中東アフリカ関連

弾道ミサイルで攻撃されたパキスタン、イランへの報復攻撃を開始

イランのイスラム革命防衛隊は「テロ組織の施設や拠点がある」と主張してシリア、イラク、パキスタンを弾道ミサイルで攻撃、パキスタン外務省は「深刻な結果を招く恐れがある」と警告していたが、18日にパキスタン軍はイランへの報復攻撃を開始した。

参考:Iran Executed Its Farthest Ballistic Missile Strike Ever With New Weapon
参考:Pakistan-Iran News LIVE Updates: Islamabad launches retaliatory missiles on Iran, killing 6 including kids

パキスタンとイランが近いうちに本格的な戦争を始める可能性も

イランのイスラム革命防衛隊は「テロ組織の施設や拠点がある」と主張してシリア北西部のイドリブ(テロ組織の施設)、イラク北部のアルビル(モサドの施設)、パキスタンのバルチスタン(ジュンド・アル・シャームの拠点)を弾道ミサイルで攻撃、パキスタン外務省は「罪のない子供が死亡した」「パキスタンの主権を侵害する行為は全く容認できない」「この攻撃は深刻な結果を招く恐れがある」と警告していたが、パキスタン軍はイランへの報復攻撃を開始した。

出典:IMA Media イランの弾道ミサイル

パキスタン外務省は18日「イラン西部スィースターン・バルーチェスターン州にあるテロリストの隠れ家に対して精密攻撃を実施した」と発表、インドメディアは「パキスタンとイランが互いの領土を攻撃し合っており、近い内に本格的な戦争に発展するかもしれない」と報じている。

因みにイランはパキスタン軍の攻撃について何も反応を示しておらず、このまま戦火が拡大するのか、事態が鎮静化に向かうのか予想もつかない。

追記:イラン国営メディアは「パキスタンの攻撃で民間人7名が死亡して複数人が負傷者した」と報じている。

関連記事:イランとアフガニスタンが武力衝突、タリバン元司令官もテヘラン占領発言で挑発

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

仏国防相、ウクライナ向けに155mm自走砲を78門生産すると表明前のページ

フランスがウクライナ支援のため砲兵連合を設立、さらにAASM提供も発表次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    両国とも戦闘機が出撃中? イラン、イラク駐留の米軍に対し弾道ミサイル「Fateh-110」を発射

    イランが8日未明、米軍が革命防衛隊「コッズ部隊」のスレイマニ司令官を殺…

  2. 中東アフリカ関連

    国連のグテーレス事務総長、イスラエル軍の救急車攻撃に恐怖を感じる

    グテーレス国連事務総長も「シファ病院前で救急隊が攻撃されたことに恐怖を…

  3. 中東アフリカ関連

    南アフリカ空軍のグリペン、飛行停止から1年ぶりに空へ戻ってくる

    南アフリカ空軍のグリペンは資金不足の影響で昨年9月に飛行を停止したが、…

  4. 中東アフリカ関連

    エジプト陸軍の戦車M1A1がリビア国境沿いに集結、トルコ軍と一戦交える可能性も

    エジプトがリビア内戦に正規軍を投入する可能性が高まっている。仮に正規軍…

  5. 中東アフリカ関連

    ロシア海軍初のアフリカ拠点建設が中断、スーダンが荷物をまとめて出て行くよう通告

    ロシアはスーダンのポートスーダンに海軍基地を建設するため昨年末スーダン…

コメント

    • 無限
    • 2024年 1月 18日

    一部の親露派界隈では、ロシアのおかげで中東諸国は団結したと認識しているそうな。

    26
      • ヤギ
      • 2024年 1月 18日

      親ロ派界隈はしらないので初耳ですが、中東が安定したなんてことはなく、ウクライナとガザで親中露派か親欧米派かで対立が顕著になったと思いますね

      56
    • 幽霊
    • 2024年 1月 18日

    ウクライナにとってはパキスタンとイランが戦争になった方が有り難いでしょうね
    戦争になれば流石にイランもロシアを支援する余裕は無くなるでしょうし。

    69
      • うくらいだ
      • 2024年 1月 19日

      でも日本困るべ
      あのあたりの石油輸入国全部こまる
      ロシア石油貴重になる
      物価もまた上がるかも
      支援国にも大きな影響あるかも
      そう簡単な話じゃなさそうな気がするけど

      10
    • たむごん
    • 2024年 1月 18日

    パキスタン、核保有国ですからね…。

    穏便に収まる事を願っています。

    51
    • 分析
    • 2024年 1月 18日

    あんまり物事を単純化するのもよくないですが、要するにイランがアメリカの影響力低下で調子に乗りすぎた感じですかね?
    アメリカ筆頭に欧米に制裁を課されていたときにパキスタンにちょっかいなんて出してないですよね。

    21
      • タチコマァ
      • 2024年 1月 18日

      最近のイランはあちこちで火遊びし過ぎでしたからね……今回の発端にしてもパキスタン以外にミサイル撃ちまくってたようですし

      42
    • 774rr
    • 2024年 1月 18日

    シャヘドの供給量に影響するかな?
    小競り合いなら兎も角本格的な紛争になればアメリカ様の介入もあるかな?

    何れにせよロシア人にはアタマの痛いハナシやろうね

    14
    • マダコ
    • 2024年 1月 18日

    厄介な感じになってきましたね。。これが本格的な戦争にならないことを願うばかりです。
    パキスタンは、現在は親米路線ですが、仮にこのまま行くところまで行けば、その路線を継続しざるをえないでしょう。同時に、中国との関係もありますので、一線は出ないのでは?と思いたいのですが。。
    インドとは元々仲が良いとは言えない関係なので、大国の後ろ楯はあればあるほど良いという感じでしょうし。

    17
    • sada
    • 2024年 1月 18日

    イラン、パキスタンともたがいの領内にあるバローチ人の独立運動を狙ったと言う話があり
    プロレスの可能性もあります
    まあだったらそれぞれ自国領の拠点狙えと言う話なのですが

    ただ事前にイランはインドと話をしている可能性は高いですね
    なにしろ15日にインドの外相はイランを訪問しています

    29
      • sada
      • 2024年 1月 18日

      報道ベースで見る限り、両国とも面子はたもちたいけど事を荒立てたくない感がぷんぷんです
      ますます「なんでこんなバカな事を」感が否めません

      6
      • ふむ
      • 2024年 1月 19日

      >まあだったらそれぞれ自国領の拠点狙えと言う話なのですが

      自国民から民族自決権剥奪したら弾圧なので武力制裁、というユーゴスラビアにNATOが空爆して国分裂って例があるので…
      国際政治的には互いに「他国のテロ組織を狙った自衛権行使」の方が収まりは良いという事でしょうかね

      12
    • gepard
    • 2024年 1月 18日

    パキスタンは長年の友好関係からウクライナへの重要な152mm砲弾の供与国でもあったはず。ウクライナにはおそらく悪いニュース。
    タリバンなどを巡ってイランと小競り合いを繰り返してきた経緯から軍事衝突に驚きはない。米国撤退からのアフガン不安定化が招いた必然。問題はエスカレートの規模である。

    パキスタンは不安定な国内情勢が続き、宿敵インドは反イスラムの国民感情から親イスラエルへの傾倒を深めている。
    様々なものの見方ができそうな不穏な状況である。

    25
      • タチコマァ
      • 2024年 1月 18日

      その辺りはイランもロシアに相当量の無人機や砲弾供給していたので恐らくウクライナにとってもロシアにとってもグッドニュースでありバッドニュースかと
      強いて言えばハマスやフーシ派の支援が停滞する可能性もあるのでアメリカには好都合?このまま戦闘が激化したらの話ですが

      13
    • odjg3
    • 2024年 1月 18日

    中国が一番戦々恐々としてそうですね。
    イランとパキスタンは上海協力機構の加盟国で中国と仲が良いですし、中国にとってもイランとパキスタンは重要な国です。
    中国が2ヵ国をコントロールできるかどうか試されていますね。

    27
    • Sisu
    • 2024年 1月 18日

    SNSでインド人が大盛り上がりになっていますね
    インド人にとって本来はイランもパキスタンもどっちも敵国なんですが建国以来紛争を繰り返しきたパキスタンの方が当然憎いのでイランを賞賛する声が多いようです

    15
      • 名無し
      • 2024年 1月 18日

      いやイランは兄弟国家といって有効国扱いしてますよ。

      パキスタンとサウジ
      インドとイランが友好関係

      23
    • tom
    • 2024年 1月 18日

    パキスタンとかイスラム国を西側の国が資金援助とかして裏でたきつけてんじゃないの
    これでイランとパキスタンが戦争始めたら一番得するのはハマスとかフーシ派への支援が減る西側とイスラエルだろ

    8
      •     
      • 2024年 1月 18日

      抗う力を与えてパワーバランスを取ろうという戦略は良いと思います

      4
    • 一般通過OSINT
    • 2024年 1月 18日

    今回の事件は完全に交換殺人の手口でワロタ

    15
      • ふむ
      • 2024年 1月 19日

      ザッと調べたところ、イランが狙ったのはパキスタン領内にも拠点置くイラン分離独立活動組織ジャイシュ·アル·アドルってとこのようですね
      そらイランも攻撃しますわ
      パキスタンが狙った標的はどこなのか…

      5
        • 暇な人
        • 2024年 1月 19日

        パキスタンからの独立を主張するバルーチ人勢力ですね。
        双方から独立を主張する勢力ですけど、隣国に逃げてテロ活動してるという面倒な連中

        6
          • ふむ
          • 2024年 1月 19日

          おっとレス書いてる間に入れ違い
          ご教示ありがとうございます

        • ふむ
        • 2024年 1月 19日

        追記

        パキスタン軍の声明によると標的は「バルチスタン解放戦線」と「バルチスタン自由軍」だそうで
        巻き添え被害さえ抑えられれば、国同士の戦争には発展しなさそうですね

        5
    • ブルーピーコック
    • 2024年 1月 18日

    ソレイマニの追悼式典でのテロ攻撃に対する報復とはいえ、フーシといい革命防衛隊といい、勝手にやってるとしか思えないような行動してるな。まあ、革命防衛隊はナチスの武装親衛隊のような組織だから権限は有るんだろうけど。

    11
    • 朴秀
    • 2024年 1月 18日

    いきなり他国にミサイルを叩き込むって
    イランがゴキブリのごとく嫌っている
    イスラエルやアメリカとやっていることが一緒ですね

    40
    • ak
    • 2024年 1月 18日

    パキスタンの政権・軍部にはタリバンのシンパがかなりの数入り込んでいてズブズブだという話は聞いていたけど、そいつらがイランにチョッカイ出していたとは知らなかった。

    イランも、シリアやイエメンとかへのシーア派勢力拡大に武器援助その他をせっせと突っ込んでたけど、それに加えてさらに周辺国のスンニ派勢力と同時にドンパチやるほどの余裕が有るんだろうか?

    まあ直接の原因は、先日革命防衛隊の大佐がテロで殺されたせいなんだろうが。

    10
    • 白髪鬼
    • 2024年 1月 18日

    イランとパキスタンの諍いで一番泡食ってるのは中国かもしれませんね。
    インドを牽制するために、パキスタンには気を使って来たのに、反米で連携してきたイランが噛み付いてしまったんですから。どっちに味方しても、その後の戦略への影響が避けられない。
    特にパキスタンは、アメリカともそれなりの関係を維持している以上、体面を傷つける形での幕引きは出来ない。
    一方で、3カ国同時に攻撃するという、明らかに理性的な判断を欠いているイランに(そもそも政権が革命防衛隊を統制できていない可能性が高い)、なんらかの謝罪を伴う、外交的手段で収拾出来る可能性も低い。
    王外相、頭抱えてたら面白いなぁ。

    25
    • 名無し
    • 2024年 1月 18日

    時代のうねりが止まらない……
    西側優位の秩序が崩れると俺の生活が大変になるから勘弁してくれ

    27
    • 匿名
    • 2024年 1月 18日

    あんまりびっくりしなくなってきた…歳を取ったせいかなぁ。
    生きてるうちに何処かが核ミサイル撃つかな?てなもんで…。

    7
    • うくらいだ
    • 2024年 1月 18日

    それよりも日本の石油やばない?

    12
    • 折口
    • 2024年 1月 18日

    核開発するすると言われて結局正式配備にこぎつけてないイランと違い、パキスタンはインドとの核開発競争の過程で戦術級核兵器を配備しています。この両者の間で衝突が激化した場合について考えるのは恐ろしいことです。相次ぐ災害による荒廃やタリバーンによる逆輸入テロが起こっているパキスタンにしても、国内の政治状況が騒然として東西南北全てとの関係がきな臭くなっているイランにしても、好き好んで戦争している場合じゃないと思うんですけどね。まぁ、屋台骨がしっかりしてる国はそもそも戦争しないものですが…

    6
      • kitty
      • 2024年 1月 19日

      2000年頃の米議会報告書で、パキスタンは核報復能力を獲得したとか言われていますから、戦略核も装備済みと考えるのが筋でしょう。
      投射手段の実験は幾度となく行われていますし、わざわざ配備したと宣伝しないだけで。

    • nmb
    • 2024年 1月 18日

    報道によるとお互いに相手領内のバローチ人武装勢力を攻撃しているようなのでむしろ双方とも利害が一致しているような印象を受けるのですが、両国の反応を見るに事を荒立てたくないようなので、これをきっかけに本格的な戦争になるようなことはないと思います。
    バローチ人組織はずっとパキスタン内の中国人を攻撃してきたので中国も内心では「もっとやれ」と思っているかもしれないですね。

    20
    • 名無し
    • 2024年 1月 18日

    この地域に詳しくないけど、頻繁にやりあっている状況の中での出来事なのか?
    そうじゃないとしたら、イランの攻撃はなぜこのタイミングだったのかね?

    3
    • うし
    • 2024年 1月 18日

    もう第三次世界大戦でよくね?

    2
    • おるか
    • 2024年 1月 19日

    イラク、シリアは政情不安定かつ小国だから攻撃しても反撃はないと考えるのはわかる。なんで攻撃してんのかはわからんけども。
    けど、パキスタンはちゃんとした軍もあるし政情も比較的安定してるんだから反撃されるのはわかると思うんだが、なぜこんなことをしたのか。
    なんちゃら回廊の件も燻っているときに、また新たな問題を自分から抱えにいくイランの考えがわからない。

    1
      • sada
      • 2024年 1月 19日

      12月15日にそこに拠点を置いてる反イラン組織が警察署を襲撃したから

      7
      • 暇な人
      • 2024年 1月 19日

      いやパキスタンは反インドのムスリムってだけで国内は民族対立とかで滅茶苦茶なんで。
      国家として機能しているかあやしい。バングラデシュが分離独立したようにね
      政情も少し前に反米で親露よりのカーンが実質的なクーデターで首にされて、親欧米政権になった国、カーンは選挙によって国民の支持を受けて成立した反米政権で軍部と対立していたからね
      首になってからもアメリカの工作で潰されたとメディアでいっていたら、デマを流したからといって逮捕されている。
      エジプトに近いかな?国民は反米なんだけど、軍部は親米でアメリカのコントロール下にある。
      各地で独立運動してる民族主義勢力やアフガンからの難民、相次ぐ天災で大変。
      このイランに攻撃した連中もイランからパキスタンアフガンにまたがる民族で独立を主張してテロ活動してるけど、
      イランに攻撃してるのに何もせずに傍観してた、たいてい中国にテロ活動してる団体なんだけどね。

      おそらくインドあたりが支援してる勢力、イラン攻撃になるとアメリカかもしれない。

      3
    •  
    • 2024年 1月 19日

    中東全域に戦争が広がるかとおもったが、今回のケースはまだお互いに(比較的)節度を保った限定的な武力行使のようにも見える。共通してるのは互いに「テロリストを攻撃した」や「主権の侵害」「領空侵犯」といった表現で避難しあってる点。恐らくだが本格的な衝突は望んでいないのではないか?

    10
    • 冬戦争
    • 2024年 1月 19日

    パキスタンの後ろには米国がいる。昨年パキスタンで反米政権がクーデターで打倒され親米政権となった。ウクライナのマイダン革命と同じ。ウクライナに親米政権を樹立してロシアと戦わせているのと同じやり方。パキスタンをイランと戦わせようというもの。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP