インド太平洋関連

オーストラリア空軍、F-35A追加導入をキャンセルする可能性が浮上

オーストラリアのハプフェルド空軍長官はF/A-18E/Fの後継機について「戦略的状況の変化と急速な技術進歩によってF-35Aの追加導入は不要になる可能性がある」と語り注目を集めている。

参考:Air force could reject extra Joint Strike Fighters

F-35A追加調達が確実視されていたF/A-18E/Fの後継機問題について新たな動き

オーストラリア空軍は老朽化したF/A-18A/Bの後継機としてF-35Aを72機調達(プログラムコスト170億豪ドル:約1.4兆円)することを約束、さらに同国のF-35A導入プログラム「AIR6000」が追加導入(28機)を示唆しているのでF/A-18E/Fの後継機もF-35Aで決まっているようなものだったのだが、戦略的状況の変化と急速な技術進歩によってF-35Aの追加分は不必要になるかもしれないと豪州メディア「Financial Review」が報じている。

出典:Peter Bailey from Ipswich, Australia / CC BY 2.0

豪防衛産業界のフォーラムに出席したメル・ハプフェルド空軍長官はF/A-18E/Fの後継機としてF-35Aを追加導入するのかという質問に対して「戦略的状況の変化と急速な技術進歩によってF-35Aの追加導入が正解なのか本当に第6世代戦闘機と呼ばれるものが誕生するのか見極める必要があり、この様な要素を検討しないのは愚かだ」と語って「同機が提供してきた長距離打撃能力の代替技術には複数の選択肢が浮上中でF/A-18E/Fの後継機は戦闘機ですらないかもしれないが、我々は状況の変化に応じて他の選択肢が出来たことを受け入れなければならない」と付け加えた。

恐らくハプフェルド空軍長官の発言は豪国防省が過去に「F/A-18E/Fの後継機候補にはF-35Aだけでなく無人戦闘機も含まれてる」と語ったのと同じ趣旨で、F/A-18E/Fが空軍に提供てしてきた長距離打撃能力は無人戦闘機や極超音速兵器で置き換えることも可能かもしれないと予測しているのだろう。

出典:ボーイング

因みにオーストラリアはF-111を失って以降、専用機による本格的な長距離攻撃能力を喪失した状態で「米空軍が開発中のB-21を導入すべき」との意見が飛び出すほど同能力の最取得に関心が高く、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)で防衛戦略の上級アナリストを務めるマルコム・デービス氏(豪政府の元防衛顧問)は「政治的にも財政的にも問題が多いB-21導入や単座で長距離攻撃に最適化されていないF-35Aよりも、無人で運用可能なロイヤル・ウィングマンこそ理想な長距離攻撃のプラットフォームに成長する可能性を秘めている」と主張したことがあり非常に興味深い。

ただオーストラリアはF-35プログラムに出資することで国内企業が27億豪ドル(約2,200億円)相当の部品供給契約を獲得しており、自国の防衛産業保護を考えればF-35Aの追加導入を簡単に切れない事情もあるので本当にF/A-18E/Fの後継機が無人戦闘機や極超音速兵器で置き換えられるのか未知数だ。

特にF-35については新たに導入を検討している国も多いが、F-35プログラム出資国(米国、英国、イタリアなど)からは予定導入数の削減に関するニュースが多い=無人戦闘機や第6世代戦闘機への乗り換えを示唆する動きが活発なのでF-35が本当に3,000機以上量産されるのか今後の動向に注視しておく必要がある。

関連記事:オーストラリア空軍の将来を左右する無人戦闘機開発とF-35A後継機問題

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain オーストラリア空軍のF-35A

インド、S-400導入中止を要求する米国の圧力に屈することはない前のページ

トルコ、S-400問題の解決に向けて米国と「クレタモデル」をベースに交渉開始次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国、ドイツの呪縛から脱出するため自走砲「K-9」のエンジン国産化に着手

    韓国の防衛事業庁は15日、海外輸出の可能性が高い装備品に使用されている…

  2. インド太平洋関連

    米軍が激怒、韓国メディアが在韓米軍司令官と家族を「侮辱」した?

    在韓米軍司令部は4日、韓国メディアの歪曲報道はエイブラムス司令官に対す…

  3. インド太平洋関連

    中国の「ワンチャイナ政策」押し付けに立ち向かう印メディアに称賛

    印メディアが台湾建国記念日に関連して台湾外交部の呉釗燮部長(外相相当)…

  4. インド太平洋関連

    インドネシア、お荷物状態の戦闘機タイフーン購入をオーストリアに打診

    インドネシアはオーストリアから戦闘機ユーロファイター・タイフーンを購入…

  5. インド太平洋関連

    UAV群制御、ステルス機、小型衛星、韓国が公開した興味深い技術や兵器

    創設50周年を迎えた韓国防衛事業庁傘下の国防科学研究所は5日、複数の無…

  6. インド太平洋関連

    韓国で大規模な兵器データ流出事件が発生、移転を受けた技術も含まれ国際問題化する恐れ

    韓国メディアは26日、国防科学研究所から機密扱いの技術データが大量に流…

コメント

    • 全てF-35B
    • 2021年 2月 12日

    よし、ここはF-35Bを導入だ。

    2
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      空母メルボルンの復活だね

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    アップデートの雲行きも怪しいし導入はそこそこにして様子見したほうが賢明だよね

    3
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    そこまで無人機(ロイヤル・ウィングマン)に期待してるのか
    ボーイングはもうオーストラリアに足を向けて寝られませんああ

    11
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    B-21ってそんなホイホイ売ってくれるもんなのか?

    6
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      型落ちB-2ならワンチャンあるかもだが、最新のB-21は売らないんじゃないか
      第6世代云々とも書かれてるし、第5世代じゃなくていっそ第6世代等の最新機種に更新する腹積もりなんだろう
      ただ上記のようにアメリカが簡単に最新型を売らないし、そもそも第6世代は輸出しないと発言してるから、必然的に欧州機になるからまだどうなるか分からんね

      8
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    日本だってわかんないよ、無人機がさらに進歩したりF3が順調に行けばあるいは

    4
      • 匿名
      • 2021年 2月 13日

      日本の場合、F-35が代替するものとF-3が代替するもの(予定)が違うから計画通りの機数導入するんじゃないかな?
      それにしても、プログラム参加国が次々導入機数削減する中、日本が最大の顧客になってしまうとは・・・そりゃ導入にあたって優遇されるよな。

        • 全てF-35B
        • 2021年 2月 13日

        今後更改される輸送艦、掃海母艦もDDHを兼務出来る様なので、此等の艦載機としてF-35Bが要る。
        F-35Àの必要が減ってもBに変えるだろうから、F-35全体の導入数が減る事はないだろう。

          • 匿名
          • 2021年 2月 13日

          そんなに要る?
          いずも型が多くて10機、輸送艦や掃海母艦ではそれより大幅に少ないだろうし、
          各艦の「F-35B枠」を同時にフル活用する事はないだろうし、
          同型艦については尚更。
          同時に20機以上を艦載する機会はまずないと思うけどなぁ。

        • 匿名
        • 2021年 2月 13日

        優遇される分、負担も押しつけてくるのが米国流
        他国の様子を確かめながら柔軟に対応しないと
        、ババ引かされる恐れもある

    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    日本もF35はAB合わせて100機位で止めとい方が良いと思う…

    4
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    記事はF-35よりコスパのいい機体が出るかもしれないから様子見と言ってるだけなのに、何でF-35が問題だみたいなコメントがあるんだ?煽りとかじゃなくて純粋に疑問。

    6
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      原因がF-35Aの問題じゃなくたって、導入機数が大幅に減れば調達単価が上がるでしょ?
      「F-35Aの導入は控えよう」みたいなコメントはあるけど、
      「F-35が問題だ」みたいなコメントは今の時点では見当たりませんよ?

      5
        • 匿名
        • 2021年 2月 12日

        「アップデートの雲行きも怪しい」って書いてるのが上にあるけど?

          • 匿名
          • 2021年 2月 12日

          「雲行き【も】」って言ってるんだから、(記事を受けて)調達を控える提案への「追加の理由」でしょ。
          記事からアップデートの雲行きが怪しいという情報を受け取った様には読めないよ。

    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    F-35は量産効果で下がってきた価格が上昇に転じるかもしれませんね。

    12
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 2月 12日

    ロイヤル・ウィングマンってそんなに高性能?

    11
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      今までの報道見る限りだと単体の戦力としてはそこまでの能力ないはずなんだが。
      次世代無人機の話としか思えん。謎。

      5
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      コストが例えば10億ぐらいであれば、ヴァルキリーを買った方が良いかも
      って、管理人さんも記事にしてた気が…
      そこまで高性能とは思いません

      2
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      別に同等以上の性能はなくても「代わり」は出来るよ。
      都市部の短距離移動なら車より自転車が便利だったりする様なもんでね。

      例えば長距離ミッションの場合、F-35ならパイロットの気力体力が持つ内にスーパークルーズでちゃっちゃと行って帰って来なきゃならないけど、
      無人機ならトロトロ亜音速の経済飛行で何倍もの時間を掛けて任務を遂行する事ができるし、
      場合によっては必ずしも帰って来ようとしなくていいから航続距離も半分で済む。

      9
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    無人機がポジティブな結果出してるのかな

    2
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    スーパーホーネットの置き換えなんて30年代以降の話なんだから
    国産という選択肢がない豪州はF-35でもテンペストでもFCASでも無人機でも好きに選べばいいかと。

    8
      • 匿名
      • 2021年 2月 12日

      つまるところ概ねそういうことなんでしょうね。
      以前もF-22が欲しいだとか、今更なに言ってんのって要望が飛び出てきたりでちょっと怪しいところですが。

      4
    • 匿名
    • 2021年 2月 12日

    そもそもオーストラリアは航続距離の長い機体を望んでいるのでF-35は性能不足と考えているんだろう。で、長距離攻撃手段が手に入るのであればそちらに金を割り振りたいと。
    その辺りは一貫してるよね。極超音速兵器にしろロイヤル・ウィングマンにしろ

    11
    • 匿名
    • 2021年 2月 13日

    次期戦闘機を買いませんか?

    • 匿名
    • 2021年 2月 13日

    まだアードバークの夢がさめてなさそう インドネシアまで作戦行動半径が無いとって政党が政権取るとしかたない 豪米日共同訓練してて空中給油のメドが立つかアンダーセンをフランクに使えるようになればかなり違うんだろうけど 第6世代機て航続距離的に日本のF-3意識してるのかな まず長そうだけれども

    • 匿名
    • 2021年 2月 13日

    マルコム・デービス氏はボーイングからそれなりの報酬は得られそうだね ロイヤルウイングマンが成長して後方のF35や豪本土からの指示でバリ島やスマトラ島あたりまで自立航行できるならRSCも低そうだし打ちっぱなしたミサイルキャリアとしたら確かに人的損耗考えたら帰りは考えなくても良くなるのかもしれん

    • 匿名
    • 2021年 2月 13日

    F-35は航続距離も戦闘行動半径も短い上に運用できるスタンドオフミサイルが当分JSMしかないというのが…
    長距離攻撃能力だけを重視するならそりゃ適任ではない

    • 匿名
    • 2021年 2月 13日

    日本はいいタイミングでF-35の取得とF-3の開発に取り掛かれたのだなあとしみじみ。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP