欧州関連

ウクライナ、1万機の自爆型無人機を調達するため寄付を呼びかける

ウクライナのフェドロフ・デジタル化担当相は14日「自爆型無人機を1万機調達するため2億3,500万フリヴニャを調達する」と発表、寄付者にはUnited24アンバサダー(アンドリー・シェフチェンコ氏やマーク・ハミル氏など19人)と会う権利が当たるらしい。

参考:Федоров объявил о сборе четверти миллиарда грн на 10 тысяч дронов-камикадзе

今前線で必要とされているのが自爆型無人機で「状況を変える力を持っている」とフェドロフデジタル化担当相は述べている

ロシア軍と戦うウクライナは資金調達プラットホーム「United24」を通じて8億5,500万ユーロ=約1,200億円を確保、これで2,450kmもの前線を約1万機のUAVで監視する「Army of Drones計画」を進めている最中だが、フェドロフ副首相兼デジタル化担当相は14日「自爆型無人機を1万機調達するため2億3,500万フリヴニャ(無人機調達に1億7,800万フリヴニャ+これに搭載する弾薬調達に5,700万フリヴニャ)を調達する」と発表した。

ウクライナが調達する自爆型無人機とはランセットのような徘徊型弾薬ではなく、クアッドコプタータイプの自爆型無人機(恐らく商用機を改造したもの)で、これを海外から調達するため企業や個人から寄付という形で2億3,500万フリヴニャ=約9億円を集める計画だ。

寄付者にはモノバンク・プラチナカード100枚(内5枚には10万フリヴニャ分のクレジットを付与)、United24アンバサダー(サッカー選手のアンドリー・シェフチェンコ氏やルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル氏など19人)とのプレゼント付きミーティング(計10回)、ミリタリーアーティファクト(20点)が当たるらしい。

出典:United24

因みに発表から数時間で2,853万フリヴニャの資金が集まっており、興味が在る方はぜひ。

関連記事:472機のUAVを受けったウクライナ、ロシア軍を監視する無人機の群れを公開

 

※アイキャッチ画像の出典:United24

ルーマニアは最大48機のF-35A調達を検討、東欧最大の運用国になる可能性前のページ

ポーランドが発表した潜水艦調達、欧州とアジアから11社が手を挙げる次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    フランス、50億ユーロ以上の契約で空軍向けのラファールを42機発注

    フランス国防省は12日「50億ユーロ以上の契約で空軍向けのラファールを…

  2. 欧州関連

    英国防相、ミーティア統合作業が遅れればF-35B発注を延期すると米国やLMに警告

    英国のベン・ウォレス国防相はF-35Bの追加発注について「メンテンスや…

  3. 欧州関連

    アゾフ連隊の指揮官がトルコから帰国、ロシアは合意条件が破られたと主張

    侵攻500日目を迎えたウクライナでは「戦争終結までトルコに留まる」とい…

  4. 欧州関連

    トルコが第5世代機に続きステルス無人機ANKA-3も公開、まもなく初飛行に挑戦

    トルコ航空宇宙産業は第5世代戦闘機「TF-X」のプロトタイプを予定通り…

  5. 欧州関連

    スイスの次期戦闘機候補、エアバスがタイフーン現地組立を認めて優位に?

    次期戦闘機調達プログラムを進めるスイスはロッキード・マーティン、ボーイ…

  6. 欧州関連

    英国、第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにフランスを加えるのは不可能

    英国の防衛産業団体は第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにフランスを…

コメント

    • TA
    • 2023年 8月 14日

    DJI大儲けだろうな
    俺も一台買おうかと悩んでいる

    3
      • 牛丼チーズ
      • 2023年 8月 17日

      DJIはロシアのお仲間である中国の儲けになるからなぁ…
      できれば他から調達するのが望ましいのだが…

    • 2023年 8月 14日

    この支援金のうち、いくらが闇に消えるのか・・・

    23
    • ブルーピーコック
    • 2023年 8月 14日

    フォースの暗黒面に落ちたか(ロシア視点)

    自爆も可能なドローンを購入する以外は、やっている事は普通にクラウドファウンディングなのがな。

    8
    • たむごん
    • 2023年 8月 14日

    ウクライナを応援したい人には、絶好の機会ですね。

    1機9万円とは、物価を考えたとしても、自爆ドローンの低コスト化が凄いですね。
    既にあるドローンの生産ラインを活用するとういことでしょうか?

    このお金が、汚職に消えない事を願ってます。

    ======
    1万機
    2億3,500万フリヴニャ=約9億円
    ======

    9
      • オリーブ
      • 2023年 8月 14日

      これだけ安く大量に調達できるなら、たとえ全て撃墜されたとしてもロシア側の迎撃弾に負担をかける事ができそう

      8
        • たむごん
        • 2023年 8月 14日

        ミサイル消費させるだけでも絶大だと思います。

        対空機関砲で迎撃できるとしても、部隊に随伴させる効果は大きいでしょうね。

        9
        •  
        • 2023年 8月 15日

        この手のドローンの迎撃はハードキルではなく電波妨害のソフトキルが主流

        6
    • コンビニ
    • 2023年 8月 14日

    9億円…

    ウクライナの支持が現在どれ程の物かの試金石ですね。
    すぐ満額を満たしたアピールにもなります。

    1
    • 七紙
    • 2023年 8月 15日

    さほど高性能のドローンじゃなさそうだし、
    せいぜい数十km圏内で
    ロシア軍の輸送トラック辺りを徹底的に狙うドローンかな?

    食料や水の現地調達はできたとしても、
    砲弾や燃料の現地調達できない環境だったら、
    BTGが補給なしで戦える日数は3日とのオシントがあるなら、
    コスパの高い、スマートな手法になり得そうだ。

    1
      •  
      • 2023年 8月 15日

      FPVドローンの話なら行動半径は10km程度ですよ
      それも弾薬を搭載すればその分だけ半径は小さくなるでしょうね。しかし某日本人兵士もFPVドローンで大きな戦果を挙げてるので今後ドローン部隊の規模が拡大される予定だそうです

      3
    • エルビア
    • 2023年 8月 15日

    これで、寄付された金がキチンと使われるか相当怪しいけどな。汚職が政治家や軍人だけじゃなく、これが旧ソ連圏・スラブ系の国民性ってみんな知ってるからなぁ。

    12
    • gepard
    • 2023年 8月 15日

    本邦の財務省に絶対に知らせてはいけないニュースですね…

    6
    • ななしの主計兵
    • 2023年 8月 15日

    戦前の日本で民間人が寄付を集め戦闘機などを献納したことにヒントを得たのか?

      • hiroさん
      • 2023年 8月 15日

      別に日本がオリジナルじゃない。
      もっと前から欧米で行われている。

      6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP