米国関連

米空軍、開発中の次世代戦闘機NGADは太平洋向けと欧州向けでペイロードと航続距離が異なる

米空軍は下院軍事委員会の公聴会で「次世代戦闘機(NGAD)は地上目標に対する攻撃能力を備え、戦場環境が異なるインド太平洋地域向けと欧州向けのバリエーションに分かれるかもしれない」と明かして注目を集めている。

参考:Brown: NGAD Will be a Multirole Fighter
参考:US Air Force reveals more on its sixth generation fighter jet

米空軍の次世代戦闘機は空対地攻撃能力を備えインド太平洋地域向けと欧州向けの2種類になるかもしれない

米空軍参謀総長のチャールズ・ブラウン大将は16日、下院軍事委員会の公聴会でNGADに含まる有人戦闘機について証言を行い「NGADの主任務は制空戦闘だが高度な防空システムで守られた環境下でも作戦を遂行するため自身を狙う防空システムを排除できる程度の空対地攻撃能力(マルチロール能力)を備える可能性がある」と明かした。

補足:米空軍の次世代戦闘機の開発計画は「Next Generation Air Dominance/次世代エアドミナンス:NGAD」プログラムと呼ばれており、ここに第6世代戦闘機と目される有人戦闘機や複数の無人戦闘機を開発するプログラムが統合されてファミリーシステムを形成している。

さらにブラウン大将はインド太平洋地域での運用を考慮したNGADはF-22Aよりも大きなペイロードと航続距離を備えると証言したが、航空戦闘軍団の司令官を務めるマーク・ケリー大将は更に踏み込んで「NGADはインド太平洋地域向けに大きなペイロードと航続距離を備えたタイプと比較的戦場までの距離が短い欧州向けのタイプの2種類になるかもしれない」と証言しており、NGADはより大きなブレンデッドウィングボディ(BWB)機になると米メディアは予想している。

出典:U.S. Air Force

今年4月に発表された米空軍の隔年報告書に登場したNGADのコンセプトアートも胴体や主翼を一体化させたブレンデッドウィングボディ機として描かれており、過去に発表されたロッキード・マーティンやノースロップ・グラマンのコンセプトアートも同様だ。

但し戦場環境が異なるインド太平洋地域向けと欧州向けに2種類のバリエーションを用意するかもしれないという話は今回初めて登場した内容で、恐らくF-22やF-35といった第5世代戦闘機が2030年代半ばの台湾を舞台にしたウォーゲームで「余り役にたたなかった」というクリントン・ヒノテ中将の話に繋がるのかもしれない。

米空軍で戦略とマルチドメイン(多次元戦闘)作戦のコンセプト開発を担当しているクリントン・ヒノテ中将は先月、NGADプログラムに関連した話の中で「中国の台湾侵攻(時期は2030年代半ばでNGADファミリーが実用化されている前提)を想定したウォーゲームで中国軍の脅威が存在する空域下での任務にNGADは役に立ったがF-22やF-35に同じミッションを実施させることは出来なかった」と語り、NGADがF-22やF-35を凌駕する航続距離を備えていることを示唆していた。

出典:ノースロップ・グラマン NGAD

因みにF-22やF-35が2030年代半ばの台湾を舞台にしたウォーゲームで「余り役にたたなかった」のは、中国の戦闘機に対してF-22やF-35の性能が劣るという意味ではなくロシアや中国の防空システムが運用する迎撃弾や戦闘機に搭載する空対空ミサイルの交戦距離が非常に長く従来の運用方法では空中給油機が撃墜されるリスクが高いため給油ポイントを後方に下げる必要に迫られており、空中給油を前提に設計されたF-22やF-35は「中国軍の脅威が存在する空域下」に侵入する任務にNGADよりも向かない=インド太平洋地域では空中給油機に依存しない航続距離が必要になるという意味(詳しくは下記の関連記事を参照)だ。

要するにインド太平洋地域=もっと言い方を限定すれば台湾海峡や中国沿岸海域(特に第一列島線内)での航空作戦は「接近阻止・領域拒否(A2/AD)」に基づく中国の高度な防空システムや強力な戦闘機群で固められ空中給油機や早期管制警戒機などに依存した従来の戦術が通用しないため新しいアプローチが必要なのだろう。

出典:GE Aviation XA100

果たして米空軍の次世代戦闘機はいつ頃登場するのかは謎だが「昨年登場したプロトタイプとは異なる新しいプロトタイプが製造段階に入っている」とヒノテ中将は証言しており、可変サイクルを採用したNGAD向けのエンジンも2025年頃にプロトタイプが完成する予定なので2020年代後半に登場するだろうと米メディアは予想している。

関連記事:米空軍は次世代戦闘機の新しいプロトタイプを製造中、台湾での戦いにF-22は役に立たない
関連記事:米空軍の次期戦闘機コンセプトアートが公式の報告書に登場
関連記事:米国、可変サイクルを採用した次世代の戦闘機用エンジン「XA100」がテストを完了

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:ロッキード・マーティン NGAD

米空軍の次期訓練機T-7A、設計上の問題に対応するためフルレート生産を1年延期前のページ

KC-46Aに新しいカテゴリー1の欠陥が発覚、ボーイングの累計負担額は5,500億円を突破次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    オーストラリア空軍、開発中の無人機「ロイヤル・ウィングマン」が初飛行に成功

    西側諸国で開発が進められている有人戦闘機に随伴可能な無人戦闘機のトップ…

  2. 米国関連

    極超音速兵器の試射に成功しない米空軍、今度はAGM-183A ARRWの試射に失敗

    米空軍は国防高等研究計画局と共同で開発を進めていた極超音速兵器「ARR…

  3. 米国関連

    米海軍はワスプ級強襲揚陸艦の火災を放火と判断、容疑者を取調べ中

    今年7月にサンディエゴ海軍基地で近代改修工事を受けていたワスプ級強襲揚…

  4. 米国関連

    ノースロップ、大型魚雷Mk.48を1/16まで軽量小型化した新しい魚雷を発表

    ノースロップ・グラマンは21日、現在使用されている魚雷よりも圧倒的に小…

  5. 米国関連

    米空軍、ボトルネックだったF-22とF-35の戦術情報共有に成功

    米空軍は14日、F-22とF-35が初めて戦術情報の共有を直接行うこと…

  6. 米国関連

    国防予算から見た米空軍の方針、レガシーな航空戦力を切ってF-35Aや次世代戦闘機を優先

    バイデン大統領は2022会計年度の予算教書(連邦政府予算案)を正式に発…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    戦闘機のドッグファイトなぞに期待するのはすでに過去と知る
    刀振り回す武士が、鉄砲抱えた兵隊に駆逐されたようやもんだ

    7
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      F-35ですら機銃はもう……

      5
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      鉄砲隊を護る徒部隊は、必要ですよ。

      8
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        ここの人たちに戦術論話しても無駄ですよ。
        ソースやエビデンス無視したイメージばかり語ってますし。
        ポリコレみたいな感じになってきてるのでここを見に来るのももうやめようかなと思ってるくらい。

        25
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          じゃさよなら
          素人の語る戦術論みても始まらないんで

          11
            • 匿名
            • 2021年 6月 19日

            みんな管理人の知見を楽しみに聞いて自由に語ってるのに、マウントとりたいなら自分でスレ立てれ
            重箱の角をほじくるような狭い小さい専門家ヲタ的な声でもいちおう需要はあるからな、
            自立しなさい

            1
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          戦術の専門家がここにいるとはw逆に驚く

          11
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          バイバイ
          勘違いした上から目線の軍ヲタとか言われる前にな

          13
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      Fの形骸化

      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      Aには機関砲ついてる。

      3
    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    裏を返せばこいつが前線に配備されるまでが中国にとっての一つのリミットかね?

    辺野古から高雄までが930キロ、三亜までだと2130キロ……本気で第一列島線内の制空権獲りに行くなら戦闘行動半径二千キロ近くないと無理目? というか南西諸島が中共に籠絡されたら自由主義陣営詰みじゃね?

    6
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      NGADが前線運用される頃(2035年以降)は、中国の防空システムがさらに強化されているし、中国も第6世代戦闘機の運用を開始しているので、当分はいたちごっこが続くと思いますね。

      8
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        そのために中国の経済力を削ぐことが重要で、G7で確認したことですね。

        5
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          中国の経済力を削ぐってG7で確認しましたっけ?「一帯一路」構想への対抗のことですか?
          イタリアは一帯一路加盟国ですし、日本は第三国市場で一帯一路に間接的協力をしています。
          さらに、ドイツ・フランスは経済分野で対中協調のスタンスなので、G7内で明確に決まったわけではありませんよ。
          そもそも、対中政策についてG7内でも意見が纏まらず、妥協の産物になっていますから。

          13
        • 匿名
        • 2021年 6月 19日

        中国は第6世代戦闘機を2035年頃には運用開始していると仰られていますが、この情報のソースはありますか?

        また、NGADの運用開始は2030年だったように思うのですが…

        1
    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    やたら登場が早いのは、航続距離の延伸、旧式化したF-22の置き換えが最大の開発目標で、アビオニクスはF-35の最新モデルと大差ないのかもですね。

    19
    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    > NGADはF-22Aよりも大きなペイロードと航続距離を備えると証言した
    F-3のコンセプト大勝利じゃん?

    23
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      J-20のコンセプトも大勝利である。
      まぁ、アメリカは海外基地や空中給油機を多数保有しているので、戦闘機の航続距離が長くなくても問題無かったんだけどね。

      6
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        J-20はコンセプトはいいが性能がダメダメ、F-22は離陸直後に胸のすくような急上昇の映像が公開されているがJ-20は水平飛行か緩旋回しか見せていない、どう考えてもあのサイズの機体にあのエンジンでは出力が足りない。
        中国としてはステルス機を作ったという称号が欲しかっただけで実戦に使えるとは考えていないだろう。
        F-35とJNAAMの組み合わせに対しては勝負にならないのは理解してるだろう、かといってもはや新型機を開発する資金は無くなっている、どん詰まりだな。

        6
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          妄想は楽しいですか?

          20
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          逆にすげえ、長文のくせに中身が全くないw

          9
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          2018年の珠海航空ショーでJ-20は急上昇を披露していますよ。
          また、F-35とJNAAMの組み合わせに対して中国はJ-20とPL-15で対抗できますが。

          8
      •  
      • 2021年 6月 18日

      コンセプトはアメリカが先に発表していたんだよ
      日本の方が後

      4
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      具体的にどこまでのレベルかは中の人の一部の人しか知らないわけだが、安全保障に関し日米は情報交換・意見交換の中で認識を共有している。
      中国のA2/AD域内での航空優勢獲得を目的とする制空戦闘機のコンセプトに共通項があるのは自然かと。
      米側コンセプトはステルス性の追及で日本より徹底してるようだけど。

      4
        • 匿名
        • 2021年 6月 19日

        >具体的にどこまでのレベルかは中の人の一部の人しか知らないわけだが、安全保障に関し日米は情報交換・意見交換の中で認識を共有している。

        その情報のソースはありますか?

        >米側コンセプトはステルス性の追及で日本より徹底してるようだけど。

        なぜそう思うのですか?

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    イマイチ2タイプに分けるのがよく解らない
    大は小を兼ねるで対中国仕様(ペイロード大、航続距離大)で揃えたほうが、再配置や整備の手間が掛からないんじゃないの?

    3
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      ステルス仕様なんだから武装と燃料タンクはトレードオフの関係にある。センサーとシューターの分離で誘導はUAVに任せるんだからミサイル大量に積めた方が戦闘機の数も減らせてコスト削減になる。

      5
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        機体規模が同じとは限らないから武装と燃料タンクがトレードオフとは限らない。
        というかほぼ確実に機体規模違うでしょ。

        5
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          横失ですが、逆に機体規模が違うとは限らないとも言えるかと。
          思いっきり妄想を膨らませれば、然タン撤去スペースに高出力レーザー関連装置を搭載する構想という可能性だって無いとは言えない。
          現時点では情報不足で何かを断定できる状況ではないと思います。

            • 匿名
            • 2021年 6月 18日

            だから断定はしてないでしょ。
            そもそもの話が「NGADはインド太平洋地域向けに大きなペイロードと航続距離を備えたタイプと比較的戦場までの距離が短い欧州向けのタイプの2種類になる『かもしれない』」なんだから。

            …とはいえ「大きなペイロードと航続距離を備えたタイプ」と「比較的戦場までの距離が短い(略)タイプ」っつってるんだから
            「武装と燃料タンクはトレードオフの関係にある」は間違い確定だよね。
            上の2タイプを実現するには何かしらエアフレームを変えるのが現実的な手段だと思うけどなぁ。
            例えば主翼を大型化あるいはハイアスペクト化すれば「大きなペイロードと航続距離」は実現できる。
            むしろエアフレームを弄らずに「大きなペイロードと航続距離」を実現する方法思いつく?

            一応「ハイパワーかつ低燃費だけど複雑高価なアダプティブエンジン搭載機」と「シンプルで安価な通常エンジン機」という手もなくは無いけど
            ほぼエンジンの違いだけならF-16のblockのx0/x2と同じなんで「別バリエーション」とは言わないよね?

      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      「大は小を兼ねない」からでは。
      航続距離と搭載量命、と常々言ってる日本ですら
      機動性重視型と速度重視型を検討はした訳で、
      航続距離と搭載量を重視すれば機動性や速度は落ちるし、
      機体も大型化するから生産コストも運用コストも膨らむ。
      F-22を大幅に超える航続距離と搭載量、って事はF-3同様F-111並み、
      Aviation Weekが言うところの「Sumo size」になる可能性が高い。
      そこまで航続距離要らない環境では正直邪魔臭いシロモノだと思うよ。

      14
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      かつてのF-22とFB-22の関係と一緒じゃないですかね?

      1
    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    同系統のエンジンとアビオニクス使いまわしてF-15とF-16のような2系統整備を意図してるんだろうか?
    同一エアフレームで搭載燃料を兵装に振り分けた2系統にするのだろうか?

    1
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      それだとF-35の二の舞になりそうなので、感覚的にはF-15のコンフォーマル・フューエル・タンク装備・非装備くらいの違い(F-15Eほどの違いがない感じ)に収めるんじゃないかな。

        • 匿名
        • 2021年 6月 19日

        CFT付けたら航続距離はともかくペイロードはむしろ減るのでは?
        それにCFT有無程度を別バリエーションって言う?
        F-16XLとかFB-22くらいの派生機をベース機と同時開発するくらいじゃないのかなぁ。

        • 匿名
        • 2021年 6月 19日

        機体規模の違う二種類という線を想像したけど、CFタンク有無のバリエーション方で済ませられれば、よりお財布優しいな。

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    スピットファイアやBf109のような欧州機は零戦やDマスタングのように太平洋/中国戦線を想定した機体と比べると航続距離が著しく短かったって話を思い出しますねえ。グアムがいい例だけど先の大戦で航空基地にされた太平洋の島々は、精密誘導される戦略兵器が飛び交う現代戦では冗長性や生存性の面では無いのと一緒という扱いなんだなぁ

    2
    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    正直、頑張って超長距離戦闘機を作るくらいならば、米台同盟を正式に締結して台湾に米軍が常駐した方が早いのでは…
    航続距離を重視すると必然的に大型、高価になって、地元の中国に数で敵わないだろうし。

    2
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      中国は開戦と同時に台湾へ猛砲爆撃を行うので、台湾に米軍を常駐させてもすぐに無力化される。
      台湾は最前線すぎるので米軍の常駐には向かないよ。
      また、米台同盟を正式に締結して米軍が常駐するということは、締結した瞬間に中国と軍事戦争を開始するいうことだけど、アメリカにその覚悟があるかどうか。

      11
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      ついこの前まで与党だった国民党は中国との将来的統一を公約してたんだよ。今でこそ台湾は西側一択という感じだけど民進党政権がこの先も続く保証はないし、台湾人の大多数が統一を支持してなくても国民党が支持を回復すれば統一方向に行くことはいつでもありうる。その場合中華民国軍が使ってる米国製兵器システムの情報は人民解放軍に共有される。また蒋介石時代の話だけど、米国が中国への橋頭堡として台湾を利用するため最新式の戦闘機や戦車を供与したら当時の総統だった蒋介石はその足で大陸側に攻め込もうとして米国と問題になったことがある。米国政府や議会は、日本や韓国ほどには友好国としての台湾を信用できないでいて、米政権が武器供与や駐留に慎重だったのは(もちろん中国への配慮もあるけど)そこらの事情もあるんだよ。

      15
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        香港、ウイグル、モンゴル系への扱いを台湾民は我々よりずっと深刻に受け止めてますからね。もはや国民党も統一なんて主張では絶対に選挙には勝てないって知らされてるし
        ところで、韓国が台湾より信頼されてる説なんて初めて聞いたけど?
        台湾とアメリカの距離感はニクソン時代からの流れに過ぎないが、これが建前で終わるかはこれからの大陸の動きにかかってるね

        4
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      現実認識能力がない奴がまた沸いている
      優位が崩れかけてきてそれを取り戻そうとしてのこの戦闘機計画なのに駐留とかないわ~
      駐留なんかしたら中国はあらゆるコスト無視して戦争してくるしアメリカは殺られない為に戦力分散してんのに一番攻撃対象になる所に部隊配備するわけないだろ
      アメリカは工業能力が低下していてボロボロで片や中国は政治的に無視できると言う強み圧倒的な工業力+ミサイル軍
      もうアメリカが優位だった昔のような関係じゃないんだよ
      いい加減理解しようぜ

      2
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        その現実認識ならば、日本は中華に服するか中立化を選ばないとアメリカと共倒れって結論にしかならないけど
        そういう誘導なんですか?

          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          台湾に駐留するメリットはないだろって話なのに
          なんで誘導とかそんな話になるんだよ
          中立や屈する選択以外にもこの地域にアメリカが介入できるように日本自体が対中版a2d2形成してアメリカの軍事的負担を和らげるとか核シェリング結べるように向けて努力するとか色々あるだろ
          頼むから一連のコメントをしっかり読んで返信してきてよ

        • 匿名
        • 2021年 6月 19日

        いやいや、何のための核兵器と相互確証破壊だよ。
        核兵器の使用をほのめかせばさすがに簡単に引き金を引けないだろう。

          • 匿名
          • 2021年 6月 19日

          常識ではそうあって欲しいけど、建国の父毛沢東の理論ならば人民の大半が核戦争で死亡しても中国には億の人口が残るから中華の勝利だっていう過激な話ね、その説についていけなくて中国ソ連が袂を別ったというくらい
          あとはキンペー本人に聞いてくれ

          1
            • 匿名
            • 2021年 6月 19日

            そこは中国だしなぁ…
            真面目な話、通常兵器での軍拡をいくら競ってもいたちごっこというか、この場合立地的に圧倒的に不利だし、台湾を完全に核の傘に組み込むくらいしか中国の台湾進攻の野望を阻止する方法はなさそうだけれども。

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    いくら欧州の脅威であるロシアと陸続きだからって航続距離短くする必要あるのかな。ロシア兵器の射程が中国に著しく劣るかと言えば、そうとは思わない。二次大戦時の戦闘機の航続距離に関しては当時の欧州敵対国と現在のそれとは違うから、例としては不適だと思う。

    1
      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      どちらかといえば基地に帰れない場合でも陸地には着陸できる欧州と、海に胴体着陸(&漂流する)しかない太平洋との違いでは

      6
        • 匿名
        • 2021年 6月 18日

        もうひとつ加えると、やはり陸戦主体になりがちな欧州戦域では、航続距離よりも対地支援のための搭載弾量がより多く求められるだろう
        そのため爆弾倉のサイズもデザインも別物にさぜる得ないとなると、やはり別の機体という結論はでてくる

        8
          • 匿名
          • 2021年 6月 18日

          「大きなペイロードと航続距離を備えたタイプとそうでないタイプ」なので
          「航続距離よりも対地支援のための搭載弾量がより多く求められる」というのは違うと思うよ。

            • 匿名
            • 2021年 6月 19日

            その文脈だと、ペイロードと搭載量ともに抑えたタイプを平行開発という話になるが、
            そのような機体はどんなニーズに応えるのか、よく見えない

              • 匿名
              • 2021年 6月 22日

              あなたにニーズが見えなくても元の話は↓なので。

              >『インド太平洋地域向けに大きなペイロードと航続距離を備えたタイプ』と『比較的戦場までの距離が短い欧州向けのタイプ』の2種類

              であって、『大きなペイロードのタイプ」と『長い航続距離を備えたタイプ』ではない。

              てか航空機なんてのはリソース限られてるんだから何だって何かとのトレードオフになるよ。
              例えば航続距離と搭載量を「高アスペクト化」で実現するなら
              少なくとも高速性能が悪化する(最高速低下や音速突破に要する推力の増大)し、場合によっては耐荷重も落ちる。
              機体の大型化や可変翼で実現するなら推力重量比の悪化と離着陸性能の低下と機体の調達/運用コストの増加。
              実際、F-3に対してLMが提案したF-22ベース案でも
              翼の変更により航続距離の延伸の代わりに
              「超音速巡航能力の喪失の可能性」が提示されていたからね。

              唯一性能的に失う物なくペイロードと航続距離を得られそうなのはエンジンのアダプティブ化による推力と燃費の向上だけど、
              エンジンの開発/調達/運用コストの増加と信頼性の低下は避けられない。

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    ノーマル仕様と長距離仕様で
    F15とF15ストライクみたいな感じか?

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    んでもNGADができる前に始まっちゃうんだよね?

    • 匿名
    • 2021年 6月 18日

    F-22の後継でハイエンド200機という話を
    分割して2パターン作ったらコストが高すぎになるのでは

      • 匿名
      • 2021年 6月 18日

      後継機と更新機は必ずしも一致せんでしょ。
      F-22後継機だからってF-22置き換えて生産終了とは限らない、というか
      失敗作(想定以上の高コスト、を含む)でない限りそうはならない。

    • 匿名
    • 2021年 6月 19日

    NGADプログラムは8年毎に新型機を就役させ16年で新型に更新し就役中の大規模改修を行わないという構想ですよね。
    てことはそもそも最低2種の更新系統を前提にしないと辻褄が合わない。
    インド太平洋地域向けと欧州向けのタイプ2種類てのはこれを指している可能性もなくはない。
    もっと情報を、ですね。

    • 匿名
    • 2021年 6月 19日

    記事には可変サイクルと書いてあるけど、可変サイクルじゃなくてアダプティブサイクルだろう。
    可変サイクルとアダプティブサイクルは異なる。

    • 匿名
    • 2021年 6月 19日

    この記事に載っているノースロップ・グラマンのNGADのイメージ図では、指向性エネルギー兵器(DEW)を搭載しているように見えるけれども、DEWを搭載するんだろうか?

    皆様はどう思いますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP