中東アフリカ関連

フーシの攻撃に悩むアラブ首長国連邦、エジプトに防空システム派遣を打診か

イエメンの反政府組織フーシによる攻撃に頭を痛めるアラブ首長国連邦は、エジプトにSkyguard/AMOUN防空システムの派遣を要請したと報じられている。

参考:UAE, Egypt and AMOUN air defense system
参考:Egypt offers to UAE air defense capabilities with its Skyguard AMOUN to counter Houthi air attacks

直ぐに役立つ防空システムを手当り次第探しているアラブ首長国連邦、今度はエジプトにSkyguard/AMOUNの派遣を打診か

イエメンの反政府組織フーシは巡航ミサイル、中距離弾道ミサイル、ドローンを使用してアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを今月17日に攻撃、同国を訪問中だった韓国の文在寅大統領とムハンマド皇太子の会談を妨害することに成功したが、30日に歴史的なUAE訪問を果たしたイスラエルのヘルツォーク大統領とムハンマド皇太子の会談を妨害するため再び弾道ミサイルを使用した攻撃を実行、UAE側に迎撃されたと報じられている。

出典:Fars News Agency イランが開発してフーシが使用していると思われるカスタムUAV

ただ今回の攻撃でUAE側はヘルツォーク大統領とムハンマド皇太子の会談をキャンセルしなかったためフーシの目論見は外れた格好だが、UAEは韓国から調達する防空システム「天弓2/M-SAM BlockII」が稼働するまでの繋ぎとしてイスラエルに「デービッド・スリング、バラク-ER、バラク-8を緊急調達できないか」と水面下で打診していると報じられており、更に興味深いのはUAEがエジプトにフーシの攻撃阻止に必要な支援を要求している点だ。

UAEはエジプトとの協議で「UAEのミサイル防衛シールドを強化するための支援を含む共同防衛協力を要請した」と複数の海外メディアが報じており、エジプト防空軍が保有するSkyguard/AMOUN(スカイガードレーダー×1基、35mm連装高射機関銃/最大射程4,000m×2基、アスピーデ地対空ミサイルランチャー/最大射程20km×4基で構成された防空システム)のUAE派遣を希望しているらしい。

つまりUAEは簡素な作りのミサイルとドローンにパトリオットとTHAADで構成されたミサイル防衛シールドを貫通されてしまい、これを補完する韓国製の天弓2は2024年以降にならないと稼働しないため直ぐに役立つ防空システムを手当り次第探しているという意味だ。

イスラエル国防軍は地上発射型のバラク-ERとバラク-8を保有していないため「デービッド・スリング、バラク-ER、バラク-8で構成されたミサイル防衛シールド」を直ぐに提供するのは不可能だと思われるが、エジプト防空軍は米国(パトリオットPAC-3、AN/TWQ-1アベンジャー)、欧州(クロタル、IRIS-T/SL)、ロシア(S-300、Buk-M2、Tor-M2)から膨大な防空システムを調達しているため、Skyguard/AMOUNを派遣してくれというUAEの要望に応えることは可能かもしれない。

しかしSkyguard/AMOUNが迎撃できるのは巡航ミサイルやドローンに限られるため、直ぐに入手可能な弾道ミサイル迎撃対応の防空システム探しは今後も続くものと思われる。

関連記事:アラブ首長国連邦、フーシの攻撃を受けイスラエル製防空システムの緊急調達を検討か

 

※アイキャッチ画像の出典:@Major_Gamer

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ノルウェー陸軍の次期主力戦車を巡る戦い、Leopard2とK2の実地テストが始まる前のページ

中国覇権を支援した米政権の対中政策、最大の過ちはフィリピン基地の喪失次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、韓国から多連装ロケットシステム「天武」を導入

    サウジアラビアは昨年3月「韓国と7億ドルを超える武器調達契約を締結した…

  2. 中東アフリカ関連

    エジプトと韓国がT-50/FA-50の現地製造契約を締結、調達規模は約100機

    英国のジェーンズは18日「エジプトが韓国航空宇宙産業(KAI)とT-5…

  3. 中東アフリカ関連

    米メディア、中国の支援を受けたサウジアラビアが弾道ミサイルの国内製造を開始

    米メディアのCNNは23日、関係者からの情報に基づき「サウジアラビアが…

  4. 中東アフリカ関連

    シーア派反政府組織フーシ、弾道ミサイルと無人機でイスラエルを攻撃

    シーア派反政府組織のフーシは31日「弾道ミサイルと無人機でイスラエルを…

コメント

    • 黒丸
    • 2022年 1月 31日

    ただですら見つけるのが困難な移動式発射装置で
    しかもUAVや巡航ミサイルは民間トラックみたいなどこにでもいそうな車両を使用
    これは、もう地上軍を派遣して発射地域一帯を制圧するしかないような。

    5
      • A
      • 2022年 1月 31日

      そして泥沼にはまっていく。

      10
      • TT
      • 2022年 1月 31日

      ちんけなテロリストでは無くて、イエメンの1/3を支配してる内戦の立派な一勢力だから、まず政権派が勝利できない限りそりゃ無理な話ですわ。

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP