米国関連

悪性コードが含まれていないと確認した国防総省、米政府保有のDJI製ドローン使用再開を勧告

国防総省は政府が使用を停止している中国のDJI製ドローンについて「悪性コードは含まれていない」という調査結果をまとめた報告書を作成、連邦政府機関に使用再開を勧告していると報じられている。

参考:Pentagon report clears use of drones made by top Chinese manufacturer

国防総省による調査の結果、米政府機関が保有するDJI製ドローンにセキュリティー上の問題はないと判明

米国では一部の議員が中国政府とDJIのデータ共有疑惑を指摘、これを受けて内務省は連邦政府機関が導入している500機以上のDJI製ドローンについて徹底的な調査が完了するまで使用を一時的に禁止(緊急事態における使用は可能)する措置を講じていたのだが、国防総省は連邦政府機関が保有するDJI製ドローン2機種について調査(陸軍特殊作戦コマンド司令部が実施)を行い懸念されていた「悪性コード」が含まれていないことが確認されたため連邦政府機関に使用再開を勧告していると報じられている。

出典:Yanjipy / CC BY-SA 4.0

この問題についてDJIは「製品からデータが無断で同社や中国政府に転送されるような仕組みはない」と主張、さらに米国の民間調査会社ブーズ・アレン・ハミルトンも「政府が使用しているDJI製ドローンを分析した結果データがDJIや中国政府に転送されている証拠は見つからなかった」と発表しており、国防総省による調査結果も「問題ない」と報告されたため連邦政府機関によるDJI製ドローン使用再開を強力に後押しする可能性が高い。

米国の議会は中国の脅威を背景に中国製ハードウェアや通信ネットワーク機器を締め出すための法案整備に動いているが、根拠が曖昧なまま中国製品を禁止するのは間違っているという考え方も一定数存在(米国国内)するため国防総省による調査結果はあらゆる意味で波紋を呼ぶだろう。

因みに国防総省による調査結果を受けてDJIは「我々や独立した調査機関が何年も前から主張していた事実が確認された」と述べているが、あくまで悪性コードが含まれていないと国防総省が確認したのは連邦政府機関が保有する2機種のDJI製ドローンのみなので新規購入分や他国が保有するDJI製ドローンにセキュリティー上の問題がないことを保証している訳ではない。

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Capricorn4049 / CC BY-SA 4.0

オーストラリア国防次官、アタック級潜水艦の失敗に備えてプランBが存在すると公式に言及前のページ

韓国、英陸軍の新型自走砲調達プログラムにK-9A2を提案すると発表次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米中を比較しても無意味、政治的なレトリックに過ぎない国防予算10%以上の削減要求

    民主党による国防予算削減要求について国防総省の最高財務責任者を務めた経…

  2. 米国関連

    次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムに暗雲、米海軍を信用していない議会が横ヤリ

    米海軍はアーレイ・バーク級駆逐艦フライトIIIを1隻調達するコストで次…

  3. 米国関連

    資金が溶けるボーイング、次期大統領専用機と空中給油機で約7.2億ドルの追加負担

    ボーイングは29日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で次期…

  4. 米国関連

    米空軍のF-35Aが降着装置を破損したまま着陸、C-130Hは着陸後に炎上

    米空軍は先月F-22AとF-35Aを1機づつ失ったばかりだが、今度はF…

  5. 米国関連

    米陸軍、開発中の自走砲「M1299」が70km先の目標に砲弾を命中させる

    米陸軍は22日、開発中の新型155mm自走砲「M1299」が70km先…

  6. 米国関連

    ロシアや中国の妨害に耐性を備えたGPS軍用Mコード、2021年に提供開始か

    スプーフィング(なりすまし)攻撃や妨害電波に対する耐性が強化されたGP…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    おそらく今回は静的解析動的解析でコードの不正の有無を調べたんだと思うが、ドローンはGPS関係のソフトが入っていたりDJIだとスマホとリンクでスマホのデータ参照するし、オンラインアップデートがあるしで非常にコードを追いにくいもののはず。
    マルウェアの解析は簡単だが、実際に遠隔操作する物体のコードはマルウェアの何百倍の長さなのでクソ大変。

    なんのコメントしたかったのか忘れたので終わり!

    26
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    これから入れ放題だね。

    4
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    中国製品(プログラムも含めて)が何でもかんでもバックドア仕込んであるってことは実際ないとは思うんだよねえ。
    うじゃうじゃいるベンチャー企業まで解析されないようなブラックボックス化なんて無理にきまってんだから。
    まぁ、安全保障の分野で使うもんではないとは思うけども。

    13
      • 匿名
      • 2021年 6月 03日

      一番やっかいなのは同じ製品や同じ会社のものでもバックドアが入っていたり入っていなかったりとランダムなパターンだな
      抜き出し検査ではすり抜けてしまう可能性が出てしまうし、かと言って使用する分すべてを精密検査するには手間も金もかかりすぎる

      6
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    コンゴもその状態を維持し続けるかどうか調べるのに継続的に金がかかるのがなぁ…

    2
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    米政府機関が現在保有する中国製ドローンの安全性保証なんで、中国製の新規導入は今後の計画外。
    国内開発品で安全性含め要求に耐えるものが製品化されれば順次採用されていくでしょう。

    7
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    アプリも調べてから言えよ
    今時のドローンはアプリをダウンロードしないと使えないだろ
    ドローンで得た動画や画像・位置データをアプリを通じて中国に送っている可能性があるし
    たった2機調べて問題ないじゃ話にならんぞ
    これから仕込まれる可能性だってある、相手は世界一凶悪な中国だぞ
    DJIの技術を明らかに中国軍が採用しているから
    これからの戦争は無人機とドローンが主役となるし、ここで叩き潰しておいた方がいい
    難癖付けてでも、DJIを西側諸国から追い出して、代替えメーカーを作れればベスト

    4
      • 匿名
      • 2021年 6月 03日

      素人じゃないんだから当然制御系のアプリケーションも調べてるでしょ

      16
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    どうしても使いたいくらい高性能安価な中華製
    適当な事しか言わねぇアメリカとそれに追従する日本

    地獄かよ

    6
      • 匿名
      • 2021年 6月 04日

      高性能なのに安価で売り続けているということは、通常の商売のような金銭的利益が目的じゃなく、別の目的があるからだと言っているようなものだからな
      安全保障上に関わるもので金が目的じゃなかったら何が目的なんだという話

      4
    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    コードが問題無くても、保守部品の調達とかで問題になるんじゃないか?

    3
      • 匿名
      • 2021年 6月 03日

      故障したら廃棄するだけでは?

    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    こっそり中国と取引すればばれないよね

    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    DJIの何がいいかってコスパなんですよね。
    一般人でもある程度の機能のものを買えてしまう。

    1
      • 匿名
      • 2021年 6月 03日

      個人用の入門機が6万から買えるのね。
      レビューとか見る限り飛行性能も安定してそうだし、なんとまあ恐るべしコスパだな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP