軍事的雑学

日本、トルコが抜けた「F-35開発パートナー国」の地位を狙う?米国に可能性を打診

米国防総省は、日本が要請している「F-35プログラム」への正式な開発パートナーとしての参加を拒否するだろうとDefense Newsが報じている。

参考:Japan wants to be an official F-35 partner. The Pentagon plans to say no.

今更、F-35プログラムの正式な開発パートナーへ参加を打診する日本

防衛省の整備計画局長、鈴木敦夫氏は米国の国防総省に対し、F-35プログラムの正式な開発パートナーに参加できる可能性についての条件(責任と権利、コストの共有、承認プロセス等)について、情報提供を求めているらしい。

このような日本の要請について、F-35ジョイント・プログラム・オフィス(JPO)の担当者は、F-35の開発パートナーについて「F-35のシステム開発実証段階で開発に参加をした国に限られる」と、日本の参加の可能性をハッキリと否定した。

しかし、F-35プログラム元高官によれば「トルコが抜けて空席が1つあり、日本は米国以外の国で最も多くのF-35を運用する国になった。開発パートナーの参加条件は国防総省が作ったもので、究極的に言えば国防総省は参加条件を書き換える事ができる」と話した。

日本が要請しているF-35プログラムの正式な開発パートナーとは、F-35の開発費へ出資を行うことで開発パートナーになることができ、日本にも参加の打診があったが、複数の国で開発され販売されるF-35は「武器輸出禁止三原則(当時は防衛装備移転三原則が閣議決定されていない時期)」に違反するとして参加を見送った経緯がある。

出典:public domain 2006年7月7日に就任式に牽引されているF-35Aプロトタイプ

F-35プログラムの開発パートナーは、開発費へ出資割合に応じてレベル1から3までに分類されている。

レベル1に分類されているのは開発費の10%に相当する25億ドル(約2,700億円)を負担する英国で、米国以外で唯一、F-35の要求性能に関わり、開発された技術にアクセスでき、技術の移転も受けることが出来る。

レベル2のイタリアは10億ドル(約1,080億円)を負担し、米国以外では初となるFACO(最終組立・検査ライン)を誘致し、8億ドル(約870億円)を負担したオランダと共に、F-35を構成する部品の製造権を獲得している。

レベル3のカナダ、トルコ、オーストラリア、ノルウェー、デンマークは1億ドル(約100億円)前後を負担し、負担額に応じたF-35を構成する部品の製造権を獲得している。

F-35プログラムの開発パートナー国は、米国に設置されたF-35ジョイント・プログラム・オフィス(JPO)に要員を派遣し、将来予定されているアップグレードについての検討や決定に関与でき、F-35についての情報についても直接アクセスすることが出来る。

日本は、航空自衛隊のF-35Aが墜落した際、F-35の安全に関わる情報の入手が遅れたのは、F-35プログラムの開発パートナー国でないため手続きに時間が掛かったためで、このような事態を今後避けるためという意味と、F-35のアップグレードプログラム「ブロック4」について関与したいという意思が働いた結果、F-35の開発パートナー国への参加要請をすることに繋がったのだろう。

出典:首相官邸ホームページ 日米両首脳夫妻による護衛艦「かが」訪問

日本は、42機のF-35Aを導入中で、さらにF-35Aを63機、F-35Bを42機追加導入することを発表し、米国以外の国で最も多くのF-35を運用(147機)することになるが、現在の日本の地位は、ただF-35を購入するだけの「顧客」に過ぎず、どれだけ多くのF-35を導入しても、顧客の地位が開発パートナー国になることはない。

但し、F-35プログラム元高官が指摘したように、S-400導入に踏み切ったトルコは、F-35プログラムから正式に追放される見込みで、開発パートナー国の枠が1つ空いているとも言える。

しかし、システム開発実証段階で、開発費を負担するというリスクを背負ってF-35の開発パートナーになった国からしてみれば、日本の要求は身勝手に聞こえるはずだ。

F-35が完成し、実用レベルに性能が安定した時期に、追加購入をすることで最大規模のF-35運用国になった日本は、開発パートナー国に共通する「リスク」を背負っていないため、もし参加を許可されるにしても「コストの共有」について、相当高額な負担を迫られる可能性が高いが、メリットも無くはない。

もし開発パートナーに正式に参加し、F-35のアップグレードプログラムに関与できるようになれば、国産開発した空対空ミサイル(AAM-4Bや英国と共同開発中の新型空対空ミサイル等)を、F-35に統合するよう「開発パートナーレベル」で要求出来るようになるため、ロッキード・マーティンも無下にする事ができなくなるだろう。

出典:Hunini / CC BY-SA 4.0 AAM-4B(模擬弾)

ただ、よく考えなければならないのは、恐らく数千億円レベルのF-35の開発費を後から負担して、今更、開発パートナー国になったとしても、恐らくアップグレードプログラム「ブロック4」の大枠は決定され開発が進んでいるため、日本の要求が反映される可能性は少なく、日本が積極的に関与できるのは「ブロック4以降」になる可能性が高く、果たして「ブロック4以降」がいつ登場するのかだ。

さらに、トルコの開発パートナーの地位を日本が引き継いで、F-35の部品製造の権利を取得できたとしても、FACOを国内に誘致しておきながら、最終組立・検査ラインを放棄し、直輸入に切り替えたばかりなのに、再び部品を作れと言い出せば、国内の防衛産業企業は混乱するだけで、いっそF-3の開発や製造に専念してもらった方が良いのではないだろうか?

まぁ、どちらにせよ国防総省は、条件を書き換える気は無く、日本の要請を拒否すると報じられているので、日本の「F-35プログラム」への正式な開発パートナーとして参加するのは無理そうだ。

 

※アイキャッチの出典:storm / stock.adobe.com

関連記事

  1. 軍事的雑学

    10年掛かっても完成しないズムウォルト級駆逐艦、極超音速ミサイル運用艦に改装?

    進水から10年たっても実戦投入不可能なズムウォルト級ミサイル駆逐艦に、…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、1隻5,000億円の豪「アタック級潜水艦」が抱える問題点

    早いもので2019年も、あと数日で終わりを迎えるが、今回は航空万能論的…

  3. 軍事的雑学

    欧州第6世代機は第5.5世代機? 米国F-35&ロシアSU-57による無人戦闘機制御

    8月3日、ロシアが全翼機タイプの無人戦闘支援機「S-70オホトニク」の…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米空軍が導入を検討する理由、F-35A vs F-15EX より優れた戦闘機はどっち?

    現在、米空軍が導入を検討しているF-15EX。もし導入されるとすれば、…

  5. 軍事的雑学

    いずも空母化、第6世代戦闘機開発、英国BAEが狙う日本の防衛産業市場

    英国のBAEシステムズは、日本がF-2戦闘機の後継機として開発を検討し…

  6. 軍事的雑学

    米国製ヘリをパクる中国、UH-60を模倣した「Z-20 チャイニーズ・ブラックホーク」公開

    10月1日に行われた中国建国70周年記念の軍事パレードで披露された航空…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    イギリス並みかそれ以上の開発費となると30機分以上のF-35を追加購入するのと同等ですが、日本独自開発のミサイルなどをF-35システムに統合できるのはメリットでしょう。
    閉鎖・メンテナンス拠点化予定のFACOも今のまま残せて、部品製造ラインやメンテナンス拠点も拡充できるので雇用の観点でもメリットはありそうですが、LM社と米軍のみのアンタッチャブルゾーンがどれくらいあるかですね。

    トランプのことだから100億ドルくらいふっかけそうですが

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    これまた韓国が発狂しそうなネタですなぁ。
    レベル1の「技術移転も受けることが出来る」にウリナラも!となりそう

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    完全に後出しの今回は無理にしても、今後の参考にはなりますからね。長期的には必要な行動でしょう。

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    米国がF-35の共同開発に参加させてくれるなら
    F-3の開発も米国との共同開発でも構わないと思うがね
    米国がその意思がないならF-3の開発には英国をパートナーに選んで
    ミサイルなどの誘導弾関係は米国離れを始めればいい

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    トルコの一件を耳にして、チャンスだなと思っていたら既に打診していたのですね。…最近の官僚さんは有能ですなぁ。
    とは云え、記事を一読して再考してみれば、チャンスと呼ぶに値するものでは無いかもしれません。
    F35シリーズに関してはトルコ生産分も米国生産、ミサイルも米国製、アップグレードも米国任せ、とアメリカファーストを徹底させて、余計な投資は抑え、貿易不均衡の緩和に貢献して貰い、大統領の御機嫌麗しゅうしていた方が上策かとも思います。
    そして、開発予算や設備投資は国産F3とミーティア改に集中させます。…もう米国政府や企業の思惑や利害に振り回されるのは御免です。仮に世界最強ではなくとも、堅実な整備計画の基で自由に改良しながら末永く運用出来る機体が手中に在る事こそが戦力維持には大事です。ミーティア改にしても空対空、艦対空、地対空とファミリー化していけばBAeも喜んで協力するでしょうし、理想的な展開です。
    せっかく断わってくれたのですから、我等は我が道を行きましょう。

    • 匿名
    • 2019年 7月 30日

    F-35の日本への販売自体が開発国に先んじてねじ込めたりできた訳で
    結局のとこ金次第でしょ
    ここはゴリッと厚顔無恥に割り込んでもいいんじゃないかと思うけどね
    この程度で恨み買うとか考えてたら国際関係とかやっていけないでしょ
    F-35はまだまだこれから使うんだから将来見越して投資しとくのは悪くないと思うな

      • 匿名
      • 2019年 7月 31日

      F-35ではレーダーFCSとエンジンですでに協力関係を築いているので問題ないでしょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP