インド太平洋関連

韓国メディアによる指摘、インドネシアが「KF-X」に見切りをつけた理由

インドネシアが韓国と共同開発中の第4.5世代戦闘機「KF-X」に見切りをつけ欧州製戦闘機の導入に傾倒している理由について韓国メディアが報じている。

参考:한국형 전투기 개발 한창인데…인도네시아는 ‘외면’

韓国メディアの分析通りならKF-Xからのインドネシア離脱は避けられないのかもしれない

韓国とインドネシアは共同で8兆7,000億ウォンを負担して2026年までに第4.5世代戦闘機「KF-X」を開発して量産を行うことを決定、インドネシアは1兆7,000億ウォンの開発費用を負担して試作機1機と量産機48機を導入する計画だったのだが経済状況の悪化を理由に開発費用の支払いを渋り始め、2019年10月にプラボウォ・スビアント氏が国防大臣に就任したことが決定打となりKF-Xを取り巻く状況が一変してしまう。

インドネシア大統領選挙で現職のジョコ氏に破れた元陸軍司令官のプラボウォ・スビアント氏は国防大臣に就任(2019年10月~)直後、国防予算や前任者が決定してきた兵器導入計画を全面的に見直すと発言して注目を集めた人物で、彼は自分の言葉を実行に移すため積極的に欧米諸国に接近して各国の武器導入を仄めかす発言を繰り返した。

出典:Bundesheer Fotos / CC BY-SA 2.0

2019年11月には空軍の参謀総長が米国からF-16Vを導入すると発言、2020年1月には訪問したパリではフランスメディアに対してラファール導入に関心があると仄めかし、7月にはオーストリア空軍が運用中のタイフーンを購入したと公式に書簡を送るなど目まぐるしく変化しており、KF-Xの共同開発・調達を約束した韓国からすれば理解不能に近い。

この状況を整理してまとめた韓国メディアの分析によればインドネシアが「KF-X」に見切りをつけ欧州製戦闘機の導入に傾倒しているのは、インドネシアを取り巻く安全保障上の環境が変化したこととKF-Xへの失望が複合的に作用した結果だと指摘している。

南シナ海のナトゥナ諸島はインドネシアに帰属しているのだが同諸島に設定した排他的経済水域(EEZ)が中国が主張する九段線と重複しており、インドネシアはナトゥナ諸島の防衛強化や周辺海域のパトロールを強化するなど警戒を強めているがインドネシア空軍の航空戦力は中国空軍に比べて質や量の面で大きく遅れをとっており、周辺国のオーストラリアはF-35Aを導入中でシンガポールはF-35B導入を決定するなど2026年に必ず完成する保証のないKF-Xをのんびり待つ余裕がなくなってきた。

出典:Sunson Guo / Public domain 中国空軍のJ-20

さらにKF-Xは完成段階で統合されてい兵器が少なく、対艦ミサイル、巡航ミサイル、対レーダーミサイルなどの高度な兵器の統合は予定されているだけで直ぐには手に入らない。

補足:KF-Xの初期統合兵器はミーティアと米国製の精密誘導爆弾(JDAM/LJDAM/Paveway等)のみで、空対地巡航ミサイル「KEPD 350」の統合が2026年に間に合うのは微妙で、対艦ミサイルは国産品を開発中なので2026年には間に合わない。さらに対レーダーミサイルは予定のみで国産なのか輸入品なのかも不明。

要するに中国の脅威や周辺国との有事に備える必要があるインドネシアとしては実力が実戦で証明され兵器統合も充実しているF-16V、ラファール、タイフーンを導入したほうが確実で、短い期間で戦力化することが出来ると言う意味だ。

そのため韓国メディアはKF-X計画からのインドネシア離脱を防ぎ海外輸出を促進するためには「欠けている搭載兵器の統合を短期間で達成する必要がある」と主張しているが、戦闘機の開発経験のない韓国の事情を考慮すると短期間での実現は難しいとも言っており、仮に韓国メディアの分析通りならKF-Xからのインドネシア離脱は避けられないのかもしれない。

関連記事:韓国と共同開発中の「KFX」から撤退? インドネシア空軍がF-16Vを32機購入すると表明
関連記事:真偽不明、フランスがインドネシアにラファール購入+技術移転を提案?
関連記事:インドネシア、オーストリアとのタイフーン購入交渉が来週中にも実現か
関連記事:インドネシアの戦闘機調達はカオス、突然浮上したタイフーン購入に国内騒然
関連記事:米国、韓国の第4.5世代戦闘機「KF-X」に対し精密誘導兵器の統合を許可

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

カナダ海軍がSPY-7供給契約を締結、トマホーク搭載の次期フリゲート発表前のページ

トルコ、実戦で効果的だった電子妨害システム「KORAL」の後継を開発中次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    そうりゅう型潜水艦を9隻導入? 豪アタック級潜水艦問題の解決策に再浮上した日本の潜水艦

    オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)のアナリストは豪海軍が進めてい…

  2. インド太平洋関連

    日本も協力する台湾の次期潜水艦建造に韓国人技術者も大勢参加か?

    台湾が建造中の次期潜水艦に韓国人の技術者が大勢関わっているおり韓中関係…

  3. インド太平洋関連

    韓国、MQ-9リーパーに相当する国産無人航空機「MUAV」の量産を開始

    現在海外市場で最も人気が高い離陸重量5トン前後の中型無人航空機市場に、…

  4. インド太平洋関連

    費用負担が問題、韓国にロッキード・マーティンがF-35整備権限取得を提案

    日本のF-35国際整備拠点「MRO&U」運用が始まったことに関連して、…

  5. インド太平洋関連

    軍を無視して軽空母建造を進める韓国政府、今月中に公開討論会を開催?

    軽空母建造計画の進め方について韓国政府、海軍、空軍の意見が綺麗に分かれ…

  6. インド太平洋関連

    身勝手なインドネシア、韓国が未払いのKF-X開発費支払いを求めて交渉再開

    韓国は次期戦闘機「KF-X」の開発費支払い問題についてインドネシアと話…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    合理的結論から韓国とは手を切ると
    まことに単純明快でよろしい
    異論ある奴はいる?

    51
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      今後韓国としこりを残してでも手を切ることが合理的と判断してのことならよいのでは。
      国防、つまり生存戦略に関することなので私は合理性があると思います。

      20
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    勝手な都合で約束を反故にする。韓国が今まで繰り返してきた事ですね。
    因 果 応 報

    57
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    保有機の数も性能もローカル仕様のインドネシア空軍が、中共軍と渡り合うには、最新鋭機の導入は必至。
    それでも導入までに5-6年はかかってしまう。このタイムラグを考えれば、KF-Xという選択肢はない。

    39
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    >空対地巡航ミサイル「KEPD 350」の統合が2026年に間に合うのは微妙で、
    >対艦ミサイルは国産品を開発中なので2026年には間に合わない
    どちらも2026年のBatch-1に間に合わないのは確定では?
    だって、レーダーのルックダウン機能は2029年からに予定されてるBatch-2からですからねえ。 見つけられないなら発射もできない

    23
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      韓国は戦闘機開発の技術的準備ができていないのに、日本への対抗意識から焦ってKFXの開発を始めてしまった。
      まあ、こんなピンチに陥ったのも韓国自身の自業自得ですな。
      自国に出来ることと出来ないことを客観的に判断する能力が足りないのでしょう。
      イケイケドンドンの突撃一筋は通用しない事を思い知るがいいでしょうな。

      24
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        成功した人に「どうしたらあなたのようになれますか?」という質問が定番になってるんだが
        答えはだいたい同じで「今すぐ始めろ」「行動しろ」なんだよね
        今の日本人に足りないのはチャレンジスピリットだと思う
        成功するかどうかは別として新しい事に挑戦するのは悪い事ではない。

        14
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          他国との約束でそれされたら顰蹙を買うだけだと思う。
          そして実際に韓国は顰蹙を買ってる。

          22
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          いや世界最速に近い勢いでGen6作ってる日本にチャレンジスピリットが足りてなかったら他のどこにもないからそれ
          そりゃプレゼンで威勢よくできるかどうかも分からない計画をぶち上げる姿勢は少なめだとは思うけどそれってチャレンジとは違うし
          日本はどっちかっつーと何も言わずにコツコツと開発し続けて気が付いたらすげぇ技術保有してるタイプ

          18
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          誰もやったこと無い新しい事に挑戦するならそれでいいんだろうけどさ
          ラーメン屋始めようと思ったらまず作り方の勉強したりどこかに修行に出掛けるだろ?
          とりあえず店開店してから作り方は適当にググろうってやり方するのが韓国人だぞ…
          口八町で始めてしまえばなんとかなるってのはチャレンジとは言わん詐欺って言うんだ

          19
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      >>026年のBatch-1に

      ここが笑えるところ、2035年になっても戦力化は不可能だろう。初飛行でさえ怪しい。

      7
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        スケジュールの多少の遅れはあるかもしれないし、4.5世代機として未熟なことも十分あり得るとは思うけど、
        初飛行は流石に20年代中に済ませると思う。
        トラブルのは、その後じゃないかな?
        評価不十分なら、配備後に不具合噴出の線も。

        13
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          同意ですね。
          F414は調達したし、特別帰化開発陣もいるだろうし、飛ぶのは結構早いと予想します。
          配備や戦力化はいつの事やら、ですが。

          7
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    そもそもKF-Xの存在意義はなんだろう

    4
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      経験積むことかな?

      8
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      韓国人が必要とした時に韓国人の意思で自由に改修出来るプラットフォーム。
      それがKF-Xなんじゃね?

      6
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      国防族の利権確保と政権のポピュリズム

      7
      • 名無し
      • 2020年 11月 15日

      永遠のポッケナイナイ事業。
      底なしのATM事業。

      5
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    KFXは見た目はステルスだけどステルス機能なんて無いし兵装は外付けだし
    それならラファールやタイフーンやF-16Vと比較して優位性あるのか?って言われると厳しいよね
    それに完成すらしていない絵に描いた餅なのだから相手にならんわな
    まだロシアからステルス戦闘機買う方が実現性が高い
    でもインドネシアって代金をパーム油で支払うって言い出しかねないんだよな
    ホントケチだから

    25
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      J-20相手だとねぇ・・・KFXは完成時期的に時代遅れな上に性能は微妙だし米国はF-35の販売を渋るかも知れないからロシアがSu-57辺りを推して来そう
      元よりインドネシアに計画参加のメリットが薄いのが分かってるからそりゃ逃げられますわ

      16
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      吝嗇って言うより単に金がないんだよねぇ。

      元々資源輸出国だったのが、方針返還で「資源の輸出はしない、加工品の輸出にする」ってなって、金属でも精製後のインゴットの輸出になった。
      これは資源企業側から見るとインドネシア国内に不要な大規模精製設備を追加で建設することになり、インドネシア政府ともめて生産量がガタ落ちしたりしてる。
      今は少しづつ工業国に脱皮しようとしてるが、宗教的習慣の問題もありで足踏み中と。
      先に工業化を終わらせてから資源輸出管理を強化すればよかったんだと思うけど後の祭り。

      9
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    韓国が言うように仮にKFXがF-16Vと同等以上だったとしても2030年代に登場する頃にはF-16もVer UPして確実にKFXを上回っているはずだし価格も高く性能も低い上に搭載兵器も少ないKFXにこだわる意味は確かにインドネシアにはないな

    14
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      韓国が自前の技術でKFXの開発してたら、インドネシアとしても技術習得のメリットがあったのだろうけどね >共同開発

      11
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      > 韓国が言うように仮にKFXがF-16Vと同等以上だったとしても

      確か、韓国が保有するF-16C/D Block 52と比較しての話だった気がします。
      KFXはF-16Vに敵わないのではないですかね、F-16Vは大幅に進化しすぎました。

      韓国としてはF-16のポジションを奪い取って兵器分野でも輸出大国()を実現したかったのでしょうがね。
      考えが酷薄すぎて呆れます。

      4
        • 匿名
        • 2020年 11月 16日

        仮に万が一、何かの間違いでそれが技術的に実現したとして、
        「F-16の市場を奪おうとする輸出用KF-X」のためにアメリカが
        F414を供給する訳もなく。
        あとどっちかってーと「浅薄」ではないかと…

        1
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    KFXっ世界的な需要が見込める最強戦闘機じゃなかったけ?

    9
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      そんなに笑うなよ、韓国はまだ20世紀だから21世紀の世界を知らないのさ

      14
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      韓国の世界はハングルが通用する範囲なんだよ。

      10
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    KF-Xの長期的な目的を考えればインドネシアが撤退したとしても韓国に損はないと思うが、輸出の実績がなくなることで機体一機当たりの価格が確実に高騰するのが問題だな。
    韓国の防衛事業庁曰く他国の4.5世代機と比較して安価であるのが魅力だったのにそれが無くなるからな。

    14
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      あるよ。
      輸出目的なのだから、インドネシアと言う海外の顧客に買ってもらえない事は直接的な利益が消える。
      さらに韓国が欲してやまない実績も消える。
      割と致命的な損失。

      13
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        インドネシアは出資国だからそもそも製作資金がなくなるわな

        7
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    韓国メディアにしては、冷静且つ的確な指摘もしている良記事だな
    韓国人もこれ位冷静なら嫌われないだろうに
    後、インドネシアが韓国から手を切る理由も国防大臣の我儘だけでは無かったと言う点も興味深い
    要は兵器国産技術獲得の為にKFXに参加しようとしたが、トラブル続きになって進まない内に自国の安全保障環境が悪化して、直ぐ有力な戦闘機が欲しい状況になったのが韓国と絶縁すると言う訳か

    21
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      トルコ周辺といい、最近世界中が一気にキナ臭くなって来てますからね
      何時かも知れぬ未来の新型機よりも、今手に入る可能な限りの最新鋭機の方が重要と
      相変わらずインドはインド時空していて、軍がキレてるみたいですけども

      5
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      世界日報だからね。 韓国ではマトモなメディア。
      「統一教会」(世界基督教統一神霊協会)系の韓国の保守系日刊全国紙。 ってあの統一教会系だけど、ここの記事は大体マトモですね。

      7
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        統一教会系なのに比較的まともな事に感心すべきなのか、
        統一教会系が比較的まともな部類になる韓国メディアに呆れるべきなのか。

        21
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          どちらでも無いですね。
           日本だと、壺、集団結婚式、桜田淳子のイメージですが、韓国では経済の一角を占めてて、かつ、確固たるポジションを築いてる、ある意味でアンタッチャブルです。 なので、政権を批判しても誰も文句を言えません(中央日報、朝鮮日報が直截に政権を批判したら潰されます) なの、宗教集団としてはプロテスタント系で最大勢力を誇っている(名前は失念)教団も別の意味ですがアンタッチャブルです。
           あの、国会議事堂がある汝矣島での大地主(売ったねど)だったし、平昌オリンピック会場では、開催決定前にガンガンに土地を買って、高値で売って大儲けですね。 田舎の人にとっては「嫁」を持ってくるありがたい宗教集団でもありますしね。

          7
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    有事に間に合わない兵器開発になんの意味もない
    インドネシアの話は筋が通っている

    15
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    ヒトゴトじゃないよね。
    日本はいつ次期戦闘機が配備されるのだろう?
    F-35は部隊が組めるほど数が揃って?もう実働なの?

      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      去年の時点で初期作戦能力は獲得済みです。

      15
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        そして、F-35を補完すべきか4.5世代機は20年前に開発済みと。
        そんな日本でも、中国とまともにぶつかれば物量の前に潰されるだろうから、本当に厳しい環境だよね。

        13
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          中国の物量って言うても1000機程度なんで台湾が40機F-35導入したら4か月粘れるってランド研に評価される程度やけどな
          147機導入する日本なら正直そこまで、って感じではある
          アメリカ並みの物量持ってたらさすがにヤバそうだけど

          8
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      日本に戦闘機の空白はありません。F-4の代替はF-35で充足できているし、次期戦闘機はF-2の退役に間に合えばいいわけだし。
      よく考えずにその場の感情で物事を決めてしまう韓国とは違うのです。

      15
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    三菱MRJにならって凍結しとけばいい
    そのまんま廃案になるだろうけど
    誰も見てないのに見栄はって自滅するよりも、引き際を知る方が賢いって
    これが老婆心てやつだ

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      MRJはボンバルディア買収済みでコロナ禍でエンブラエルが死んだ後は労せずして西側市場を独占できるという都合のいい展開を描ける立場にあるからまだ「凍結」で分かるんだが
      KFXにはそういう美味しい立ち位置というのがないんで潔く止めておく方がいいと思うぞ

      8
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        MRJだが、エンブラエルは兎も角買収したボンバルディアの航空機事業は既存機の整備事業だけで、同社が開発していたMRJの同級機・Cシリーズはエアバスに売られて既にA220として実用化されているぞ
        それに三菱は社内で諍いが起きて開発陣の一部が退社した結果ガタガタだから、此の儘MRJは開発中止になってもおかしくない
        空自の次期戦闘機に開発陣を取られる形になっているし、小型旅客機の市場なんて今後皆無に等しい状況になるだろうしな

        6
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    この所ロシア側の動きが全く見られませんがSu-35の販売は諦めたんでしょうか?

    4
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    なんてこった。
    韓国メディアがマトモな事言ってる!
    政府がアホな計画を次々出してくるから、おかしくなっちまった。

    もし、インドネシアがそんな風に考えてるなら、素直に発表してると思う。
    だから、国防相が好き勝手やってるだけと見た。

    7
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    韓国軍事産業に必要なのは外国要人へのキックバックの約束が個人でなく役職に追随する様にする仕組み作りではないだろうか

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      韓国は休戦中。
      インドネシアは周辺国の動向を的確に把握してるからファンタジーと化したKFXから撤退。
      緊急性の高い韓国が悠長な対応なのが滑稽だ。

      9
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        冷戦後の欧州が悠長なのは何となく理解出来るけど、韓国が悠長ポイのは個人的に理解し難いです。
        日本気にして歪な軍備する余裕、どこから来ているのだろう?

        12
          • 匿名
          • 2020年 11月 15日

          兵器開発には長期間の継続的努力が必要だけど、韓国の場合は基本的に五年(大統領任期)以上の同一方針の政策が不可能。
          例外として反日は与野党協賛の事柄だから、対日兵器開発と言えば五年以上の継続が見込める(計画通り完成するとは言っていない…)
          多分こんなところだろう(棒)

          7
          • 匿名
          • 2020年 11月 16日

           兵器の配備は歴史的には悠長では無かったよ(兵器の開発では無くね) だけど、金大中以降、反・北朝鮮がほぼなくなって、「反日」だけが残ってるからそう見えるけどね。
          李承晩、朴正熙時代は反・北朝鮮(反・共産党)+反日の施策で、朝鮮戦争のトラウマで戦車を大補強、アメリカに設計してもらったK1を大量に導入した。
           漢江の北朝鮮側の金剛山ダム(決壊されたら・・・)に対応して平和のダム(貯水してない)も建設してた。陸軍の兵器が主体。 空軍の兵器は反・共産政策のアメリカからピース・xxxってプロジェクトでF-4/F-5/F-16を安く提供されてるのよね(なんでF-16 Block52も、52相当で旧式の機器が搭載されてる)
           その後、金大中以降は反日だけが残って、空軍、海軍の増強にまい進してる。 
           最近の動向(開発)が悠長に見えるのは、理由は知らないけど北朝鮮は攻めてこない、輸出・命って開発だからかもね。

          2
            • 匿名
            • 2020年 11月 21日

            韓国に攻め込む石油も金も無いんだろうね
            ムンが容共なのはともかく在韓米軍まで韓国の装備更新が遅れまくってるの傍観してるの見たら
            米軍も北の南進は無いと思ってるとしか思えない
            F-4/F-5,M-48の更新放置,強襲揚陸艦,イージス艦買って哨戒艇の火力強化放置って米軍がよく黙ってるなって

    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    自国メディアの冷静な分析に特に異論も無いです

    逆にインドネシアがKFX計画を抜けない理由を探すのが大変

    7
    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    なぜインドネシアは韓国なんかと共同で戦闘機事業を始めようと思ったんだ?

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 15日

      類は友を呼ぶから
      それだけ

      3
      • 匿名
      • 2020年 11月 20日

      そりゃ先進国に言ったら途上国の分際で何夢見てんだ俺んとこの戦闘機買えでオワッチャウ

    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    最初に検討してたF-15SIにしとけば良かたんじゃないの?
    ライセンス生産で
    値段はF-16Vよりも高くるだろうけど、F-15は基本設計が良いから
    兵器搭載量もドッグファイトの性能も当然のように勝るんじゃない?
    そしてKFXに付いてる若干のステルス能力もあるし

    完璧過ぎない?

    4
      • 匿名
      • 2020年 11月 20日

      治具ごと売りにだされてたF-20買ってれば内外のF-5の更新需要も取り込めてミリオタも皆幸せになってた

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP