欧州関連

ウクライナの二転三転する政権人事、レズニコフ国防相の解任問題を先送り

ゼレンスキー政権は国防省の汚職スキャンダルに関連して国防相の交代を計画したが後任人事の調整が難航、次回のラムシュタイン会議が迫っているため「レズニコフ国防相の解任問題を先送りした」と報じられている。

参考:Переполох в Минобороны. Почему у Зеленского решили уволить Резникова и тут же передумали

解任決定の報道が出た後もレズニコフ氏が国防相の地位に留まっているため欧米のパートナーたちは驚いているだろう

ゼレンスキー政権は今年に入って大規模な政府関係者の汚職や権力乱用に直面、発電機調達で40万ドルの賄賂を受け取ったインフラ省のロジンスキー副大臣、厳戒令を無視して家族とスペイン旅行に出かけたシモネンコ副検事総長、寄贈された高級SUVを私的に乗り回したティモシェンコ大統領府副長官、兵士向けの食料を市価の約3倍で契約したスキャンダルに巻き込まれたシャポワロウ国防副大臣など1月だけで10人以上の政府高官を解任した。

出典:Oleksii Reznikov

レズニコフ国防相も食料や装備品の調達に関連したスキャンダルに巻き込まれ調査対象になっており野党や市民活動家が政治的責任を要求、この騒動を納めるためウクライナ最高議会で過半数を占める与党「国民のしもべ」がレズニコフ国防相の解任を決定、後任の国防相に国防省情報総局のキリロ・ブダノフ准将、レズニコフ氏を法務相に起用する方向で調整が進められていたが、ウクライナの国防相は民間人でなければならないため現役のブダノフ准将を起用するのが難しく、ゼレンスキー政権も現在の法務相を交代させる意思がなく調整が難航。

レズニコフ氏を戦略産業相と起用するアイデアも本人が「仮にポストを打診されても専門知識がないので辞退する」と拒否、ブダノフ准将の代わりに国防省情報総局のトップを誰に任せるのかという問題も浮上、そうこうしている内に14日開催のラムシュタイン会議が迫ってきたため「ゼレンスキー政権はレズニコフ国防相の解任問題を先送りした」と報じられている。

出典:Oleksii Reznikov

現地メディアは「何れにせよ国防省の汚職スキャンダルを2週間以上も引きずのは国防上好ましくなく、解任決定の報道が出た後もレズニコフ氏が国防相の地位に留まっているため欧米のパートナーたちは驚いているだろう。そして今回の結果に至った経緯も理由も不明のままだ」と批判しているが、情報筋は「14日開催のラムシュタイン会議後にレズニコフ国防相の解任が再度議論される可能性が高い」と述べており、政権人事に関するゴタゴタは当分続くのだろう。

因みにウクライナ大統領府顧問を辞任したオレクシー・アレストビッチ氏は「もう自由に喋ることができる、キーウ内部は権力闘争の真っ最中だ」と述べていた。

関連記事:ウクライナ与党がレズニコフ国防相の解任を決定、後任にブダノフ准将を起用
関連記事:現地メディア、ウクライナ軍を支えてきたレズニコフ国防相が近日中に辞任

 

※アイキャッチ画像の出典:Oleksii Reznikov

ロシアのSu-75はUEAが投資を止めたため資金不足、インドを開発に招待か前のページ

ウクライナ侵攻348日目の戦況、ルハンシク州のビロホリウカは宇軍が保持次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ領から飛行物体がポーランド領に飛来、ドゥダ大統領が緊急会議を招集

    ポーランドのRMF24は29日「ロシア軍のミサイル攻撃が行われていた時…

  2. 欧州関連

    緊張が高まる南コーカサス、アゼルバジャン、アルメニア、イランは一触即発の状況

    アルメニアとイランの国境沿いに建設が予定されているザンゲズール回廊を巡…

  3. 欧州関連

    スイスのF-35A導入、反対派が国民投票の実施に必要な署名集めに成功

    スイス政府はF-35A導入を決定したが反F-35イニシアチブは「F-3…

  4. 欧州関連

    英国が自律型協調プラットフォーム戦略を発表、チーミング可能な無人機構想

    英国は空軍向けの自律型協調プラットフォーム(ACP)戦略を27日に発表…

  5. 欧州関連

    意味深な発言、ゼレンスキー大統領が繰り返すバフムートでの前進

    ゼレンスキー大統領は昨日も「バフムートから期待していたニュースがもたら…

  6. 欧州関連

    ポーランド最大の防衛産業企業、KF-21プログラムに参加することを希望

    元ポーランド軍人のヤーチ下院議員が「KF-21のアップグレードバージョ…

コメント

    • ablaham
    • 2023年 2月 07日

    腐敗した皮だけを剥くことはできない。全体的に腐敗しているのだから

    33
    • 匿名
    • 2023年 2月 07日

    ウクライナ政権内に不和があるという話はロシアメディアも大好きみたいで、「英国派のレズニコフ(英国に弁護士オフィスを持つ)と米国派のブダノフ(諜報員としてアメリカで訓練を受けたという噂)の争い」とか「ブダノフはポロシェンコ派閥出身でゼレンスキーとは微妙な関係」とか散々書き立てています。
    内輪揉めはロシアを喜ばせるだけなので一致団結して欲しい…

    7
      •  
      • 2023年 2月 07日

      ロシアが喜ぶ云々の前にウクライナ政権が腐ってて権力闘争の真っ只中にあるのは事実なのでそれは難しいですねえ。

      32
    • 名無しさん
    • 2023年 2月 07日

    これまでの報道を見る限り、レズニコフ国防相本人が汚職に関わっていたという証拠はないのですよね。
    解任はガス抜きと言うか責任問題と言う側面が強く、後任に適任がいないのであれば早急に解任する理由もないのではと思われます。

    ただ、国際会議に辞めさせられることになっている人が参加するのは、参加国にとっては会議の意義を著しく下げてしまう事になるので、ゼレンスキー大統領としては、続投にせよ解任にせよ早急に決断してほしい所ですね。

    36
    • あさり
    • 2023年 2月 07日

    ロシアも武力に何か訴えずに、ソ連からの人脈で内部を搔き回せばよかったのに
    この醜聞騒ぎを見てると戦前ウクライナの西側接近なんて無理だったのではないかと思える

    26
      • ActivePresent
      • 2023年 2月 07日

      91年?の独立以来、ずーっと米露で内部争いやってた印象です。それがマイダン革命でシャットアウトされたから、つまり暗躍試合に負けたから、クリミア・東部でし返しをして内戦含め段々とエスカレートしていったさきの今回の戦争という具合で。

      25
      • F
      • 2023年 2月 07日

      ゼレンスキーの開戦前の支持率は下がり続けていたから
      ゼレンスキー政権を退陣させるだけなら内部でかき回す必要すらないんですよ
      次の大統領選挙まで待つだけで良かった

      しかしこれには大きな問題があって
      ゼレンスキーの反ロシア行動は、歴代韓国大統領の支持率低下からの反日ブーストと完全に一致していて
      本来は前任のポロシェンコと違いそこまで反ロシアじゃなかったけれど
      (ポロシェンコから「ロシアに対して弱腰」と批判されているくらいなのがゼレンスキー)
      支持率が低下しすぎて徐々にウクライナ世論が求める反ロシアに傾いていった
      ゼレンスキーというよりウクライナ世論が支持率稼ぎになるくらい反ロシアに傾いてるから
      そこを上手く誘導しないとゼレンスキーより過激な反ロシア大統領が誕生する可能性は高い
      内部でかき回すとなるとウクライナ世論を誘導しなきゃならないけどロシアにその力があるかどうか

      19
    • ActivePresent
    • 2023年 2月 07日

    ウクライナって金持ちは政治に介入しないと財産を失うし、汚職をしないと上へ行けず政治力を持てないからどうしようもないっていう話は聞いたことある。ゼレンスキー大統領もいろいろ怪しさはあるけど、どのような戦後を迎えるにせよ自立的な国家を築くためにはここが頑張りどころな気がするな。

    25
      • 2023年 2月 08日

      2/1の報道1930だったと思いますがウクライナの汚職撲滅を進めている方の話で、
      「ゼレンスキーに関する汚職は私の口からは何とも言えないが・・・」
      「全くないとは言えないが・・・」
      「これまでよりマシなのは間違いないが・・・」みたいな感じでモゴモゴしてて闇を感じました。
      この辺をロシアにつつかれてウ国内で揉めるのが怖いですね。

      まぁ短期的には西側体制を熟知した人材を活用しつつ長期的には善悪に関する人材教育からですね。
      中露などの社会主義国は特に役人など特権階級にたかるのが暗黙の了解になっているし、日本も特に地方は市議会・県議会議員と仲良くして争いを有利に解決して貰うなんてザラで権威主義的なシステムが定着していて他国のことを言えたわけではないんですが・・・。

      6
    • paxai
    • 2023年 2月 07日

    オレクシー・アレストビッチ氏とかいう辞めてからイキイキしてる元顧問
    ウクライナ内の権力闘争ってどの程度のもんやろな。負ければシベリア送りされちゃうんか?
    失敗したのにyoutubeやってられる彼の存在が異質なんやろか・・・?

    4
    • sunn
    • 2023年 2月 07日

    いかなる国や組織であっても無謬かつ万能であるなどということはあり得ず、何かしらの欠陥や不備は持ち合わせているものでしょう。被支援国としての正統性を証明するためにも、ウクライナは宿痾であるところの汚職と向き合わなければならないように見受けられます。
    当り前のことではありますが、ウクライナがこのような問題を抱えているからといって、しかしそのことがロシアの侵略や戦争犯罪を正当化する理由には全くならないということはあらためて確認しておきたい。

    昨年9月のハルキウ奪還が成功した背景には密かにロシアに通じている内通者の徹底的な排除が下地としてあったというような話がありましたが、今年に入ってからの汚職絡みの政権内での更迭がこれに類似したものであればよいですね。
    不適切発言で辞職したアレストビッチ氏の発言を額面通りに受け取るのは、現時点では時期尚早ではないでしょうか。

    17
    • トーリスガーリン
    • 2023年 2月 07日

    一応腐敗認識指数は徐々に改善してきてるんだけど、元が元だけにすぐ劇的にとはいかない
    とはいえ一度汚職で退任を宣言してから撤回はよろしくない、やるならやるで断固として対応しないと西側の反応が悪くなることは避けられないよね…

    9
      •  
      • 2023年 2月 08日

      まあ腐敗度指数なんてものは脱東側化すれば短期的に上がりますし、戦時統制下のウクライナで改善されているとは全く思えませんけどね。

      5
    • 横田
    • 2023年 2月 08日

    国防相が民間人じゃないとできないから調整が難航…って?
    それならブダノフ氏が候補に上がること自体おかしな話
    戦時中だから特例で軍人を国防相に据えるつもりだったんですかね?
    なんか裏があるんでしょうか

    7
      • ネコ歩き
      • 2023年 2月 08日

      そもそも法令に反し軍人であるブダノフ准将を国防相に任命する案が浮上するということは、戦時特例として大統領令で可能とするか准将が軍籍を離れるという前提でしょう。
      アレストビッチ氏の言う通り、政権内部には権力闘争が渦巻いていて早急には調整がつかない状況なのでしょうね。

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP