にとって重要なステップであり、ラインメタルとMBDAは両者の強みを生かしてプロジェクトを成功させる」と語っており、今回のプログラム責任者を務めるアレクサンダー・グラフ氏とレーザー兵器開発を主導してきたマルクス・ユング博士は「レーザーは光の速さで目標に命中して2次的被害を殆ど発生させない兵器でプロトタイプが間もなく海軍のフリゲートに搭載され非常に現実的な運用条件の下でテストされる、これは欧州のレーザー兵器開発の分野で最も野心的なプログラムだ」と述べている。

補足:米海軍は艦艇搭載タイプの高出力レーザー兵器を複数同時並行で開発を進めており、ロッキード・マーティンの「HELIOS」やノースロップ・グラマンの「AN/SEQ-3」は何度も海上でテストを繰り返しており、昨年5月にはソリッドステートレーザープログラムの下で開発されたノースロップ・グラマンの新しいレーザー兵器「LWSD Mk.2 Mod.0」を太平洋上でテストして無人航空機の無力化に成功するなど、レーザー兵器開発の分野で最も先行している。

今のところ高出力レーザー兵器を艦艇に搭載してテストを実施しているのは米海軍のみなので、ドイツ海軍の動きは米海軍に次ぐ動きとして注目を集めそうだ。

関連記事:実用化にまた一歩近づく!米海軍、新型150kW級レーザー兵器のテストに成功

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain AN/SEQ-3 レーザー兵器システム

ラファール導入契約を結んだギリシャ、国防相がF-35導入を明言前のページ

中国、空母打撃群に不可欠な早期警戒機KJ-600開発が最終段階に到達か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア空軍基地の爆発は事故、NYT紙はウクライナ軍による攻撃だと主張

    クリミア半島のサキ空軍基地で観測された爆発についてロシア国防省もウクラ…

  2. 欧州関連

    ブルガリア、6月末までに4,200トン以上の武器をウクライナに提供か?

    ブルガリアで防衛装備品の輸出入を取り扱うKintex社の元代表は「6月…

  3. 欧州関連

    ロシア軍占領下のスタハーノフで大きな爆発、HIMARSによる攻撃か

    ロシア軍の占領下にあるスタハーノフで大きな爆発が観測され、ウクライナ軍…

  4. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ウクライナのNATO加盟に関する内容が理不尽と反発

    NATOのストルテンベルグ事務総長は「ウクライナのNATO加盟に関する…

  5. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍がアルメニア領に激しい砲撃、両軍間で激しい衝突

    アルメニアのNEWS.amは「アゼルバイジャン軍がゴリス、ソトク、ジェ…

  6. 欧州関連

    危機的な状況のソレダル、ロシア軍がウクライナ軍の補給ルートを遮断か

    ウクライナ人ジャーナリストのユーリ・ブツソフ氏は9日夜「ソレダルは危機…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    レーザー、レーダー、レールガン、求められる高出力を支えるのは発電機、電気の時代か
    そのうち海の環境規制とかで、エンジンまで含めたオール電化の軍艦が生まれそうだね

    9
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      45型・・・うっ頭が・・・

      12
    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    中国が駆逐艦?にレーザー兵器のプロトタイプを搭載したとされる写真が出回っていたが。
    それ以後、情報がないのでどうなっているのか不明だが、案外トランプ政権による取締り
    が奏功して、米国からの情報を取れず中絶しているのかも。

    1
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      レーザーでしたっけ?レールガンだと思っていましたが

      3
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      75型強襲揚陸艦にレーザー(レールガン?)を載せた写真を以前見たような気が…

    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    新兵器の開発も大事だが、少ない予算なんだから、既存の保守メンテにまわしてまともな稼働率に戻す努力のほうが喫緊の課題だと思うが…
    まわりにあからさまな敵がいないから理想追いかけ過ぎて足元見えていないんかね。

    8
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      そうじゃなくて、緊急の課題が何もないから東洋まで軍艦派遣したり新規開発の余力があるのですよ、同盟した他国という防波堤に囲まれてますからね
      ギリシャみたく金もないのに中古兵器でも買い漁るような状況はドイツにはしばらく見込めない

      22
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      全くその通りですね、艦が整備不良で港から出られなければ
      超絶新兵器を載んでも意味がない。まずは艦の稼働率を改善するべきでは?
      ドイツ軍が夢見るどっかのお笑いナントカ軍化して行く。

      5
        • 匿名
        • 2021年 1月 29日

        いいんですよ、ドイツ軍がダメダメでも外国に売ればいいんだから
        艦艇のミサイル防御用って言い張れば輸出規制にもかかりにくいし
        長い目で見れば、こうやってやがて自国のための先端技術を他人の財布で養うわけです

        11
          • 匿名
          • 2021年 1月 29日

          たしかに敵がいないんだから装備整えたってしょうがない。そんな金があるなら他国に売りつける装備の開発をするのは理にかなってる。

          15
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      商売用なんでしょ。
      ドイツは兵器輸出に熱心だし。

      16
    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    日本だとあすかで試験になるのかな
    試験専用艦があるのはいいことだな。

    21
    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    ドローンくらいなら行動不能にできそう

    2
      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      レーザーの開発急ぐのはドローン対策の一環でしょ
      物量で攻めてくる安価ドローンをバシバシ落とすならレーザーしか無いと思うよ
      砲弾じゃ高機動されたら当たらないしミサイルじゃ高価過ぎるうえに飽和攻撃に弱い

      7
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 1月 29日

    新しい兵器の開発に多くのリソースを使えるドイツが羨ましい。
    ドイツ海軍大丈夫なの?とは思うが、これは国内向けより輸出用なんだろう。

    3
    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    こういう対物レーザーって射程距離外でも人間が肉眼で見ちゃったら失明するんだろうな
    あるいはこいつで人間が焼かれたらどんな死体になるんだろうか
    目新しいから白燐弾みたいに感情的な文句がつくだろな

      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      そもそもレーザーの軌跡は見えにくいし指向性が強いから
      正面から直視しなければどうということはありません。

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 29日

        ソ連のレーザー照射でアメリカ哨戒機のパイロットが失明してるよ、話題になったしかなり問題視されて、相互に目潰しは止めとこうって話に収まったはず
        意図的に狙えば可能ってことさ

        6
    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    永らく個艦防空を勤め上げたバルカンファランクス君もそろそろお役御免かな

      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      最近のCIWSには中東みたいな小舟での自爆テロ撃退の用途もあるし、これは実弾のほうが良さよう。
      気象によるレーザー有効範囲減衰がどのくらい解決されるのか、霧の多いバルト海だしね
      しばらく併用か、あるいはミサイルなどとハイブリッドになった形式に落ち着くのでは

      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      一応保険で残り続けるんじゃないですかね、ファランクス君。
      どっちもあったほうが脅威に対応しやすいし。

        • 匿名
        • 2021年 1月 29日

        レーザーは雨や霧の発生下では威力落ちそうだしね

      • 匿名
      • 2021年 1月 29日

      雨や霧荒天で減衰したり使えなくなるレーザーだけじゃ不安なんで実体弾射撃も残すと思うぞ
      あとレーザー万能主義でミサイルやドローンがバカスカ落とされるようになったら
      艦艇は主砲デカくして徹甲弾で物理で殴れって事になるだろうし戦艦復活になるわけで
      そうなるとその砲弾を実体弾で迎撃するために大口径バルカン作ろう……
      って結局いたちごっこになるのが兵器の世界でしょ

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 30日

        戦艦の復活かぁ。
        ロマンはあるけど、あり得るのかな

        • 匿名
        • 2021年 1月 30日

        ミサイルにヒートシールドつけるだけな気がする

    • 匿名
    • 2021年 1月 29日

    ザクセン!?
    バーデン・ヴュルテンベルク級じゃなくて?

    3
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    バーデン・ヴュルテンベルク級の次が一万トンにまで肥大したのは発電能力の拡充のためだな
    流石に設計に失敗してでかくなったとは思わない

      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      バルト海運用にあの大きさは必要ないから、NATO関連と国際共同作戦の外洋行動を意識してるのさ。
      それだけドイツが直接の戦場から遠いということ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP