インド太平洋関連

インド、国産戦闘機「テジャスMK.1A」をマレーシア空軍の次期戦闘機に売り込み

マレーシア空軍は現在運用中のF/A-18DとSu-30MKMを2030年代に更新する予定で、インドが売り込んでいる国産戦闘機テジャスに興味を示しているらしい。

参考:Malaysian team to visit soon for LCA trial

マレーシア空軍の次期戦闘機としてテジャスMK.1Aを売り込むインド、価格と無人戦闘機とのチーミング対応で競合機よりも有利か

インドは数年前から次期戦闘機を検討しているマレーシアにテジャスを売り込んでおり、インド側はマレーシア空軍が同機を導入して高稼働を維持するため現地にテジャスのオーバーホール施設を設立することを提案するなど積極的なアプローチを続けてきた結果、マレーシア空軍の関係者がインドを訪問してテジャスMK.1Aの製造施設を見学すると現地メディアが報じている。

現在開発が進められているテジャスMK.2の技術(国産AESAレーダー、デジタルレーダー警告受信機、電子妨害ポッド、ネットワーク中心の戦闘に対応など)を先行して取り入れたMK.1Aの戦闘能力は第4.5世代相当だと評価されており、今後の戦闘に欠かせない無人戦闘機とのチーミングにも対応しながら4,000万ドル台で調達可能なためマレーシア空軍の次期戦闘機候補(グリペン、FC-1、FA-50)の中で最も調達性に優れているのは間違いない。

補足:テジャスMK.1の機体設計はレーダー反射断面積(RCS)低減の発想が取り入れられていないため複合材料の採用や電波吸収コーティング、S字形状のダクトを取り入れ限定的なステルス性能を備えたテジャスMK.2の開発が進められている。

ただトルコは同じイスラム教国家のマレーシアに対して第5世代戦闘機TF-Xプログラムへの参加を正式に提案中で、もしマレーシア空軍が第5世代戦闘機に興味を示せば第4.5世代相当のテジャスMK.1Aでは太刀打ちできないかもしれないがTF-Xの調達コストは1億ドルだと言われているので調達性ではMK.1Aに分がある。

出典:Turkish Aerospace Industries

特にインドは今年2月に開催されたエアロ・インディア2021でテジャスを中心としたエア・チーミングシステム=テジャスMK.1AやMK.2に随伴して作動する無人戦闘機「Warrior」を発表しており、欧米が実用化を目指している有人無人チーミング能力まで提供可能な総合パッケージとしてMK.2を見ると非常に魅力的な提案だ。

補足:グリペンは機体単価は安価だと言われているが、それはグリペンC/Dまでの話で発展・拡張型であるグリペンE/Fは相当高価(運用コストについては依然として安価らしい)だと言われており、同機を導入したブラジルのグリペンEは1億ドル~1億3,000万ドル(推定)もするらしい。さらに中国との共同開発したFC-1をパキスタンがマレーシアに売り込んでいるらしいが、海洋権益で中国とマレーシアは対立しているためFC-1が選ばれる可能性は低い。

因みに韓国は開発中の次期戦闘機KF-Xの潜在的な輸出先に東南アジアを挙げており、いずれ売り込みをかけてくることは明白だが機体単価が6,000万ドル前後と高価で搭載兵器を欧米からの輸入(国産化の計画は存在する)に頼っており専用のエア・チーミングシステムに関しても今のところ計画がないため、ここでも国産戦闘機+国産兵器+国産エア・チーミングシステムをパッケージで提案できるインドの方が有利かもしれない。

マレーシア空軍の次期戦闘機の導入は2030年代なので現段階で勝者を予測するのは早計かもしれないが、テジャスMK.1Aのマレーシア輸出は十分実現性がある話ではないかと管理人は思っている。

関連記事:インドのテジャスMK.1Aと韓国のKF-X、東南アジア市場で競合する可能性が浮上
関連記事:インド、総額6,810億円を投じて国産戦闘機「テジャスMK.1」を83機導入
関連記事:インド、国産の艦上戦闘機「TEDBF」やステルス無人戦闘機「Warrior」を初公開

 

※アイキャッチ画像の出典:Venkat Mangudi / CC BY-SA 2.0 国産戦闘機「テジャス」

ロシア、ウクライナ軍の無人航空機から地上軍を保護するためTor-M2を配備か前のページ

不正輸出?ロシア軍関与?アゼルバイジャンでイスカンデルMの残骸が発見される次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定

    韓国空軍はF-35Aのメンテンナンスについて「日本の国際整備拠点「MR…

  2. インド太平洋関連

    普及が進むUAV、東南アジアの国がイスラエル製無人航空機「エルメス900」を導入

    エルビット・システムズは2日、アジアの国と無人航空機「エルメス900」…

  3. インド太平洋関連

    インド、1機2億ドルもするSu-57M導入を放棄してF-35導入を検討か?

    インドはロシア製第5世代戦闘機Su-57導入を放棄して、米国からF-3…

  4. インド太平洋関連

    F-22の設計に携わった天才韓国人、米軍事技術を不正流出させた罪で起訴

    米国の第5世代戦闘機F-22Aの武器制御システムの設計責任者を務め「天…

  5. インド太平洋関連

    中国封じ込め戦略、日米印豪同盟の成立は豪州にとって戦略的勝利の瞬間

    豪メディアは、もう間もなくオーストラリアに外交・戦略的勝利の瞬間が訪れ…

  6. インド太平洋関連

    韓国の軽空母建造にクイーン・エリザベス級空母を開発した英企業が協力?

    韓国メディアは23日、クイーン・エリザベス級空母の開発を主導した英企業…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    ヒンドゥー対イスラムという宗教的構図よりも、ミャンマーという地域の不安定要因を挟んだインド、マレーシア両国が、協力関係を模索する可能性としては、デジャス採用は可能性あります。
    まだ形もないKFXはどうだろ、いや、ロシアが割り込んで来そうな予感もある。

    9
      • 匿名
      • 2021年 4月 05日

      KFXは試作機の形ができてるだろうがい
      それでもバッチ1到達までに数年かかるし、記事にある通りFA-50で挑むだろう

      ロシアには現在のラインナップにはローコストな戦闘機はなく、噂されるローグレードの戦闘機は形はない
      アメリカもロシアと同様にローグレードな戦闘機はラインナップにないが、ボーイングがT-7を軽武装させる案を出しているのでなくはないが、アメリカ・スウェーデン製であるために運用者にとってコストが軽では済まないだろう

        • 匿名
        • 2021年 4月 05日

        2030年代予定だからね、ロシアの開発力ならば途上国向けのお手頃戦闘機計画でも立ち上げるかと期待したんだが、

    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    2030年代の話とは言え、計画が遅れに遅れインドでも配備数が少ないテジャスをマレーシアが配備する事は無いと思うが

    3
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    少ないといってもF-2並みの規模はあるけど

    5
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    インド洋と太平洋の接点の国だからなあ・・
    インドからするとパキスタンとそれを支援する中国の兵器なんて買わせる訳にはいかんよな
    アメいっぱいぶら下げてでも阻止しないといけない事情なのはよく分かる
    (それと、FA-50のクラスを考えると競合すらしてなくて浮きすぎてて意味がわからん)

    5
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    価格的にM346,EMB314, Dassault/Dornier Alpha Jet, JF-17 Thunderあたりで無いと買えないだろ。政治的対立があっても。機能もりもりで大丈夫か?

    2
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    多くの機体が開発されたセンチュリーシリーズの再来ならとても楽しみなことではある、売る方は競争が大激しくなって変だろうが。
    F16とF35しかいない空はあきあきだ、ハイエンドから普及型まで色々楽しめそう。

    5
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    取得コストが低くてブラモス等のインド製兵器も搭載出来る、米露欧の兵器が入り乱れる国出身だからその全ての運用能力も持ち合わせてるだろうし、国軍もあまり採用したがらないと評されてたけど低コストのプラットホームとしては優秀なのでは、ソフト面で優秀なインド人だからUAVとの連携も心配が少ない。なんか化けたなこいつ、ハイローのロー枠なら十分すぎる。

    6
      • 匿名
      • 2021年 4月 05日

      しかし、インド人の金銭へのがめつさを考慮すると後々高くつく可能性もあるからちょっと怖い。
      軽戦闘機の開発のノウハウは十分に持っているのは事実なんですけどね。

      4
      • 匿名
      • 2021年 4月 05日

      グリペンEやF-16Vがロー枠には収まり難いシロモノになっちゃいましたからね。

      1
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    グリペンの位置付けが中途半端になった?
    以前の売りのローコストは、グリペンE/Fの価格高騰と後進の追い上げで失い、
    性能は中型の4.5世代機に及ばない、と。
    今更、グリペンC/Dの近代化的な機体も無いだろうし。

    2
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    マレーシアの次期戦闘機って、候補の機体を見るに大分お安い機体ばっかですね
    軽攻撃機としてのホークの代替ならば兎も角、Su-30MKMの代替としてみると随分と小さく

    1
      • 匿名
      • 2021年 4月 05日

      マレーシア軍自体の2021年度の予算が約39億米ドルらしいので中型以上の機体の購入や運用はやはり厳しいっていうのがあるのでは?

      4
    • 匿名
    • 2021年 4月 05日

    面白い選択肢だと思う
    東南アなら米中二大国(かつては露だったねぇ)から距離を置いてインド製の戦闘機を選んでもおかしくない
    それにもっと現実的にお金の問題だってある
    まぁ、ただ空飛ぶ的になるだけの箸にも棒にもかからないような性能だとお断りされるだろうが…

    1
    • 匿名
    • 2021年 4月 06日

    10年以上先を予定する更新計画でしょ、今はあちこちのお店で商品カタログを下見してるようなもんだから。
    F18とSu30を更新するのに安価な軽戦闘機という選択になるのか疑問だよ
    これからのアジアは荒れることはあっても安定は考えられないから

    2
    • 匿名
    • 2021年 4月 06日

    インドが戦闘機を売るとは…時代は変わりますな

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP