米国関連

ロシアや中国の妨害に耐性を備えたGPS軍用Mコード、2021年に提供開始か

スプーフィング(なりすまし)攻撃や妨害電波に対する耐性が強化されたGPS信号「Mコード」に対応した軍用GPS受信機の出荷が2021年に始まる。

参考:Allies begin ordering M-Code-enabled GPS receivers

米軍や同盟国にとって非常に重要なマイルストーン、約5年遅れで始まるGPS信号「Mコード」の利用

現在、米軍や同盟国が利用する全地球測位システムのGPS信号はロシア軍や中国軍のスプーフィング攻撃や妨害電波に晒されており、この問題を根本的に解決するため米空軍(現在は米宇宙軍の管轄)はMコードと呼ばれる新しい信号に対応したGPS衛星BlockII RMを2009年までに計8基打ち上げたのだが、未だにMコードの利用は始まってない。

出典:public domain GPS衛星BlockII RM

当初の予定では2016年頃にMコードの利用が開始される予定だったのだが、レイセオンがMコードを利用するためのGPS次世代運用制御システム(GPSOCX)開発に手間取り何度も開発スケジュールが見直された結果、2023年4月までMコードの利用が不可能(開発コストも37億ドル→62億ドルに高騰)という事態に陥ってしまう。

この問題を解消するため米空軍は現在使用中のGPS運用制御システムを暫定的にMコードへ対応させることに変更、作業を受注したロッキード・マーティンの努力によってMコードの暫定バージョン「M-Code Early Use」の使用が2020年3月に承認され全てのアップグレード作業が7月に完了、今月11月から運用承認の手続きに入っており2021年に使用が開始される予定だ。

これを受けてドイツが今年9月にMコード対応の軍用GPS受信機を発注、この受信機の引き渡しが2021年に行われると米宇宙軍が23日明らかにした。

つまりスプーフィング(なりすまし)攻撃や妨害電波に対する耐性が強化されたGPS信号「Mコード(限定バージョンのEarly Use)」の使用が2021年中に始まるという意味で、米軍や同盟国にとって非常に重要なマイルストーンだと言える。

今のところ日本がMコードに対応した軍用GPS受信機を発注しているのかは謎だが、米国の軍用GPS信号にアクセスを許可されている国は58ヶ国もあるためMコード対応GPS受信機の需要は相当量になることが予想され、当面は同盟国同士が受信機を奪い合う形になるかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Matthew Gilmore

仏タレス、海自の機雷捜索用UUV向けにソナー供給契約を三菱重工と締結前のページ

韓国、無人化砲塔を備えた「K9A2」で英陸軍の自走砲更新需要を狙う次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    台湾防衛は不可能? 米シンクタンク、台湾有事で敗北するのは中国ではなく米国

    2015年に創設された比較的新しい保守系のシンクタンク「Defense…

  2. 米国関連

    2050年まで飛行可能に! 米空軍、爆撃機「B-52H」エンジン換装プログラム始動

    米空軍は23日、爆撃機B-52H ストラトフォートレスのエンジン換装に…

  3. 米国関連

    ボーイング、F/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプが初飛行に成功

    ボーイングは6月4日、完成したF/A-18E/F BlockⅢのプロト…

  4. 米国関連

    米国が離脱を表明したオープンスカイ条約とは? 違反したのはロシアだけ?

    米国は22日、正式にオープンスカイ条約から離脱することを表明して大騒ぎ…

  5. 米国関連

    ロッキード・マーティン、敵ミサイルを無力化するレーザー兵器の動画を公開

    ロッキード・マーティンは14日、戦術空中レーザー兵器システム(Tact…

  6. 米国関連

    豪州の希望が叶う?現実味を帯びてきた「B-21レイダー」輸出の可能性

    オーストラリアが希望していたステルス爆撃機「B-21レイダー」導入がに…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    どうでしょうね、ハッキング大国中国ロシア相手に何年間ぐらい有効かな

    13
    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    GPSは受信しかしない完全に受動的なシステムであってリバースエンジニアリングしてしまえば後はどうとでもなる
    アクセス許可もクソもない
    58ヶ国もバラまいたらコード解読と民生利用は時間の問題だろう

    2
      • 匿名
      • 2020年 11月 25日

      Mコードがどんなもんかは知らんが、めっちゃ長い公開鍵配って、その鍵でのみ解錠できる時間情報コード流せばハックされない、とかの方式なんじゃないの。
      リバースエンジニアリングなんて簡単に着手できるけど、計算能力が足りなくて事実上、解読できない方式。

      2
        • 匿名
        • 2020年 11月 25日

        その鍵だって結局はICチップ上に記録されているわけでして
        金を惜しまずダイを電子顕微鏡なりX線分析なりすればいずれ割れる

        2
      • 匿名
      • 2020年 11月 25日

      そんなのとっくに想定済みでしょう

      6
      • 匿名
      • 2020年 11月 26日

      初期構想段階では素人レベルでの突っ込み所もあるでしょうが、将来を見通した脅威評価無しに実用段階には至らないでしょう。その道の専門家集団が自分より間抜けだという前提はどうかと。
      少なくとも一定年月は技術的に破れないという見込みが無い限り採用できません。
      そして破られるだろうその次を見込んで研究開発が始まっていると思いますよ。

    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    おそらく一定期間で変化する使い捨ての暗号コード
    受信側の解読キーの定期的な更新が必要なシステムなのかも
    まぁどんな仕組みなのかよくわからんから想像でしかないけど

    4
    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    自衛隊がどうするのか謎謎ですな。

    3
    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    しかし11年前の衛星を10年越しで使うというのもなんか型落ち感あって大丈夫なんだろうか…。
    中身が大事だとは思いますが日進月歩の分野だと勝手に思ってるので。

    2
      • 匿名
      • 2020年 11月 25日

      古い衛星のソフトウェアアップグレードで何とかなるならば、古い受信機だってソフトウェアアップグレードで何とかならないか?とも思えるが
      まあ、新しい衛星を打ち上げるか、無理にでもソフトウェアアップグレードするしか現実的な手段の無い宇宙ならば兎も角、多分にセキュリティホールが発生するのを忍んでまで古い受信機を無理くり使うのはNGだろうが

      2
    • 匿名
    • 2020年 11月 25日

    あちこちに輸出される受信機のいくつかは、気がつけばモスクワと北京に流れる、そこまでは折り込み済みだと思うけど

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP