中東アフリカ関連

スーダン内戦7日目、正規軍側がハルツーム州に数千人規模の増援を投入

スーダンの首都ハルツームを巡る戦いは準軍事組織(RSF)が市内の支配エリアを増やしており、一方の正規軍側もハルツーム州に数千人の増援を投入したと報じられている。因みにメロウェ空港で捕虜になった204人のエジプト空軍兵士は全員解放された。

参考:تطورات السودان.. الدعم السريع يوافق على هدنة إنسانية 3 أيام والجيش ينشر آلاف الجنود في الخرطوم
参考:Ethiopia rejects allegations its military crossed into Sudanese territory

参考:‘Mission accomplished’: Behind the scenes of evacuating Egyptian troops from Sudan

RSF側はハルツーム国際空港の周辺やオムドゥルマンの白ナイル川沿いで支配エリアを増やしている

スーダンではダガロ副議長が率いる準軍事組織(RSF)が「21日午前6時から72時間の人道的停戦に合意した」と発表したが、ブルハン議長が率いる正規軍側は何も発表しておらず、アルジャジーラは「新たに北ハルツームで正規軍とRSFが交戦中だ」と報じている。

出典:GoogleMap ハルツーム市内の状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

正規軍側はハルツーム州に数千人の増援を投入したという報告があるが、RSF側はハルツーム国際空港の周辺やオムドゥルマンの白ナイル川沿いで支配エリアを増やしていると推定され、どちらの陣営が首都中心部を巡る戦いの主導権を握っているのか良くわからない。

因みにエチオピアのアビー首相は20日、エチオピア軍がスーダンとの国境沿いにあるアル・フシュカ地区(係争中の国境地域)に侵攻したというメディアの報道について「これは偽情報で両国関係を悪化させることで利益を得るものの仕業だ」と反論している。

出典:GoogleMap スーダンの状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

追記:メロウェ空港でRSFの捕虜になった204人のエジプト空軍兵士は全員解放されたことが確認され、最初に解放された177人はメロウェ空港からドンゴラ空港までエジプト諜報機関が確保した安全な陸路で移動、そこから空路(エジプト空軍が輸送機3機をドンゴラ空港に派遣)でエジプトに向かい、残りの27人も赤十字などの仲介者が働きかけたことで解放され、陸路で560kmも移動してハルツームのエジプト大使館に引き渡されたらしい。

メロウェ空港からハルツームまでの最短ルートは約380kmなので、これを560kmも移動したということはメロウェ空港からダーマル経由でハルツームに向かった=ナイル川の西側地域はRSFが支配しているという意味なのだろう。

関連記事:スーダンの在留邦人退避、統合幕僚長が陸上輸送も選択肢の一つと言及
関連記事:浜田防衛相、スーダンから在留邦人を退避させるため自衛隊機派遣を命令
関連記事:スーダンの内戦は6日目に突入、正規軍とRSFの間で一時的な停戦が発効
関連記事:ドイツはA400Mによるスーダンからの自国民救出に失敗、軍事的な救出作戦を準備中
関連記事:日本、武力衝突が続くスーダンから在留邦人を輸送するため自衛隊機の派遣準備
関連記事:スーダンの首都を巡る戦いは3日目に突入、正規軍とRSFが激しい交戦を再開
関連記事:スーダン暫定政権内の主導権争い、ブルハン議長が率いる正規軍が優勢か
関連記事:スーダン軍と準軍事組織の軍事衝突、大統領官邸や国際空港周辺で激しい戦闘が続く
関連記事:スーダンで激しい武力衝突、準軍事組織が大統領官邸や国際空港の占拠を主張
関連記事:スーダンの首都で正規軍と準軍事組織が衝突、国際空港は黒煙に包まれる

 

※アイキャッチの画像:Twitter経由

エジプトはロシアへの武器売却を断念、逆にウクライナへの砲弾供給を承認前のページ

ロシア軍機から落下した爆弾がベルゴロドに着弾、爆発した瞬間を捉えた映像も登場次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

  2. 中東アフリカ関連

    イラン、中国やロシアと共同で「アジア版NATO」創設を主張

    中国環球電視網(CGTN)は27日、国際情勢の専門家でテヘラン大学で教…

  3. 中東アフリカ関連

    対米関係が悪化するサウジアラビア、ドイツフリーを求めてラファールに関心?

    安全保障分野で米国との関係が悪化するサウジアラビアは「ドイツフリー」の…

  4. 中東アフリカ関連

    第2世代から第4世代にジャンプ、創設57周年を祝うナイジェリア空軍がJF-17初披露を予告

    ナイジェリア空軍は1億8,430万ドルの費用を投じて導入した第4世代戦…

コメント

    • 通りすがり
    • 2023年 4月 21日

    ウクライナと比較してしまうからか、どうも人数的に小規模に感じてしまうな

    できるのであれば、国境封鎖して決着つくまで好きにさせときゃいいのよね。非現実的だけど
    外部の介入等で乱世・内戦を全うしてない国は、総じてまとまりが悪い

    7
    • シマキン
    • 2023年 4月 21日

    情勢の不安定な国の自国民保護って難しい問題よね
    いざってときの在留自国民の保護はアメリカだって簡単にはいかんし

    在留外国人の保護がやっぱりその国の首都ぐらいには中立の国連軍が駐留してくれると対処しやすいと思うんだよなぁ 
    外国人死傷者が出るのは当事国・関係国双方にとってデメリットしかないし

    政府や大使館だけじゃなく、こういう国に滞在する側の人もある程度ガイドライン作らんといけないね

    4
      • 千葉の猫
      • 2023年 4月 21日

      国連憲章第42条に定める安保理が指揮する国連軍ってそもそも組織された事がないので・・・(朝鮮戦争における国連軍はちょいと違う)
      それに同盟国でもないのに他国の軍を首都に置きたがる国はまず存在せんからね
      外国人の死傷者って内戦やらかす連中からしたら「後々考えたら出来たら避けたい」程度の優先順位低いものでしかないんじゃないかな

      9
    • ブルーピーコック
    • 2023年 4月 22日

    何はともあれ、内戦に無関係というか対エチオピアのために派遣されていたはずのエジプト軍兵士が解放されてなにより。

    この内戦自体が「民主政治を移管を阻止するために双方が画策したもの」と解説していた大学教授がテレビに出てたけど、合っているかはともかく、そういうのに限ってコントロール効かなくなって大荒れするじゃろがい。

    2
    • 名無志野
    • 2023年 4月 22日

    エジプト軍兵士の脱出の詳細ありがとうございます
    一報が出てから一体どこから脱出したのか疑問でしたがドンゴラ空港だったとは…

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP