欧州関連

英国がウクライナへM270MLRSを追加供給、HIMARSとMLRSの合計は25輌に

英国のウォレス国防相は10日、ウクライナに追加の多連装ロケットシステムと相当量のロケット弾を送ると明かして注目を集めている。

参考:Британія надсилає нові системи залпового вогню для України

英国とドイツが提供するMLRS×9輌の瞬発的な火力投射量はHIMARS×18輌分に相当する

ノルウェーはウクライナに多連装ロケットシステムを送るため近代化前のMLRSを英国に3輌提供、これを受け取った英国は「近代化済みのMLRSをウクライナに追加で3輌提供する」と予想されていたが、英国のウォレス国防相はウクライナにM270MLRS追加供給すると明かした。

出典:Public Domain

ウォレス国防相は「英国や米国が提供している多連装ロケットシステムがロシア軍の指揮系統や物資集積拠点を攻撃するのに効果的で、ウクライナ軍は限られた弾薬を無駄にしないよう何を攻撃するべきか見極める能力に長けている。英国は新たにMLRS×3輌と相当量のGMLRS弾(GPS+INS誘導のロケット弾)を送る」と述べたが、具体的な引き渡し時期について触れていない。

米国が提供しているHIMARSと英国とドイツが提供したMLRSは同じ弾薬を使用するため攻撃性能に大きな違いは無いのだが、GMLRS弾を6発装填したランチャーをMLRSは2基搭載できるため「瞬発的な火力投射量」で言えばHIMARSよりMLRSの方が優れている。

出典:U.S. Marine Corps photo by Pfc. Sarah Pysher HIMARSのコンテナ交換作業

つまり英国とドイツが提供するMLRS×9輌の瞬発的な火力投射量は「HIMARS×18輌分に相当する」という意味で、多連装ロケットシステムの攻撃に手を焼いているロシア軍にとって「MLRSの追加供給」は頭の痛い話だろう。

因みにロシア軍は何度も「HIMARSやMLRSを破壊した(管理人の記憶だと6輌~8輌分)」と発表しているが、ウクライナ軍は敵に見つかりにくい夜間運用を採用しているため「今のところHIMARSやMLRSは1輌も失われていない」と予想されている。

関連記事:HIMARS×2輌分の火力を投射可能なM270MLRS、ウクライナへ到着

 

※アイキャッチ画像の出典:Cpl Jamie Peters RLC/OGL v1.0

ロシア軍がミサイルを配備したベラルーシの基地で爆発、現地当局は事故だと発表前のページ

韓国と中国が再びTHAAD問題で激突、尹大統領は一歩も引かない構え次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    要求をつり上げるハンガリー、まだウクライナ支援パッケージを承認しない

    ウクライナはEU軍事支援パッケージを手に入れるためハンガリーに譲歩(戦…

  2. 欧州関連

    アルメニアの肩をもつロシアに怒ったアゼルバイジャン、ウクライナ侵攻を正面から批判

    アルメニアの肩をもつ露国営メディアの放送にアゼルバイジャン側が激怒、こ…

  3. 欧州関連

    ギリシャがF-35A購入を米国に正式要請、2021年引き渡しを要求

    ギリシャメディアは16日、ギリシャ政府がF-35A購入を正式に米国へ要…

  4. 欧州関連

    新たな局面に突入したウクライナ侵攻、ドンバスを巡る戦いの現状

    キーウ方面の戦線を縮小したロシア軍が今後戦力を集中させてくるのはドンバ…

  5. 欧州関連

    兵士を病気にさせる騒音問題が再発、英国は次期装甲戦闘車「Ajax」のテストを再び中断

    走行中の騒音問題が解消されたはずの次期装甲戦闘車「Ajax/エイジャッ…

  6. 欧州関連

    フランス、空母「シャルル・ド・ゴール」後継艦を2038年までに就役させると発表

    フランスのフロランス・パルリ国防大臣は18日、サンナゼールにある造船所…

コメント

    • ido
    • 2022年 8月 11日

    MLRSなどの追加提供はいいと思うがATACMSの提供を急いでほしいな。これがないとクリミア半島奪還は夢のまた夢になる。まだ、ロシア軍は弾薬庫などを後方に移し切れてないのかな?どんどん破壊してってほしい、

    11
      •   
      • 2022年 8月 11日

      言わないだけでもう渡っているでしょ。たばこの不始末にしてはひどすぎる。
      証拠残さないように大爆発して破片も残さず粉々になるとこ狙っているんだろ。

      10
        • 名無しパン
        • 2022年 8月 11日

        でもロシアだから現場猫案件も微レ存かと。しかし弾薬の分散ができないとこんな悲惨なことになるんだな。ミサイルの大型化と射程至上主義がこんなにもろいとは。日本はMRLS廃止して対艦ミサイルだけにするようだが大丈夫かね。

        7
    • 伸縮性のあるボクサー型のスパッツに近い装甲車
    • 2022年 8月 11日

    HIMARS、MLRSの運用は気になるな~、
    アメリカはロシア本土への攻撃云々で長距離兵器の提供モメたからクリミアへの使用した場合のロシアの反応をどう予測してるのやろ?
    今回のサキ航空基地への攻撃はATACMS説が高いからクリミアはOKということなのか

    英、米とHIMARS・MLRSをウクライナに提供した国はある程度お覚悟完了してるすかね

    あとアメリカは6月を境にHIMARSなどの長距離兵器の供与より装甲車供与の供与に重心が傾いてるから今後は提供しないのかな?

    1
      • 伸縮性のあるボクサー型のスパッツに近い装甲車
      • 2022年 8月 11日

      リンク

      1
    • かくさん
    • 2022年 8月 11日

    兵器供与のハードルというかラインが下がってきてる感じがする
    当初は、ロシア領だけでなくクリミアへの攻撃を認めない方向性はあったけど、モスクワ沈没以降のプーチンが核戦争へ舵を切らないところをみてクリミアへの攻撃も容認されつつあるのかも知れない

    1
      • 無無
      • 2022年 8月 12日

      我々がロシアを信用しないように、ロシアもまた西側を疑っている
      こちらからすればロシアの核恫喝が本気かブラフかを読むのが焦点だが、ロシアからするとウクライナに先に核を落とせば、西側も法や慣例を無視してロシアを核攻撃しないか心配で仕方ない
      相手の立場から物事を眺めないと交渉はできないんですよ、
      ATACMSを供与したら核戦争になるとか騒いでたロシア信奉者は、そういう視座を持たないからロシアの罠にかかっている

      3
    • たま
    • 2022年 8月 14日

    日本もMLRS送ろう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP