欧州関連

ウクライナへのグリペン提供計画、F-16導入を優先するため計画を停止

スウェーデンのジョンソン国防相は今年3月「グリペンのウクライナ提供について検討が始まった」と述べていたが、28日「F-16提供に関与する国々からグリペン提供を待つよう強く要請され、計画を一時的に停止した」と明かした。

参考:Sweden halts plan for Gripen jets to Ukraine, news agency TT reports

戦闘機連合の枠組みを通じてのグリペン提供はリソースの問題で先送りされるのだろう

ゼレンスキー大統領は昨年8月にスウェーデンを訪問した際「グリペンに関しても画期的な成果が得られた。既に我々の兵士はグリペンのテストを開始している。一歩づつ交渉を積み重ねながらウクライナの空にグリペンを飛ばすという願望に近づいている。我々はグリペンを使用したウクライナ人パイロットの訓練を開始するため取り組んでおり、この詳細については今後話し合いが行われるだろう」と述べたため、多くの人々は「グリペン提供に向けたウクライナ人パイロットの訓練が始まった」と受け取ったが、この認識は事実ではない。

出典:ПРЕЗИДЕНТ УКРАЇНИ

ゼレンスキー大統領が言及した「テスト」とはスウェーデンのウクライナ支援パッケージに盛り込まれた「グリペンの運用評価に関する訓練機会の提供」を指しており、これは「本当にウクライナが必要とするニーズをグリペンが満たしているのかをウクライナ人自身が評価する機会」という意味で、ジョンソン国防相も昨年10月「安全保障上の理由でグリペン提供の検討はNATO加盟後に行う」と述べていたが、3月7日に正式加盟を果たしたため、Kyiv Independentの取材に「グリペンのウクライナ提供に関する検討が行われている」「この検討は戦闘機連合の枠組み内で行われている」と明かした。

つまり「グリペンのウクライナ提供は実現に向けて協議が進んでいる」という意味で、これはスウェーデンとウクライナの2国間ではなく「戦闘機連合の枠組みを通じての提供になる」と示唆しており、管理人は「機体提供、パイロットや地上要員の訓練、インフラ構築、運用維持などの費用を誰が負担するのかという『お馴染みの問題』が話し合われている」と解釈したが、ロイターは28日「スウェーデンのグリペン提供計画は停止状態だ」と報じている。

出典:mashleymorgan / CC BY-SA 2.0

ジョンソン国防相は「F-16提供に関与する国々からグリペン提供を待つよう強く要請されている」「これはウクライナのF-16導入に焦点が当てられていることに関係がある」「ウクライナへのグリペン提供計画を一時的に停止した」と明かし、戦闘機連合の枠組みを通じてのグリペン提供はリソースの問題で先送りされるのだろう。

関連記事:スウェーデン国防相、グリペンのウクライナ提供を戦闘機連合内で検討中
関連記事:スウェーデン、NATO加盟後にウクライナへのグリペン提供を検討する
関連記事:スウェーデン国営放送、政府はグリペンのウクライナ提供条件を調査する
関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナ人によるグリペンのテストが始まった
関連記事:新領域からの攻撃阻止に失敗したスウェーデン、NATO加盟が遠く
関連記事:フィンランドとスウェーデンのNATO加盟問題は長期化、トルコは交渉を急がない
関連記事:政治的成果を手に入れたトルコ、NATO加盟手続きを進めることでスウェーデンと合意

 

※アイキャッチ画像の出典:Saab

ベルギーがウクライナへのF-16提供を表明、2028年までに30機提供前のページ

ウクライナ軍がFrankenSAMを初公開、AIM-7を統合したBuk M1は実在次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    EU加盟国の首脳、ロシア凍結資産が生み出す利益のウクライナ移転で合意

    EUはウクライナへの武器支援や資金援助に「ロシア凍結資産の利益」を充て…

  2. 欧州関連

    飛ぶように売れるトルコ製UAV、ポーランドやモロッコに続きイラクがTB2導入を表明

    トルコメディアのDaily Sabah(デイリーサバ)紙は29日、イラ…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍、バフムートに弾薬、食料、医薬品を輸送することが出来る

    ウクライナ軍は5日「バフムートに弾薬、食料、医薬品を輸送することができ…

  4. 欧州関連

    エアバス、A400Mを活用して複数のUAVを戦場に供給する技術を開発中

    エアバスは14日、戦術輸送機A400Mの貨物スペースから無人航空機(U…

  5. 欧州関連

    ウクライナ与党、偽造書類で出国した人間の身柄引き渡し要求を示唆

    ゼレンスキー大統領は動員を回避するため「偽装書類で海外逃亡した者」や「…

  6. 欧州関連

    NATO事務総長の補佐官、領土放棄とNATO加盟の交換が解決策になると発言

    NATO事務総長の補佐官は15日「(ウクライナとロシアの戦争について個…

コメント

    • F-117A
    • 2024年 5月 28日

    今から18歳のパイロット志望者を集めて、徴兵年齢になるまで国外で訓練させれば、飛行時間1000時間越えのパイロットが養成できると思うんだけどなあ。

    6
      • 匿名
      • 2024年 5月 29日

      正直志願者が集まるようにも思えませんけどね…🙄

      7
    • はひふへ~ほ~
    • 2024年 5月 28日

    まぁ在庫処分と言う面もあるからな

    3
      • F-117A
      • 2024年 5月 29日

      ゼレンスキー「在庫があるなら、はよよこせ」

      1
    • たむごん
    • 2024年 5月 28日

    複雑化すると、ロジスティクスに負担が大きくなりますからね。賢明判断と思います。

    7
    • gepard
    • 2024年 5月 28日

    ウクライナは飛行場がここ数ヶ月以上叩かれ続けているのに数ヶ月〜数年後にF16運用可能な飛行場がどれだけオペレーショナルで残っているんですかね?

    防空装備が絶望的な状況で中古のF16を最大4年指くわえて待ち続けるくらいならグリペンでもミラージュでも第三世界のミグでも何でもいいからかき集めておけば、滑空爆弾で一方的にやられるエアパワーの差も多少マシになったかもしれませんよね?このスキームは最初からおかしな点だらけです。

    27
    • Mr.R
    • 2024年 5月 28日

    NASAのFIRMSで見ると、連日のようにハルキウだけじゃなく、スムィ州やチェルニヒウ州の国境沿いで火災反応が起きてるのが気掛かり。
    これ弱いところ探ってるよね……

    12
      • jimama
      • 2024年 5月 29日

      そのサイト見たらここ24時間でボルチャンスクに入るところとその南西部が真っ赤になってますね
      これ、ハリコフ救援の部隊ボコボコに撃たれてるのでは

      9
        • たむごん
        • 2024年 5月 29日

        TODAY・24H・7DAYS凄い事になっていますね。

        砲爆撃すごそうな気がします…

        1
      • たむごん
      • 2024年 5月 29日

      情報ありがとうございます。

      北部に注目が集まっているだけに、気になりますね…。

      1
        • Easy
        • 2024年 5月 29日

        もうハリコフ周辺は滑空爆弾の訓練場みたいな有様ですよ。
        最近、複数の滑空爆弾の同時弾着みたいな曲芸が始まっており。あれは複数の爆弾を同時に炸裂させることで爆風と爆風をぶつける圧力波攻撃を狙ってますね。
        動力の無い滑空爆弾でこれをやるには複数機が同じ速度同じ高度同じ角度で同じタイミングで爆弾投射せねばなりませんから、曲芸飛行チームと同等の練度があることが伺えます。
        こんな熟練のパイロットたちが操る数百機のロシア空軍に、買ったばかりの低練度の旧式機で挑むって時点で、旧日本軍のマリアナ沖海戦より酷いことになりそうな。

        12
          • たむごん
          • 2024年 5月 29日

          情報ありがとうございます、勉強になります。

          ウクライナ本土決戦中に、機体選定が紆余曲折・機体数も定まらず・いつ届くのかよく分からない、パイロット育成の厳しさを見ると絶望感がありますね。

          練度も、仰る点、気になっていたんですよね。
          ウクライナ空軍、外国での訓練飛行時間は分かりませんが、ロシアは実戦での戦闘時間を積み重ねて練度を上げているわけですし。

          2
            • 匿名
            • 2024年 5月 29日

            昨年にロシア航空宇宙軍の戦闘機パイロットの年間飛行時間が100時間未満で、NATO諸国の180-200時間に遠く及ばない為に練度が低いという記事を見かけた覚えがありますが、戦闘飛行時間によって大幅に改善しているのかもしれません。
            物事は流動的である事と、状況に適応する潜在的なリソースが潤沢であれば、どうにでもなるというのは、共和制ローマ時代より続く普遍的な戦訓ですね。

            2
          • TKT
          • 2024年 5月 29日

          事実であればすさまじい話です。ハリコフ北方はロシア空軍の総合火力演習状態ということでしょうか?

          同時弾着編隊爆撃、編隊雷撃というのは、旧・日本海軍の空母機動部隊のパイロットたちも訓練していました。インド洋沖海戦でイギリス空母ハ―ミズや、イギリス重巡2隻を瞬時に轟沈させたような九九式艦爆のパイロットたちを彷彿とさせます。

          映画のトップガン・マーベリックなども、敵地に超低空で侵入して編隊連続爆撃をする任務の話でしたが、そういうような難しいことに挑戦しようという意欲的な指揮官がロシア空軍にもいるのでしょう。

          最初のうちは上手くいかなくても、ウクライナ軍地上部隊に対する滑空爆弾による編隊爆撃を毎日繰り返しているうちに、段々慣れてきてそういうことが普通にできるようになったのかもしれません。

          4
          • F-117A
          • 2024年 5月 29日

          同じ速度同じ高度はオートパイロットで簡単じゃね?

          3
    •  
    • 2024年 5月 28日

    グリペンと聞くと胸の高鳴りが止まらないのは軍オタの宿命だろうか

    7
      • たら
      • 2024年 5月 29日

      グリペンが飛ぶの見たいですよね。

      4
    • 名無し
    • 2024年 5月 28日

    供与されるまでにパイロットいなくなっていたりして…

    6
    • あるまじろ
    • 2024年 5月 28日

    現物の都合が付けば(更に言うなら運用設備や人員)
    確かに資源を集中するのは悪くないけど

    3
    • 通過点
    • 2024年 5月 29日

    F16が実際に引き渡されるまでは出す出す詐欺と思われても仕方ない…

    8
    • 58式素人
    • 2024年 5月 29日

    お金の問題はあるだろうけれど。
    F16だけに絞るのは問題では。維持に手間暇のかかる機体と聞くし。
    一時停止が一瞬停止なら良いのに、と思ったりします。
    パイロットの増員を計画的に行うなど、できることはしておくべきでは、と思ったり。
    素人個人はF16よりもグリペンの方が適していると思っています。
    それと米国製を入れるなら、AV8Bの方が適しているような気もします。
    F16が良くないとは言いませんが。

    2
    • 765
    • 2024年 5月 29日

    まあ逆にもらっても困るでしょうグリペン
    そこそこ輸出されてる機体とはいえ、部品や予備機はF-16と比較すると雲泥の差でしょうし

    6
    • DEEPBLUE
    • 2024年 5月 29日

    在庫処分とは言え戦時に2ライン新規構築は非効率的ですからね。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP