インド太平洋関連

豪国防省が200発以上のトマホーク購入を正式発表、ホバート級で運用

米国務省は3月「オーストラリアにトマホークを売却する可能性を承認した」と発表していたが、豪国防省は21日「ホバート級駆逐艦向けに200発以上のトマホークを購入する」と正式に発表、取得費用は約13億豪ドル=約1,210億円になるらしい。

参考:Australia invests in powerful new high-tech missiles

オーストラリアが導入するトマホーク、コリンズ級潜水艦での運用はなし

オーストラリア海軍はバージニア級原潜を取得する2030年代までコリンズ級潜水艦の運用を続けるため、ディーゼルエンジンを含む推進システム全体の交換、冷却能力のアップグレード、非貫通式潜望鏡への変更などを含む大掛かりなアップグレード(Life of Type Extension=LOTE)を計画しており、コリンズ級潜水艦へのトマホーク統合も検討していたが、米国務省は3月「オーストラリアに対外有償軍事援助(FMS)で最大20発のトマホークBlockIVと最大200発のトマホークBlockVを売却する可能性を承認した」と発表した。

出典:Nick-D / CC BY-SA 4.0 オーストラリア海軍 ホバート級駆逐艦

米国が承認した内容は「最大20発のトマホークBlockIV」と「最大200発のトマホークBlockV」で、最大8億9,500万ドルの契約にはスペアパーツ、トレーニング、メンテナンスなど関連機器やサポートが含まれており、現地メディアは「今回のトマホーク導入はホバート級駆逐艦(恐らくハンター級フリゲートも含まれる)に配備することを前提している」と報じていたが、豪国防省は21日「ホバート級駆逐艦向けに200発以上のトマホークを、F/A-18F、EA-18G、F-35A向けに60発以上のAARGM-ERを購入する」と正式に発表。

この購入にかかる費用は計17億豪ドル(トマホーク購入に約13億豪ドル+AARGM-ER購入に4.31億豪ドル)で、この他にも陸軍のボクサー向けにイスラエル製の対戦車ミサイル「Spike II(正確な種類は不明だが地上発射で射程が5km以上だと言及しているためSpike-LR IIの可能性が高い)」の調達を発表しており、これはラフェルと現地企業の合弁企業=Varley Rafael Australiaが生産を請け負うため国内調達になるらしい。

出典:U.S. Navy

因みに日本が購入するトマホークについては米国務省の承認が発表されていないため、まだRTX(旧レイセオン)との正式な購入交渉が行えていない状態だ。

関連記事:米国務省、豪州に最大220発のトマホークを売却する可能性を承認
関連記事:豪海軍、アップグレードを行うコリンズ級潜水艦にトマホーク統合を検討
関連記事:オランダ国防省、フリゲート艦と潜水艦向けにトマホークを取得すると発表
関連記事:日本が導入するトマホークは最新のBlockV、調達スケジュールは挑戦的
関連記事:防衛省、2027年度までを目処に最大500発のトマホーク購入を検討中

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Jonathan Sunderman/Released

バフムートの戦い、ウクライナ軍が再びロシア軍の機械化部隊を砲撃で殲滅前のページ

ザポリージャ州の戦い、ロボーティネ集落内を進むウクライナ軍兵士の映像次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    豪海軍のハンター級フリゲートは海に浮かんだとたん時代遅れになる

    豪海軍のハンター級フリゲートは海に浮かんだとたん時代遅れになる可能性が…

  2. インド太平洋関連

    インド、第5世代戦闘機の試作機が2026年までにロールアウト可能

    インドの国防研究開発機構(DOD)は政府に第5世代戦闘機「AMCA=A…

  3. インド太平洋関連

    韓国の武器輸出額が武器輸入額を上回る、2021年受注額は50億ドル突破が濃厚

    韓国防衛産業界が2021年に受注した契約額が累計50億ドル/5,700…

  4. インド太平洋関連

    オーストラリア、国内建造の準備が整うまでリース方式による米原潜調達を検討

    オーストラリアのダットン国防相は19日、国内建造による原潜戦力化までの…

  5. インド太平洋関連

    韓国、フィリピン海軍が調達するコルベット艦2隻を現代重工業が約570億円で受注か

    英国のジェーンズはフィリピン海軍が調達予定のコルベット艦について「韓国…

  6. インド太平洋関連

    韓国、豪州への自走砲K-9輸出はファイブアイズ構成国進出への第一歩

    韓国防衛産業はファイブアイズ構成国のオーストラリア市場に進出することで…

コメント

    • 58式素人
    • 2023年 8月 21日

    記事ではよく読み取れませんが。
    コリンズ級はトマホークを載せるのでしょうか。
    載せるならば、英海軍タイプ(魚雷発射管より発射)なのでしょうか。
    日本の場合、潜水艦用VLSは検討が始まったばかりと思います。
    日本もそうですが、英海軍タイプを再生産してもらうのかな。
    補強が必要と思うので、お値段は上がるでしょうが
    そうならば、メーカーは大変だけど、用兵側は比較的に楽なような。
    載せるトマホークの数だけ魚雷を減らす必要がありますが。

      • バーナーキング
      • 2023年 8月 21日

      「オーストラリアはコリンズ級潜水艦の運用継続のためのアップデートの中でトマホーク統合を検討していたはずだが、今回のニュースでは
      >purchase more than 200 Tomahawk cruise missiles from the United States for the Royal Australian Navy’s Hobart Class destroyers
      としか書いておらずコリンズ級の話は出ていない」という記事ですよね。
      それをどう捉えるかは読者次第かと。

      1
        • 58式素人
        • 2023年 8月 22日

        記事の中見出しに”コリンズ級での運用はなし”
        とありますね。見落として、先走りました。
        よく読まないと、ですね。

        2
    • 全てF-35B
    • 2023年 8月 21日

    そろそろ、キャンベラ級にF-35B載せて欲しいものだ。

    1
    • 無印
    • 2023年 8月 21日

    ハンター級は数が減らされる、ってこの前記事になってましたけど、代わりに導入されるアローヘッドにトマホークの運用能力を付与するつもりなんですかね

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP